ベビースケールの代用はキッチンスケールや体重計またはレンタルで!

ベビースケールは、キッチンスケールや体重計で代用することができます!

私も子供が小さい時はベビースケールを購入しようか迷いました。

退院したての時は、赤ちゃんがちゃんと母乳を飲んでくれているか不安ですよね。

でもベビースケールを使うのは一時的なので、購入やレンタルは以外と高いですよね。

ベビースケールがなくても、家庭用のキッチンスケールで代用することができます。

注意しなければならないのは、10kg測れるキッチンスケールがベビースケールの代用になりますが、ご家庭で10kgのキッチンスケールは、あまり用意がないと思います。

こちらのキッチンスケールは10kgまで測ることができます。

ふつうのキッチンスケールより乗せる面積が広いので、安定して赤ちゃんを測ることができます。

1g単位 最大10kg デジタルスケール

また、ベビースケールを購入、レンタルするのは結構お金がかかるイメージですが、2週間だけレンタルできる商品もあります。

赤ちゃんは2か月過ぎにはママと一緒に体重計で測れますので、必要な期間だけお安く借りられるこちらも便利です。

14泊15日 タニタ ベビースケール(レンタル)

ベビースケールの代用はあるので買わなくてもOK

赤ちゃんを測る理由は、母乳をどれくらいの量飲んでいるか知るためです。

病院では毎日赤ちゃんが母乳を飲む前に体重を測り、飲んだ後も体重を測りますよね。

赤ちゃんがミルクを飲む量は、80~200㎖という少しの量でも、うまく飲めずに吐いてしまうこともあります。

吐かれてしまうと、育児に慣れていないお母さんは心配で焦ります。

ミルクで育てている方は、哺乳瓶でどれくらい飲んだか確認できますが、母乳だとどれくらい飲んだかわかりません。

そんな時はベビースケールのように1g単位で測れるものが望ましいです。

病院と同じようにベビースケールを使えばいいのですが、購入してもベビースケールは1ヶ月〜3、4ヶ月までくらいしか使いません。

2人目が生まれると、お母さんも赤ちゃんの育児に慣れているので、ベビースケールを使うことは1人目よりは少ないと思います。

実は2人目の時は赤ちゃんの体重は、ほとんど気にしませんでした。

この3、4ヶ月のために1万円前後するベビースケールを購入するのは少しもったいないので代用できないものかと、私は思っていました。

現在メルカリでは、3000円前後で販売されているので、ずいぶん安く購入できそうですね。

でも、もっと代用で節約したい!という方は次からベビースケールの代用について紹介します。

ベビースケールの代用はキッチンスケールでもOK

キッチンスケールのポイント
1g〜10kgまで測れるキッチンスケールを使いましょう。

ご家庭にあるキッチンスケールは3kgまでの物が多いと思います。

お店でも3kgのキッチンスケールが多いので、10kgまで測れるキッチンスケールはこちらがおすすめです。

1g単位 最大10kg デジタルスケール

それではさっそく、ベビースケールの代用キッチンスケールで赤ちゃんを測ってみましょう!

必要なもの

  • キッチンスケール(1g~10kgまで測れるもの)
  • かご
  • 固定するテープ

測り方

  1. まずキッチンスケールの上にかごを置き、テープでしっかり固定します
  2. 手で押して動かないか確認したあと、試しに5kgのお米袋を乗せて大丈夫なら出来上がりです
  3. 赤ちゃんをゆっくりかごの上に置きます(赤ちゃんは動くので、かごから落ちないように注意してください)

慣れるまでは、付き添いで見ていてくれる方がいると安心ですね。

キッチンスケールで測るメリット

キッチンスケールはベビースケールのように1g単位で測ることができ代用に最適です。

退院後すぐに同じ測り方で測れるので安心で、ベビースケールを買うよりも安いです。

キッチンスケールで測るデメリット

赤ちゃんをカゴに乗せるので。慣れるまでが少し大変。

カゴが安定しているか毎回確認する必要がある。

最初は付き添いがいてくれると安心です。

キッチンスケールは少し不安と言う方は、次の方法で代用を試してみてください。

ベビースケールの代用は体重計でもOK

体重計のポイント
デジタル体重計を使いお母さんと一緒に測る
私がベビースケールの代用として使った方法です。

必要なもの

  • デジタル体重計(細かいg数から測れるもの)
  • お母さん

測り方

  1. まずお母さんが赤ちゃんを抱っこして測ります
  2. 次に赤ちゃんをおろし、お母さんだけ測ります
  3. お母さんと赤ちゃんの体重ーお母さんの体重=赤ちゃんの体重です

