最新キャンプのお風呂事情を徹底調査!!今よりキャンプが好きになる

生活お風呂事情,キャンプ生活,キャンプ

今流行りのキャンプ。大自然の中でのアクティビティやBBQ。

たくさん遊んだら、お風呂に入ってさっぱり!

でも、キャンプ場のお風呂って汚いから入りたくないと思っていませんか。

分かります、私も、汚いお風呂ダメです。本当に無理です。楽しいキャンプも、お風呂の時間が憂鬱になっちゃいます。でもその考え、古いです!!

今は高級旅館のようなお風呂が付いているキャンプ場や、オリジナルのお風呂で楽しむ、お風呂入らずに身体をきれいにするグッズなどもあるんです。

そこで、最新!キャンプのお風呂事情を紹介
  • お風呂事情は3つの方法を知れば完璧
  • お風呂のタイミングが大切
  • 合わせて知りたいトイレ事情
  • お風呂セットで問題解決

キャンプのお風呂問題に決着をつけて、キャンプがもっと好きになる。

 

 

キャンプのお風呂事情はたった3つを知れば解決

自然の中でのご飯や川遊び、大人も子どものように夢中になって遊び、夜はお酒を飲みながらBBQ。

最後は、たき火でマシュマロを焼きながら満天の星空を眺め眠りにつく。

キャンプは非日常を味わえるぜいたくな時間。いやいや、本当にそうでしょうか。

川遊びやアスレチックで汗をかき、BBQのにおいやお酒のにおいも混じり、そのままゆっくり星空を眺めるなんて考えられないですよね。

キャンプを本当に楽しむなら、最後はお風呂ですっきりして眠りにつきたいと、特に女性なら思うはず。

でも、キャンプ場のお風呂ってつま先で立っていられないようなお風呂しかないと思っていませんか。

でも、今は違うんです。その考え方、古いですよ!!

そこで疑問に思っている人も多いキャンプのお風呂事情を徹底調査してみました!!そうしたら見えてきたのは3つの方法。

この3つを知ればキャンプのお風呂マスターだ!!
  • お風呂のあるキャンプ場を選ぶ
  • オリジナルのお風呂であなただけを実現
  • お風呂に入らずに体をきれいにする

 

お風呂のあるキャンプ場を選ぶ

キャンプ場を選ぶときの条件っていくつかありますよね。場所、オートサイトがあるか、売店が充実しているか、そしてキャンプ場の設備。

設備の中でも女性が特に気になるのは、お風呂とトイレ。

どれだけ楽しいキャンプでも、お風呂とトイレが汚いと一気にテンションが下がりますよね。

今は、露天源泉風呂が滞在中入り放題のキャンプ場や、家族や友人と楽しめる貸切風呂やペット用の温泉のあるキャンプ場と種類も豊富です。

検索サイトで「キャンプ お風呂 きれい」と入力するだけで各地のキャンプ場がずらーっとでてきます。

そこからあなた好みのキャンプ場を探してみよう。

引用:ほったらかし温泉公式HP

私のおすすめは、祖母宅のある山梨県、ほったらかし温泉。

温泉は日の出の1時間前にオープンするので、山の上の露天風呂から日の出をぜいたくに見ることができるんです。

このほったらかし温泉の近くにできたのが、その名もほったらかしキャンプ場。

私は温泉には行ったことがあるんですが、キャンプ場はまだ。でも、月1でキャンプに行く、キャンプ大好きな友人が行ってきたんです。

富士山と甲府盆地が一望でき、昼間は富士山を、夜は満天の星空と甲府盆地の夜景。

朝にはほったらかし温泉で日の出を望め、キャンプだけでなく1日を通して、景色も楽しめるキャンプ場なんですって。

はぁ、想像しただけでため息が出ちゃうくらいステキなキャンプ場。

でも、想像しただけでため息が出ちゃうようなキャンプ場はここだけではありません。

インターネットで検索をすると、併設された温泉施設のあるキャンプ場は全国各地にあるんです。

もしも、キャンプ場にお風呂が併設されていない場合でも、探してみると車で10~20分の距離に温泉やスーパー銭湯などがあるところも多いです。

キャンプ疲れをお風呂で洗い流し、最高の夜景や星空眺めよう。

 

