20坪の平屋をローコストで建てたい方必見!価格や間取りの実例を紹介!

20坪程度の平屋でのコンパクトな暮らしに憧れますよね。

そこで気になるのが、20坪の平屋の建築コストです。なるべくローコストで押さえたい所ですが、ズバリ500~1000万円あれば建てることが可能です!

いかがですか?想像よりもローコストだったでしょうか?

今回の記事では、素敵な平屋をローコストで建てられる重要ポイントをご紹介します。

また、平屋の価格を公開し、20坪で実現できる間取りの事例をご紹介!

あなたの知らないうちにローコストでの建築の可能性をみすみす逃していた!

そんな事態を防ぐためにこの記事でしっかり20坪の平屋について知っておきましょう!
そして、自分だけの超ローコスト平屋を手に入れましょう!

<b>この記事がおすすめの人</b>

暮らしにちょうど良い20坪の平屋をローコストで手に入れたい人。

20坪の平屋の実例を知りたい人。

20坪の平屋をローコストで建てる重要ポイント3選!

20坪程度の平屋をできる限りローコストで建てたい、ただ現実問題で建設にあたって何が大切になるのかを知りたい。

そんなあなたに20坪の平屋建設にあたっての抑えておきたい重要ポイント3点をお伝えします!

①土地の条件を要チェック

20坪の土地があれば家を建てられるわけではありません。

土地は3つの用途地域に分かれています。

用途地域とは、計画的な市街地を形成するために、用途に応じて13地域に分けられたエリアのことです。

13地域に分けられたエリアを3つに大別すると下記の通りになります。

用途地域
  • 住居系(8地域)
  • 商業系(2地域)
  • 工業系(3地域)

住居を建てられる土地は、「住居系」の8つと、「商業系」2つ、「工業系」のうち工業専用地域を除く2つです。

それぞれの土地で建てられる建物の高さや面積は、各区分によって決められています。

購入を検討する際は、その土地がどこの区分なのかをよく調べてからにしましょう。

土地購入の際にもう1点注意していただきたいポイントがあります。

それは「都市計画に伴う建築制限」です。

例えば、とある都市計画では住宅の密集が予測されるため、防火構造を強化した住宅建築を求められることがあります。

住宅街で火災が起きた時に、被害を最小限にするための対策です。

その都市計画に従って、住宅建築を行う場合は防火構造に対して更なる資金を投じなければなりません。

ご自身が土地購入を考えている自治体の都市計画を事前に調べて、住宅の建築基準を確認する作業も必要です。

都市計画は各自治体のホームページで確認ができるので調べてみてください♪

②性能・品質にはこだわりを持つ

ローコストで平屋を建てたい一心で、性能や品質を無視してはいませんか?

家の購入は一生に一度というように大変大きな買い物です。

大切な家に長く住み続けるには性能・品質が良いものに越したことはありません。

性能の一部を記載いたしますのでぜひ参考にしてみてください♪

家の性能一例
  • 耐久性

…耐久性を高めるには土地の環境に合った家の構造が大切です。

風向き、雨量など環境条件をチェックしてふさわしい家を検討していきましょう。

  • 耐震性

…地震大国と呼ばれる日本。耐震対策には「耐震」「免震」「制震」の3種類があります。

  • 気密性

…気密性とはすき間のない家のことを指します。

冬であれば寒さが家に入り込みにくく、暖房の温かさが漏れにくいという利点があります。

  • 断熱性

…室内の空気が逃げにくいことを指します。部屋の空気を効率よく冷却し、また温めることができます。

上記以外にも家の性能は近年の技術向上とともにバラエティー豊かになっているのでハウスメーカーのホームページを訪問することをおすすめします♪

価格と性能を比較検討して、ご自身に合った平屋を実現しましょう!

③ハウスメーカー選びは慎重に行う

ローコストで素敵な平屋を手に入れるためには、ハウスメーカー選びも慎重に行わなければなりません。

ハウスメーカーがローコストを実現するには、経費の大部分を家の建築のための材料費・人件費などにかけていることが重要になります。

そのため、大手ハウスメーカーのようにテレビCMや広告を打っている会社は、知名度や安心感はあれどその莫大な広告費が建築費用に上乗せされます。

土着の企業や、CM広告をあまり行っていない企業を中心にいくつか周りご自身に合うハウスメーカーを選びましょう!

