寝る前にゆで卵を食べても太る心配はない!筋トレにも相性バッチリ!

ゆで卵はダイエットに適していると聞いたことがあるのですが本当なのでしょうか。

また、寝る前にゆで卵を食べることで太るのかということも気になりますよね。

ダイエットで食事制限をしていると、寝る前にお腹が空いてしまうことはよくあります。

私も、ダイエット中寝る前に太るとわかっていながら我慢できなくて、食べてしまうことがよくありました。

ダイエットの宿敵の空腹とは、うまく付き合っていきたいものです。

ゆで卵は糖質が低く寝る前に食べても、太ることはありません。

この記事ではゆで卵がダイエットに適している理由と、効果的な食べ方を説明します。

ゆで卵は夜食にも適していて、ダイエット中にもおすすめですよ。

ゆで卵を食べることで得られるメリットや効果について理解し、一緒にダイエットを頑張ってみませんか?

 

 

寝る前にゆで卵を食べると太るというのは嘘

ダイエット中ってどうしてもお腹が空いてしまいますよね。特に寝る前だと太るのを気にして、食べるかどうか迷いますよね。

でも寝る前どうしてもお腹が空いてしまった時、ゆで卵を食べてみてはいかがでしょうか?

私もダイエット中は空腹との戦いで何度もゆで卵に助けられました。

そうなんです!ゆで卵を食べることで得られる効果があるのです。それでは、下記で詳しく説明しますね♪

 

ゆで卵を食べることで得られる効果

1.カロリーを抑えられる

ゆで卵は低カロリーのため、大きさにもよりますが大体80〜90キロカロリーくらいと低いです。

卵は消化されにくい成分である食物繊維を含まないため、消化によく夜食や寝る前に食べることに向いています。

ですので、夜食としてのゆで卵はダイエット中に向いている食べ物なのです。

太る心配をしなくてもいいのは嬉しいですよね。

2.疲労回復効果がある

あまり知られていないと思いますが、卵には疲労回復の効果があるのです。

卵には必須アミノ酸が含まれており、それが疲労回復に役立つのです。またそれだけではなく、筋肉の再生や強化してくれる役割もあるのです。

3.基礎代謝が上がる

ゆで卵にはたんぱく質が豊富で1個あたり約7.5g含まれています。

たんぱく質は筋肉や臓器などの体を作るのに大事な栄養素です。たんぱく質不足が続くと、基礎代謝量が落ち太る原因になります。

ですので、たんぱく質を多く含む卵はダイエットに適しているのです♪

4.記憶や学習能力がアップする

コリンという成分は、脳内の神経伝達物質である”アセチルコリン”の材料となることから記憶や学習に深く関わるといわれています。

コリンを豊富に摂取したところ、学習能力が25%アップしたという研究もあります。

ダイエットや筋肉の増量に役立つだけではなく、記憶や学習にも効果があるなんてすごいですよね!

疲労回復にも役立つので、学生さんや受験生の方にももってこいの食べ物なのです。

5.老化予防、美容効果がある

卵にはビタミンが含まれており、活性酸素の働きを抑える抗酸化作用があります。

この作用が老化の予防に役立つのです。

しかし活性酸素が過剰に発生すると、体の細胞を老化させてしまう恐れがあるので適度に取り入れていきましょう。

また老化予防だけではなく美容効果もあるのです!

卵にはコラーゲンが多く含まれています。コラーゲンはたんぱく質の一種なのです。

コラーゲンには、皮膚の弾力や肌のうるおいを保つ効果があります。

最近肌の調子がよくない、ハリがなくなってきたという方はぜひ試してみてくださいね♪

 

 

