ヨガの服装はジャージでOK!初心者も迷わないウェア選びをご紹介

最初からヨガウェアを揃える必要はありません!

お手持ちのジャージとTシャツで大丈夫です。

女性を中心に男性にも人気のヨガですが、始めてみたい、体験レッスンに行きたい、でも服装はどうしたらいいのか迷いますよね。

私もヨガに興味があり、とりあえずマットは買ってみたものの、ウェアは買った方がいいのか迷っていました。

そこで初心者にはどんな服装がいいのか、体験レッスンにはどんな服装で参加したらいいのかを調べてみました。

ヨガの動きに合った服装ならヨガウェアじゃなくても、手持ちの服で代用できます。

ただ動きやすかったら何でもいいという訳ではないのです。

代用できそうなパンツがない方は、こちらのパンツをひとつ持っておくとヨガ以外にも使えますよ。

軽いスポーツや水遊び、アクティブな普段使いにも対応できるので、もしヨガで使わなくなっても着まわせる便利な1枚です。

この記事では、初心者でも始めやすい一般的な常温ヨガに適している服装選びのポイントをご紹介します♪

ヨガの服装はジャージでもポイントは押さえておく!

ヨガの体験レッスンに初めて行くときは緊張しますよね。

一緒にレッスンを受ける人達は、どんな服装で何を持ってくるんだろう?と不安な方も多くいると思います。

レッスンの案内を見ると「動きやすい服装で」と書いてはあるけれど、動きやすい服装にも色々あるから迷いますね。

それにヨガウェアを購入しても体験してみたら合わなかった、なんてことになったらせっかく購入したものが無駄になってしまいます。

そんな初心者でも安心して体験レッスンに臨めるように、ヨガに適した服装のポイントを調べてみました。

ヨガ教室に通っている友人にも話を聞いてみたので参考にしてくださいね。

「動きやすい」服装とはどんなもの?

ヨガではたくさんのポーズがありますので、体を締め付けず動きやすい服装というのが基本になります。

ですので始めたばかりの時にはトップスはTシャツ・ボトムスはジャージでもいいのですが、どんなTシャツ・ジャージでも適している訳ではないです。

下のイラストはヨガの基本的な動きになりますので参考にしてください。

このようなヨガの動きをしても邪魔にならない服装を選ぶことがポイントです。

ヨガの動きはゆったりとしていてリラックス効果もありますが、上のイラストにもあるように、ポーズはダイナミックなものが多いです。

腕が上げづらい、膝を曲げづらい服装は避ける必要がありますね。

服装を選ぶ時のポイント

それでは具体的にどのような服装がいいのかポイントを見てみましょう。

ヨガに適した服

・伸縮性のあるストレッチ素材の服

・汗をかいても乾きやすい吸汗速乾性のある服

・胸元が開き過ぎていない服

ヨガは腕を上げたり、膝を曲げたり、脚を開いたりと体全体を大きく動かします。

その動きの邪魔をせず、動きやすいのがストレッチ素材の服です。

伸縮性があり、適度に体にフィットしているものが理想的なんですよ。

あまり体に密着したものだと、動きづらく体のラインが気になって抵抗があるという方もいるかと思います。

私はできるだけ体のラインは隠したい派です!

だからと言って、ゆったりし過ぎたトップスは前かがみや頭を下にするポーズには向いていません。

胸元が見えたり、トップスがめくれてお腹が見えたりすると、気になってヨガに集中できませんよね。

トップスの丈は、両腕を上げてお腹が出ないものを選びましょう。

ボトムスも脚を高く上げたり、開いたりするので、裾がめくれやすい形のものは避けた方がいいです。

ジャージならハーフパンツより丈の長いものがいいですよ。

太ももや下着が見えてしまうことを防いでくれます。

ボトムス選びはあぐらをかいてみて、窮屈な感じはしないかを確認しておきましょう。

ヨガをしていると普段は使わない筋肉まで使った動きをするので、ホットヨガじゃなくても汗をかきます。

汗で生地が肌に張り付いてしまっては動きづらくなりますし不快ですね。

それに汗を吸って重たくなっても動きづらくなってしまいます。

ですので吸汗速乾性のある素材のものだと汗をかいても快適にヨガに集中できますよ。

ジャージはもともとスポーツ用のウェアですので、適度な通気性もありヨガ初心者には選びやすい服装だといえます。

そして伸縮性があり体にフィットしていても、胸元が開き過ぎたものは避けましょう。

寝転んだり、前かがみになったりしたときに周りの人から見えてしまっては、自分はよくても不快に思う人がいるかもしれません。

胸元は肌にピッタリと密着し襟ぐりが広くないものが、動きや人目を気にすることなくヨガに集中できますよ。

避けた方がよい服

・フードのついた服

・汗染みが目立ってしまう色の服

・装飾パーツがついている服

フードが付いていると、頭を下にしたときや寝転んだときに邪魔になってしまいます。

汗染みが目立つ服も、腕を上げたときに見られたら恥ずかしいですよね。

ビジューやスタッズなどの装飾パーツがついている服も、いろいろな体勢になるため装飾部分が当たると痛いです。

実際にヨガの経験がある友人に、体験レッスンに行った時の話を聞いてみました。

mizuizu
mizuizu
初めてヨガの体験レッスンに行ったときはどんな服装で行ったの?
なおみさん
なおみさん
陰ヨガの体験レッスンに行ったけれど、ボトムスはジャージでトップスはTシャツだったよ。

他の参加者も同じような服装だった!