20坪の平屋の価格は500万円から!購入のポイントは2つ!

一般的に新築を建てるには2000万~3000万以上の価格相場とされているのに対して、超ローコスト平屋住宅は「500万円」から建てることが可能です!

ねこ
ねこ
500万円で家を建てられるのなら、建てたいわね。

そんなあなたに、20坪の平屋を500万円で購入する際に抑えていただきたいポイントを2つ紹介します!

坪単価は20万円から30万円代後半!

坪単価とは家を建てるときの1坪当たりの建築費のことです! 

ハウスメーカーによって、算出方法が異なる場合が多いので注意してくださいね。

ここで、床面積と坪単価で費用を概算してみましょう。

  • 床面積17坪×坪単価35万円=595万円
  • 床面積20坪×坪単価27万円=540万円

このように、20坪前後と坪単価20万円から30万円後半であれば500万円台に収めることができます。

あなたの予算を見て坪単価を計算してみましょう!

規格住宅として間取りが決まっている

規格住宅とは、ハウスメーカーや工務店などが用意した一定の「規格」に従って建てる住宅のことを指します。 

規格住宅のメリットは企画や打ち合わせの工数削減ができるため納期はより短く、費用も抑えめになることです。

デメリットとしていくつか挙げると、平屋の間取りを既に決まっている中から選択する必要があること、外装材・内装材・設備の仕様が決まっていることなどがあります。

これらのメリットとデメリットを比較して、あなたらしい選択をしてみてくださいね♪

20坪の平屋での間取りの実例おすすめを紹介!

今まで、平屋をローコストで建てる際の重要ポイントや、20坪の平屋の価格を紹介してきました!

ここで皆さん気になることが、実際の20坪の平屋の間取りはどうなるの?ということだと思います。

実際の施工事例を金額や間取りと共に見ていきましょう!

①シンプルかつおしゃれな自然に囲まれた平屋住宅

引用:suumo

引用:suumo

平屋情報
  • 価格:1,200万円
  • 間取り:3LDK+N
  • ハウスメーカー:ミラクルホーム

三角屋根が印象的なこちらの平屋住宅。間取りも広々としていて、収納スペースもしっかりと確保されています。

29.3坪と少し大きめであるため、お子さんが成長されてもゆったりと暮らせそうですね。

②大きな窓から見える自然と共に趣味に没頭できる平屋住宅

引用:suumo

引用:suumo

平屋情報
  • 価格:1,391万円
  • 間取り:2LDK
  • ハウスメーカー:ヒロ建工

先ほどの事例よりかは値が少々張っていますが、その価値ありの素敵な住宅です。

ちょうど20坪の住宅で、2人から3人であれば十分に広い生活スペースが確保できますね♪

③ウッドデッキで家族とゆったり団らんできる平屋住宅

引用:suumo

引用:suumo

平屋情報
  • 価格:800万円
  • 間取り:2LDK
  • ハウスメーカー:アッシュホーム

16.5坪と20坪よりは小規模なこちらの平屋住宅ですが、ウッドデッキがあることで解放感満点に仕上がっています。

LDKを中心にスムーズな動線なので、コンパクトな暮らしができそうですね♪

以上3つの20坪の住宅の価格・外観・間取りを見てきましたが、あなたの心を動かす住宅はあったでしょうか?

一口に平屋といっても多種多様で、オーナーの方のこだわりが垣間見えます。

あなただけのこだわり住宅をつくってみてはいかがですか?

まとめ

  • 20坪の平屋をローコストで建てる重要ポイント3選!
  • ①土地の都市計画に伴う建築制限を調べておく
  • ②性能・品質にはこだわりを持つ
  • ③土着の企業や、CM広告をあまり行っていない企業を中心にハウスメーカーを選ぶ
  • 20坪の平屋を500万円のローコストで建築するポイント
  • 坪単価は20万円から30万円代後半に抑える
  • 規格住宅として間取りが決まっている
  • 一口に20坪の平屋といっても多様性があり、オーナーの方のこだわりが詰まっている

できるだけローコストで建築したいけれど、こだわりも持ちたいあなたはこの記事を参考に譲れない条件を検討してはいかがでしょうか?

家を持つという一大決心をしたあなたの夢のマイホーム購入の一助となれたら嬉しいです!

最後までお読みいただきありがとうございました!

mayu

Posted by mayu