平屋の間取りは50坪なら中庭も作れる!おしゃれな平屋の間取り図つき!

50坪の広さがあれば、平屋で中庭がついた間取りも作れます!

中庭がついた平屋の間取りは、コの字型・ロの字型という2種類があります。

記事前半では、50坪で中庭がある平屋の2種類の間取における特徴やメリット・デメリットを解説します。

50坪は約165㎡です。一般的な住宅面積が38坪なので、50坪の延べ床面積があれば、ゆとりのある中庭つきの平屋が建てられます。

ヒカリ
ヒカリ
一度、中庭のあるおうちを見学したことがあります。

開放感があり、とてもステキでした♪

記事後半では、50坪の平屋を建てる場合の価格とおしゃれな平屋の間取りアイデアを紹介します!

そろそろおうちを建てたいわ!50坪の広さを活かしたおしゃれな平屋がいい!という方は、ぜひ参考にしてくださいね♪

\あなただけの平屋プラン無料見積もりはこちら/

↑↑全国の住宅会社が無料で一括見積もりをしてくれるので、気になる方はぜひのぞいてみてくださいね。

平屋の間取り50坪で中庭つきのメリット・デメリット

50坪の広さなら中庭つきの平屋でだって建てられます!

平屋で中庭つきの間取りは、大きく分けると2つのパターンに分けられます。

コの字型の間取りとロの字型の間取りがあります。

ここでは、コの字型間取りとロの字型間取りの特徴とメリット・デメリットを紹介します。

コの字型中庭つき平屋の間取り

コの字型間取りは、名前の通り、中庭を3方向からカタカナの「コ」の字のように囲む作りの間取りです。

コの字型間取りのメリット・デメリット
  • 特徴:中庭をコの字に囲ってあるため、外から見えにくく、中庭をプライベートな空間として使うことができる
  • メリット:明るく風邪通しがよい・中庭と居住スペースの一体感がある
  • デメリット:水はけ・暖かさが逃げやすい

50坪コの字型平屋の間取り図例

引用:住友林業公式サイト

ロの字型平屋は、中庭の3辺を囲った間取りになるため、外からの視線をある程度さえぎることができます。

また、中庭から取り入れた光や風が部屋の中まで通る間取りになるので、明るく・風通しの良い平屋が建てられます。

コの字型平屋では、縁側を作ることできます。そのため、室内と中庭との一体感があります。

一方で、中庭があることによって水はけが悪くなります。

大雨が降った際に、中庭に水が溜まってしまうことがないように、配管には十分に注意しましょう。

ロの字型中庭つき平屋の間取り

ロの字型の間取りは、名前の通り、中庭を全方向から囲む作りの間取りです。

ロの字型間取りのメリット・デメリット
  • 特徴:中庭が外から全く見えないので、コの字型よりもプライベート感が強い
  • メリット:中庭からどの部屋にも行ける・中心の中庭から光を取り入れることができる
  • デメリット:水はけが悪い・完成度に設計士の手腕の影響が強く出る

