本ページは広告を利用しています。

教育実習がつらい…先輩の体験談とアドバイス!ストレスを感じる原因と対策とは?一緒に壁を乗り越えよう

教育実習は、未来の教師たちにとって重要なステップですが、つらい、やめたいと思うような多くのストレスを伴います。

中には教師になるつもりはなく、単位のためにやらなければならない方もいますよね。

どちらにしても、今なんとか乗り越えなければならない壁であることに変わりありません。

この記事では、教育実習中に感じるストレスとその解決策について、実体験を交えて詳しく解説します。

 

教育実習中に感じるストレス・対策とアドバイス

教育実習中はとにかくストレスがいっぱいです。

ここでは先輩たちの体験談を交えて、その対策をお伝えします。

生徒との関係構築が難しい

初日、生徒たちは私の授業に興味を示さず、クラス全体が沈黙に包まれました。

教育実習は慣れない子供たちの中で、これがつらいんですよね。

教育実習生はしばしば、生徒との関係構築に苦労します。

生徒たちとの信頼関係を築くことは、成功した授業の鍵ですが、これが一番のストレス源になることもあります。

  • 対策: 生徒一人ひとりとのコミュニケーションを大切にし、個々の興味やニーズに注意を払うことが重要です。
    また、授業以外の時間にも生徒と関わることで、より良い関係を築くことができます。
  • アドバイス: 最初は難しいかもしれませんが、生徒たちがあなたを信頼し始めると、自然とクラスの雰囲気も変わってきます。
    根気強く接し続けましょう。

授業がボロボロ

予定していた活動が時間内に終わらず、授業計画を急遽変更しなければならなかったことがあります。

授業計画がうまくいかないことも、大きなストレスです。

機材トラブルや生徒の思わぬ質問など、予定外のことが起こってボロボロになることも。

計画通りに進まないと授業の質が低下し、生徒の学習に影響を与える可能性があるため責任を感じますよね。

  • 対策: 授業計画は柔軟に対応できるように余裕を持たせておくことが大切です。
    また、授業中に予期せぬ事態が起こった場合に備えて、代替の活動を準備しておくと良いでしょう。
  • アドバイス: すべてが計画通りに進むわけではありません。
    臨機応変に対応する能力も、教師にとって重要なスキルです。
    一方で、最初からうまくできるわけがないんだから、失敗して当たり前!と前向きに考えることも大切です。

指導教官との相性

指導教官と意見が合わず、フィードバックを受け入れるのが難しい時がありました。

指導教官との相性が合わない場合、そのフィードバックを受け入れることが難しくなります。

これは、教育実習生にとって大きなストレスとなり得ます。

  • 対策: 指導教官とのコミュニケーションを密にし、意見の相違がある場合は、建設的なフィードバックを求めることが大切です。
    また、他の教員の意見も参考にすると良いでしょう。
  • アドバイス: 指導教官との関係は、教育実習を成功させるために非常に重要です。
    意見の違いを学びの機会と捉え、柔軟な姿勢を保ちましょう。

見通しの不確実性

実習の成果がどのように評価されるかわからず、不安を感じることが多々ありました。

ひとつの授業が終わる度に、今のはうまくできただろうか…とドキドキして、思い当たる失敗があるときには落ち込みますよね。

実習の成果がどのように評価されるかわからないため、不安を感じることがあります。

この不確実性は、教育実習生にとってストレスの一因となります。

  • 対策: 実習の目標を明確にし、それに向かって一歩ずつ進むことで、不確実性を減らすことができます。
    また、実習の進捗を定期的に振り返り、必要に応じて調整を行うことが重要です。
  • アドバイス: 実習は学びの過程であり、完璧を求める必要はありません。
    自分自身の成長に焦点を当て、次はもっとうまくできるように改善を重ねることを意識しましょう。

指導案の作成

指導案を作成する際、どのように生徒の興味を引くか、常に頭を悩ませていました。

指導案を作成する際のプレッシャーも、教育実習生が直面するストレスの一つです。

どのように生徒の興味を引くかを考えることは、時間と労力を要する作業で心が折れそうになりますよね。

  • 対策: 指導案の作成には、創造性と生徒の興味を引く要素が必要です。
    事前に多くの例を研究し、実際の授業で使えるアイデアを集めておくと良いでしょう。
  • アドバイス: 指導案は一つのガイドラインです。
    柔軟に対応し、生徒の反応に応じて変更を加えることも大切です。

つらいと感じる理由と解決策

次につらいと感じる理由とその解決策について解説していきます。

準備不足

準備不足は、教育実習がつらいと感じる主な理由の一つです。十分な準備ができていないと、授業中に困難に直面することがあります。

解決策: 事前に教材研究を進め、指導案の作成方法を学ぶことで、準備不足を防ぎましょう。

長時間労働

教育実習は1日が長く、疲労が蓄積しやすいです。

解決策: 効率的に作業を進め、定時に帰ることを意識しましょう。

立ち仕事の多さ

授業を見学したり、自分で行ったりする際には、長時間立ち続ける必要があります。

解決策: 実習前から適度な運動を取り入れ、体力をつけておくことが大切です。

他者の評価

自分の授業が他の実習生や先生にどう評価されるか、気になることがあります。

解決策: 自信を持って授業に臨むことで、他者の評価を気にすることが減ります。

睡眠不足

授業準備や指導案の作成で夜遅くまで作業することがあり、睡眠不足になりがちです。

解決策: 睡眠は最も重要な回復手段です。適切な睡眠時間を確保することで、日中のパフォーマンスが向上します。

まとめ

教育実習は、将来の教師としての大切な経験です。

これらのストレスや困難を乗り越えることで、より強く、柔軟な教育者になることができます。

実習を通じて得られる学びを大切にし、前向きに取り組んでいきましょう。

ちなみにふるさと納税はお済みですか?

まだの方は美味しいお米がおすすめですよ♪楽天の口コミ4.9超えのお米、ぜひふるさと納税でお試しください。

\\今日はポイント5倍//
楽天市場
\\ポイント5%還元!//
Yahoo!

Posted by moca