卒園式と入学式の服装が同じでもママは大丈夫!着回しアレンジも紹介

卒園式が終わるとすぐに入学式があり、「同じ服装で行っても大丈夫かな?ほかのママはどんな服装で行くんだろう?」と悩むママは多いですよね。

卒園式と入学式の服装は同じでも大丈夫です!

普段フォーマルウェアを着ることも少ないですし、それぞれで買うのもお金がかかりますし1着で済ませたいと思いますよね。

この記事でわかること

  • 卒園式と入学式の服装が同じでも大丈夫な理由
  • 卒園式と入学式で適しているママの服装
  • 卒園式と入学式に合うスーツ
  • 卒園式と入学式の着回しや変化のつけ方

卒園式と入学式に着ていく服を決めて子供の素敵な晴れ姿を楽しみましょう♪

卒園式と入学式の服装が同じママでも問題なし!

卒園式と入学式の服装が同じママでも大丈夫な理由は、主役は自分の子供なので他のママの服装まで覚えていないからです。

卒園式と入学式にそれぞれ違う服装でくるママもいますが、どのママがどんな服装できたかまで関心を示す人はいないと思います。

最近会った友達や保育園で見かけたママが、どんな服装でいたか細かく思い出せますか?

私は正直思い出せませんので、きっとこの記事を読んでいるあなたも一緒ではないでしょうか。

この不安が無くなれば、安心して卒園式と入学式は同じ服装で行けますね♪

ただ、卒園式や入学式は写真を撮るので、自分自身が気になってしまうという方もいらっしゃるかと思います。

そのような時は、ちょっとした工夫をすることで見え方に変化を出すことができますよ♪

見え方に変化をつける方法は後半のアレンジ術でご紹介します。

まずは卒園式と入学式でママはそれぞれどのような服装がいいのかを参考にしてみてください。

卒園式の服装

卒園式は先生方との別れや子供たちの旅立ちの儀式なので、落ち着いたカラーの服装にしましょう。

色でいうとブラックやグレー、ネイビーが定番です。

だからといって黒一色にしてしまうと喪服のようになってしまます。

そのような時は、コサージュやアクセサリーなどで少し明るめの色のものを入れるといいですよ。

入学式の服装

入学式は新たな始まりを祝う行事なので卒園式よりも明るいカラーの服装でも大丈夫です。

具体的な色でいうとベージュやライトグレー、ホワイトなど淡い色の服装ですね。

卒園式と入学式で同じ服装の場合

卒園式と入学式で同じ服装にする場合は、卒園式の服装に合わせて落ち着いたカラーの服装にしましょう。

卒園式の服装に入学式のような明るいイメージの服装で行ってしまうと、浮いてしまう可能性があります。

卒園式は厳かな場ですので「引き締まる感」がある服装を選ぶことをおすすめします。

地域によっては、卒園式でも明るめの服装で参加している場合もありますので、事前に保育園の先生にどのような雰囲気なのか聞いてみるといいですよ。

卒園式と入学式のスーツにピッタリな服を紹介

卒園式と入学式で同じ服装にする場合、どういったスーツがピッタリなのか紹介していきます。

ジャケット+ワンピース

こちらの商品はジャケットとワンピースが2点セットのスーツです。

ジャケットは2パターンあり、ウエストラインが締まって見えるノーカラージャケットと襟が際立って見えるショールカラージャケットです。

ノーカラージャケットの色はホワイト、ネイビー、ブラック、グレーの4色あります。

ボタンの部分はリボンのブローチとチェーンボタンに付け替えることができるので、自分の好みにあわせて変えられますね。

ショールカラージャケットは、ノーカラージャケットのブラックを除いた3色のバリエーションがあります。

どちらを選んでも問題なく「引き締まる感」がでますね。

ワンピースはネイビーのAラインで、スカート部分が広がっているので着やせ効果も期待できそうです。

卒園式と入学式で着用するなら、ホワイト以外ならどれでも大丈夫ですね。

ジャケット+トップス+パンツ

こちらのスーツはジャケットとトップスとパンツの3点セットで、テーパードパンツかワイドパンツのどちらかを選べます。

最近はママのパンツスーツも主流になっていて、卒園式や入学式のような式典でもマナー違反にはならないので安心して着られますよ。

