30坪の平屋が狭いかどうかは人数と間取り次第!3LDKと4LDKをご紹介!

30坪の平屋が狭いかどうかは、居住人数と間取り次第です。

快適に住みたい場合、居住人数は4人まで、間取りは4LDKまででしょう。

平屋は、階段の上り下りがないので、足腰が弱くなっても心配いらないという点で魅力的ですよね。

また、家族と顔を合わせやすい造りにすることで家族との一体感を得やすい点でも魅力的です。

ただ、土地面積や予算の関係上、建物面積として30坪程度しか確保できないこともありますよね。

その場合に、家族全員で住んで、狭いと感じないかどうかは重要な要素です。

30坪の平屋に最もおすすめしたいのは、3LDKの間取りです。

ただ、4LDKも工夫次第で狭いと感じることなく快適に住むことができますよ。

この記事では、30坪の平屋を検討中のあなたに、おすすめの間取りをご紹介します!

30坪の平屋が狭いのは、5人以上の家族で住むとき

30坪の平屋で快適に住めるのは、4人以下で住む場合でしょう。

5人以上の家族で住むとなると、各部屋が小さくなり、家が狭いと感じるはずです。

快適に住むためには、1人あたり8坪必要だといわれているので、5人が住むには40坪必要になります。

この計算でいくと、32坪あれば4人で快適に住めることになりますね。

3人なら27坪あればよく、30坪の平屋に3人で暮らす場合はゆとりを持った生活ができることになります。

30坪の平屋で狭いと感じるかどうかについて知りたい場合は、あなたの家族の人数から坪数の計算をしてみてはいかがでしょうか?

ちなみに、1坪は約3.3平米で、約1.8畳ですから、30坪は約99平米(≒100平米)で、約54畳です。

平米や畳の方が計算しやすい場合は、1人あたり26.4平米または14.4畳あるかどうかを計算してみてください。

家は大きな買い物ですし、住む環境は大切ですから、住み始めてから狭いと感じるようでは困りますよね。

家族の人数は、現時点では3人であっても将来的に変わる場合もあります。

将来子どもが増える可能性があるか、両親と同居する可能性があるかなども踏まえて、居住人数を予想しましょう♪

30坪の平家の間取りとしておすすめしたいのは3LDK

3人以下の家族であれば、30坪の平屋でゆとりのある生活が送れます。

そのため、おすすめの間取りは3人で住むことを想定した3LDKです!

平屋は、階段の上り下りがいらない点、家族との一体感がある点などで魅力的ですね。

間取りによっては3LDKにプラスアルファのスペースを作ることができ、30坪の家の中に趣味の部屋や子ども部屋を確保することもできます。

そのような家だと、より生活を充実させることができそうですね!

しかし、平屋ならではのデメリットもあるので、平屋を建てる前に検討しておく必要があります。

以下のデメリットを踏まえて、あなたにとって最適な間取りを選びましょう♪

1周りの住宅環境によっては、日当たりが悪くなるおそれがある
2夏は暑く、冬は寒くなりやすい
3道路に面していたり隣家との距離が近かったりすると、プライバシーの確保が難しくなる
4洗濯物を外に干す場所の確保が難しい
5空き巣対策などの防犯対策をする必要がある
6子どもが大きくなったときなどに、家の中で各人のプライバシー確保がしづらい

上記のデメリットに対して、可能なら以下のような対策をとれるといいですね。

1(日当たり)に関して勾配天井や中庭を作るなどして、光を採り入れられる造りにする
2(暑さや寒さ)に関して屋根の造りを工夫したり、床暖房を設置したりする
3や5(プライバシー確保や防犯対策)に関してシャッターや面格子をつけたり、窓を小さくしたりする
4(洗濯物を干す場所)に関してウッドデッキを作ったり、衝立を設置したりなどして工夫する
6(家の中でのプライバシー確保)に関して各部屋の防音対策をするなどの工夫をする

洗濯物を干す場所の確保については、最近では、洗面室と脱衣室とを分ける造りにする方法も人気です。

洗面室は、家に来られたゲストも利用するパブリックスペースです。

洗面室とプライベートスペースとしての脱衣室に分ければ、脱衣室に洗濯物を干すこともできますね。

それでは、30坪の平屋でおすすめの3LDKの間取り5選をご紹介します!

