本ページは広告を利用しています。

五黄の寅生まれ歴史上の人物は大物揃い!強運の理由を徹底解説!

五黄の寅生まれの歴史上の人物には、大物といわれる偉人が沢山います。

近年では、2022年が「五黄の寅」にあたる年です。

最強の運気ともいわれ、歴史上の人物にもいる「五黄の寅」ですが、一体何のことかご存じですか。

寅年という事は予想がつきますが、「五黄」ってなんだろうと思う方も多いと思います。

私にも寅年の家族がいて気になった為、調べてみたところ、まさしく「五黄の寅生まれ」であることが判明しました。

36年に一度しか巡ってこないという、「五黄の寅」。

偉業を成し遂げた、「五黄の寅生まれ」歴史上の人物と、最強の運勢と言われるその理由を徹底解説します。

 

五黄の寅生まれ歴史上の人物は戦国武将や偉人にも

間違えないで!徳川家康も上杉謙信も五黄の寅ではない!

五黄の寅生まれの歴史上の人物をネットで調べていると、よく戦国武将の「徳川家康」「上杉謙信」がそうであるとされていますが、それは正しくありません

徳川家康(生誕1543年1月31日)八白の寅
上杉謙信(生誕1530年2月18日)二黒の寅

たしかに干支は寅年ですが、「五黄の寅」にはあてはまらないことがわかりました。

(ただし、五黄の寅の特性に当てはまるような人物であるため、そのように表現している可能性はあります)

五黄の寅は、12年に一度巡ってくる干支の寅年であるというだけではありません。
ある条件を満たした、36年に一度の周期で巡ってくる特別な寅年なのです。

500年前の戦国時代までさかのぼっても、「五黄の寅」はたったの15回!

どれだけ珍しい巡り合わせかがわかりますね。

五黄の寅 年表
1518年
1554年
1590年
1626年
1662年
1698年
1734年
1770年
1806年
1842年
1878年
1914年
1950年
1986年
2022年
2058年

それでは、その貴重な年に生まれた歴史上の人物は、どんな人がいるのでしょうか。

五黄の寅 歴史上の人物
池坊専応(いけのぼう せんおう)(1482)池坊華道の基本を築いた華道家
関口親永(せきぐち ちかなが)(1518)戦国時代の武将
駿河今川の有力な家臣
徳川家康の正室、築山殿の父
佐久間盛政(さくま もりまさ)(1554)織田信長家臣で金沢城城主
脇坂安治(わきさか やすはる)(1554)豊臣秀吉家臣で賤ヶ岳合戦七本槍の最年長
上杉景虎(うえすぎ かげとら)(1554)上杉謙信の養子
井伊直孝(いい なおたか)(1590)井伊直政の次男で彦根藩主
徳川秀忠、家光、家綱に仕えた江戸幕府、元老
徳川家宣(とくがわ いえのぶ)(1662)江戸幕府6代将軍
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770)作曲家
大山巌(おおやま いわお)(1842)初代 陸軍大臣
伊藤忠兵衛 (いとうちゅうべえ)(1842)伊藤忠商事 丸紅創業者
吉田茂(1878)元内閣総理大臣
与謝野晶子(1878)歌人、作家
代表作「みだれ髪」「君死にたまふことなかれ」
ヨシフ・スターリン(1878)ソビエト連邦 最高指導者 独裁者

偉人から独裁者まで、強い個性をもった歴史上の人物が名を連ねます。

五黄の寅生まれの運勢が最強の理由

五黄の寅は36年に一度の巡りあわせ

では、五黄の寅とは、どんな条件がそろうことをいうのでしょうか。

寅年の人ってことは分かるけど、「五黄」って何?

「五黄」とは、「九星気学」の「五黄土星」のことで、最強の運勢をもつと言われています。

九星気学について

九星気学とは、古代中国から伝わる占術「九星」に干支や五行を組み合わせたものを、明治42年に園田真次郎が、気学としてまとめたものです。

九星と呼ばれる、九つの星が1年ごとに位置を変え、9年で一巡します。

九星
  • 一白水星
  • 二黒土星
  • 三碧木星
  • 四緑木星
  • 五黄土星
  • 六白金星
  • 七赤金星
  • 八白土星
  • 九紫火星