50坪ロの字型平屋の間取り図例

引用:クラシスホーム公式サイト

ロの字型平屋は、中庭の四方を囲った間取りになるため、中庭は外からは全く見えません。

そのため、中庭は完全なプライベート空間となります。

家族で食事を楽しむのもいいですし、外から見られるのがいやな洗濯物も干すことができますよ。

また、四方が居住スペースで囲われているため、中庭からどの部屋へも移動できます。

まさに、生活の中心に中庭があるようなおうちです。

ただし、コの字型平屋のデメリットでも紹介した通り、水はけが悪くなります。

また、ロの字型の設計は難しいため、腕のいい設計士さんに頼むようにしましょう。

平屋の間取りで50坪の価格は2階建てより高い

平屋の価格は同じ延べ床面積が50坪のおうちでも2階建てよりも高くなります。

50坪の平屋(5LDK)の場合、価格相場は3500万~4000万円です。

一方で、50坪の2階建て住宅の価格相場は、3000万円です。

平屋のほうが2階建て住宅より価格が高くなる理由は3つあります。

  • 基礎工事をする面積が2倍になる
  • 屋根の面積も2場になる
  • 税金が高くなる

単純に、同じ延べ床面積でも平屋のほうが工事をする敷地面積が広くなります。

また、屋根も大きくなるため、結果として、2階建てよりも平屋は建設コストがかかる傾向があります。

また、固定資産税も敷地面積によって算出されるので、同じ50坪の延べ床面積でも、平屋のほうが2階建てよりも税金がかかります。

平屋のメリットはゆとりのある暮らしが実現できる

建設コストや税金面では、同じ延べ床面積でも2階建て住宅のほうが平屋よりもお安くすみます。

しかし、平屋には価格以上のメリットがあります。

平屋のメリット
  • バリアフリーが実現しやすい
  • 家族のコミュニケーションがとりやすい
  • 広いリビングが作りやすい

おうちは一生の買い物です。確かに、コストも大事ですが、平屋ならではのゆとりのある暮らしが実現できます。

特に、50坪の広さがあれば、自分のこだわりを十分に詰め込んだあなただけの平屋の間取りが作れますよ。

次では、おしゃれな平屋の間取りアイデア3選を紹介します!

平屋の間取り50坪でおしゃれなアイデア3選!

中庭つき以外にもおしゃれな平屋はたくさんあります。

例えば、車を2台以上止めることのできる広いガレージやロフトなど50坪の広さを活かして、おしゃれな間取りが実現できます。

ここでは、50坪の広さでおしゃれな平屋の間取りアイデアを3つ紹介します。

ビルトインガレージつき平屋の間取り

50坪の広さがあれば、お気に入りの車が雨風にさらされずに、2台も駐車できるビルトインガレージがついた平屋も建てられます!

ビルトインガレージつきの平屋の間取り

引用:大和ハウス公式サイト

  • A:ビルトインガレージ
  • B:バイオエタノール暖炉
  • C:ウッドデッキ

ロフトつき平屋の間取り

平屋を作るなら憧れのロフトをつくってみてはいかがでしょう。

ロフト付き平屋の間取り

引用:住友不動産公式サイト

平屋にロフトを作ることのメリットはおしゃれなだけではありません。

ロフトを作ることで視線が上に向けられるため、空間が広く見えます。

さらに、ロフトに窓を作れば、風通しがさらにアップします。

ロフトの使い方はそれぞれで、家電などの収納にも使えますし、書斎や子ども部屋としても活用できますよ♪

プライベートと来客の動線を分離した平屋の間取り

50坪の広さなら、お客さんが来た時の動線とプライベートスペースを完全に分けた間取りを作れます。

玄関を入って左右で、来客用の動線と普段の生活で使う動線を完全に分けています。

プライベートスペースと来客用の空間を分けた平屋の間取り

 

引用:大和ハウス公式サイト

50坪の広さがあれば、あなたのこだわりや生活スタイルを十分に詰め込んだ住みやすいおうちを作ることができますよ♪

おしゃれな平屋のアイデアで吹き抜けを作るというのもあります!メリット・デメリットを簡単に紹介します♪

\あなただけの平屋プラン無料見積もりはこちら/

↑↑全国の住宅会社が無料で一括見積もりをしてくれるので、気になる方はぜひのぞいてみてくださいね。

まとめ

  • 50坪の広さがあれば、平屋で中庭つきのゆとりのある間取りのおうちが建てられる
  • 平屋で中庭を作りたいのであれば、コの字型かロの字型の2パターンがある
  • コの字型は、中庭を3方向で囲んだ間取りのため、明るく・風通しの良い空間が作れる
  • ロの字型は、中庭を四方から囲んだ間取りのため、完全プライベート空間が作れる
  • 同じ50坪の延べ床面積でも、2階建て住宅よりも平屋のほうが価格は高くなる
  • 平屋の魅力は、家族で過ごすゆとりのあるこだわりの空間が作れること

50坪の広さがあれば、平屋で中庭を作ることや、趣味のスペースがある間取りにすることも可能です!

ヒカリ
ヒカリ
今まで、2階建て住宅を考えていたけれど、平屋のほうが子どもとのコミュニケーションが取りやすいかも!?

50坪の広さがあるならそれを十分に活かして、あなたこだわりの平屋を建ててみてはいかがでしょうか?

hikari

Posted by hikari