テーパードパンツとワイドパンツでそれぞれ5パターンの色合いを選べます。

卒園式と入学式を同じ服装にするなら、ベージュのジャケットを除けばどのパターンでも大丈夫ですね。

ウエストはゴムなので楽ですし、ベルトは自分で結べるので座るときにきつく感じる心配はなさそうです。

パンツスーツはしゃがんでも気にすることなく楽に動けるので、小さな子供と一緒のときはおすすめです。

私はスカートやワンピースなどの足を出すスタイルは好みではなく、体型も気になるのでワイドパンツが選択肢にあると嬉しいです。

ジャケット2点+ワンピース

こちらはジャケットが2種類とワンピースの3点セットのスーツです。

同じ服装というわけではありませんが、ワンピースは同じでジャケットを2点買えるので「雰囲気をガラッと変えたい」という方におすすめです。

このパターンであれば、入学式用にホワイト系の明るい色のジャケットを選ぶことができますね♪

テーラードジャケット、ノーカラージャケット、トリミングMIXツイードノーカラージャケット、カラーレスジャケットの4種類のうちの3パターンから選べます。

Add Rougeのブランドの3種類のスーツをご紹介しました。

口コミで人気の高いものをご紹介したいと思っていたら、たまたま同じブランドのスーツでした。

選べるパターンが多いのと、生地がしっかりしていて価格がお手頃なのが人気のようですね。

どれを購入してもコサージュかブローチがプレゼントでついてきます。

コサージュやブローチは、デザインや色を選べないので好みのものじゃないときは別で購入しましょう。

卒園式と入学式で着回すときのアレンジ術

卒園式と入学式で同じ服装の時にイメージを変えたいときの着回すアレンジ術をご紹介します。

髪型を変える

同じ服装で着回すときに髪型を変えるだけでもイメージは変わります。

髪が長い方は卒園式はアップスタイルでまとめてしっかりとした印象に、入学式はハーフアップで柔らかい印象に変えられます。

ショートヘアやボブなど髪が短めの方でも簡単にアレンジができますよ。

ストレートアイロンでまっすぐにすることや、外はねをつくることもできます。

コテを使ってウェーブを作って柔らかい印象をつくったり、前髪をアップにしたり、サイドでまとめたりと少しアレンジを加えることでイメチェン可能です♪

あまり派手ではないヘアアクセサリーを使ってもワンポイントで可愛い印象になりますね。

バックやアクセサリー、コサージュなどのアイテムを変える

バックやアクセサリー、コサージュを変えることも卒園式と入学式で着回すときのアレンジに効果的ですよ。

バックは卒園式ではダークカラーのものを、入学式では明るめのカラーのものにするといいですね。

ネックレスは派手ではない、パールのものや1粒タイプのダイヤのものなどが好ましいです。

コサージュは色を変えてもいいですし、ブローチにしてもイメージが変わりますね。

ネックレスとコサージュはつけたときのバランスを考えて、派手すぎないように気をつけましょう。

バランスがわからない方はどちらか一方をつける形にすると、すっきりとして素敵ですよ♪

ピアスやイヤリングも派手すぎないものを選びましょう。

ネックレスに合わせると統一感があって上品なイメージになりますね。

まとめ

  • ママは卒園式と入学式の服装が同じでも問題なし
  • 他のママは卒園式と入学式の服装まで覚えていないので同じ服装でも気づかれない
  • 卒園式はダークカラー、入学式は明るめのカラーの服装が好ましい
  • 卒園式と入学式の服装を同じにするなら、ダークカラーを選ぶ
  • ママの髪型、バックやアクセサリーなどのアイテムを変えるだけでもイメチェンできる

卒園式と入学式の主役は子供たちなので、ママが服装に深く悩む必要はありませんよ。

この記事を読んでその悩みが少しでも解消されると嬉しいです。

お子さまの門出を祝って素敵な卒園式と入学式を楽しんでくださいね♪

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

risamam

Posted by risamam