必見!もち麦の危険性からダイエットの際の注意点まで徹底解説!

もち麦は危険って聞いたけど、実際どうなの?

もち麦はきちんとした商品を買って、用量を守れば全く危険ではありません。

はくばく
¥436 (2021/06/14 19:25時点 | Amazon調べ)
\\お買い物マラソン実施中//
楽天市場
いつもこのもち麦を買ってダイエットをしてるけど、10キロ痩せましたよ!!

もち麦は健康的でダイエットに良い!とはいうものの、危険性や効果を疑問視する方も少なくないようです。

私自身もち麦ダイエットをしているのですが、危険性などを知らないままで実践していた時期がありました。(汗)

危険性や効果を知るうちに、正しいもち麦の食べ方を知ることが大事だと考えるようになったんです♪

この記事を読んで、もち麦マスターになりましょう!

この記事では、もち麦は本当に危険なのか、そして正しい食べ方についてご紹介していきます

もち麦は危険でダイエットにはNG?

もち麦は危険と言われていますが、実は、必要以上に心配する必要はないんです!

もち麦は食べ方や食べるタイミングに気を付ければ、ダイエット効果を期待できる優秀な食材です。

もち麦には主に4つのダイエット効果が期待できます。

もち麦のダイエット効果
  • 糖の吸収を抑えてくれる
  • 腸内環境を整えてくれる
  • 便秘解消を促進してくれる
  • 脂肪が燃えやすい体に改善してくれる

こんなにダイエットに適しているので、すぐにでも食生活に取り入れたい食材です。

しかし「もち麦は危険!」と言われているのはなぜでしょうか?

その理由が分からないと安心して食べられませんよね。そこで、危険と言われている理由をご説明します。

もち麦が危険と言われる理由って?徹底解説!

もち麦が危険とされる理由として、2つの事柄があります。あまり心配しなくてもいい理由を含めて、ご紹介したいと思います。

外国産が多い

もち麦が危険と言われる理由のひとつとして、「もち麦は外国産が多い」ということが挙げられます。

スーパーで売られているもち麦の原産地ほとんどは、アメリカやカナダなどの外国なんです。

確かに、外国産と聞くとちょっと「うーん」となりますよね。

遺伝子組み換えや残留農薬の心配がありますし、やはり国産の食品のほうが安全性は高く、信用できると思います。

私もなるべく国産の食品がいいなーと思いながら買い物しています。(笑)

しかし、外国産だからといって過剰に心配する必要はないんです。

私が実際に購入している「はくばく」という穀物会社のもち麦は、原産国こそアメリカですが、加工、品質管理は国内で厳しく行われています。

更に現地調査まで行われているので、徹底していることが分かります。

詳しくは「はくばく」のホームページをご覧ください。

「産地に直接行って確かめる」

(中略)また、輸入物については、農家ごとの栽培履歴を入念に確認。製品の収穫先や加工工場名などが追えるような“トレーサビリティ”も確立しており、透明性の高いシステムで安心と安全を確保しています。

引用:おいしい大麦研究所

「はくばく」は国産大麦の約7割、輸入されるもち麦の9割近くシェアを持っています。

ですので、スーパーに売られているもち麦はこの会社のものが多いと思われます。

私の近くのスーパーでもち麦コーナーを探してみましたが、確かに「はくばく」のもち麦が多かったです。

例え原産地が外国だとしても、国内でかなり厳しい審査を通過した安全性の高いものがほとんどです。

一方で、質が良いとは言えないもち麦があるのも事実です。

原産国を見て判断するのではなく、製造元を調べ判断するのもいいのではないでしょうか♪

国内で厳しい管理をしていて、安全性が高いと思われる穀物会社「はくばく」のもち麦はこちらです↓↓

はくばく
¥436 (2021/06/14 19:25時点 | Amazon調べ)
\\お買い物マラソン実施中//
楽天市場

もち麦はとってもダイエット効果を期待できます。ぜひ安心できる物を選んでくださいね。

体調不良になる恐れがある

2つめの理由として、主に便秘や下痢などの体調不良になってしまう可能性があります。

あれ?もち麦は便秘解消できて、ダイエットにもいいんじゃないの?

