汗をかかない方法を高校生に紹介!3つの予防法と汗をかく原因を解説!

汗をかかない方法は3つの予防法があり、汗を軽減することができますよ!

高校生は自転車通学でも汗に悩まされますよね。

私も高校生のとき自転車通学で学校に到着すると、背中に汗がびっしょりで悩んだ経験があります。

汗かきの体質なので、汗をかかない方法はとても知りたかったです。

現在は簡単にネットで調べることができるのであなたはラッキーですよ♪

市販の汗対策のアイテムは高校生がおこづかいや、バイト代で買えるプチプラのアイテムを紹介します。

市販のアイテムをうまく活用して汗を軽減しましょう。

 

汗をかかない方法を高校生必見!予防法と市販品を紹介

予防として汗をかかない方法は3つあります。

この3つを抑えておけば、汗を軽減することができますよ。

学校にいるときでもできる、汗をかかない方法もありますので実践してみてくださいね。

3つの汗をかかない予防法
  • リンパ節を冷やす
  • 制汗剤を使用する
  • 体質改善をする

リンパ節を冷やす

汗をかくのは体温調節をするためなので体温を上げないようにすれば汗はかきません。

体温の上昇を抑えるにはリンパ節を冷やすのが効果的です。

リンパ節で冷やす部分は首の後ろ、左鎖骨下、脇、太ももの付け根、膝裏の5つ。

高校生が学校でリンパ節を冷やしたいときは、保冷剤や冷凍したペットボトルの飲み物を使うといいですよ。

保冷剤はお弁当を持っていくとき一緒に持っていけますし、夏の暑い時期は冷凍したペットボトルを持っていくことは多いのではないでしょうか。

私も高校生の頃はよくペットボトルのスポーツドリンクを、冷凍して持って行ったものです。

溶けきる前に飲むと少し味が濃く、飲み切る直前は味が薄くなってしまいますが、暑さをしのぐには必需品でした。

溶ける際にペットボトルは汗をかいて濡れてしまうのでカバーをつけたり、タオルを巻きつけて首の後ろにあてていた記憶があります。

ただし、ペットボトルの飲み物はすべて凍らせることができるわけではありません。

炭酸が入った飲み物は絶対に凍らせることはしないでくださいね。

炭酸の入ったペットボトルは凍らせると破裂してしまう危険があるからです。

冷凍をしても大丈夫なペットボトル飲料にはラベルやキャップに冷凍専用の表示がありますので、確認して購入してくださいね。

制汗剤を使用する

汗をかかない方法の2つ目は制汗剤をうまく活用して汗を一時的に抑えこむことです。

制汗剤は1日に何度でも使用することができますし、デオドラント機能が入っているものも多く汗の嫌な臭いも抑えてくれます。

汗をかきやすい部分に使用して汗と臭いをシャットアウトしましょう。

高校生が買いやすいお手頃価格で効果的な制汗剤を紹介します。

【デオナチュレ ソフトストーンW ワキ用 直ヌリ 制汗剤 スティック 】

スティックで脇に塗るタイプの制汗剤です。

990円(税込)でお手頃価格なのと消臭効果が抜群で、ずっと人気な商品なのでおすすめです。

忙しい朝でも着替えをするときにサッと塗るだけでいいので簡単で使いやすいですね。

1日持たないかもと心配なら、ポーチに入れて休み時間にトイレなどで塗ればOKですよ。

脇の臭いがきつい方でも驚くほどの効果があったと口コミにも多かったので、特に臭いに悩んでる方は試してみてくださいね。

【デオナチュレ さらさらクリーム ワキ用 直ヌリ 制汗剤 クリーム】

先ほどご紹介したデオナチュレのクリームタイプで、1,078円(税込)です。

こちらもずっと人気の商品で脇以外にも首や背中など、気になる部分に塗ることができますよ。

クリームタイプですが、サラサラでべたつきにくいのが人気の理由ですね。

スティックタイプと同様に消臭効果はとても大きいようです。

持続効果が高いようですので持ち運ぶ必要はないかもしれませんが、不安な方は持ち歩くのにもコンパクトなサイズですよ。

デオナチュレシリーズが気になる方はこちらの動画をご覧くださいませ。

2020年の動画ですが、現在販売されている商品をそれぞれ紹介されていますのでご参考にしてくださいね。

【ニベア デオプロテクト&ケア スプレー】

こちらはスプレータイプの制汗剤で782円(税込)です。

こちらの商品は無香料ですが、香りはこれを含め3種類あります。

スプレータイプを使用したことがある方は多いのではないでしょうか。

スプレーした瞬間に汗の臭いが無くなるので使いやすいですし、ドラックストアには常に置いてあるので買いやすいですよね。

このニベアのスプレーは持続性が高く、美容成分も配合されているので保湿効果も期待できます。

動画にもあるように脇から足までと全身に使えるのは魅力的ですよね!