寝る前にゆで卵を食べてもダイエットに影響はない

ゆで卵は低カロリーでタンパク質も多く含まれていることから、ダイエットに適していることがわかりました。

ダイエットにはゆで卵を食べることは適しているので、寝る前に食べてもあまり太る心配はありません。

しかし低カロリーだからと、寝る前に毎日食べてしまっては元も子もありません。

多く食べなければ太ることはありませんが、ゆで卵の食べ過ぎには気をつけなければいけません。

また、寝る前に食べるよりも夜食として食べた方が太る心配もしなくても良いでしょう。

また、ゆで卵は腹持ちがいいのです。

寝る前には控えた方がいいですが、夜食としてスクランブルエッグやオムレツにしたりと卵はさまざまな食べ方があります。

ゆで卵として食べると、タンパク質が密に固まるため1個食べただけでもちゃんと満腹感を得ることができます。

ゆで卵は最近ではコンビニでも手軽に購入できますし、スーパーでも購入できます。

作り置きもできます。作り置きをした場合、冷蔵庫で保存しておけは3〜4日は保存可能です。

しかし卵の殻(から)にヒビが入っていると、そこに菌が付着してしまった場合増殖してしまう恐れがああります。

そういう場合は、その日のうちに食べるようにしましょう。

ゆで卵は簡単に作ることができますし、簡単に手に入れることができるのでダイエットをしている人でも無理なく続けることができますよね。

またコストも低いことから、家計にも優しい食べ物です。でも食べ過ぎには注意しましょうね。

ゆで卵を食べることで得られる効果を知って、上手にダイエットと向き合いましょう。

 

 

寝る前のゆで卵は筋トレをしている人に効果的

ジムのトレーナーの方たちにとって、筋トレをする上で日々の体づくりや、理想のボディを手に入れるためにも卵は欠かせない食材といわれています。

冒頭でも説明したとおり、ゆで卵には体づくりに必要たんぱく質が多く含まれています。たんぱく質は体の中で分解されると、アミノ酸に変わります。

ゆで卵にはそのアミノ酸のスコアが100というとても高い値となっているため、良質なタンパク質をしっかりと摂ることができるのです。

もちろんダイエット目的として寝る前にゆで卵を食べるのも効果的です。

しかし寝る前にゆで卵を食べるよりも、筋トレ後にゆで卵を食べることがもっとも効果的です。

トレーニングの後にプロテインを飲んだりプロテインバーを食べたりする方も多くいます。

しかし、そういった食品には食べやすいようにと不要な糖分が多く含まれている食品も多く存在します。

ですので、摂り過ぎには注意しましょう。そんな時におすすめな食べ物が、低糖質で高たんぱく質であるゆで卵なのです。

以前まで、卵は1日1個までといわれていました。その理由として卵の卵黄にはコレステロールが多く含まれているからです。

しかし最近ではコレステロールは摂取するよりも、3〜7倍もの量が体内で作られているということが分かったのです。

卵1個分のコレステロールよりも、はるかに多くのコレステロールが体内で作られていることからその制限はなくなりました。

ですので、健康な人であれば1日に2〜3個はゆで卵を食べても大丈夫なのです。

(※持病のある方はかかりつけの先生と相談してからにしましょう。)

筋トレをしている方には寝る前ではなく筋トレ後にゆで卵を食べて、効率よく筋肉をつけていきましょう。

 

 

まとめ

  • 寝る前にゆで卵を食べても太る心配はない

  • ゆで卵には低カロリーで高タンパク質とさまざまなメリットがある
  • ゆで卵はダイエットをしている人に向いている
  • ゆで卵は2〜3個食べても問題はない
  • トレーニングの後にゆで卵を食べると効果的

寝る前太ることを気にして、お腹が空いていても食べることを迷いますよね。

ですが、ゆで卵は低カロリーなのでダイエット中でも太ることを気にすることなく食べることができる魅力的な食べ物であることがわかりました。

寝る前どうしてもお腹が空いた時はゆで卵を食べて、上手にダイエットと向き合って理想の体を手に入れましょう。

ゆで卵は簡単に作ることができて、手軽に食べることのできる食べ物です。

そして、それを食べることでさまざまな効果があるすごい食べ物であることがわかりましたね。

mppu

Posted by mppu