オリジナルのお風呂であなただけを実現

おしゃれなあなたなら、ナチュラルなワンポールテントを張り、ライト付きのガーランドで飾り付け。

統一感のある布製のチェアとテーブル、ベッドを配置する。

そんなあなただけのおしゃれな基地を作ることができるのが、キャンプの醍醐味ですよね。

たっだら、お風呂もオリジナルで用意してしまうという選択肢はいかがですか。

子どもの頃に1度は入ってみたいと夢見た五右衛門風呂。

ドラム缶を用意して、火をおこして夢を実現させちゃいましょう!

ん!?そんなの絶対無理。ドラム缶を用意して、その時はよくてもキャンプが終わったらどうします?火加減ずっと見続けてられます?

なら、ポータブルバスはどうでしょう。5分で組み立て可能で、5000円あれば買えちゃうお風呂です。

これがあれば、水着を持参して星空を眺めながらお風呂に入るというぜいたくなひと時を過ごすこともできますね。

使わないときは小さくなるのでドラム缶のようにはかさばらず、災害時の水の確保にも利用できるので1つ持っていて損はないはず。

 

他の方法でキレイに

キャンプって実はとっても忙しいんですよね。設営から火おこし、夕飯を作って、片付けをしたらもう辺りは真っ暗。

残りの時間はゆっくりお酒を飲んだり、友人と恋話をしたりしたい!!

だから風呂時間はもったいない!!と思うあなたには、お風呂に入らずに簡単に身体をキレイにできるグッズを紹介します。

最新!!お風呂に入らずに身体をキレイにする方法
  • ウェットシートで体を拭く
  • ドライシャンプー
  • 速乾素材の下着を身につける

ウェットティッシュは一番手軽で、ある程度身体をさっぱりキレイにすることができる優れもの。

不織布でアルコール不使用のため肌にも優しく、あなた好みの香りも選べます。冷感効果ありのタイプは夏場におすすめ!

容量の多いバケツ入りのものや、1枚が大判のタイプなどあるのでみんなでシェアして使うのはいかがでしょう。

キャンプでは、近くに水道がないこともしばしば。ウェットティッシュがあれば、食事の時にも使え1アイテムで何役もこなせちゃいます。

次に、ドライシャンプー。とても便利なアイテムなんです。

スプレータイプが一般的ですが、他にもフォーム、パウダー、シートタイプなどもあり好みで選ぶことができるんです。

災害用のイメージもある通り、水がなくても髪や頭皮の汚れが落とせます。

以前はドライシャンプーを使うと髪がパサつくなどあったようですが、今はオーガニックや植物由来の製品もあり安心して使えるのも嬉しいポイント。

ウェットティッシュと同様に香りも多くから選べるのでBBQのにおいも残さず、すっきり気持ちよく寝られるでしょう。

海外の方は髪質を守るためにお風呂は2〜3日に1度で、あとはドライシャンプーをしている人もいるそう。試してみる価値ありですね!

最後は、速乾素材の下着を身につけること。

速乾素材は吸湿性、防水性、通気性に優れているので汗などの不快なにおいやべたつきを抑えてくれます。

今はさまざまなメーカーから発売されていて、価格も1000円切るものも多く手軽に手に入れられるのもうれしいです。

私は夏場、汗のにおいがとても気になるので、毎日速乾シャツを着ています。

肌触りもサラッとしていて気持ちいいので手放せないお気に入りの下着です。

汗やべたつきが気になるから洗うのではなく、汗やべたつきを最初から抑えてしまえばお風呂を省くことができちゃいます。

今紹介したお風呂に入らず身体をキレイにするグッズはすべて、キャンプだけでなく災害時にも使える便利なもの。

キャンプで予想以上に火おこしに時間がかかった、あれもしたいこれもしたいでお風呂に入る時間がなくなった。

そんな時にすぐ使えるグッズです。お風呂に入ろうと決めた人も念のため持って行くべきグッズですね。

 

 

