新発見!!キャンプには丸型飯ごうが使い勝手とスタッキング力で最適

生活キャンプ,スタッキング,丸型飯ごう生活,スタッキング,丸型飯ごう

キャンプの定番と言えば、飯ごうで炊いた美味しいご飯。

なかなか飯ごうを使う機会がない人も、林間学校などで1度は使った経験があるはず。

飯ごうなんて、古臭い昔の道具だし、使いづらいでしょ

っと思っている人も多いはず。私もそうでした。

でも、色々と調べてみたら違ったんです。

飯ごうは、今でも多くのキャンパーが持っている必須アイテム。

しかも、丸形飯ごうを使えば、美味しいご飯が炊けて使いやすいのはもちろん、調理法や利用方法まで広がることが分かったんです。

さらにスタッキングを活用すれば、かさばるキャンプ道具の収納もバッチリ。

まだ飯ごうを持っていない人も、既に持っている人にもぜひ読んでほしい内容満載。

今回は、丸型飯ごうのメリットとご飯を炊く以外の便利な使い方、おすすめの丸型飯ごう2選を紹介します。

 

 

キャンプは丸型飯ごうが使い勝手とスタッキングで最高

飯ごうとはアウトドアの調理道具の一つで、円形状の丸型と落花生の様な兵型の2種類あります。

林間学校などで一般的にお馴染みなのは、兵型ですよね。

でも、これからキャンプを始める人に絶対おすすめなのは、何より汎用性の高い丸形飯ごう!

丸型飯ごうがなぜおすすめなのか、その理由を紹介します。

 

扱いやすく洗いやすい

丸形飯ごうは、円形状なので、とにかく扱いやすくて洗いやすいのが一番のメリット。

キャンプではたき火で炊飯する場合が多いので、火の調節が難しく、調理道具を焦げ付かせてしまったという経験が誰しもありますよね。

丸形飯ごうなら、円筒状で変な溝やカーブもないので、焦げ付いたり端に残ったご飯もすくいやすく、使い勝手がとても良いです。

飯ごうの内側に焦げ付きが残っていると、次に使う時にそこから焦げやすくなります。

さらに、たき火などで飯ごうを使う場合は、外側もススで真っ黒になってしまいます。

丸形なら、焦げ付いたり汚れがひどくても、スポンジやたわしなどで隅々までしっかり洗えます。

とても洗いやすい形なので、お子さんがいる家庭でも洗い物のお手伝いをお願いできそうですね。

 

飯ごうの中にスタッキングしやすいので荷物の収納力が抜群

キャンプを始めて私がまずビックリしたことは、なんといっても荷物の多さ。

あれもこれも必要だと思って用意したら荷物が車に入らなかったなんてこともあり、荷物の収納には毎回頭を悩ませています。

特に場所を取るのは、調理道具や食器などのキッチングッズではないでしょうか。

鍋やフライパンなどの大物調理器具から、フォークなど必要な数も多いものまでさまざま。

収納場所もキャンプ場での持ち運びも大変なことに…なんて経験、あなたも一度はあるはず

かさばるキッチングッズをひとつに収納して持ち運べたら、キャンプの準備ももっと楽しくなると思いませんか?

使用していない飯ごうは、収納ボックスの代用品として使うことができます。

お皿やコップ、カラトリー類をはじめ、小さな調味料なんかもまとめて入れることができるのでとても便利です。

収納力を考えるなら、絶対に丸形飯ごうがオススメ。

シンプルな形なので、中に収納するものの形を選びません。

一方、兵型では、曲線部分が多いのでデッドスペースが増えしまいがち。

収納するものの大きさや形、入れる順番などを考えなければならず手間がかかります。

キッチングッズをコンパクトにスタッキングすることで、持ち運びが楽になるだけでなく、自宅での保管場所にも困らないのもメリット。

あなたも、お気に入りのグッズをスタッキングすれば、キャンプ場でも自宅でも収納上手になれますよ。

 

ご飯がむらなく短時間で炊ける

丸形飯ごうは、円筒状の形なので熱が均等に伝わりやすく、短時間でむらなく炊けるのがメリット。

また、飯ごうの底も円形なので、たき火やガスコンロの上に置いた時も安定感があり扱いやすく便利です。

まだ飯ごうでご飯を炊くことに慣れていないアウトドア初心者の方には、丸型飯ごうがピッタリですね。

 

 

キャンプで丸型飯ごうの使い方はご飯だけじゃない

日本で飯ごうといえば、主食であるお米を炊く調理道具として一般的に浸透しています。

でも、せっかく持っていくのなら、ご飯を炊く以外の使い方ができればもっと便利だなというふとした疑問が沸きました。

一つの道具で何通りも使い方があると、荷物も減らせるし、収納も困らないからとっても嬉しいですよね。

そこで、丸形飯ごうの炊飯以外の使い方を調べてみたら、ごはんを炊く以外に色々なアイデアがあったので紹介します。

 

鍋やお皿として使う

丸形飯ごうは、鍋の代わりとして使うのがとっても便利。

子供が好きなカレーやシチューなどのスープ類から、パスタやラーメンなどの麺類の調理まで幅広く使えます。

また、深さも大きさもあるので、揚げ物用鍋としても利用できます。

丸形飯ごうなら油跳ねも気にならないし、子供が大好きな唐揚げやフライドポテトがキャンプでも気軽に作れそうです。

飯ごうのふたも、ちょっとしたお皿の代わりになります。

飯ごうで作った料理をふたにのせれば、本体とふたのセットで使えてお得ですね。

 

キッチンボールやバケツとして使う

丸形飯ごうは、底が深く大容量のものが多いのが特徴。

キッチンボールの代わりに使えば、食べ物を入れたり、料理の具材を混ぜ合わせたりと何かと使えそうです。

また、取っ手があるので、ちょっとしたものを運ぶためのバケツ代わりで使うのも便利。

テントサイトと洗い場が遠いと、水の運び出しが意外に面倒だと思ったことはありませんか?

