目の下のたるみを取る方法ならためしてガッテン式!予防法も解説!

目の下のたるみを取る方法は、NHKの「ためしてガッテン」で紹介されたリンパマッサージが効果的です!

目の下のたるみを予防するには、生活習慣の改善やアイケア美容液がポイントになりますよ!

あなたは目元を見られてドキッとした経験はありませんか?

年齢を重ねると季節の変わり目や体調の変化で、お肌の調子が良くなったり悪くなったりしますよね。

目の下のたるみは、一度できてしまうと自然に改善することはありません。

まずはためしてガッテンで紹介された、目の下のたるみを取る方法を取り入れてみましょう!

この記事では、NHKためしてガッテン式の目の下のたるみを取る方法として有効なリンパマッサージ法や、予防法を詳しく紹介していきます!

今日から実践できる内容ですので、最後までぜひご覧ください!

 

目の下のたるみを取る方法はためしてガッテンを参考にすれば解決

NHKのためしてガッテンは2022年2月2日をもって放送が終了しました。

1995年から27年間続いた「ためしてガッテン」は、食生活や健康、美容についてをテーマとした大人気の生活情報番組です。

そのNHKためしてガッテンの中で紹介された、目の下のたるみを取る方法に関する内容がいくつかあったのでピックアップしてみました!

NHKためしてガッテンの放送(過去放送分)
  • 医学がお薦め!メークで体が若返る劇的ワザ(2016年5月放送)
  • たるみも口臭もシャットアウト!マスク時代の新お悩み★解消術(2021年6月放送)
  • 乾燥肌改善!“極上美容液”を体内で作り出す秘策(2021年12月放送)

どの内容もNHKためしてガッテンの健康・美について深掘りしたもので、目の下のたるみを取る方法についても参考になる情報が満載です!

目の疲れは顔全体の老化に影響する!

毎日の仕事で長時間パソコンと向き合う人も多いと思います。

そして最近はスマホやタブレットが手軽に利用できるので、気がついたら目が充血している!なんてこともあるのではないでしょうか。

「目が疲れたな…。」と思った時は気を付けてください!

目の疲れは顔全体のたるみやシワの原因となります。

そして、それだけではなく頭痛や肩こり、不眠などの原因にもなり、全身の不調を引き起こすこともあるので注意が必要です。

乾燥肌はたるみやシワの原因に!

肌の乾燥状態が続くことで、肌表面のハリや弾力が失われるので目の下のたるみや顔全体のシワができやすくなります。

肌のトーンまで落ちてしまうので、実年齢より老けて見えることもあるでしょう。

そういった生活でできてしまった目の下のたるみを取る方法として、NHKためしてガッテンで紹介されたリンパマッサージがとても効果的ですよ!

目の疲れや乾燥は体全体の不調へとつながりますので、次で紹介するリンパマッサージをぜひ取り入れてみてください♪

肌にとって乾燥はNGなので、まずはこまめな保湿を行い、家の中の湿度も50〜60%に保つように心がけましょう。

目の下のたるみを取る方法はためしてガッテンのリンパマッサージが効果的!

NHKのためしてガッテンで紹介されているリンパマッサージが目の下のたるみを取る方法として効果的です。

リンパマッサージとは、全身に張りめぐられているリンパの流れを良くするための施術法です。

リンパは老廃物や細菌といった不要物をろ過し、除去するという大切な役割を担っています。

マッサージにより不要物をリンパ節(ひざ裏、鎖骨、そけい部など)に流し、体内に流れながら不要物をろ過することで、血液の循環がより良くなります。

ためしてガッテン式リンパマッサージ

1.両肩を後ろへぐるぐる回す

肩甲骨(けんこうこつ)が動くように肩をぐるぐる回します。

鎖骨辺りにはリンパがたくさん巡っていることもあり、動かすことで血流も良くなりますよ。

2.鎖骨に指2本あてて円を描くようにやさしくさする

鎖骨に指を当てて、くるくる回しながらやさしく押しながら刺激します。

この時、皮膚を強く擦らないように注意してください。

3.耳裏下のあたりを円を描くようにさする

耳の下あたりもリンパが集中していますので、円を描きながさすることで詰まりをほぐします。

4.人差し指と中指で耳を挟み、そのまま鎖骨まで指を滑らせる

耳を2本の指で挟みそのまま首筋に滑らせます。

3でほぐした時の詰まりを鎖骨へ流すようなイメージで手を滑らせてみてください。

5.鎖骨の外側→内側に向かって手を滑らせる

そのまま鎖骨の外側から内側に沿って指を滑らせてください。

6.首筋の後ろ(うなじ辺り)から鎖骨に向かって手を滑らせる

最後に、首筋の後ろあたりから鎖骨に向かってリンパを流します。

1〜6が終わると、なんだか顔まわりがスッキリとしていませんか?

