そうめんは太る?ダイエットに最適なそうめんの正しい食べ方を紹介!

そうめんは手軽で食欲がなくても食べられるので、特に暑い時期には最適な食材です。

私も毎年夏には、家族でそうめん流しをするくらいよく食べます。

しかし、そうめんを食べすぎて太った!なんて経験をした人もいるのでは?

私も、つい食べ過ぎて太ってしまったことがありました…

もしかすると、そうめんの食べ方を間違っているのかもしれません。

そうめんを食べて太るなら、食べるのを控えたほうがいいのかな?
うめんは太る」って聞くけど、実はダイエットにいいって聞くけど本当?

そんな疑問や悩みのために、今回はそうめんの知識や、そうめんの食べ方について解説します!

この記事を読めば、太る&太らないそうめんの食べ方がわかるので、ぜひ読んでみてくださいね♪

 

 

そうめんは太る?そうめんを食べて太る原因とは?

そうめんを食べると、太る原因は主に2つあるのです。

①麺の細さ

そうめんは、麺の細さが直径1.3mm未満であることが基準となっています。

1.7mm以上だとうどん、直径1.3mm以上1.7mm未満がひやむぎ、と呼ばれます。

そうめんは他の麺より細いので、のど越しがよくスルスル食べられます。

そのため、噛まずにたくさん食べてしまい、太ることがあるのです。

 

②原材料が小麦粉

そうめんの原材料は主に小麦粉と塩を使用しています。

小麦粉は炭水化物が主な栄養素で、塩分もあるのでたくさん食べると太る原因になってしまいます。

ついついたくさん食べてしまうそうめんですが、食べすぎが太る原因になっていたようです。

 

 

そうめんが太るならカロリーはどのくらい?

そうめんが太るというなら、カロリーはどのくらいなの?

他の麺よりカロリーが多いから太るの?

確かにダイエットで気になるのが、食材の糖質やカロリーですよね。

では、そうめんと他の麺類のカロリーや糖質を比較してみていきましょう。

 

そうめんと他の麺類のカロリーを比較

そうめんの乾麺100gのカロリーは約356kcalですが、茹でた場合は塩分や油分が流れるので、約127kcalまで落ちます。

では、他の麺類のカロリーはどのくらいなのか、こちらの表をご覧ください。

他の麺と比較した結果、カロリーも糖質も他の麺類より少ないとはいえない結果となりました。

そうめんが他の麺類よりもヘルシーというのは、実は違ったようです。

ですので、ダイエットの中でも「糖質制限」をしようという人は、そうめんだけでなく麺類は控えるべきでしょう。

 

そうめんを食べるといいこともある!

確かに、カロリーも糖質もやや高い食材ではありますが、食べてはいけないわけではありません。

実はそうめんは、健康のためにはおすすめの食材なのです!

必須ミネラルのセレンが含まれている

そうめんには体内の有毒物質を体外に排出する働きのあるセレンというミネラルが含まれています。

このセレンを摂取すると、ガン予防や更年期障害の改善、アンチエイジングに効果的であるといわれています。

ですが、とりすぎると逆に疲労感や下痢の症状が出ることがまれにあるので、適量を食べましょう。

実は食物繊維が豊富!

そうめんには、食物繊維が含まれているので、便秘に悩んでいる人にはおすすめの食材です。

便秘は太る原因にもなるので、糖質制限ではないダイエットには取り入れるべき食材といえます。

モリブデンで貧血予防も

そうめんに含まれる「モリブデン」という成分は、鉄分と一緒に摂取するとその働きを助けるので、貧血に効果的です。

そうめんに鉄分の多い食材を食べあわせると良いでしょう。

そうめんって、女性の悩みに多い便秘や貧血にとても良いってびっくり!

アンチエイジングにもいいなんて、まさに女性こそ食べるべき食材なのね!

 

 

「そうめんで太る」を痩せるに変える方法とは?

そうめんが太るならダイエット中は、そうめんを食べるのは控えないといけないよね。
「そうめんは太る」ってわかっていても、ダイエット中にそうめんも食べたい!
ダイエット中にそうめんを食べても、太らない方法があったらいいのに…。

実は、ダイエット中でもそうめんを食べても大丈夫な方法があるんです!

また、そうめんの太りにくい食べ方や調理法、おすすめの商品を紹介します!

 

そうめんの太る食べ方と痩せる食べ方

まず、太るそうめんの食べ方は次の3点です。

  • 冷たい状態で食べる
  • 夕食に食べる
  • そうめん単体で食べる

これらをひとつずつ確認して、痩せる食べ方に変えるにはどうするべきなのかも紹介します。

冷たい状態で食べる
夏の暑い日は特に、氷と冷水でしめた冷たいそうめんで食べたくなりますよね。

しかしそうめんは水分が多く、身体が冷えやすくなるうえ、むくみの原因にもなります。

そうめんを食べるときは「にゅうめん」のような温かい状態で食べることをおすすめします。

温かい状態だと身体の代謝が上がるので、そうめんを食べても太りにくく、瘦せる身体に変わります。

夕食に食べる
夕飯は一日の食事で一番少ないカロリーの摂取量でいいので、カロリーが高いそうめんは控えるべきです。

もし、どうしても夕飯にそうめんが食べたい場合は、一束の半分の量にするなど、たくさん食べないようにしましょう。

そうめん単体で食べる

先ほども紹介したように、そうめんの主な栄養素は炭水化物です。

ダイエットにはたんぱく質が必要不可欠ですが、そうめんにはさほど多く含まれていません。

そうめんを食べるときには、たんぱく質が多い食材と一緒に食べなければなりません。

また、そうめんつゆのつけすぎも糖分や塩分を多くとりすぎてしまうので、気を付けましょう。

 

