味の素は代用ができる!おすすめの代用調味料や代用食品などを紹介!

味の素を使おうと思ったのに切らしてしまったり、家に無くて困ったりした経験はありませんか?

しかし、ご心配なく!味の素は昆布茶や白だしなど、どの家庭にも大抵置いてある調味料や食材代用できます!

私は味の素を使いたいのに切らしてしまい、ストックがないと気づいた時は、すぐに買いに行っていました。

代用品を知ることができれば、もうわざわざお店に味の素を買いに行く必要がなくなりますね。

味の素の代わりに使える調味料や食材があるなんて魅力的だね!
味の素の代用品を使うと、さらに美味しい料理が作れますよ♪

味の素の味が少し苦手という人にも、おすすめの代用商品をご紹介しますので参考にしてください♪

味の素の代用品になる調味料や食品を紹介!!

先ほども言ったように、味の素の代用はだいたいの家庭にある調味料や食品などでできます。

ここでは、味の素の代用品に向いている調味料や食材を紹介します。

昆布茶または昆布

昆布茶は、ちょうどいい塩味が効いているので、野菜炒めなどに利用している家庭も多いと思います。

家に昆布茶がないという場合は、乾燥昆布で出汁をとって使用すると良いですよ。

干ししいたけ

水で戻した干ししいたけだけでなく、干ししいたけの戻し汁にもうまみが溶け出しています。

戻し汁も煮物や炊き込みご飯などに有効活用するのがおすすめです。

かつおぶし、かつおだし

かつおぶしは、出汁をとるだけではなく炒め物やお味噌汁に振りかけると、うまみや風味をしっかり感じられます。

昆布やかつおぶしも、お味噌汁や煮物の出汁によく使うものだけれど、出汁をとるの面倒だなぁ。

もちろん、市販の粉末や顆粒状の出汁でも問題ありません!

ただし、市販の出汁は塩分が多いので使用するときは量に気を付けましょう。

ウェイパー

赤い缶が印象的なウェイパーは、炒飯や中華スープに加えるだけで一気にお店のような味になる優れもの。

ウェイパーも実は、うまみ調味料として販売されていますので、味の素の代用品にもなるのです。

主に、中華料理に利用するウェイパーですが、製造元の廣記商行の公式サイトによると、カレーやパスタにも合うそうです。

ウェイパーが中華料理以外にも使えるなんて初めて知ったから、今度試してみよう♪

白だし

白だしは、原材料に昆布やかつおぶしを使用しています。

汁物や和え物に加えると、味がしっかりして料理がさらにおいしくなります。

白だしには、食塩や砂糖が含まれているので入れすぎに注意しましょう。

味の素の代用品にはハイミーがおすすめ!

実は私、味の素の味と舌触りがちょっと苦手なのよね…。

という人もいると思いますので、味の素が苦手でも使える味の素の代用品を紹介します。

味の素の製造元である味の素株式会社では、「ハイミー」という味の素と同じうま味調味料が販売されています。

味の素
¥502 (2021/07/18 09:42時点 | Amazon調べ)
\\お得なお買い物マラソン実施中//
楽天市場

ハイミーは、高級料亭でも使用されるほど重宝されており、味の素の代用品としておすすめです。

味の素もハイミーも基本的な製造方法は同じですが、ハイミーの方には味の素の4倍のうま味成分が含まれています。

味の素は料理の味をととのえるものですが、ハイミーは味が濃いので出汁としても使用できます。

ですので煮物や煮込み料理に入れると、コクが出て味に深みが出るため、味の素の代用におすすめなのです。

味の素の代用として使用する場合は、味の素よりも少量の使用をおすすめします。

ハイミーに似た味の素の代用品「いの一番」

キリン協和フーズ
¥750 (2021/07/18 09:43時点 | Amazon調べ)
\\お得なお買い物マラソン実施中//
楽天市場

いの一番は、味の素やハイミーと同じうまみ調味料ですので、代用品として使うことができます。

かつおぶし、昆布、しいたけのうまみ成分が含まれており、どんな料理にも合います。

味の素の代用調味料に必要な成分とは?

そもそも味の素って何からできているんだろう?
代用するためには、味の素が何かを知っておく必要がありますね。

原材料は主にグルタミン酸ナトリウムで、他にはイノシン酸、グアニル酸が含まれており、天然のサトウキビを原料として作られています。

サトウキビの蜜に、発酵菌を加えて発酵したものが味の素になります。

味の素は、うまみ調味料ですので卵かけご飯や野菜炒めなどに使用すると、味が整ってうまみが増します。

つまり、グルタミン酸が含まれる調味料や食品が味の素の代用品になるということなのね!
グルタミン酸だけでなく、イノシン酸とグアニル酸が含まれるとさらに良いですね。

そして、味の素には「食塩」を使用していませんので、味の素を使用する際にいつもの調味料の分量を少し抑えることで、減塩効果があります。

味の素の代用品になるもののほとんどが塩分の多いものなので、味の素を使わずに代用品を使う際は量に気を付けましょう。

味をととのえてくれるだけじゃなくて、料理がヘルシーにもなるなんて味の素って便利だね!

まとめ

  • 味の素の代用はだいたいの家庭にある調味料や食品などでできる

  • 味の素の味が苦手な場合は、「ハイミー」や「いの一番」で代用することができる
  • 「ハイミー」や「いの一番」は、出汁としても使用することができる
  • 味の素の原料にはサトウキビを使用している
  • 味の素には、グルタミン酸、イノシン酸、グアニル酸が原材料に含まれている
  • 味の素と同じ原材料の成分が含まれていれば、代用品として使用することができる
  • 味の素の代用品は、塩分が含まれているので代用する時は、量に気を付ける

味の素のうまみ成分が料理をおいしくするのに欠かせないものだと分かりました。

ぜひあなたも、味の素や味の素の代用品を料理にうまく活用してみてくださいね。

m39san

Posted by m39san