小さい平屋を500万円台で建てる!低額でどこまで出来るかは要確認!

小さい平屋であれば500万円台で建てられますが、様々な制限があり自由度が低くなります。

シンプルな暮らしを望む1~2人暮らしの人におすすめの条件です。

家は最低限住める広さだけあれば良いし、出来るだけお金をかけたくない!

建築費用よりも趣味や、環境を左右する土地の方にお金をかけたい!

しかし小さい平屋を建てるときは安く済んだものの、住んだあとにお金が余計にかかりこんなはずじゃなかった!と後悔するケースもしばしばあります。

そんな後悔を防ぐために、この記事では小さい平屋を500万円台で建てる前にチェックすべきポイントを解説します!

そもそも500万円台で建てることが出来るのか?

500万円台の小さい平屋はどんな家に仕上がるのか?

こちらも併せて解説します!満足のいくお家づくりでありますように♪

小さい平屋は500万円台で建てられるが注意点あり!

実際に500万円台で小さい平屋であれば建てることが出来ますが、内観・外観共に制限があります。

500万円台の小さな平屋はこんな家

・15~20坪で間取りは1LDK~2LDK

・広さの目安としてはLDKが約12畳、寝室が約6畳

・1~2人暮らしに向いている

・坪単価は20万円台~高くても30万円台

無駄がなくコンパクトな大きさですので、シンプルな暮らしが実現出来ます。

小さい庭付き平屋を希望する一人暮らしの方や、セカンドライフを楽しみたいご夫婦の方におすすめの大きさです。

坪単価が20万円台ですのでローコスト住宅の中でも超ローコスト住宅に当てはまります。

この超ローコスト住宅において500万円という金額でどこまで出来るのか?こちらのポイントに要注意です!

①総額ではなく本体価格が500万円台であることがほどんど

500万円以内で小さい新築平屋が完成することはほとんどなく、あくまで本体価格が500万円台でその他追加で費用が発生します。

ですので「500万円は何を指しているのか、何が含まれているのか」ということを必ずハウスメーカーに確認しましょう。

本体工事費用以外に必要な費用

【付帯工事費用】

水道やガスを引き込んだり地盤改良をする工事。目安は本体価格の約2割。

【諸費用】

登記費用や住宅ローン手数料など。目安は本体価格の約1割。

【外構工事費用】

カーポート、フェンス、門扉、植栽など外まわりの工事。目安は本体価格の約1割。

【土地費用】

場合によっては不要なこともある。地域により価格が大きく異なる。

土地代も含めますと総額は最低でも2000万円は必要になるかと思います。

他にも引っ越し費用や家具・家電にもお金が必要ですよね。

②自分たちで決められるものが少なく、後からお金がかかることがある

500万円台で小さな平屋が建てられる超ローコスト住宅は、間取りや内装、設備や外観があらかじめ決められている規格住宅であることがほとんどです。

間取りの変更が出来ない、壁紙や外壁の選べる種類が少ないなどの注意点があります。

また設備はグレードアップをするとオプション料金が発生したり、そもそも希望の設備が選べなかったりすることもあります!

気密性や断熱性も劣りますので、住み始めてから冷暖房費がとてもかかるなんてお話も…。

また外壁はサイディングというパネルを貼るタイプが多いです。

こちらは約10年に一度のサイクルで貼り換えが必要になり、その費用は100万円ほどかかります。

安く建てられても、住み始めてからお金がかかる可能性があることを理解しておこう!

家づくりは決めることが多いので、細かいところまで決めるのが面倒!という方には良いかもしれませんね。

③保証内容やアフターサービスの内容を確認する

家は建ててからの生活の方が長いです。住み続けるとどうしても修理等が必要なところがでてきますので、保証やアフターサービスの有無が大切です。

実際私は長期保証が付いているハウスメーカーで家を建てましたが、何かあってもサポートしてくれるという安心感があります。

確認すべき内容

・保証内容、保証期間

・メンテナンスにどれくらいかかるか

・無料、有料それぞれのアフターサービスの内容

建ててから「これは修理出来ません」「これは追加料金がかかります」と言われても対応が出来るように、事前にハウスメーカーにしっかり確認をしましょう。

500万円台の小さな平屋はこんな人におすすめ

・早く入居したい人。間取り、外観などがあらかじめ決まっていると打ち合わせ時間や工期が短い為。

・無理のない金額でローンを組みたい人。

・土地にこだわりたい人。土地は年数が経っても資産になる。

・外構、インテリアにこだわりたい人。

・将来的に早い段階で建て替えや転居を視野にいれている人。

小さい平屋の間取り例を1人or2人暮らし別に紹介!