体育や部活動など運動後の汗対策には効果を抜群に発揮してくれます♪

制汗剤を人気でプチプラのものを紹介しましたが、肌に合うものは個人差があります。

効果がありそうなものを試してみて、自分の肌に合うものを見つけましょうね。

体質改善をする

太っているとどうしても汗をかきやすくなってしまいます。

それは厚い皮下脂肪または内臓脂肪があり、体内の熱を逃がしにくく、こもりやすくなってしまうためです。

また、運動不足になると汗腺が衰え、体の一部分にだけ大量に汗をかいてしまいますよ。

さらに自律神経が乱れるとストレス性の汗をかきやすくなります。

特に緊張状態の汗は臭いの原因にもなるので、十分に睡眠時間を確保し、規則正しい生活を意識してリラックスできる時間を多く作るようにしましょう。

運動をして健康的な体を作ることは痩せて綺麗な体を手に入れるだけではなく、汗をかきにくい体にすることにもつながりメリットだらけです。

一気に痩せることはできないので自分が続けられる運動を習慣化し、少しずつ健康的な体を作っていきましょう。

汗をかかない方法を高校生が対策するために原因を解説

高校生ができる汗をかかない方法を紹介しました。

汗をかかない方法は先ほどの3つの対策を試してみてくださいね。

汗をかかない方法は汗をかく原因を知ることでどのような対策ができるか、私が紹介した方法以外にも見つけることができるかもしれません。

汗をかく原因は2つあり、それぞれ解説します。

体温を下げるため

一定の体温を保つために気化熱、つまり汗が蒸発することにより体の表面の熱を下げます。

汗が出てくる汗腺は体中にあり、特に多い場所は顔、手のひら、足の裏、背中、脇、胸です。

臭いや汗の量が気になるのはその場所ではありませんか?

汗腺が多い場所は汗が多く出る場所なので納得ですよね。

緊張やストレス

多くの人の前に立って喋ることや、高校生がテストなどの緊張でかく汗は精神性発汗や緊張汗と言います。

この汗は手足の裏やわきの下にかくのが特徴です。

体温を下げる汗は無臭ですが、この緊張汗には臭いがあります。

私も高校生のときは手汗が気になり、ノートやプリントがふやけるほどで悩んでいました。

考えてみると学生時代はストレスを感じていたことが多かったですね。

私は手を洗ったり、ハンカチやタオルで拭き取りさらさらになるハンドクリームを塗ったりして対処していました。

日常生活に支障がでるほど手汗が気になる方は一度、皮膚科で相談してみるといいかもしれません。

市販のアイテムではどうにもならないほどであれば、専門的な治療によって治る可能性もありますよ。

汗をかかない方法を高校生へ自転車通学での対策法

高校生は自転車で通学するとき、学校についたら汗だくで困ったこともあるのではないでしょうか。

高校生が自転車通学時に汗をかかない方法と汗対策について紹介します。

最初の方で紹介した汗をかかない方法の予防3つと合わせて対策すると、より効果的ですよ。

汗をかかない方法と汗対策は次の4つです。

  • シャツにひんやりするアイテムを使用
  • インナーはユニクロのエアリズム
  • 通学時は首元にひんやりするアイテムを使用
  • 着替えをする

シャツにひんやりするアイテムを使用

高校生は制服で必ずと言っていいほどシャツを着用しますよね。

そのシャツにスプレーでひんやり効果を出すアイテムを使用すると、汗をかいても不快感を少なくすることができます。

下の商品は外出前にシュッとスプレーするだけでひんやりと涼しい状態で通学できますよ。

汗をかきやすい脇や背中を重点的にスプレーするのがおすすめです。

運動をする前のTシャツに吹き付けるのもいいですよ。

インナーはユニクロのエアリズム

夏の暑い時期はエアリズムのインナーが活躍しますよ。

エアリズムは着た瞬間にひんやりした感覚がありますし、汗の消臭効果もあります。

高校生だけではなく、大人にもエアリズムは人気の商品ですよ。

インナーではキャミソールやタンクトップ、Tシャツなど種類も多くあります。

女性の方なら肌の色に近いベージュを選ぶと下着も透けにくく、おすすめですよ。

通学時は首元にひんやりするアイテムを使用

首元を冷やすと汗をかきにくくなると予防法でもありましたね。

首元にひんやりするアイテムを使用しながら自転車通学をすると汗を軽減することができます。

100均の冷感タオルは水に濡らすだけで冷たくなるので登下校時におすすめですよ。

朝だけでもしっかりと冷たさを感じて首元を冷やしたいという方は、アイスノンの首元ひんやりベルトがおすすめです。

下校時には溶けてしまいますが、登校時は凍らせたゲルが1時間程度もちますよ♪

着替えをする

汗をたくさんかいてしまったあとずっとそのままだと不快感がありますし、汗が冷えてしまうと寒くなり、風邪をひいてしまいます。

また汗を吸った衣服を着たままだと通気性が悪くなり、汗による気化熱を放出できず体温が上がり続け汗が止まらない状態が続いてしまうのです。

シャツを着替えに持っていくのは難しいけれど、インナーだけでも着替えをすることをおすすめします。

4つの自転車通学時の汗をかかない方法と汗対策を紹介しました。

夏の猛暑日は昼に近づく時間ほど気温が高くなり汗をかきやすくなるので、早めに登校できるようにするといいですよ。

まとめ

  • 汗をかかない方法はリンパ節を冷やす、制汗剤を使用する、体質改善をするの3つ
  • 高校生でも買いやすい制汗剤でおすすめなのはデオナチュレのスティックタイプとクリームタイプ、ニベアのプロテクトケアスプレー
  • 汗をかく原因は体温調節と緊張やストレスによるものである
  • 高校生が自転車通学時の汗をかかない方法は4つ

高校生が対策しやすい汗をかかない方法を紹介しました。

ひんやりアイテムをうまく活用して暑い時期の汗対策をしましょう。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

risamam

Posted by risamam