猫の暑さ対策は100均で可能!お薦めグッズやエアコンなしの場合も解説

夏になると必要になってくるのが猫の暑さ対策です。エアコンをずっとつけっぱなしは経済的にも気になるという方もいると思います。

100均の5つの商品を使うことで、エアコンなしでも暑さ対策ができますよ。

猫は暑さが苦手な生き物で、人間のように汗をかいて体温を調整することができません。

きちんと対策しないと熱中症になってしまう可能性があり、快適に過ごせるように環境を整える必要があります。

この記事では、100均でできる猫の暑さ対策ひんやりグッズの紹介熱中症の対策などを紹介していきます。

猫が快適に暑い日を過ごせるように参考にしてくださいね!

 

猫の暑さ対策ができる100均の商品5選!

猫は暑さに強いといわれていますが、猫は暑さが苦手な生き物です。夏の暑い日に締め切った部屋では熱中症になってしまいます。

猫が快適に過ごせる環境を100均の商品で揃えられたら経済的にも助かりますよね。ここでは100均でできる暑さ対策を紹介していきます。

暑さ対策のできる100均商品

  • 保冷剤

冷凍することで数時間保冷してくれて、簡単に暑さ対策ができる優れた商品です。

そのまま使うと猫が爪で引っかいたりと破れてしまうので、タオルなどでくるんで猫が直接触れないように工夫してください。

  • 濡れタオル

100均のタオルを濡らしてしぼり、冷蔵庫で冷やします。猫が暑そうにしているとき取り出し拭いてあげましょう。

  • すのこ

床との隙間をつくることで、床からの熱を防ぎます。

猫のベットの下に置くと、床との間に隙間ができるので風が通って涼しさがアップしますよ!

  • すだれ

窓際や猫がよくいる場所にすだれを置けば遮光することができます。

我が家でも夏にすだれを出しています。使用していないときと、しているときでは暑さが違います。

すだれを使用することで日よけになるし風通しよく、水をかけて使用することにより室内に入る風を2度ほど下げるそうですよ。

  • アルミ鍋

100均で売っているアルミ鍋でも猫鍋ができますよ!猫のサイズに合った鍋を選んでくださいね。

猫の熱中症の症状

暑い季節になってくると熱中症にならないか心配になりますよね。しっかり対策しないと猫は熱中症になる可能性が高くなります。

熱中症の症状【軽度】
  • 口を開けて犬みたいに呼吸している
  • よだれを垂らす
  • 元気がない

体温が測れるようなら測りましょう。猫の平熱は38度台です。

口呼吸していて体温が39度以上あれば動物病院に相談してください。

猫の熱中症【中度】
  • 吐き気・嘔吐
  • 下痢
  • 震えている
  • 脱力している
  • ふらふらしている
  • 体温が40度以上

熱中症がさらに進むと嘔吐や下痢などの症状が出てくることがあります。すぐに動物病院に連絡して受診してください。

猫の熱中症【重度】
  • けいれん
  • 意識がない
  • 体温が41度以上

けいれんしている、意識がない、呼びかけに反応しない場合は至急動物病院に連れて行ってください。

猫の熱中症への応急処置

もし飼い猫が熱中症と思われる症状になったら、どうしたらいいのでしょうか。

まずは日陰などの涼しい場所へ移動させ、すぐに体を冷やして動物病院に連れていきましょう。

猫が熱中症になったら応急処置をしておくことが大事!すぐにできる応急処置の方法を紹介します。
  • 保冷剤で首や脇を冷やす

タオルなどでくるんだ保冷剤で首や脇を冷やしてください。保冷剤を直接猫にあててしまうと凍傷になる恐れがあるので必ずタオルなどでくるみましょう。

  • 濡れたタオルで体をふく、くるむ

濡らしたタオルで猫の体をふいたりくるんだりします。すぐにタオルが体温で温まってしまうので次々に交換してください。

水が平気な猫なら霧吹きをかけることも効果的です。

  • 風を送る

猫の体に直接当てないように風を送り熱気を逃がします。

  • 水を飲ませる

水を飲ませることも熱を下げる方法として有効です。ただし、猫の状態によって無理やり飲ませることはかえって危険があります。

水を含ませた布やコットンなどで口や舌をぬらす程度にしてください。自分で飲めそうなら、一気にあたえないで少しずつゆっくり水を飲ませましょう。

あまり体を冷やしすぎるのも危険!39度以下になる手前くらいで手当てをやめてください

重症化すると命の危険もあるので、大切な飼い猫が熱中症にならないようにしっかり対策しましょう!

もし熱中症と思われる症状が出たら、応急処置で猫の体を冷やしながら落ち着いて動物病院へ受診してください。

猫の暑さ対策はエアコンなしでもできる!