むくみやたるみなども解消するのがリンパマッサージなので、フェイスラインも美しくなりますよ♪

ためしてガッテン式あごのこりをほぐすマッサージ

パソコンやスマホでの集中作業が増えたことでストレスが多くなり、「かみしめ癖」がおきる人が増えてきました。

それによって、あごまわりの筋肉がこり固まる現象がおき、口の開きが悪くなったり、口を開けた時に関節に痛みを感じたりします。

日頃からあごのマッサージを3ステップで取り入れていきましょう!

STEP①咬筋(こうきん)
  1. 左右のあごの付け根になる筋肉を人差し指で押さえる(上の図の丸印の部分)
  2. 押さえたところを、クルクルと円を描くようにマッサージする(10回程度)

※軽くかみしめると筋肉が膨らみを感じる所が、咬筋(こうきん)の位置の目安です。

咬筋
STEP②側頭筋(そくとうきん)
  1. 左右のこめかみあたりを人差し指で押さえる(上の図の丸印の部分)
  2. 押さえたところを、クルクルと円を描くようにマッサージする(10回程度)

※軽くかみしめると筋肉が膨らみを感じる所が、側頭筋(そくとうきん)の位置の目安です。

側頭筋
STEP③口を大きく開ける
  1. 上を向いて口を大きく開ける(5秒間キープ)
  2. 5秒キープしたら、ゆっくり閉じる
  3. それを3回繰り返す

ためしてガッテン式顔面マッサージもやってみよう!

目の下のたるみを取る方法として、「側頭筋」と目の周りにある「眼輪筋(がんりんきん)」をケアすることが大切です。

側頭筋と眼輪筋

この2つの筋肉が使われなくなることで顔全体の筋肉が下がるので、目の下にたるみやシワができます。

それを解消するためのマッサージは次の通りです。

顔面マッサージ
  1. 手首のあたりの硬い部分を使って、側頭筋をマッサージする。筋肉と皮膚をはがすように大きくマッサージするのがポイント
  2. 4本の指を使って耳の後ろ辺りを大きくマッサージ
  3. 3本の指で、目の下を目頭→目尻の方向に向かって、小さく動かす
  4. 親指を鼻筋上のくぼみにセットして、目の上を眉毛に沿って細かく動かす

私も実際にやっているのですが、目の周りの「こり」は意外にあるものです。

こりをほぐして日頃使わない目の周りの筋肉も鍛えましょう♪

目の下のたるみを取る方法はNHKのためしてガッテン式が効く!改善編

目の下のたるみは老化現象の一つですが、目の下のたるみがおきる原因としてはいくつか考えられます。

  • スマホやパソコンの使用が長時間であること
  • 紫外線の影響
  • 花粉症やアレルギー
  • 食生活の乱れ
  • 乾燥
  • 睡眠不足
  • 過剰なアルコール摂取や喫煙など
  • 肩こりや腰痛などの慢性疲労

原因を8つほど取り上げてみましたが、目の下のたるみを取る方法としては普段の食生活や生活習慣は重要なポイントです。

NHKのためしてガッテンでは様々な健康法や美容法が紹介されていて、目の下のたるみを取る方法につながるヒントもたくさん隠れていますよ♪

原因の全てを取り除くことは難しいかもしれませんが、自分ができることから少しずつやってみることで効果は期待できます。

今日からすぐに実践できる改善法4つを紹介します。

目の下のたるみを取る方法 改善編|食生活の見直し

目の下のたるみに効果的なのは、肌のハリを保つ「良質なタンパク質」と肌の老化を防ぐ「アスタキサンチン」、抗炎症作用のある「ビタミンC」です。

効果的な栄養素
  • 良質なタンパク質: 牛肉、豚の赤身、ラム肉、マグロ赤身、かつお、卵など
  • アスタキサンチン:サケ、イクラ、エビ、カニなど
  • ビタミンC:レモン、レモン水でもOK
NGな食べ物
  • 糖質:ケーキなどの洋菓子
  • 脂質:油たっぷりの揚げ物、コンビニなどのお弁当
  • 炭水化物の多い食材:パスタ、ラーメン、うどん、パン

できる限り老化の原因になる食材は減らし、バランスのいい食事を心がけましょう。

目の下のたるみを取るためにも、毎日の食事は体に良いものを取り入れたいですね!