と、思われる方も多いと思います。まず、便秘解消できる食品として、食物繊維が多く含まれていることが挙げられます。

もち麦はこの食物繊維が豊富なので、便秘解消の効果が期待できるイメージが強いです。

しかし、いくら便秘解消とはいっても「食べ過ぎ」はNGなんです!

食物繊維は、腸内の水分を吸収しながら進みます。ですので、これが多すぎると腸内の水分量が不足し、便の動きが悪くなってしまいます。

結果便秘になり、もち麦ダイエットは逆効果になってしまうのです。

下痢についても同じことが言えてます。食べ過ぎで消化不良を起こすことによって下痢になりやすくなってしまいます。

ここまで読んでいただければなんとなく分かるかもしれませんが、これらの体調不良が起こる原因は実はもち麦自体のせいではありません。

食べ方や、時間帯に注意する点があるのです!

もち麦は危険な食材ではないので効果的な食べ方を紹介

もち麦の危険性について、もち麦自体に問題があるわけではないのが分かっていただけたと思います♪

では、どのように、また、いつ食べるのが正解なのでしょうか?

食べ方は?

効果的な食べ方はずばり、「水と一緒に食べること」です!

先ほども言ったように、もち麦は腸内の水分を吸収します。

これが便への悪影響になってしまうわけですが、これを利用することで効果が期待できます。

つまり、水と一緒にもち麦を食べることにより、腸内の水分を減らさずに済むのです。

しかもお腹の中でもち麦が膨らむので、満腹感も出て、余計なものを食べなくなるので一石二鳥です!

いつ食べればいい?

食べ方に気を付けていれば、いつ食べても効果的なことには変わりないんじゃない?

と思っている方、多いのではないでしょうか?

実は、いつでもいいはNG!効果的な時間帯はだいたい決まっているのです。

ずばり、もち麦を食べるべき時間帯は「朝」です!

先ほども言ったように、もち麦には食物繊維が多く含まれています。

正確に言うと「β(ベータ)グルカン」という食物繊維なんですが、これには、食後血糖値の上昇を抑制するという効果があるんです。

それだけでもすごいのですが、この効果は、実はかなり長続きします。

「セカンドミール効果」って、ご存じですか?これは、最初の食事が、次の食事の後の血糖値にも影響をおよぼすことを言います。

つまり、朝もち麦を食べておけば、低血糖値の効果がその後の1日の食事の血糖値の上昇を緩やかにします。

したがって、夜に食べるのは最もおすすめしません。

朝食を抜いている方も多いのではないでしょうか?しかし、朝ごはんは1日の基盤になるので、絶対に食べたほうが良いです。

もち麦を卵かけご飯にして食べるのもおすすめですよ!

卵は完全栄養食ともいわれるくらい、体に必要な成分をバランスよく摂ることができるので朝食にぴったり。

こちらの記事で手軽にできる、卵かけご飯の絶品アレンジもご紹介していますのでぜひ参考になさってくださいね。

まとめ

  • もち麦は危険な食品ではなく、ダイエットにも効果が期待できる。
  • もち麦は外国産のものがほとんどだが、国内での厳しい審査をクリアしたものも多いため、製造元などを調べることが大切。
  • 食べ方や時間帯に気を付ければ、もち麦の効果を十分に得ることができる。
  • 水と一緒に食べること、食べる時間帯は朝がおすすめ。

以上のことをお話していきました。

もち麦にも確かに危険性はありますが、よく調べて食べ方を工夫することによって避けられます。

もち麦の危険性を疑っている方、もち麦ダイエットを始めようと思っている方、ぜひこの記事を参考にしてくださいね♪

また、発芽玄米も健康に良いことが知られていますが、有名なファンケルの発芽米の危険性を心配する声がありましたので調べてみました。

ファンケルの通販であれば、ファンケルの発芽米が初回限定で送料無料・さらにもう500gついてくるので、とてもお得に発芽玄米生活を始めることができます。

ぜひ下の記事も見ていっていただけると嬉しいです。

Posted by moca