ロスフラワーは通販で購入が可能!通販でお花のある暮らしを始めよう!

あなたもお花のある暮らしはじめませんか?

ロスフラワーは、店舗や市場じゃなくても通販で手軽に購入ができます。

ニュースでも取り上げられている「ロスフラワー」ですが、あまり馴染みのない言葉ですよね。

廃棄予定のお花を「ロスフラワー」と言いますが、ネットでもまだ綺麗で鮮度の高いお花たちがたくさん販売されています。

お花は日々の生活に華やかさや癒しを与えてくれ、私たちの生活になくてはならないものになっています。

今回はロスフラワーの現状、人気の通販サイトや購入方法をご紹介します。

はじめて、ロスフラワーを通販で購入するあなたのサポートができれば幸いです。

ロスフラワーは通販で購入可能!お花の現状を解説

チューリップ

お花のある暮らしが初めてという方には、ロスフラワーの通販購入がおすすめです。

お花は自宅に持ち帰るのも大変なので、自宅に届くのはとても便利ですよね。

ロスフラワーの背景を理解して、お花の命を救いましょう!

ロスフラワーとは

廃棄予定の花のことを「ロスフラワー」といいます。

結婚式やイベントで短い役目を終えた花や規定外ということが理由で、まだ美しいのに廃棄となってしまったお花は数えきれないほどあります。

そんなまだ美しい花たちを救うため生まれた言葉が「ロスフラワー」です。

そして、廃棄予定のお花を救おうと活動している方々を「フラワーサイクリスト」といいます。

フラワーサイクリストとは

廃棄されてしまうお花をものづくりの力で、ドライフラワーにしてインテリアやアクセサリーに変化させ、新しい価値を与えようという取り組みです。

お花は枯れてしまうと捨てる方が多いと思いますが、生花として楽しんだ後に、さらにお花に価値を与えようというとても素敵な取り組みですよね。

なぜ「ロス」が生まれてしまうのか

お花は結婚式やイベントはもちろん、さまざまな場面で華やかに活躍してくれます。

そんな素敵なお花たちは、短い役目で終わってしまう結婚式やイベント後、廃棄となってしまうことが多いのが現状です。

さらに、ロス問題で記憶に新しいニュースとして、コロナウイルスの影響で学校が長期的に休校し、牛乳が大量に余ってしまうというニュースが有名ですよね。

給食では定番の牛乳ですから、学校が休校となれば酪農家の方々はかなりの痛手となるのも当然です。

その影響でローソンでは、マチカフェの「ミルク」を期間限定で半額販売し、ロス対策を行っていました。

そんな牛乳と同様に、コロナウイルス流行以降は、今まで以上にお花の廃棄が増えてしまっているんです。(2021年現在)

お花の出番である卒業式や送別会、イベントの中止が相次ぎ行き場を失ったお花たちができてしまったことが原因です。

そんなロスフラワーを店舗や市場に直接行かなくても、通販で購入することが可能です。

お花がもたらす効果

お花のある暮らしはいいことだらけです。

日々の生活の色々な場面でお花は活躍してくれ、私たちにさまざまな効果をもたらしてくれます。

疲労や緊張、不安といったネガティブな感情が抑えられ、活気が出ると言われています。

お花は「幸せホルモン」が出ると言われており、幸福感を感じモチベーションもアップすると言われています。

花の色によってもたらす効果も変わるので、あなたの期待したい効果でお花を選んでみてください。

ロスフラワーの通販サイトおすすめ5選

ロスフラワーを購入できる人気の通販サイトをご紹介します。

ロスフラワーの通販は定期便がおすすめ

今回ご紹介するロスフラワーのおすすめ通販サイト5選は、すべてお花の定期便を行っています。

プロが季節のお花を選んで送ってくれるので、毎月どんなお花が届くのか楽しみにもなりますよね。

お花は自宅に持ち帰るのも大変なので、自宅に届くのはとても便利です。

お花のある暮らしをはじめたいけど、お花選びが難しいという初心者の方には特におすすめです。

生活にお花を取り入れて、廃棄されてしまうロスフラワーをみんなで減らしていきましょう!

bloomee

安くて手軽にはじめられるお花の定期便が有名な、bloomee(ブルーミー)

市場で仕入れた季節のお花が、毎月ポストに届けられ箱を開けたら飾るだけという手軽さがいいですよね。


定期便コース

体験レギュラーリッチ
料金550円(税込)880円(税込)1,980円(税込)
送料278円(税込)385円(税込)550円(税込)
お花の本数3本4本8本
※法人専用プランあり

今回紹介する5つのショップの中で1番価格が安く購入できるので、初めての方でもはじめやすいと思います。

LIFULL FLOWER

フラワーギフトとお花の定期便を購入できるLIFULL FLOWER(ライフルフラワー)