上記の図は九星盤といい、五黄土星が中央にくるのが本来の位置に戻った状態です。

それぞれの星が本来のエネルギーを取り戻し、新たな運気の流れが始まると言われています。

五黄土星とは
  • 「九星盤」の中央に位置し、「帝王の星」と呼ばれる
  • 強力な土の気(エネルギー)をもっている
  • 生み出す力、破壊の力、両方を持つ

「帝王の星」とは、インパクトがありますね。とにかく、強力な力をもつことがわかります。

ここまでご説明すると、ご自分の星は何か気になってきませんか。

九星気学では、生まれた年によって星が決まります。

以下に一覧表を記載しましたので、ご自分の生まれ年から確認してみてくださいね。

注意!立春からスタートになるので、1月1日~その年の立春までに生まれた方は、前年に含まれます

一白水星昭和20昭和29昭和38昭和47昭和56平成02平成11平成20平成29令和8
二黒土星昭和19昭和28昭和37昭和46昭和55平成元平成10平成19平成28令和7
三碧木星昭和18昭和27昭和36昭和45昭和54昭和63平成9平成18平成27令和6
四緑木星昭和17昭和26昭和35昭和44昭和53昭和62平成8平成17平成26令和5
五黄土星昭和16昭和25昭和34昭和43昭和52昭和61平成7平成16平成25令和4
六白金星昭和15昭和24昭和33昭和42昭和51昭和60平成6平成15平成24令和3
七赤金星昭和14昭和23昭和32昭和41昭和50昭和59平成5平成14平成23令和2
八白土星昭和13昭和22昭和31昭和40昭和49昭和58平成4平成13平成22令和元
九紫火星昭和12昭和21昭和30昭和39昭和48昭和57平成3平成12平成21平成30

九星気学ともうひとつ、五黄の寅を構成するものが「干支(えと)」です。

干支(えと)について

干支とは、正式には「十干十二支(じっかんじゅうにし)」といいます。

「十干」と「十二支」を組み合わせたものを指しているのです。

十干(じっかん)

もとは、1から10までを数える単位として用いられました。

10日間を1旬として区切り、1か月を上旬中旬下旬と表すのは、その名残であると言われています。

  1. 甲(きのえ)
  2. 乙(きのと)
  3. 丙(ひのえ)
  4. 丁(ひのと)
  5. 戊(つちのえ)
  6. 己(つちのと)
  7. 庚(かのえ)
  8. 辛(かのと)
  9. 壬(みずのえ)
  10. 癸(みずのと)

そして、十二支とは、皆さんが良く知っている「子、丑、寅、卯、辰、巳、午、未、申、酉、戌、亥」ですね。その名の通り、12年で一巡します。

このように、干支の正式な名称である「十干十二支」とは、「十干」と「十二支」を組み合わせたものです。

例えば、2022年の場合は、「壬寅(みずのえとら)」ということになりますね。

九星気学の「五黄土星」と干支の「寅」が重なる年が、「五黄の寅」

五黄土星が巡るのが9年に一度。十二支で寅年になるのが、12年に一度。

その二つが重なるのは、実に36年に一度となるわけです。

五黄の寅の運勢は?

九星気学で最強運といわれる「五黄土星」と、決断力があり競争心が強い「寅年」のエネルギーが重なることが、「五黄の寅」が最強の運勢といわれる理由です。

では、五黄の寅の特徴としては、どのようなものがあげられるのでしょうか。

五黄の寅の長所
  • 正義感が強い
  • 行動力がある
  • 意志が強い
  • 豪快でリーダー気質、姉御肌である
  • 孤独に強くマイペースである
  • 苦労を乗り越える強い力をもつ
  • 大器晩成タイプである
  • 情に厚い
五黄の寅の短所
  • 不愛想である
  • プライドが高い
  • 態度が傲慢になりがちである
  • 強引に物事を進める
  • 負けず嫌いで勝敗にこだわる

歴史上の人物の中でも、偉大な功績を残した人だけではなく、負の遺産を残した人もいます。

長所と短所は紙一重のいう事かもしれません。

だからこそ、本人の心がけや周りの人の導き次第で、長所に変えられるものばかりとも言えるのではないでしょうか。

五黄の寅と相性のいい干支は

干支にも相性があります。家族や友人、仕事仲間の干支を聞いてみてはどうでしょうか。

強引でマイペースな事から、孤立しやすいといわれる寅年。そこから話も弾み、楽しいひと時を過ごすきっかけになるかもしれませんよ。

五黄の寅と相性のいい干支

 午(うま):お互い社交的で気が合う

 戌(いぬ):戌年の優しさが寅年のリーダーシップをうまくサポートする

 亥(いのしし):共通の目的をもち、信頼関係が築きやすい

五黄の寅と相性の悪い干支

丑(うし):頑固同志で、共通点が見つけにくい

巳(へび):素直になれず、お互い距離を置き、心を開きづらい

未(ひつじ):性格が真逆のため、理解しにくい

申(さる):価値観が合わず、会話がかみ合わない

五黄の寅の言い伝え

1.五黄の寅の女性は手に負えない?

