カフェオレのカフェイン量は意外と多い!?おすすめの飲み方をご紹介!

毎日仕事の合間に飲むカフェオレ。ミルクの甘さとコーヒーのほろ苦いおいしさが、仕事の疲れを癒してくれますよね。

しかし、カフェインの過剰摂取は健康に良くないと聞いたことがありませんか?

そこで、「カフェオレのカフェイン量はどのくらいなんだろう?」と、疑問に思いますよね。

コーヒーよりカフェイン量が少ないからと、カフェオレを選んで飲んでいる人も多いのではないでしょうか。

カフェオレには約40~50mgのカフェインが含まれています。

今回は、1日に飲んでもいい量や、コーヒー・カフェラテなどのカフェイン量について徹底解説!

また、カフェインが気になる人におすすめのカフェオレの飲み方もご紹介します。

さらに、カフェインを過剰摂取するとどんな健康被害があるのか!?毎日カフェオレを飲む人は、今すぐチェック!

カフェオレのカフェイン量はコーヒーより少ない

カフェオレとは「ドリップコーヒーにミルクを加えたもの」をいいます。

ドリップコーヒーとは?

ドリップ(drip)とは、英語で「落ちる」という意味がある。

コーヒー豆を挽いてできた粉にお湯をかけ、そのお湯の重みでろ過させ、おいしい成分を抽出させるのが特徴。

カフェオレは、ドリップコーヒーとミルクの比率が1:1とされています。

ですので、ミルクのまろやかさとコーヒーのほろ苦さが絶妙にマッチしていますよね。

ミルクが入っている分、通常のコーヒーよりカフェイン量が少ないのが特徴です。

ですが、カフェオレのカフェイン量は意外と多いんです。

では、カフェオレとコーヒーのカフェイン量の差はどのくらいあるのでしょうか?

カフェオレやコーヒーなどのカフェイン量や、一日に摂取してもいいカフェイン量について解説していきます

さらに、カフェイン量を過剰摂取するとどんな健康被害があるのでしょうか?さっそくみていきましょう。

カフェオレやコーヒーなどのカフェイン量

飲み物の種類 100mlあたりのカフェイン量
カフェオレ 約40~50mg
コーヒー 約60mg
カフェラテ 約30mg
紅茶 約30mg

100mlあたりのカフェイン量が一番多いのはやはり「コーヒー」ですね。

この表をみてみると、カフェオレとコーヒーのカフェイン量の差は「約10~20mg」となります。

コーヒーとの差はありますが、200gのカフェオレだと1杯のカフェイン量は「約100mg」と多くなります。

その他のカフェラテや紅茶に比べると、カフェオレのカフェイン量は意外と多いことが分かりますね。

しかも、1日に3杯や4杯も飲む人は、それだけ多くのカフェインを摂取していることになります。

では、1日のカフェイン摂取量の目安はどのくらいなのでしょうか?

1日のカフェイン摂取量の目安

実は、このように日本では1日に摂取できるカフェインの量は設定されていません。

なお、カフェインを一生涯摂取し続けたとしても、健康に悪影響が生じないと推定される一日当たりの摂取許容量(ADI:Acceptable Daily Intake)については、個人差が大きいことなどから、日本においても、国際的にも設定されていません。

引用:厚生労働省ホームページ

だからといって、1日にカフェオレをどれだけ飲んでもいいわけではありません。

カナダでは1日のカフェイン摂取量が決められていて、「健康な成人は1日に400mlまで」とされています。

これは、カフェインの過剰摂取は健康への被害をもたらすことが分かっているからです。

カフェインの過剰摂取がもたらす健康被害とは

カフェインの過剰摂取が健康に良くないことはよく耳にしますよね。

【カフェインの過剰摂取がもたらす健康への被害】

  • 中枢神経系の刺激によるめまい
  • 心拍数の増加
  • 興奮
  • 不安
  • 震え
  • 不眠症
  • 下痢
  • 吐き気

夜寝る前にコーヒーを飲むと眠れないと言われているのは、カフェインが中枢神経を刺激して、脳が興奮状態になるからなんですね。

このことから、カフェインの過剰摂取は健康に良くないことが分かりますね。

日本では、1日に摂取できるカフェインの上限は決められていませんが、健康な成人は1日400mgまでにするのがいいでしょう。

そこで、カフェオレが好きで1日に何杯も飲むという方は、カフェインレスやデカフェにするのがおすすめです。

カフェオレはカフェインレスやデカフェがおすすめ

カフェオレにはカフェインレスやデカフェ、さらにノンカフェインと種類があるのをご存じですか?