夏の猫の暑さ対策でエアコンをつけっぱなしにしているご家庭も多いのではないでしょうか。しかしずっとつけたままでは電気代が気になりますよね。

エアコンなしでもできる暑さ対策なんてあるの?あったら電気代が助かるけど…

エアコンなしでもできる暑さ対策はお手軽にできますので、ぜひ試してみてくださいね!

猫に快適な温度

猫は暑さだけでなく湿度も苦手です。猫は湿度が高いと体の熱が外へ逃げにくくなり体温が上がりやすくなります。

日本の夏は気温も高く湿度も高いので、猫のために快適な室温調整をしましょう。しかし、ただエアコンをつけておけばいいというものではありません。

猫にとっての快適な温度は長毛種、短毛種などの差によって違いますが、エアコンを使う際の温度設定は26~28度とされています。

温度設定が低すぎても猫は寒くなってしまいます。湿度が苦手なのでドライや除湿に設定して使うのもいいですよ。

エアコンなしでの暑さ対策

エアコンが嫌いな猫や、エアコンを使いたくない場合はどのように暑さ対策をすればいいのでしょうか。

エアコンなしの暑さ対策
  • ペットボトルを凍らせる
  • 扇風機
  • 保冷剤
  • ペットボトルを凍らせる

ペットボトルを凍らせた保冷材も手軽にできておすすめです!作り方は簡単です。

水は満タンに入れると凍らせたときに膨張するので、水を半分~7分目くらい入れて冷凍庫で凍らせてください。

凍らせたペットボトルをタオルで巻いて外れないように輪ゴムなどで固定し猫の部屋に置くだけです。猫が上に乗ったり、くっついたりして涼めます。

ペットボトルがむき出しの状態では使わないようにしてください。直接当て続けることによる凍傷の恐れがあります。

溶けたらまた凍らせれば使えるので経済的にもいいですね!

  • 扇風機

開けた窓の前に置くと外の涼しい風がより入ってきます。

また凍ったペットボトルに向けて扇風機の風を当てると、凍ったペットボトルの冷気が部屋の中を循環します。

猫の手やしっぽが羽に巻き込まれないようにカバーを取り付けて使用するようにしてください。

扇風機への興味が強い猫の場合は柵など設けたり、壁掛けのものにするなど怪我をさせないように対策をしてください。

  • 保冷剤

保冷剤をタオルなどに巻いて猫のお気に入りの場所やベットに置いておきます。注意する点は、必ずタオルなどで巻くことです。

保冷剤が直接体に触れると体が冷えすぎてしまったり、爪や牙で保冷剤を破って中身がでてしまう可能性があります。

心配な場合は、ペットボトルを代用してください。

猫の暑さ対策ができる5つのアイデア

猫は人間のように汗をかけないため、体温調節が苦手な生き物です。飼い猫には快適に過ごしてほしいですよね。

ここでは猫の暑さ対策ができるアイデアを解説していきます。
5つのアイデア
  • 自由に歩き回れるように扉を開ける
  • 窓を開ける
  • 遮光カーテンをつける
  • 水分補給
  • ブラッシングをする

自由に歩き回れるように扉を開ける

猫は涼しい場所を探すのが得意なので家の中を自由に行き来できるようにしてあげましょう。

家の中で入っていい場所の扉を開けて、猫が涼しい場所へ行けるようにしましょう。お風呂とトイレは涼しいですが開けるなら注意が必要です。

お風呂には水を張らない、トイレのふたを閉めるなどの対策が必要です。お風呂はふたをしていても外れ落ちる危険があるので必ず水は張らないでください。

押し入れやクローゼットも入れるように開けておいても良いかもしれません。我が家の猫もよく押し入れにいます。

窓を開ける

窓を開け網戸にして風が通るようにします。防犯上の心配があるので、網戸が開かないようにロックできる物を取り付けるなど工夫が必要です。

窓は対角線上にある窓を2か所開けると空気が抜けやすくなります。ただし猫の脱走には注意してください。

網戸を突き破る恐れがあるので、猫の脱走防止用の網戸や柵、ストッパー等を設置するなどの対策をしておきましょう。

遮光カーテンをつける

夏の室内温度が上がる原因の1つは、窓から日差しがはいることです。夏は日差しを通しにくい遮光カーテンを取り付けるのがおすすめです。

遮光カーテンを使うことで、外からの日差しや熱を遮断でき室温の上昇を抑えられます。また室内温度の上昇を防ぐことでエアコンの節約になりますよ!