まいさん
まいさん
私は前にピラティスをやっていた時のウェアで参加したよ。

激しく動く訳ではないし、ジャージの人も結構いたよ。

みなみさん
みなみさん
私はユニクロのスポーツウェアで行ったよ。

参加者はTシャツやタンクトップにスウェットの人もいたよ。

話を聞くと、ヨガを始めるために本格的なヨガウェアを購入した人はいませんでした。

手持ちの動きやすい服装で参加しても問題がないことがわかりました!

締め付けすぎず、緩すぎない、体を動かしたときに心地のいい服装であればヨガには適していると言えますね♪

ちなみに持ち物も聞いてみたところ、3人全員が水分補給用の水筒と汗拭きタオル、この2つは必ず持って行ったと話していました。

ヨガスタジオによってはマットやウェアをレンタルしているところもあるようですので、事前に確認してみてくださいね。

ヨガの服装は男性と女性でそれぞれ合うものを選ぶ

ヨガは女性がやるものというイメージが強いかもしれませんが、男性のヨガ人口も増えています。

基本的には男性も女性も上記で紹介した通りの動きやすい服装で問題ありません。

ただそれぞれ男女の体の特徴に合った服装選びのポイントがあるんですよ。

男性と女性で服装を選ぶ時の注意点

男性の服装の注意点

男性のボトムスは、あまり体にフィットしていない方が無難です。

局部の膨らみが目立つものは避けましょう。

裾から下着が見えてしまうようなものも、ヨガに集中できなくなってしまいます。

ハーフパンツを着用するときに心配な方は、下にスパッツをはいておくといいですね。

女性の服装の注意点

女性の場合は先ほどもお伝えしましたが、胸元が見えるものは避けましょう。

そして着用する下着にも注意が必要です。

普通のブラジャーでは締め付けや動いたときのズレが気になってしまいます。

ワイヤーが入っているタイプだと、ワイヤーが食い込んで痛みを感じてしまうかもしれません。

ヨガのときにはスポーツブラやブラトップがおすすめです。

ズレたり、ワイヤーが食い込んだりせず、ヨガに集中することが出来ますよ。

ヨガの服装で初心者も購入しやすいブランド紹介

ユニクロ

ユニクロと言えば、シンプルで機能的なデザインが多く、利用されている方も多いと思います。

幅広い世代に向けた品揃えで、人気のブランドですね。

私も仕事の帰り道にお店があるので、シーズンが変わるたびに定番アイテムを購入してしまいます♪

引用:ユニクロ 公式オンラインストア

ヨガウェアの他にもスポーツブラやブラトップなど、運動に適したインナーがたくさんあります。

もちろん男性用の、速乾性があるドライ素材で着心地のいいアイテムも豊富です。

どこのお店に行こうか迷ったら、まずはユニクロを覗いてみるのもおすすめですよ。

GU

GUはユニクロよりも若者向けのファッションブランドですよね。私よりも娘がよく利用しています。

中高生が気軽に購入することができる価格設定で、デザインも豊富に取り揃えられていますね。男女問わずに人気のお店です。

GUにもヨガに適したウェアが揃っています。

引用:GU(ジーユー)公式ファッション通販サイト

女性向けのヨガウェアやインナー、男性用のスポーツウェアまで取り扱っていますので、お好みのデザインのものに出会えると思います!

しまむら

しまむらには男性用・女性用ともに豊富なデザインのスポーツウェアが揃っています!

もちろんヨガに適した通気性や伸縮性のある素材で、機能性も問題ありません。

有名ブランドとのコラボ商品もありますので、色んなデザインを見てみたい方はしまむらがおすすめです。

というわけで、スポーツウェアを持っていない私が実際にしまむらで商品を見てきました!

今回はこちらのトップスとボトムスを購入してきました。

トップス・・550円(税込)

ボトムス・・979円(税込)

上下合わせて1529円と、とっても安く購入することが出来ました!

他にも色や柄など選べる商品がたくさんありましたよ。

上記で紹介したブランドはヨガ以外でもランニングやウォーキング、家の大掃除をしたいときなど、体を動かす様々な場面で役に立ちそうですね♪

しかもお手頃価格で全身揃えることができますよ。

ウェアを持っている方も持っていない方も、一度お店に足を運んでみてください。

まとめ

  • ヨガを始めるときは手持ちのジャージなど、体を動かしやすい服なら代用できる
  • ジャージでヨガをするときも服装選びは伸縮性・吸汗速乾性などの機能性を重視する
  • ヨガの服装では男性なら裾から下着が見えないものを、女性ならブラジャーの種類に気をつける
  • 初心者がヨガウェアを揃えるなら、まずはプチプラなブランドがおすすめ

ヨガを始めるときにジャージがあれば、服装は本格的なウェアを購入する必要がないとわかりました。

今回調べてみてヨガにはたくさんの種類があり、自分に合ったヨガで、そのヨガに合った服装選びが大切だと知ることができました。

ヨガ初心者を卒業したら、お好みの本格的なヨガウェアを購入するのもいいですね。

ヨガは心身ともにリラックスできます。まずは構えずにお手持ちの服でヨガライフを楽しみましょう。

mizuizu

Posted by mizuizu