おすすめ3LDK間取り①

引用:SUUMO

こちらは、勾配天井にすることで多くの光を取り入れることのできる造りになっています。

また、小屋裏収納もあり、収納スペースも充実していますね。

脱衣室と洗面場所も分かれているので、パブリックスペースとプライベートスペースを分けやすくなっています。

おすすめ3LDK間取り②

引用:SUUMO

こちらは、小屋裏収納や多目的スペースがあり、3LDKにプラスアルファのスペースを設けた造りになっています。

趣味の部屋を作ったり、収納部屋にしたり、生活を充実させることができそうです。

おすすめ3LDK間取り③

引用:住友林業

こちらは、LDK、和室、洋室からもウッドデッキに出入りできる造りになっています。

各部屋に出入りするのに、LDKを通る造りになっているのも、家族と顔を合わせやすくなっていいですね。

おすすめ3LDK間取り④

引用:住友林業

こちらは、玄関から入ってすぐに洗面室に行けて、洗面室からリビングに行ける造りになっています。

外出先から帰宅したときの動線が考えられていますね。

LDKと寝室の両方からウッドデッキに出入りできる点も魅力的です。

おすすめ3LDK間取り⑤

引用:住友林業

こちらは、各部屋への出入りがLDKを通ることになっているので、家族と顔を合わせやすい造りになっています。

ウッドデッキへの出入りも、LDK、和室、寝室の3室からできる点がいいですね。

30坪の平屋で4LDKにする場合の間取りのアイデア

30坪程度の平屋でも、32坪あれば4人で快適に過ごすことができます。

また、ロフトや小屋裏収納などを作れば収納スペースを確保することができるので、狭いと感じることなく過ごせるでしょう。

それでは、30坪の平屋でできる4LDKの間取りとしておすすめ5選をご紹介します!

おすすめ4LDK間取り①

引用:SUUMO

こちらは、ロフトを設け、小屋裏にリビングスペースを設けた造りになっています。

収納スペースがたっぷりあるので、4人家族でも狭いと感じることなく過ごせそうですね!

おすすめ4LDK間取り②

引用:SUUMO

こちらは、洗面室と脱衣室を分けた造りで、脱衣室を洗濯物干し場として利用することもできます。

各部屋への出入りはLDKを通るようになっており、平屋らしく家族が毎日顔を合わせることのできる構造となっています。

おすすめ4LDK間取り③

引用:住友林業

こちらは、32坪を想定した間取りですが、各部屋に6畳以上取れて狭いと感じることなく暮らせそうです。

30坪に少し坪数を足すと、ゆとりのある4LDKになるのですね。

ウッドデッキがついているのも素敵で、LDKと和室の2部屋から出入りできるようになっているのもいいです。

こちらも、各部屋への出入りにLDKを通る造りとなっていて、家族としての一体感を得られやすいでしょう。

おすすめ4LDK間取り④

引用:住友林業

こちらは、33坪を想定した間取りですが、各スペースを少しずつ小さくして30坪程度におさえてもよさそうです。

玄関から入ってすぐに洗面室に行けて、そこからリビングにも行けるようになっているのがいいですね。

外出先から帰宅したときの動線が整っていることは魅力のひとつです。

こちらも、各部屋に出入りするにはLDKを通る造りになっています。

ウッドデッキには、LDKと和室の両方から出入りできるのもいいですね。

おすすめ4LDK間取り⑤

引用:平屋間取り

こちらは、31〜32坪が想定されています。ウッドデッキもあっていいですね。

各部屋に出入りするのにLDKを通る造りになっているのも、家族のコミュニケーションが生まれそうで魅力的です。

小屋裏に16畳もの大容量の収納スペースがあるのは素敵ですね。

まとめ

  • 30坪の平屋は、4人以下の家族であれば狭いと感じない
  • 30坪の平屋で最もおすすめできる間取りは、3LDK
  • 小屋裏収納を活用したり、坪数をほんの少し増やしたりすれば、4LDKでも狭いと感じることなく快適に暮らせる

家を建てるときは不安もあるかもしれませんが、将来素敵な家に住めるという期待も大きいのではないでしょうか。

それなのに、いざ住み始めてから狭いと感じたり導線が悪いと感じたりするようでは困りますよね。

4人以下の家族であれば、間取りを工夫することで、30坪の平屋で十分に快適な生活ができます!

あなたにとって、この記事が、将来にわたって心地よく暮らすことができる一助になると嬉しいです♪

reriko

Posted by reriko