私は洋菓子が好きなので、どうしても我慢できない時はためしてガッテンで放送された内容を参考にして代わりにナッツ類や高カカオチョコレートを摂るようにしています。

一度ついてしまったたるみは元に戻らないので、みなさんもためしてガッテンを参考にして、一緒にやってみましょう!

目の下のたるみを取る方法 改善編|1日3分の顔体操

NHKためしてガッテン式「ニパニパ体操」について紹介します!

  1. 口(くち)を「ニ」と開く
  2. ほおがぷっくりしたのがわかったら、そのまま5秒間キープ
  3. 5秒経過したら、「パ」と発しながら、力(ちから)を抜く
  4. ほおのぷっくりが元の位置に戻る

上の1〜4を繰り返し行い、1日10回を2週間続けることで、顔のたるみや目の下のたるみなどの改善が期待されますよ♪

朝の支度をしながらでも行える簡単な体操なので、毎日の習慣にすればきっといい効果が早く出るはずです。

目の下のたるみを取る方法 改善編|頭こりほぐし

顔はたくさんの筋肉に囲まれていて、その筋肉は顔のたるみやシワを防ぐための重要な役割を担っています。

デスクワークのような長時間を同じ姿勢で過ごしている場合は、血流が悪くなり、目の疲れや肩、首などの痛み、頭の疲労感、冷えなどの様々な不調が起こるでしょう。

頭がちょっと重いな…顔がむくんでるな…と感じたら、頭のこりをほぐして血流をよくすることがオススメですよ。

顔や目の下のたるみが改善して、顔まわりまでスッキリすること間違いなしです!

寝る前に3分、頭ほぐし法①
  1. 親指をこめかみにあて、残りの指は後頭部をつかんで頭全体を覆う感じでセット
  2. 「アウアウ」と発しながら口を大きく動かす
  3. 頭皮が動くのがわかったら、親指の位置を少しずらして、2を繰り返す
  4. 親指の場所を5〜6回ほど移動し、同じようにほぐす
寝る前に3分、頭ほぐし法②
  1. 耳の前、もみあげ近くに人差し指&中指の2本を置く
  2. 上→下にさする。(さするぐらいでOK)
  3. 耳の後ろも同じようにする
寝る前に3分、頭ほぐし法③
  1. 眉毛の上を親指と人差し指でつまむ
  2. つまんで上下に動かしながら眉毛に沿って移動する
  3. 皮膚と筋肉をはがすようなイメージで、つまめない場合はつまめる範囲でOK

3つ紹介しましたが、どれも寝る前にベットの上でできるぐらい簡単な頭ほぐし法です。

顔のむくみや目の下のたるみを取るだけでなく、仕事前などで頭をフル回転しないといけない日などにもオススメですよ♪

目の下のたるみを取る方法 改善編|姿勢矯正

同じ姿勢で過ごす時間は1日どれくらいでしょうか?

仕事や家などで、何時間も同じ体勢のまま過ごしているのであれば、それは黄色信号です。

現代人はストレートネックや猫背、巻き肩が多いなどと言われていますが、その原因はスマホやパソコンの影響がほとんどです。

下を向くことが多くなると頭が前に押し出され、顔の筋肉も自然と下へ落ちていきます。

つまり、目の下のたるみを助長してしまう行動になるので、前項で紹介した体操を取り入れたり、視線はなるべく上向きにするなど意識してみてくださいね。

目の下のたるみを取る方法と一緒にためしてガッテン式予防法も覚えよう!

目の下のたるみは、残念ながら一度できてしまうと自然になくなることはありません。

目の下のたるみをつくらない為にも、まずは予防法について考えることが大切です!

