一日一食で女性にどんな効果が!?ダイエットや健康的な体作りに最適!!

一日一食にすると、私たち女性にはいったいどんな効果があるのでしょう?

一日一食にすると、栄養のバランスや生理が止まってしまうんじゃないか、などが心配ですよね。

一日一食にすることで、まず余分なカロリーを摂取することがなくなるので、ダイエット効果が高まります。

一定の時間食べないことで、消化器官が休まりデトックス作用が高まるので、美容にも効果があり女性には嬉しいですね。

また体の調子がよくなったり、頭が冴えて集中力が高まったり、私たち女性の体にとってよい効果がたくさんあったんです。

この記事では、一日一食で女性の体に嬉しい効果や一日一食は夜だけ食べる理由一日一食を実践している方のブログを紹介しています。

一日一食についてを知りたいあなたは、ぜひ読んで参考にしてくださいね。

 

 

一日一食で女性に嬉しい効果は5つ!ダイエットに最適!!

一日一食にすることで女性には嬉しい効果がたくさんあるんですよ。

一日一食にすると、女性に嬉しい効果はこちらです。

一日一食で女性に嬉しい効果
  • 余分なカロリーを摂取しないため痩せやすくなり、ダイエットに最適
  • 食後に消化のためのエネルギーを使わなくなる分、体が軽くなり疲れにくくなる
  • 食後に眠くならないので、集中力が高まり仕事の効率がよくなる
  • デトックス作用が高まることで、老廃物が排出されやすくなり肌の調子がよくなり美容効果が高まる
  • 暴飲暴食をしないから、生活習慣病の予防になる

一日一食で女性に嬉しいのは、ダイエット効果がでることですよね。

体に必要な栄養だけを摂取することで痩せすぎることなく、健康的なままで体重が落ちるんです。

そんな私も実を言うと、一日一食派なんです。決してストイックに生活している訳ではないですよ。

私の場合ですが、仕事の時にお昼ご飯を食べたあと、体がダルくなってしまうのをきっかけに、お昼ご飯を食べなくなりました。

すると、やはり体が軽くてスムーズに動け午後の眠気もなく調子がいいのです!!

さらに、暴飲暴食することがないので、生活習慣病の予防にもなり、健康にもなります。

もちろん私のように、一日一食で体の調子がよくなる人もいますが、反対にきちんと三食摂らなけばならない人もいるのです。

ダイエットや体、肌の調子を整えるなど、嬉しい効果もありますが、下記であげる女性は注意が必要です。

 

一日一食には向かない女性

当てはまる人は注意が必要です
  • 成長期のお子さんや思春期の女性
  • 妊娠中の女性
  • 持病を抱えている女性

成長期のお子さんや思春期の女性は体を作る大事な時期なので、ダイエットのために一日一食にするのはNGです。

成長期に欠かせない栄養素が足りなくなると、生理が止まってしまったり、体調が悪くなってしまったりするのです。

女性が一日に摂取するカロリーは、1,400〜2,000キロカロリーが必要です。

成長期の体を作るためにも、きちんと食事を摂ることをおすすめします。

妊娠中の女性も、過度なカロリー制限を避けなければなりません。

お腹の赤ちゃんはもちろん、ご自身のためにも栄養バランスのよい食事を摂ることが大切ですよ。

持病を抱えている女性も自己判断で、一日一食にするのはかえって体に負担がかかってしまう場合があります。

医師の指導のもとで、きちんとした食事を摂ることをおすすめします。

また食べないことがストレスに感じてしまう人も、無理に一日一食だけにする必要はないのです。

体に負担なく、無理をすることなく続けていけることが、健康的なダイエットの秘訣ですよ。

 

 

一日一食を夜にする女性の理由は?効率よく栄養吸収!!

一日一食だけだと、朝、昼、夜いったいどこで食べれば、女性の体にはいいのでしょう?

おすすめの時間はズバリ「夜なんです!!」私たちの体には、サーカディアンリズムという体内時計があります。

「朝になると自然に目覚め、夜になると眠くなり睡眠をとる」まさしくこれが、体内時計の働きなのです。

サーカディアンリズム

引用:にっぽんの病院

体内時計によると、朝は排出の時間で夜は吸収の時間といわれています。

ですので、夜食べる方が体への吸収がよくなり効率的に栄養を摂ることができるのです。

一日一食を実践している大半の人も朝は、野菜ジュースやコーヒーだけですませる人が多いのです。

確かに朝は仕事が休みの日でもない限り、ゆっくり時間をかけて朝ごはんを食べるのは難しいですよね。

女性の朝はバタバタと忙しいから、朝ごはんに時間をかけていられないのです。

昼と夜のどちらに食べるかはライフスタイルだったり、その時の状況だったりで違いがでてきます。

私も休みの日は、友達とランチを食べることもありますが、その日は夜ごはんは食べずに食事を調節しています。

しかし昼は食べたあと、眠くなり仕事の効率が下がる心配があります。

そこを踏まえると、夜の方が時間を気にせず食べられ、一日一食なので好きなものをゆっくり食べたい女性が多いのです。

 

 

一日一食の女性ブログをご紹介!これから始める人必見!