丸形飯ごうを使えば、変な湾曲がないので、水を注ぐときもこぼさず簡単にできます。

これなら子供でもお手伝いできそうなので、キャンプ場での料理がはかどりそうですね。

 

 

キャンプで使う丸型飯ごうのおすすめ商品2選

丸形飯ごうでオススメ商品を2点紹介します。購入の際、是非参考にしてくださいね。

 

LOGOS (ロゴス) 丸型ハンゴウ5合

引用 LOGOS

商品情報

総重量約380g
容量[本体] 約2.67L、[ふた] 約0.6L、[皿(なかご)] 約0.5L
サイズ[本体] 約18×15.5×15.7cm、[ふた] 約16×16×3.5cm、[皿(なかご)] 約15×15×3cm
収納サイズ約18×17×15.7cm
主素材アルミ
表面加工主素材[本体内側、ふた内側、皿] アルマイト加工、[本体外側、ふた外側] メラミン樹脂塗装
原産国日本
価格open価格

まずは、購入した方の口コミを見てみましょう。

  • 思ったより軽いのに、しっかりと作られていて買ってよかった
  • 食品を直接入れる調理器具なので、安物を選ばず日本製のLOGOSを選んで正解
  • 薪でご飯を炊いたら、ふっくらとまんべんなく炊けて炊飯器より美味しかった
  • ご飯を炊いた後、野菜を茹でるための鍋としても利用したが、違和感なく使用できた

LOGOSの丸形飯ごうは、中国製の飯ごうも増えている中、日本製の商品というのが最大の魅力。

中国製は日本製に比べて価格が安いですが、日本製の方が材質や蓋がしっかりしていて、塗装も優れています。

「安心の日本製」「焦げ付きがあっても洗いやすい」と品質面の口コミが多く見られました。

また、最大で五合のごはんを炊くことができる大容量もメリット。

お米の計量は、付属の中蓋を使うとすり切りいっぱいで2.5合のお米が計れます。

飯ごう本体には2.5合と5合に必要な水の位置に印があるので、加える水の量にも困りません。

大容量で機能性や品質性の良い飯ごうを手に入れたい方は、LGOSの丸形飯ごうがオススメです。

 

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ) 林間丸型ハンゴー 4合炊き

引用 CAPTAIN STAG

商品情報

サイズ[外径] 約155mm、[高さ] 約135mm
重量約360g
材質[本体] アルミニウム (表面加工:アルマイト加工、エポキシ樹脂塗装)、[フックハンドル] 鉄(エポキシ樹脂塗装)
原産国中国
メーカー希望小売価格¥3,000

まずは、購入した方の口コミを見てみましょう。

  • 数万円する炊飯器でご飯を炊くより、圧倒的に美味しく炊けた
  • たき火でなんとなくご飯を炊いてみたが、驚くほど簡単にご飯が炊けた
  • 値段が安いのでちゃんと炊けるか不安だったが、想像以上に美味しくできた

CAPTAIN STAGの飯ごうは、他のメーカーに比べて値段がお手頃なのが一番の魅力。

「この値段でこのクオリティなら大満足」「値段と性能のパフォーマンスはピカイチ」と口コミでもコストパフォーマンスが評判のようです。

お米の計量は、本体の中蓋を使えばすり切りいっぱいで2合、外蓋を使えばすり切りいっぱいで4合のお米が計れます。

また、飯ごうの側面に2合と4合に適した水位がわかる線もあり、水の調節も簡単にできます。

まずは性能よりもコストパフォーマンスの良さで選びたい方には、CAPTAIN STAGの丸形飯ごうがお勧めです。

 

 

まとめ

  • 丸形飯ごうは、円形状でとにかく扱いやすくて洗いやすい
  • 丸形飯ごうは、熱が均等に伝わりやすく、ご飯が短時間でむらなく炊ける
  • 丸形飯ごうは、たき火やガスコンロの上に置いた時も安定感があり初心者でも扱いやすい
  • 丸形飯ごうの中は収納力に優れているので、キャンプ用品をスタッキングすれば、持ち運びが楽になり保管場所にも困らない
  • 丸形飯ごうは、ご飯を炊くだけでなく、鍋や皿、キッチンボールやバケツなどとして利用できる
  • 丸形飯ごうの選び方は、重視する内容で商品を決めるのがおすすめ

飯ごうで炊くご飯は、いつもの炊飯器とは違い、炊き上がりの香りや音、たとえ失敗してもおこげの味がキャンプの雰囲気を盛り上げてくれます。

飯ごうは、昔からどんな調理法にも大活躍してくれる優れた調理道具。

スタッキングを活用すれば、1つあるだけで料理も収納の幅もぐんと広がり、キャンプの雰囲気もグッとあがること間違いなし。

最近は台風などの自然災害が多いので、キャンプ場だけでなく、家でも停電などで炊飯器を使えない時に活躍しそうですね。

あなたもぜひ、この機会に丸形飯ごうを持ってアウトドアライフを楽しみましょう!

Posted by marimori