シンプルでコンパクトな間取りの小さい平屋になることは分かったけど、間取り例も知ってイメージを掴みたいですよね。

人数別に小さい平屋の間取り例を紹介します♪

1人暮らし】

引用:楽ちん住宅

1R・8坪・553万円(税込み)です。一人暮らしで13帖あればかなり広く使えますね。

平屋の場合はお庭も付いていますので、贅沢な過ごし方が出来そうですね♪

引用:平屋住宅専門店 こんぱくとホーム

1LDK、9.52坪、526万円(税込み)です。毎月3棟限定でこちらの価格ですがかなり安いです!

賃貸より月々の支払いが安く、部屋の広さも確保できそうです。

一人暮らしとしてもおすすめですが、ご夫婦の小さいはなれとして使われる方もいるそうです。

【2人暮らし】

引用:平屋住宅【ひら家 IKI】ローコストで建てるおしゃれ平屋

1LDK・17坪・599万円(税込み)です。これだけの広さがあってこの価格は驚きです!

南側にLDKがありますので、平屋のデメリットになりがちな日当たりの悪さもカバーしてくれそうですね。

引用:FIT BOND

1LDK、12.02坪、438万円(税込み)です。WICLが付いていて収納スペースも確保出来ます!

超ローコスト住宅に見えないおしゃれな外観が魅力的ですね♪

小さい平屋を価格重視で建てるならこのハウスメーカー

ここまで紹介しました小さい平屋ですが、どのハウスメーカーなら建てられるのか気になりますよね。

全国展開をしているハウスメーカーから、地域密着のハウスメーカーまでご紹介します!

こちらの記事も併せてご参照下さい。

①タマホーム

タマホームはCMもしていますし、ご存知の方は多いのではないでしょうか。

以前は500万円台で建てられる平屋のシリーズがあったそうですが、今は無いようです。

しかし本体価格、その他工事費用、長期保証が含まれ1200万円以内で建てられる平屋もあります!

全国展開をしていますので、一度資料請求されてみてはいかがでしょうか。

②ひら家IKI

こちらは群馬・茨城・栃木・埼玉といった北関東を中心に展開していますハウスメーカーです。

全国ネットTVでも取り上げられていました!

こちらは間取りでも紹介しましたが、おしゃれなのに500万円台で小さい平屋が低価格建てられるところが魅力です!

コンパクトサイズでバリアフリーなところがシニア層に人気があります。

③ヒラキハウジング

こちらは熊本県に展示場がありますハウスメーカーです。

「建つんです500」という商品は、新築の小さい平屋が550万円という低価格で建てられます!

間取りの変更も可能ですので、こだわりたい方におすすめです!

設備はタカラ商品が多く、オール電化です。

まとめ

  • 小さい平屋は500万円台で建築可能。
  • 15~20坪ほどの大きさで、1~2人暮らしにおすすめ。
  • しかし本体価格が500万円台であることがほとんどで、別途工事費用や諸費用等が必要になる。
  • 500万円台の小さい平屋は間取り・内装・外装・設備が決められていることがほとんどである。
  • 変更できなかったり、変更できても追加料金が発生したりする。
  • 性能も高くはないので住んでから光熱費や修繕費にお金がかかることもある。
  • 保証内容やアフターサービスの内容を確認する。
  • 建物本体以外にお金をかけたい方や、早く入居したい方にもおすすめ。

超ローコスト住宅で小さい平屋を建てる場合は、今回解説しました点をハウスメーカーによく確認して下さいね。

納得してから住む家は大切に思えるものです。

あなたにとってぴったりのお家が見つかりますように。

最後までお読み頂きありがとうございました。

aindigo

Posted by aindigo