もち麦10割ダイエットのための炊き方や茹で方は5つ!作り方もご紹介!!

もち麦10割ダイエットには、生では食べられないもち麦を炊く方法が3つ、茹でる方法が2つあります。

炊く時間も茹でる時間もなく、今すぐ食べたい時は「はくばく かけるだけもち麦」がおすすめです。

はくばく
¥740 (2021/08/01 10:42時点 | Amazon調べ)
\\お買い物マラソン実施中//
楽天市場

もち麦10割ダイエットは、食べるまでの作り方が色々あるために、どの方法が自分に作りやすくて、使いやすいのか、分からなくなることってありませんか?

今回の記事では、もち麦10割ダイエットを始めてみたけど、作り方で悩んでいるあなたのために、炊き方や茹で方をご紹介いたします。 

ぜひ、自分にあった作り方を見つけて、もち麦10割ダイエットのお役に立ててくださいね。

もち麦10割ダイエットに最適な炊き方と茹で方

もち麦10割ダイエットでは、生のもち麦を食べられるように「炊く」「茹でる」のどちらかで作ります。

炊 く 茹でる
炊飯器
土鍋 レンジ
圧力鍋  

家族みんなで、もち麦10割ダイエットにチャレンジしていれば、一緒に作れて楽なのですが、なかなかそうもいきませんよね。

でも、自分用のもち麦10割と家族用の白米を、ご飯のたびに準備するのは大変!!

我が家は私しか食べないので、使い勝手のよい作り方を色々と試しました。

試した方法から、もち麦10割ダイエットのための作り方5つと、おすすめポイントも合わせてご紹介しますね。

自分に合った作り方を見つけてしまえば、もち麦10割ダイエットも続けることができますよ!

炊飯器

白米と同じ炊き方ができるので、1番簡単でおすすめの炊き方です。

もち麦の炊き上がりは、ふっくらした炊きあがりになります。

作り方
もち麦:200g
水:400cc
浸水時間:30分〜1時間

①炊飯器にもち麦と水を入れる
②軽く混ぜて、もち麦を水に沈むようにする
③白米と同じように炊く

土鍋

炊飯器よりも弾力があるので、食べ応えのあるもち麦を炊くことができます。

土鍋は火加減にコツが必要ですが、調理した後の片付けが楽なところがおすすめです。

作り方
もち麦:200g
水:400cc
浸水時間:30分〜1時間

①土鍋にもち麦と水を入れる
②軽く混ぜて、もち麦を水に沈むようにする
③強火で茹でる
④蒸気が出てきたら極弱火にして13分炊く
⑤火を止めて15分蒸らす

圧力鍋

時短調理ができ、もち麦の香りが引き立つので、麦の香りが好きな方にはおすすめです。

作り方
もち麦:200g
水:400cc
浸水時間:30分〜1時間

①圧力鍋にもち麦と水を入れる
②軽く混ぜて、もち麦を水に沈むようにする
③高圧にして火を付ける
④ピンが上がったら弱火にして2分加熱
⑤火を止めて、ピンが下がるまで自然放置

もちもち感のある、ゆでもち麦が簡単にできるので、たくさん作り置きができます。

スープやサラダなどのちょい足しにも使えるので、使いやすくておすすめです。

作り方
もち麦:150g
水:1,000cc
浸水時間:不要

①鍋にもち麦と水を入れる
②ラップや蓋をせずに、強火で沸騰させる
③強火のまま1分茹でる
④火を止めて、蓋をしてから15分放置
⑤ザルでお湯を切り、水で洗う

レンジ

少しだけもち麦が欲しい時に作ることができるので、もち麦10割の味を試したい時にはおすすめです。

いきなり10割でたくさん作ってしまうより、少量を食べてから、食べやすいもち麦の割合を決めてみてもいいですね。

作り方
もち麦:大さじ2(45g)
水:400cc
浸水時間:30分〜1時間

①大きめの耐熱ボウルにもち麦と水を入れる
②蓋をせずに600wで6分前後加熱
③軽くまぜる
④200wで7分加熱
⑤余熱で放置

調理道具はクセや作り方の違いがありますので、作り方の調整をして下さいね。

もち麦の10割が効果的なのはダイエット!食べ方を紹介!

もち麦を10割で食べるのが、最もダイエット効果は高いです。

もち麦を10割にした食べ方は、1日に必要なもち麦150gに含まれる栄養を、摂取しやすいからなんですよ。

もち麦の主な効果
・豊富な食物繊維による便秘改善
・血糖値の上昇を抑える
・内蔵脂肪の軽減
・コレステロール値を改善
・美容効果

もち麦10割がダイエットに効果があると言っても「たくさん食べる=痩せる」ではないですよ。

食べすぎるともちろん痩せないので、注意しましょうね。

もち麦10割でダイエットを効果的にするなら、白米と置き換える食べ方にして、よく噛んで食べることです。

もち麦は食感がプチプチと楽しいので、自然と噛むようになってきますよ♪

食べる時間は、朝食と昼食に食べるようにすると、もち麦が持つ食物繊維の一種「大麦β-グルカン」が糖質の吸収を抑えてくれます。

糖質の吸収を抑えてくれるということは、脂肪をつきにくくしてくれるということなんですよ♪

ダイエットは即効性があると、痩せたことを実感できて、モチベーションにもつながってきますが、もち麦のダイエットに焦りは禁物です!

効果を実感するには最低2週間くらい必要なので、焦らないようにしたいですね。

効果的な食べ方
・もち麦は1日に150g(お茶碗に2杯ほど)食べる
・朝食と昼食に食べる
・よく噛んで食べる
・最低2週間は継続する

もち麦の食物繊維について、こちらでご紹介していますので、ご参考にして下さいね♪

もち麦10割の味が苦手と感じるなら割合を変えましょう

もち麦を10割にして食べると、ダイエット効果が高いですが、味が苦手と感じるなら食べ方を変えましょう!

味が苦手と感じる、10割のもち麦を無理して食べても、続けられないと意味がありませんからね。

もち麦10割には、麦特有のニオイやクセがあるので、気になる場合は、料理酒やオリーブオイルやココナッツオイルなどを少量入れて炊くと、食べやすくなりますよ。

茹でる場合にも、同じように入れて作ってみてくださいね。

【もち麦200gの目安】
料理酒:大さじ1
オリーブオイル:小さじ1/2

もち麦10割を料理酒やオリーブオイルで食べやすくしても味が苦手と感じるなら、もち麦の割合を減らして、もっと食べやすくしましょう。

まずは、もち麦を3割にしてから食べてみて、大丈夫そうなら5割10割と増やしていくといいですよ。

もち麦3割 白米の甘味が強く、もち麦のプチプチ感は少ない
もち麦5割 白米の甘味も感じられ、程よいプチプチ感
もち麦10割 もち麦のみのため甘味は少なく、プチプチ感がかなり強い

私がもち麦ごはんにして食べるときは、5割にしています。

10割の味が苦手というわけではないのですが、食べやすくて程よいプチプチ感が気に入っています。

まとめ

  • もち麦10割ダイエットには、炊飯器、土鍋、圧力鍋で炊く作り方がある
  • もち麦10割ダイエットには、鍋、レンジで茹でる作り方がある
  • もち麦10割ダイエットは長期的な継続がおすすめ
  • もち麦10割の味が苦手と感じるなら、無理せずもち麦の割合を変える

もち麦はダイエットに効果的な栄養がたくさんあるので、どんどん取り入れていきたいですね。

pompa

Posted by pompa