女性一人暮らしの一戸建ての間取りは1LDKに!購入するメリットも紹介!

経済的に自立した女性が増えたことで、住宅ローンの融資条件が緩和され、一戸建てを購入する女性は年々増加しています。

女性の一人暮らしでは1LDKが人気!下記のこちらのサイトではあなたにぴったりな間取りプランを無料で提案してもらえます。

ネットで簡単にできるので気軽にやってみてくださいね。

一人暮らしをする女性が一戸建てを購入するとき、まず悩むのは間取りですよね。

賃貸での一人暮らしは、ワンルームのイメージがありますが、一戸建てを購入するとなると、悩んでしまいます。

ずばり、一戸建てを購入するとき、一人暮らしに最適な間取りは1LDKです。

最適な間取りを知ることで、一人暮らしを快適に過ごし、暮らしを楽しみませんか?

1LDKの間取りは平屋で十分なので、建設やメンテナンス費用を抑えやすく、手が届きやすいという特徴もありますよ♪

間取りのほかに、平屋をおすすめする理由や、一戸建てのメリットについても紹介するので、参考にしてみてくださいね。

女性の一人暮らしで一戸建てを買うなら間取りは1LDK

前でも述べたとおり、一人暮らしの女性が一戸建てを購入するとき、最適な間取りは1LDKです。

1LDKとは、独立している一部屋+LDK(リビング・ダイニング・キッチン)がある間取りです。

1LDKの間取りをおすすめする理由は以下のとおりです。

  • ダイニング、リビング、寝室と空間を分けて生活できる
  • 独立した部屋を寝室にすることで、プライベートな空間として楽しめる
  • 掃除や建物のメンテナンスが楽
  • 家事動線が短い