そして、その違いとは何なのでしょうか?

カフェインレス・デカフェ・ノンカフェインの違い

  • カフェインレス

カフェインの含まれる量が少ないもの。含まれているカフェインが0というわけではない。

  • デカフェ

元々カフェインが含まれている飲み物や食べ物からカフェインを取り除いて作られたもの。

もともとカフェインが含まれているものから取り除いただけなので、カフェインが含まれる量は完全に0ではない。

  • ノンカフェイン

カフェインが全く含まれていないもの。

このように、それぞれ違いがあります。

「カフェインレス」と「デカフェ」は少しでもカフェインが含まれていて、「ノンカフェイン」は全くカフェインが含まれていないものです。

では、それぞれの違いが分かったところでカフェインが気になる人におすすめの飲み方をご紹介します。

カフェインレスやデカフェにする

一日に何杯もカフェオレを飲むという方は、いつものカフェオレをカフェインレスやデカフェにするのがおすすめです。

今は手軽にカフェインレスやデカフェのカフェオレが手に入るので、ぜひチェックしてみてくださいね!

  • ブレンディスティック カフェオレやすらぎのカフェインレス

AGF ブレンディ スティックカフェオレ やすらぎカフェインレス 21本 【 カフェインレスコーヒー 】【 スティックコーヒー 】
カフェオレでおなじみの「ブレンディ」。カフェインレスなのに、おいしさはいつものカフェオレと変わりません。

お湯に溶かすだけで、サッと飲むことができるスティックタイプです。

自分で作る

「毎日飲むカフェオレのカフェインが気になる」

そんな人におすすめなのは、自分で手作りすることです。

  • デカフェ オレ・ベース

デカフェ オレ・ベース 600ml 1本【 無糖 】【 カフェインレス 】【 食物繊維入り 】

こちらは、カフェインレスのコーヒーを丁寧に抽出したものを、自分でミルクや豆乳で割って作るカフェオレの素です。

本格的なカフェオレが自分で作れちゃうのは嬉しいですよね♪

もっと手軽に飲みたいという方は、カフェインレスやデカフェのカフェオレを、コンビニで買うことができます。

カフェオレのカフェインレス商品はコンビニで買える

外出先や出張先でも、手軽にカフェインレスのカフェオレが飲みたいですよね。

そんな時は、身近なコンビニで買うことができるんです!

ぜひ、近くのコンビニでチェックしてみてくださいね♪

ローソン

  • カフェインレス カフェラテ(M)

引用:ローソン公式サイト

こちらはカフェラテですが、カフェインを97%カットした、やさしい口当たりが特徴のコーヒーです。

やさしいミルクのコクが、コーヒーとマッチして絶妙なおいしさですよ♪

  • カフェインレス アイスカフェラテ

引用:ローソン公式サイト

こちらもカフェインを97%カットしたカフェラテです。

暑い日にゴクゴクと飲みたい、優しい味わいのアイスカフェラテです。

その他のコンビニ

  • マウントレーニア デカフェ

引用:マウントレーニア公式サイト

カフェイン97%カットなのに、本格的なコーヒーの香りが楽しめます。

おいしさは変わらず、カフェインレスのカフェオレが飲めるのは嬉しいですね♪

  • ジョージア 厳選素材のデカフェ・オレ

引用:ジョージア公式サイト

カフェインレスなだけではなく、カロリーも少ないデカフェ・オレ。

まろやかなミルクのコクが魅力の、体にやさしいカフェオレです。

まとめ

  • カフェオレのカフェイン量はコーヒーより少ないが飲みすぎには注意が必要
  • カフェオレのカフェイン量は100mlあたり約40~50mg
  • 1日のカフェイン摂取量の目安は日本では設定されていないが、カナダでは健康な成人は「1日400mgまで」とされている
  • カフェインの過剰摂取は、めまいや心拍数の増加、震えや吐き気などさまざまな健康被害をもたらす
  • カフェインが気になる人には「カフェインレス」や「デカフェ」がおすすめ
  • カフェインレスのカフェオレはコンビニでも買える

カフェオレのカフェイン量は意外と高いことが分かりましたね。

カフェオレが好きで毎日飲む人や、仕事の休憩時間に飲むのが決まりになっている人も多いと思います。

そんな方は、いつものカフェオレをカフェインレスやデカフェにかえてみてはいかがでしょうか?

カフェインレスだからと言っておいしさが変わることはなく、香ばしいコーヒーとやさしいミルクの甘みが、疲れた体を癒してくれますよ♪

手軽に飲みたい人は、コンビニでも買うことができるので、ぜひ一度お試しください!

pon

Posted by pon