キャンプのお風呂事情の1番の悩みはタイミング

キャンプって、とっても忙しい。だから、お風呂に入るタイミングって難しくて悩んでる人も多いはず。

まずはキャンプの1日の流れから見てみましょう。

『キャンプ 1日のスケジュール』

13:00~14:00キャンプ場へチェックイン
14:00~15:00テント設営、寝床の準備
15:00~16:00休息、遊び
16:00~18:00火おこし、夕食の準備
18:00~19:00夕食
20:00~たき火、片付け
22:00~就寝

こうやって見てみると空いている時間はほんの少し。これも予定通りにいけばの話です。

だったら最初からお風呂の時間、決めちゃいましょう!!それに向かって時間を合わせていく。

大変ですが、お風呂のため、さっぱりキレイにしてキャンプを楽しい思い出にするため1日の流れをまずは組み立てましょう。

 

1番おすすめは夕食前

キャンプ場へ到着し、テントの設営、一息入れて夕食の食材の準備。

ここでお風呂に行くのが1番おすすめ。

  • 1番お風呂が空いている
  • スケジュールの予定の誤差が1番少ない
  • ゆっくり食事や食後を楽しめる

忙しいキャンプのスケジュール、お風呂に入るために順番待ちなんて絶対に嫌ですよね。

夕食前は、比較的お風呂がすいている時間帯。

芋洗い状態では、移動や設営疲れは取れません。穴場のこの時間に行って、まずはゆっくり体をほぐしましょう。

思うように火をおこせず、キャンプのスケジュールがおしていく。そんな時でも先にお風呂を済ませることで気持ちにもゆとりができます。

あとは食べて、語らって、寝るだけですから。後で入る面倒くささもないです。

 

においもすっきり夕食後

夕食後に入る1番のメリットは、におい。

夕食も終わって、片付けもささっと済ませてしまえば、お風呂で1日のBBQや汗のにおいを丸ごと落とせます。

お風呂上がりは星空のもと、たき火と残りのお酒で女子トークで盛り上がるだけ。

ただ、同じように1日の汚れやにおいを落としたいと思う人が多いため混みやすい時間帯。

大人数の場合、交代で行くなど工夫も必要です。

そして、テントを離れてお風呂や外出する際は貴重品の管理をきちんとしましょう。

順番に出掛けテントは空にしない、貴重品はウエストポーチなどに入れて肌身離さず持ち歩くを徹底する必要があります。

 

キャンプのしめにお風呂に行こう

最後は、キャンプ場から家までの帰り道に寄るという方法。

1日くらいお風呂に入らなくてもいい、もっと語らいたいし、お酒も飲みたい、ゲームもやりたい。

そして何より疲れたから面倒くさい。そんなあなたには、これが1番いい方法です。

もうどこにも寄らない最終ポイントにお風呂を入れてあげれば、帰ってから家でのお風呂も省けるかもしれません。

キャンプは、帰ってきてからもテントなどの片付けや山のような洗濯物で忙しい。

だからこそ、お風呂を済ませてしまえばその後がぐっと楽になります。

どこにどうあなたの入れたい遊びや友人との語らい、お風呂を入れるかはあなた次第。

まずは、やりたいことリストを作って1日のスケジュールを組んでみましょう。

 

 

キャンプのお風呂事情だけじゃなくトイレ事情だって気になる!!

実は私汚いお風呂以外にも、汚いトイレも無理なんです!!

お風呂は汚ければ入らないという選択肢もありますが、トイレはそうはいかないですよね。

汚くて、暗くて、虫がいるトイレ。キャンプに行くならそのくらいの覚悟はしていますけど、やっぱりキレイに越したことはない。

最近のブームにより、リフォームが行われたり新しく建て替えたりしているところも増えているんです。

キレイなトイレのあるキャンプ場の選び方
  • ファミリー向けのキャンプ場を選ぶ
  • キレイなお風呂のあるキャンプ場を選ぶ
  • 新しいキャンプ場を選ぶ

ファミリー向けのキャンプ場は、小さい子どもにも優しい設計になっていることが多いです。

汚い、暗い、虫がいるトイレは大人以上に子どもは嫌がります。

だからこそファミリーをターゲットにしたキャンプ場は、トイレはキレイに入りやすくなっています。

そして、キレイなお風呂のあるキャンプ場は、水場が汚い=マイナスイメージだとよくわかっていることが多いです。

そのため、同じ水場であるトイレにも気を遣っているところは多いです。

そして最後に間違いないのは、新しくできたキャンプ場。オープンして1年以内であれば、キャンプ場とは思えないようなキレイなトイレがあります。

キャンプ場選び、場所やアクティビティももちろん大切ですが、お風呂やトイレの設備についてもきちんと調べて損はないですよ!!