せっかく一戸建てを購入するなら、プライベートの時間を大切にしたいですよね。

寝室はプライベートな空間として、好きな香りのアロマを楽しんだり、インテリアにこだわったりするのも、女性が暮らしを楽しむ工夫のひとつです。

一戸建てを買うなら広い家に住みたい!と思ってしまうかもしれませんが、部屋数が多い間取りを選ぶと、掃除やメンテナンスが大変になります。

老後も住み続けることを考えると、何部屋も掃除機をかけたり、窓の掃除をしたりするのは、負担が大きいですよね。

さらに、洗濯や料理などは毎日のことなので、家事動線が短いと、生活がしやすくなりますよ。

このように、1LDKは、暮らしを楽しむことができ、家事や老後の負担が少ないため、女性の一人暮らしの間取りとして、最適なんです。

一人暮らしといえば、ワンルームを思い浮かべる方もいるかと思います。

ワンルームは、玄関、キッチン、寝室がすべて同じ空間にある、最低限の暮らしができる間取りです。

私自身、学生の頃はワンルームで一人暮らしをしていました。

しかし、キッチンの臭いが部屋に広がったり、玄関とつながったりしていることで、温度調節の効率の悪さを感じることがありました。

ワンルームは、学生が暮らすには十分な環境ですが、年齢を重ね、暮らしを楽しむための環境としては、1LDKが最適なんです。

下記のこちらのサイトではあなたにぴったりな間取りプランを無料で提案してもらえます。

ネットで簡単にできるので気軽にやってみてくださいね。

女性の一人暮らしは一戸建てなら平屋がおすすめ

ここまで説明したように、女性の一人暮らしで一戸建てを購入するなら、間取りは1LDKです。

女性の一人暮らしに必要な広さ、収納スペースなど、余裕をもって計画しても、二階建ては必要ありません。

平屋のメリットとして、以下の3つが挙げられます。

  1. 暮らしやすい生活動線
  2. 高い安全性
  3. メンテナンス費用の負担が軽い

では、それぞれについて詳しく説明します。

1.暮らしやすい生活動線

1LDKをおすすめする理由としても挙げた、生活動線が短いという点は平屋のメリットです。

老後のことだけでなく、毎日家事をする上で、階段がないのはとても楽ですよね。

仕事でヘトヘトになっていても、洗濯や掃除をしなくてはいけないのが一人暮らし。

階段がない平屋は、生活動線がシンプルなので、忙しく過ごす現在の生活も、負担を減らしたい老後の生活も、快適に過ごせますよ。

さらに、大きな家具や重い荷物を運びたいとき、階段がないことは、女性にとってうれしいポイントです。

2.高い安全性

平屋には、地震や台風に強いというメリットがあります。

高さがない平屋は、風の影響を受けにくく、安定感があり、耐震性に優れています。

また、老後にバリアフリーが必要になったときに、階段昇降機やリフトが必要になる二階建てに比べて、手間やコストがかかりません。

3.メンテナンス費用の負担が軽い

後ほど詳しく説明しますが、一戸建てのデメリットとして、建物の補修やメンテナンスを、自分でしなくてはならないという点が挙げられます。

補修やメンテナンスにかかる費用は、もちろん自己負担です。

しかし、同じ一戸建てでも、二階建てと比べると、平屋は負担が軽くなる傾向があります。

なぜなら、例えば、屋根の修理を行う場合に、平屋は足場が小さく済むので、費用を抑えることができます。

補修やメンテナンスにかかる費用は高額なので、その負担が減らせるのはうれしいですよね。

ここまで、平屋のメリットについて説明しました。とても魅力的な平屋ですが、もちろんデメリットもあります。

平屋を購入する前に、デメリットについてもしっかり理解しておきましょう。

1LDKの場合は影響が少ないですが、平屋は一階にすべての部屋があるため、中央の部屋は日当たりや風通しが悪くなってしまいます。

また、侵入リスクが高いことで、防犯面に不安があります。

特に女性の一人暮らしなので、窓の開けっぱなしには注意が必要です。

さらに、二階がない平屋は、屋根が受けた日差しの影響で、部屋の温度が上がってしまいます。

屋根の断熱性能が不十分な場合は、夏の暑さにも注意しなければいけません。

平屋を購入する際は、防犯面の対策や、屋根の断熱性能の工夫が必要ですね。

\注文住宅部門で3冠達成したタウンライフ/


⇒ネットで簡単!オリジナル間取りプランを無料作成してみる

女性の一人暮らしで一戸建てを購入するメリット

そもそも、女性が一人暮らしをするとき、一戸建てを購入するメリットは何でしょうか?

  1. 老後も住み続けられる
  2. 騒音が気にならない
  3. ペットを飼いやすい
  4. 収納スペースが多い

1.老後も住み続けられる

賃貸物件の場合は、高齢になると、健康面や家賃滞納の不安があるため、借りづらくなってしまいます。

しかし、一戸建てを購入することで、これからの人生において、住み続けられる家があることは、安心材料になりますよね。

2.騒音が気にならない

一戸建ては、賃貸住宅に比べると、騒音を気にする必要がありません。

私自身、マンションで一人暮らしをしていたとき、隣の部屋から聞こえる騒音に悩んだことがありました。

リラックスできるはずの自宅で、ストレスがたまってしまうことは避けたいですよね。

3.ペットを飼いやすい

また、ペットを飼いやすい環境であることも、一戸建てのメリットです。

ある調査によると、近年では、ペットを飼う一人暮らしの女性は増加しています。

仕事から帰ってきて、ペットが出迎えてくれると癒されますよね♪

4.収納スペースが広い

服や靴を収納できるスペースが広いことは、女性にとってはうれしいポイントです。

また、収納スペースだけでなく、庭や広いベランダがあれば、ガーデニングや家庭菜園を楽しむこともできますよ。

一戸建てにはメリットがたくさんあり、どれも、暮らしを楽しみたい一人暮らしの女性にとって、魅力的なポイントばかりです。

ただ、いくつか注意点もあるので覚えておきましょう!

  • 外出時や夜間の戸締りに気を付ける
  • 家まわりの草むしりや、建物のメンテナンスを行う

女性の一人暮らしは、TVインターホンをつけたり、鍵の防犯性を高めたりと、防犯対策はしっかりと行いましょう!

また、家まわりの草むしりや掃除、メンテナンスが必要になります。

賃貸住宅では必要のなかったことを、自分でやらなくてはいけなくなります。

快適な暮らしをするために、定期的に家まわりをチェックしましょう。

まとめ

  • 女性の一人暮らしで一戸建てを購入するとき、最適な間取りは1LDK
  • 1LDKは空間を分けて生活することができ、プライベートな時間を大切にできる間取り
  • 掃除や建物の管理が楽で、家事動線が短いので、老後の負担が少ない
  • 一人暮らしの一戸建ては平屋がおすすめ
  • 平屋のメリットは、「暮らしやすい生活動線」、「高い安全性」、「メンテナンス費用の安さ」
  • 平屋のデメリットは、「日当たり」、「風通し」、「防犯面」
  • 一戸建てを購入するメリットは「老後も住み続けられること」、「騒音が気にならないこと」、「ペットを飼いやすいこと」、「収納スペースが多いこと」
  • 防犯面や家まわりのメンテナンスには注意が必要

女性が一人暮らしをするとき、一戸建てを購入することはメリットが多く、とても魅力的ですよね。

悩んでしまう間取りについては、今の生活だけでなく、老後のことも考えることが大切です。

一戸建てで、快適な暮らしを楽しんでくださいね♪

人気の平屋は予算が少なくても建てられる?女性の一人暮らしだといくらくらい?そんな疑問はこちらの記事でお答えしています。

arisa

Posted by arisa