定期便コース

ライトセルフアレンジスタンダード
料金858円(税込)1,958円(税込)2,680円(税込)
お花の本数3-4本S:1-8本
L:1-12本
不明
※送料込み

スタンダードプランは、花瓶不要で蓋を開けただけで飾れるパッケージになっています。

また水やりが不要なゼリーがついているので、日々のお花の手入れが初心者さんや水やりを忘れてしまうというズボラさんも安心です。

Hito Hana

フラワーデリバリーサービスのHitoHana(ひとはな)

定期便や好みのお花を好きなタイミングで単体購入が可能なお花の通販サイトです。

生花はもちろん、花束や観葉植物、プリザーブドフラワー、ドライフラワー、花瓶など、お花のことはすべてここで完結できるほど取り揃っています。


定期便コース

サイズ15cm25cm25cm25cm
料金990円(税込)1,650円(税込)2,200円(税込)2,750円(税込)
お花の本数2-4本5-8本8-10本9-13本
※通常便送料無料・25cm以上からクール便選択可能(+¥220)
35cm35cm45cm
料金3,300円(税込)4,400円(税込)5,500円(税込)
お花の本数11-14本14-18本19-22本
※通常便送料無料・25cm以上からクール便選択可能(+¥220)

お届け頻度は、毎週・2週間に1度・月に1度の3タイプから選べ、スキップもできるので自分でコントロールが可能です。

さらに、Hito Hanaはお届けの度に好みの色を7色の中から購入できます。

おまかせもあるので、毎月どんな花が届くのか楽しみにしたいという方は、おまかせにもできます。

お花のボリューム感も幅広く選べるので、特別な日にはHitoHanaの豪華で華やかなお花でお祝いしたいですね。

FORESTY

お花の定期便を通して、植林ができるお花のサブスクFORESTY(フォレスティー)

あなたがお花を飾ることで、地球に自然が増えるというとても素敵な活動をされています。

ロスフラワーも減らすことができ、定期便購入することで植林もできるとは、とても素晴らしいお花のサブスクです!


定期便コース

Soil PlanSeed PlanRoot PlanStem PlanBloom Plan
料金700円(税込)900円(税込)1,400円(税込)2,000円(税込)3,000円(税込)
送料360円(税込)360円(税込)550円(税込)550円(税込)550円(税込)
お花の本数3本~4本~7本~9本~13本~
木の植林まで8ヶ月6ヶ月4ヶ月3ヶ月2ヶ月
※木を1本植林となるまでの期間は「毎週お届け」の場合の目安です。

お届け期間は、毎週・隔週・毎月の3つから選択でき、好きなタイミングに設定できるのもメリットです。

LIFFT

ちょっとリッチなお花の定期便LIFFT(リフト)

お花の本数はすべて共通で、メインのお花4本前後・季節の草花5本前後入っており、合計9本前後です。


定期便コース

スタンダード花瓶セットコーヒー豆セット
料金3,300円(税込)初回4,180円(税込)
2回目~3,300円(税込)
5,280円(税込)
特典なし初回花瓶付き季節コーヒー
毎月異なる
※送料無料

はじめての方にはとても嬉しい花瓶付きや生活をより豊かにするコーヒー豆のセットなど、他にはない通販のお花の定期便になっています。

ロスフラワーを通販購入しお花のある暮らしにひと工夫

ロスフラワーをおしゃれな花瓶を準備して迎えましょう。

通販サイトでも手軽に購入できますが、花瓶はいろんな種類がありとても悩みますよね。

色で迷った時は、お花が映える白や透明の花瓶がおすすめです。

白や透明はひとつ持っていると、どんな色のお花が届いても対応できるので重宝します。

また花瓶はガラス製のようにある程度重みがあった方が、安定感があるので倒れてしまう心配もありません。

ロスフラワー購入時に、花瓶が一緒に販売されている通販サイトが多いので、困ったら一緒に購入してもいいと思います。

お部屋のインテリアにマッチする、自分好みの花瓶を準備して、ロスフラワーをおしゃれに飾りましょう!

まとめ

  • 手軽にはじめられるお花のある暮らし
  • お花のもたらす効果はいいことだらけ
  • 廃棄予定のお花をロスフラワーという
  • ロスフラワーは通販で購入できる
  • 通販購入は定期便がおすすめ
  • おしゃれな花瓶でお花を飾ろう

はじめて、ロスフラワーを購入したいという方には、通販で定期便購入がとてもおすすめです。

お花の命を救うだけではなく、お花のもたらす影響はとても効果的で、お花を生活に取り入れると日々の生活が豊かになります。

私もお花の定期購入に興味がありながら、まだはじめられていなかったので、これを機にお花のある暮らしはじめたいと思います!

廃棄されてしまうロスフラワーのピンチをみんなで一緒に救いましょう。

satori

Posted by satori