NHKためしてガッテンの放送を参考に、目の下のたるみを取る方法を試しつつ予防法もチェックしていきましょう!

NHKためしてガッテン式 目の下のたるみを取る方法 予防編|紫外線対策

紫外線は1年を通して地上に降り注いでいます。

紫外線の種類としては、UV-AとUV-BとUV-Cの3種類に分類されていて、地上に届くのものは、UV-AとUV-Bの2種類です。

  • UV-A:雲や窓ガラスを通過し肌の真皮まで届くもので、シミ、シワ、たるみなどの皮膚トラブルを引き起こす原因となります。
  • UV-B:肌の表面に影響があり、日焼けだけではなくシミや乾燥の原因になります。

紫外線は、たるみやシミ、シワの原因に大きく関係しています。

紫外線対策は目の下のたるみを取る方法の重要なポイントにもなるでしょう。

日頃から日焼け止めを使用するなどして、目元やお肌をケアをしてくださいね♪

NHKためしてガッテン式 目の下のたるみを取る方法 予防編|ブルーライトカット対策

スマホやパソコンの画面を継続してみる場合は、必ずブルーライト対策を行いましょう。

長時間ブルーライトをあびることで、目の疲れや頭痛の原因になるだけでなく、目のたるみやシワの原因につながります。

パソコンやスマホに直接貼るブルーライトカットシートやブルーライトカット用のメガネなどが販売されているので、購入されてもいいですね!

購入されない場合は、パソコンやスマホの設定画面から液晶の明るさを調整することができますよ。

どちらでもブルーライトを抑えることができるので、身近なものからやってみてくださいね。

NHKためしてガッテン式 目の下のたるみを取る方法 予防編|ドライアイ

乾燥で目の周りを必要以上に触ったり、こすったりすることはないですか?

目の周りを勢いよくゴシゴシと触るのはとても危険です。

顔の中でもまぶたの皮膚は非常に薄くデリケートなので、ちょっとの摩擦でもたるみやシワの原因になります。

私は花粉症がひどく、時期によっては目の痒みが強くなる時があるので、早めに病院を受診して症状を落ち着かせていますよ!

ドライアイの場合は日頃から目薬を使用するなどして対策をしましょう。

NHKためしてガッテン式 目の下のたるみを取る方法 予防編|アイケア美容液

目の下のたるみを取る方法と併用して、アイケア美容液の使用がオススメです♪

アイケア美容液がオススメの理由
  • 目の下のたるみを集中してケアできる
  • リフトアップケアが期待できる
  • 目のたるみだけではなく、乾燥やシワ、クマなどの肌荒れを防ぐ

目元は皮脂の分泌が少ないので乾燥しやすく、毎日のアイメイクでさらに摩擦を加えることが多い部分なので、トラブルがおきやすいのです。

オススメのアイケア美容品を2点紹介します!

ドクターシーラボ VC100アイセラム

目元専用の美容液で、目元のくすみやシミ、シワなどが気になる方にオススメです。

浸透型のビタミンC(APPS)が含まれていることで、ビタミンCの抗酸化作用が肌荒れを防ぎ、皮膚にうるおいを与えます。

ドクターシーラボ
¥3,620 (2022/03/24 22:50時点 | Amazon調べ)

大正製薬 AdrySアクティブアイクリーム

保湿力が高く目元の乾燥によるたるみやシワを防ぎます。

ヘパリン類似物質が含まれていることから、肌の水分量を補い保つことができ肌のキメを整えてくれるでしょう。

まとめ

  • 目の下のたるみを取る方法はNHKのためしてガッテンを参考にした目の疲れを取る顔体操や、乾燥・紫外線対策が有効
  • 目の下のたるみを取る方法はNHKためしてガッテン式リンパマッサージが効果的
  • 目の下のたるみを取る方法はNHKためしてガッテンで紹介された、食生活と頭のこり、姿勢の見直しが重要
  • 目の下のたるみを取る方法はアイケア美容液を使用した集中ケアが効果的

年齢を重ねてくると、目の下のたるみやシワなどが気になってきますよね。

生活習慣を改善しながらリンパマッサージやアイケアを上手に取り入れて、これからも一緒に美しい目元を保っていきましょう!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

くうこ

Posted by くうこ