そうめんで太りにくくなるおすすめの調理方法

そうめんの一番太りやすい食べ方は、やはり「単体」で食べることです。

ただ茹でてそのまま食べるのではなく、工夫して食べると太りにくくなるのです。

①つゆの薬味

薬味におすすめなのは、しょうが、ごま、海苔です。

特にしょうがは、身体を温める効果があるので、体内から代謝を上げてくれます。

変わり種の薬味として、梅やとろろもダイエットの効果を高めてくれる栄養が豊富なのでおすすめです。

 

②ネバネバそうめん

納豆と刻んだオクラをそうめんにのせて食べると、そうめんの栄養素で少ないたんぱく質やカルシウムが補えるのでおすすめです。

 

③サラダそうめん

そうめんの上に、割いた鶏むね肉(ササミでも可)とトマトやレタスなどのお好みの野菜、ゆで卵をのせます。

冷やし中華のようにいろいろな食材を食べることができて、満足感もそうめん単体とは違います。

 

④かきたまにゅうめん

中華だしのにゅうめんに溶き卵を回し入れてお好みでおろししょうがとわかめと刻みネギを加えます。

身体が温まるので、寒い冬に食べても美味しいです。

和風にしたい場合は、和風だしをベースにして、ほうれん草をくわえると、鉄分もとれていいですよ。

そうめんは、基本的にどんな料理にも合うので、ぜひ色々アレンジして食べてみてほしいです!

 

 

太らないそうめん!?市販のヘルシーそうめんを紹介!!

そうめんは、カロリーと糖質が高い食材…ですが、ダイエット中は特に糖質とカロリーが気になってしまいますよね。

できることなら気兼ねなく食事がしたい、と思いますよね。

それを叶えてくれる商品があるってご存じでしたか?

  • 糖質オフそうめん

この商品は、通常よりも糖質が30%カットされたそうめんです。

味は、通常のそうめんとまったく変わらない美味しさなので、これなら、ダイエット中でも食べられますよね!

  • グルテンフリーそうめん

ここ数年、「グルテンフリーダイエット」が注目されています。

そうめんは小麦粉でできているので、パンと同じように「グルテン」が含まれています。

グルテンは、過度に摂取すると中毒性があるので、太る原因にもなるのです。

この商品はお米から作られているので、グルテンが入っておらず、健康的なそうめんです。

通常のそうめんよりもカロリーが低いのもうれしいところ。

小麦を一切使用していないので、小麦アレルギーの人にもいいですね。

食感はそうめんのようにのど越しはいいですが、お米の風味があるのでそうめんというよりベトナムの麺「フォー」に似ています。

ですが、通常のそうめんより少量でも腹持ちが良くて、満足感があります。

  • 豆腐でできたそうめん

こちらのそうめんは、なんと豆腐から作られています!

ですので、通常のそうめんよりカロリーも糖質も少なくてヘルシーなのです。

味はやはり大豆の風味が強いので、そうめんというよりあっさりした豆腐を食べているよう。

ですが、通常のそうめんよりつるっとした食感で美味しいです!

  • 糖質0そうめん

引用:紀文公式HP

こちらは、おからパウダーとこんにゃくの粉で作られています。

なんと、カロリーは14kcal、糖質は0gというかなりヘルシーな商品!

食感はこんにゃく粉が入っているので少し弾力があるように感じますが、味がそうめんに近いのでびっくりします!

また紀文食品では、糖質0のつゆも販売されています。


紀文【糖質0つゆ 1ケース(6本)】 低カロリー / 万能 かつおだし 麺つゆ

麺だけでなく、つゆのカロリーや糖質も気になる人にはおすすめです。

 

 

まとめ

  • そうめんが太る原因は麺の細さと、原材料が小麦粉で作られていることである
  • そうめんはカロリーや糖質が少なそうに見えるが、実はカロリーも糖質も高いので食べすぎると太ることがある
  • そうめんには、セレンや食物繊維など女性に嬉しい効果がある栄養も含まれている
  • そうめんは、単体で食べずに色々な食材と組み合わせてバランスよく食べることが大切
  • そうめんを冷たい状態で食べると冷えやむくみが原因となり、太ることがある
  • ダイエット中にも食べられる、通常のそうめんより糖質やカロリーが低い商品がある

そうめんは、確かにカロリーも糖質も高いですが、実は他の麺類よりもダイエットに向いているのだと思いました。

通常のそうめんよりヘルシーな商品があって、種類も豊富なことにも驚きですよね。

もし、これからそうめんを食べながらダイエットを考えている人は、ぜひ食べ方に気をつけながらダイエットを頑張ってみてくださいね!

m39san

Posted by m39san