 

 

キャンプのお風呂事情の鍵はお風呂セット

荷物が多いキャンプ。テントにタープ、テーブル、チェア、食事セット、食材に着替え。

いざお風呂に行こうとしたら、着替えがない、シャンプーが見つからないなんてことにならないように事前準備をしっかりしましょう。

 

おすすめの着替えはワンマイルウエア

着替えは、おしゃれで実用的なワンマイルウエアで。

ワンマイルウエアとは、家から1マイル(約1.6km)くらいで着るホームウエアとタウンウエアの中間的な洋服。

パンツタイプのセットアップを選べば、活動しやすくリラックス感とおしゃれ感を演出できます。

あとは夕飯やたき火をして寝るだけですから、外着としてもそのまま寝間着としても使えるワンマイルウエアは完璧。

 

全身シャンプーで3 in 1

髪、体、顔を全部洗える3 in 1の便利なアイテムが、全身シャンプー。

1つ持っていけば全身を洗うことができるので、荷物の多いキャンプではおすすめ。

その中でもおすすめは、無印良品とミノンの全身シャンプー。どちらとも植物由来成分で、弱酸性、低刺激性。赤ちゃんでも使えちゃうんです。

コンビニなどでも買うことができるお手軽感もおすすめな理由の一つ。香りもいいので、リラックス効果も期待できます。

 

タオルはレンタルで

最後は、お風呂には欠かせないタオル。絶対に欠かせないですが、1番かさばる荷物ですよね。

タオルはレンタルができる施設も多いので、事前にレンタルが可能か必ず確認しましょう。

濡れたまま持ち歩くのは衛生的にもよくないですし荷物も重くなります。レンタルがあるようでしたら迷わずレンタルを利用しましょう。

 

家について片付けまでがキャンプです

そして、これが1番重要!!それは、お風呂グッズを入れるポーチです。

濡れたものを入れる可能性が高いので、必ず防水性のあるものにしましょう。今は100均でもさまざまなサイズの防水ポーチが売っています。

汚れものはそのポーチに詰め込んで、帰ったらそのまま洗濯機へ。そうすれば帰った後の片付けも楽です。

家に着いておしまいではなく、家に着いて片付けが終わるまでがキャンプです。疲れた後の片付けは本当につらいです。

すぐに洗濯機に突っ込めるように洗濯物は事前に分けておくことで片付けの手間が少し省けます。

事前調査と事前準備で、お風呂時間をスムーズに過ごしましょう。

 

 

まとめ

  • キレイなお風呂付きのキャンプ場を選ぶ
  • オリジナルのお風呂で大自然の醍醐味を味わう
  • お風呂に入らずに身体をキレイにするグッズを使う
  • お風呂のタイミングは先に決める
  • キャンプ場を選ぶときは、必ずお風呂チェックとトイレチェック
  • お風呂グッズは防水ポーチに、ワンマイルウエアと全身シャンプーを入れて

キャンプのお風呂って、古くて汚くてぞわーっとすると思っていたイメージが変わりましたよね。

お風呂にゆっくり入ることを優先するのか、あなただけのお風呂でキャンプをもっと楽しむのか。

それとも、遊びやゆっくりした時間を過ごすためにササっと済ませるのか。選択肢はいくつもあるんです。

まずはお風呂に行くことを選ぶのか、行くならどのタイミングで行くのが1番いいのか、計画を立ててみましょう。

キャンプのお風呂事情を知ると、今までのイメージが変わりお風呂の時間が憂鬱じゃなくなりますよ。

自然の中で思いっきりはしゃいで、食べて飲んで、身体もさっぱりして星空を眺める。

そんなキャンプ、絶対に今よりもっと好きになります。

Posted by yutaka