一日一食を実際に取り入れて、その体験や効果などをブログにあげている女性たちがいるのです。

みなさん、始めたきっかけや体重変化、一日一食の食生活で気をつけていること、健康状態など女性目線の体験談がブログに書かれています。

これから一日一食の生活を取り入れてみたいあなたは、とても参考になるのでぜひブログを読んでみてくださいね。

 

一日一食を実践している女性のブログ3選

エムログ mさん
mさんは、ある本を読んだことがきっかけでした。

本を読んで、食費がかからない、時間が節約できる、健康になる。これは願ったり、叶ったりと興味を持ったのが始まりだったそうです。

一日一食の生活を始めてから5年ほど経っていますが現在も実践中です。

実際に、一日一食を楽しみながら続けている、mさんならではの視点で書かれているので参考になります。

Lush Life 翡翠(ひすい)さん
彼女はダイエット目的で、一日一食の生活をはじめたそうです。

はじめて一日一食をやる人のために、まずおすすめの方法を紹介しているのです。

一日一食について翡翠さんの体験をもとに、やり方や効果が細かく説明されてあり、読みごたえ充分な内容です。

これから始めてみたいあなたにとって参考になりますよ。

そして、一日一食のブログを書いている女性で、私が特に気になったのは、「ムラキテルミさんのブログ」です。

世にも美しいガンの治し方 ムラキテルミさん
2009年にガンで余命宣告を受けてから、お医者さんが書いた本を読み、その先生のもとで一日一食生活を始めたそうです。

すると、13カ月で「ガンが完治!!」というムラキさんの貴重な体験談が書かれているのです。

ムラキテルミさんも現在でも、一日一食を続けています。

一日一食の生活になったきっかけはさまざまですが、この食生活が心地よく、すっかり定着しているそうです。

一日一食の食生活を始めてから数年経っていても、ブログを書いているほとんどの方たちが、現在でも続けている人が多くいるのです。

 

一日一食を始めるきっかけとなった書籍

ブログを読んでいると本をきっかけに、一日一食を始めたという方が多くいらしたのでみなさんが読んでいる本を紹介しますね。

食べない健康法 石原結實(いしはらゆうみ)

ムラキテルミさんをはじめ、多くの方がブログ内で紹介されている石原先生の書籍です。

無敵の「1日1食」 三枝成彰(さえぐさしげあき)


こちらも紹介されている方が多かった本です。作曲家としてご活躍されている、三枝成彰さんの書籍です。

 

 

まとめ

  • 一日一食にすると余分なカロリーを摂取しないから、ダイエットの効果が高まる
  • 食後に消化のためのエネルギーを使わなくなるので、体が軽くなり疲れにくい
  • 食後に眠くならず、集中力が高まり仕事の効率があがる
  • 一日一食の女性に嬉しい効果は、デトックス作用で老廃物が排出されやすくなり肌の調子がよくなる
  • 成長期のお子さんや思春期の女性は、体を作る大事な時期なので一日一食には向かない
  • 妊娠中の女性も過度なカロリー制限をするのは避ける
  • 持病を抱えた女性も自己判断で一日一食にせず、医師の指導のもとバランスの摂れた食事をする
  • 一日一食で食事をするなら体内時計をもとに、効率よく栄養を吸収できる夜がおすすめ
  • 一日一食の女性のブログは、体験談やその効果が書いてあり、これから始めてみたい人には参考になる

「一日一食と聞くとストイックで大変なのかな。」と思われがちですが、実践している人が多くいたんですね。

私自身も記事を書いていて自分が実は、一日一食だったことに気がついたくらいです。

この記事を読んで、一日一食を始めてみようと思う方もいらっしゃると思います。

ですが決して、ご自分の体や体調をみながら無理をすることのないようにやってみてくださいね。

一日一食があなたにとって健康的で楽しいダイエットになりますように。

ASM

Posted by ASM