体重計で測るメリット

お母さんと一緒に測るので安心なのと、一緒に測ったことが思い出になる。

元から家にある体重計を使うので、買わなくて済む。

体重計で測るデメリット

キッチンスケールのように1g単位で測ることができないので、正確な赤ちゃんの体重がわからない。

生後2、3ヶ月経ち、赤ちゃんの体重を測るのに向いている。

この測り方を知る前は、母乳を哺乳瓶に入れて赤ちゃんが飲んだ量を測っていました。

当時私も新米お母さんで、毎日ちゃんと飲んでくれているか不安でした。

ベビースケールが買えなかったので、体重計で代用する測り方はとても役に立ちました。

ベビースケールの代用として、この方法はおすすめできます!

ベビースケールの代用はレンタルも可能

レンタルのポイント
レンタル方法はいくつもあるので、あなたに合ったレンタルを選べます
ベビースケールを買わずに代用として、レンタルで測る方法を紹介します。

お金を払ってレンタル

ベビースケールのレンタルは、たくさんのお店で実施されています。

代用をしない場合は、レンタルを使うのが便利です。

お店ごとに特徴があるので、ご希望に合ったお店でレンタルするのがいいでしょう♪

楽天

タニタ ベビースケール レンタル 体重計 授乳量機能付き BB-105 1g単位

14泊15日(延長可)

2800円

送料元払い

ダスキン

タニタ 授乳量機能付き ベビースケール nometaのめた 1g単位

一ヶ月 

2090円

宅配料金必要

ベビーランド

タニタ 高精度ベビースケール BD-815 1g単位

2200円~14300円

今なら送料無料キャンペーン中

こんなにお店が多いと、どこでレンタルするか迷ってしまいますね。

2ヶ月から体重計で測るとすると、ベビースケールは数週間借りるだけでいいということになりますね。

こちらは数週間借りることのできる楽天のベビースケールです。

ベビースケール レンタル 1g単位 14泊15日 タニタ

無料でレンタル

自宅に持ち帰ることはできませんが、いろんな場所にベビースケールで測ってくれる場所があります。

赤ちゃんの体重を代用だけでは不安という方は、利用してみてください。

私が育児で気が付いた場所を、いくつか紹介します。

小児科でレンタル

赤ちゃんはワクチンや検診で小児科に行く回数が多いです。

行くたびにベビースケールで測ってくれたので、その体重をメモするといいでしょう。

保育園、こども園でレンタル

私の子供はすぐこども園に入ったので、身長や体重を測ってくれました。

すべての保育園でベビースケールがあるとは限らないのですが、あると測らせてもらえます。

また、保育園に入ると定期的に身長、体重を測ってくれます。

育児の悩みを相談することができ、他の赤ちゃんの様子も知れるので精神的にも安心します。

保健所や保健センターでレンタル

市町村によって違いがありますが、保健所や保健センターにはベビースケールがあります。

健診等ない時間帯には自由に使用していいところもあります。

また、保育相談や栄養相談もできるので、困ったことがあれば保健センターを利用するのもいいでしょう。

保健師さんからレンタル

「新生児訪問」という生後28日以内に保健師さんがベビースケールを持ってきて、体重測定や身長測定をしてくれます。

訪問というと緊張しますが、赤ちゃんのプロなので悩みがあれば話してみましょう。

私は、1人目の時はたくさん聞きましたが、2人目の時は「大丈夫です」と一言答えただけでした。

育児は慣れます。そして月日が経てばいい思い出になります。

ミルクを飲んでくれない、寝てくれない、夜泣きがつらいと思う不安なあなたも、困ったことは誰かに話して楽になりましょう!

まとめ

  • ベビースケールはキッチンスケールや体重計で代用できる
  • ベビースケールは1~4ヶ月くらいまでしか使わないので代用がおすすめ
  • ベビースケールはレンタル方法も豊富
  • ベビースケールは小児科や保育園、保健所などで使うことができる
1ヶ月まではベビースケールをレンタル。2ヶ月以降は体重計で代用なんていかがでしょう?

今では大きい子供のいる私が思い返すと、赤ちゃんの体重は特に測らなくても赤ちゃんが元気なら大丈夫!と思ってしまいます。

今では大きくなって体重を測っていたことが懐かしいですが、いい思い出です。

今不安で大変でも、あなたの愛情は赤ちゃんにしっかり届いています。

毎日大変で疲れていると思うので、無理しないでくださいね。

赤ちゃんのお昼寝を長くしたい方におすすめです。

ema

Posted by ema