古くからの言い伝えとして、「五黄の寅の女性は気が強い」「夫を尻に敷く」などと、言われる事があります。

自己主張の強さから、夫をたてることもないため、相手の運勢を下げてしまうというのです。

しかし、これは妻は夫をたて、一歩控えてついていくという、日本の古い結婚観に基づくものだといえます。

このような言い伝えを信じた発言をすれば、女性差別とも言われかねませんので、注意しましょう!

現代の妻は、夫の従属物ではなく、対等の立場で人生を歩むパートナーです。

強い女性は、男性と区別なく社会でしっかり勤めを果たし、家庭では頼りがいのある妻、母となります。

五黄の寅の女性は、生命力に満ちた魅力ある女性と言えるでしょう!

2.五黄の寅の出産は避けるべき?

五黄の寅に出産をするのは、避けた方が良いという言い伝えもあります。

これは、先にご紹介した「五黄の寅の女性は手に負えない」の理由と同じで、その年に生まれる子の気性の強さから、避けた方がよいとするものです。

しかしこれには全く逆の言い伝えも存在しています。詳しくは、こちらをご覧ください。

3.五黄土星の年には災いが起こりやすい?

五黄土星の年は、戦争・地震・台風・災害などが起こりやすいといわれています。

過去の五黄土星の年に起こった災害をさかのぼり調べてみると、驚くほど多いことが分かりました。

  • 1707年 富士山が噴火
  • 1896年 明治三陸大津波
  • 1905年 日露戦争
  • 1914年 第一次世界大戦
  • 1923年 関東大震災
  • 1941年 第二次世界大戦
  • 1950年 長野県の浅間山噴火
  • 1959年 伊勢湾台風
  • 1986年 チェルノービリ原発事故発生
  • 1995年 阪神・淡路大震災
  • 1995年 地下鉄サリン事件
  • 2004年 新潟県中越地震
  • 2004年 スマトラ島沖地震
  • 2022年 ロシアがウクライナに侵攻

大事なことは、平時の時にできる備えを万全にしておくことです。

どれだけ心配しても、天災、人災は起こる時には起こってしまいます。

この機会に身の回りの備えを万全にしておきましょう。

五黄の寅は歴史上の人物だけではなく有名人にも!

五黄の寅生まれの歴史上の人物は、先にご紹介した通りですが、現在活躍している有名人の中にも多数います。

歴史上の人物にも引けをとらない、強いエネルギーを感じる面々ですね♪

スポーツ界有名人の五黄の寅

1950年生まれの五黄の寅1986年生まれの五黄の寅
東尾 修(野球)
貴ノ花 利彰(大相撲力士)
ボビー・バレンタイン(野球)
井村 雅代(アーティスティックスイミング指導者)
本田 圭佑(サッカー)
上田 桃子(ゴルフ)
五郎丸 歩(ラグビー)
髙橋 大輔(フィギュアスケート)
岡崎 慎司(サッカー)
ラファエル・ナダル(テニス)
稀勢の里寛(大相撲力士/第72代横綱)
ダルビッシュ 有(野球)
ウサイン・ボルト(陸上競技)
ショーン・ホワイト(スノーボード)
長友 佑都(サッカー)

芸能界有名人の五黄の寅

1950年生まれの五黄の寅1986年生まれの五黄の寅
志村 けん
カレン・カーペンター(カーペンターズ)
舘 ひろし
和田 アキ子
スティーヴィー・ワンダー
久石 譲
亀梨 和也(KAT-TUN)
レディー・ガガ

北川 景子
柄本 佑
石原 さとみ

個性豊かな才能あふれる方ばかりですね。

いずれ、この中からも歴史上の人物として、名を遺す方も出てくるかもしれません。

まとめ

  • 五黄の寅の歴史上の人物は、戦国武将や偉人に沢山いる
  • 五黄の寅は、36年に一度「帝王の星」と「干支最強の動物」が重なることから最強の運勢といわれる
  • 五黄の寅にまつわる言い伝えは多種あるが、災いに備えることが大切である
  • 五黄の寅は、歴史上の人物だけでなく、現代の有名人にも多数いる

五黄の寅生まれは、正義感、責任感があり、リーダー気質であることから、歴史上の人物や、現代の有名人にも多数いることは納得できますね。

最強の運気を持つと言われる五黄の寅。その理由を知るだけで、エネルギーが満ちてくるのではないでしょうか。

まずは災いに十分な心構えをすることを忘れずに、生まれ持った強い運気を最大限に発揮していきましょう!

tunai

ちなみにふるさと納税はお済みですか?

まだの方は美味しいお米がおすすめですよ♪楽天の口コミ4.9超えのお米、ぜひふるさと納税でお試しください。

\\\ポイント最大45.5倍★お買い物マラソン開催中///
楽天市場

Posted by tunai