水分補給

猫は口から体温調節をするので、水を飲むだけでも暑さ対策になります。

夏はご飯が腐りやすくなるので食べ残しは捨てたり、雑菌が繁殖しやすくなるので水はこまめに変える必要があります。

水は1日2回以上は変えるようにし新鮮な水を飲めるようにしてください。

猫が水を飲まない場合などは、水入れの容器を変えたり、給水スポットを増やしてお気に入りの場所を見つけるなど工夫してみてください。

どうしても水を飲まない場合は餌をウェットフードに変えたり、ドライフードに水をいれてふやかしてから与えてみてください。

ブラッシングをする

猫は短毛種、長毛種ともに大量のアンダーコート(下毛)を持っています。ブラッシングでアンダーコートを取り除くことで暑さ対策になります。

抜け毛対策にもなって、抜け毛を飲み込む回数も減り毛玉を吐く回数がおさえられます。

ブラッシング嫌いの猫も多いですが、おやつなどで気を引いて少しずつ慣らしていきましょう。

猫の暑さ対策に役立つグッズを紹介!

猫の暑さ対策に役に立つグッズがたくさん販売されています。しかし、せっかく買ったのに気に入らないと使ってくれないこともありますよね。

ここでは役立つグッズを紹介していくので参考にしてくださいね!

大理石マット、アルミマット

床で過ごすことが多い猫には大理石やアルミのマットを検討してみてください。

大理石マットはアルミ製よりも長時間使用できます。値段はアルミ製のほうが安いので低価格でお探しの方はアルミ製をおすすめします。

大理石、アルミどちらも汚れたらふき取るだけできれいにできるのでお手入れが簡単ですよ!

ひんやりマット

体温調節が苦手な猫にとって冷たい場所で過ごすことは重要なことです。ひんやりマットを使うことで体にたまった熱を下げることができます。

ベットで寝ることが多い猫にはベッドタイプがおすすめです。クッション性や通気性がいいものを選べば猫も快適に過ごせますよ。

自動給水器

夏はこまめに水を変えないと雑菌が繁殖して危険です。長時間留守にするときは変えられませんよね。

猫が飲む水を自動で供給してくれる自動給水器なら水を変えてあげられない場合などに役に立ちますよ。

自動給水器を選ぶポイントをしっかりおさえて選ぶ時の参考にしてください。

  • 猫が飲みやすい高さを選ぶ
  • ひげの当たらない大きさを選ぶ
  • お手入れのしやすさで選ぶ
  • 静音性
  • 猫が飲みやすい高さを選ぶ

猫の大きさに対して低すぎると飲む際にかがまなくてはいけなくなり、猫に負担がかかってしまいます。

高すぎても首をのばさなくてはいけなくなり、負担がかかることで水を飲むことを嫌いになり水を飲まなくなる可能性もあります。

高さがある自動給水器は猫がひっくり返りやすいく安全性も考慮しないといけません。猫が飲みやすい高さのものを選びましょう。

  • ひげの当たらない大きさを選ぶ

猫のひげは平衡感覚や障害物などを感知するセンサーなので、ひげが当たるサイズだと猫が嫌がる傾向があります。

ひげが当たらないサイズのものを選びましょう。

  • お手入れのしやすさで選ぶ

循環型の猫用自動給水器の場合は、フィルター交換や内部の洗浄などが必要です。

毎日の負担が少なくなるように分解しやすい、パーツが洗浄しやすい等の無理なくお手入れできるものを選ぶのがおすすめですよ。

ディスペンサー型はお手入れが簡単なものが多いですよ。

  • 静音性

猫は音に敏感なのでモーター音など嫌がることもあります。

静音性に優れた自動給水器を選びましょう。

猫鍋

猫といえば猫鍋ではないでしょうか。鍋型やつぼ型のものは狭いところが好きな猫が気に入りやすい形です。

私も去年猫耳がついたデザインの猫鍋を買いました。我が家の猫は冬でも気が向いたら入っていますよ。

汚れてもシート等でふけばきれいになるので、お手入れが楽です。ただ少し浅めの構造なので入ってくれない猫もいるかもしれません。

マルカン
¥4,300 (2022/03/18 11:31時点 | Amazon調べ)

まとめ

  • 猫の暑さ対策は100均のすのこやアルミ鍋が使える!!
  • 猫の暑さ対策をしないと猫が熱中症になる可能性が高くなる
  • エアコンなしでもペットボトルや扇風機を使えば暑さ対策ができる
  • 猫の暑さ対策のアイデアは扉を開けたり、窓を開けたり風通しをよくする
  • 猫の暑さ対策に役立つグッズはたくさん販売されている

猫の暑さ対策は100均の商品やアイデア次第で簡単にできるものがたくさんあります。その中で飼い猫に合った対策をしてあげてください。

猫の様子を普段から観察して、快適な環境をつくっていきましょう。

くる

Posted by くる