蒸しタオルの作り方!この方法で蒸しタオルを作ればなんと効果倍増

蒸しタオルって気持ちいいですよね♪疲れたときや美容にもいいので多くの方が蒸しタオルを作ったことがあるのではないでしょうか?

蒸しタオルの作り方と言うと、「タオルを濡らして軽く絞り電子レンジで温めて完成。」と思っていませんか?

実はとってももったいないんです。ご家庭にあるビニール袋を使用すれば、お使いの蒸しタオルの効果を倍増させることもできるんです。

この記事には、そんな蒸しタオルの使い方がたくさん紹介されています。

お手軽で様々な効果がある蒸しタオルの力を引き出す方法をご紹介します。

スキンケアやリラックス効果を感じたい方は、蒸しタオルの作り方を試してみてはいかがでしょうか。

 

 

蒸しタオルの作り方!基本の作り方

基本的な蒸しタオルの作り方の紹介です♪

  1. タオルを水で濡らす
  2. タオルを絞る
  3. 電子レンジで温める

このほかにも蒸しタオルの作り方はあります♪

  1. タオルをお湯に浸す
  2. タオルを絞る

電子レンジに入ったタオルは熱いのでやけどに注意してください。

温かさが足りないようでしたら10秒ごと温め好みの熱さにします。

このどちらかの方法で作る方が多いのではないでしょうか。

もちろん間違いではありませんが、もっと長持ちする作り方があるのです。

蒸しタオルは多くの効果が期待できます。せっかく蒸しタオルを作るなら、ずっと温かいものを使いたいですよね。

今回は長持ちして効果倍増の蒸しタオルの作り方をお教えします。ぜひ実践してみてくださいね。

 

 

蒸しタオルの作り方♪電子レンジで効果倍増

電子レンジで蒸しタオルの作り方
  1. タオル全体を水で濡らす
  2. タオルを絞る(振っても水が出ない程度)
  3. タオルをビニール袋で包む。このとき袋は閉めないでください
  4. 電子レンジに入れ、600Wで1分温める
  5. 電子レンジから取出し、広げて好みの熱さになるまで両手で冷ます
  6. 作った蒸しタオルを袋に戻し、使用する。

最後の6番がとても重要です。これを行うことでタオルが冷めにくくなり、温かさがずっと残ります。

試してみたところ、通常の方法で作った蒸しタオルはおよそ2分で冷めるのに対し、ビニール袋に戻した蒸しタオルはおよそ10分温かさを保ちました。

なんと5倍です。さらにビニール袋に入れて使用することで服が濡れずいつでも使用することができます。

ビニール袋に包むと温かさが5倍続くなんて驚きですね。

温かさを保ってくれるので、仕事や家事で疲れた時にゆっくり使うことができます。

さらに温かさを保つ方法があります。こちらもとても簡単です。

タオルの厚さを選ぶことで、温かさを保つ時間に差が出ます。

薄地のタオルよりフェイスタオルのような厚地のタオルのほうが熱が残りやすいです。

使用時間に合わせてタオルの厚さも選ぶといいですね♪

蒸しタオルがうまく顔に乗せられないという方には、蒸しタオル専用のタオルもあります。

なんとフェイスパック型の蒸しタオルというものもあるんです。

顔にすっぽり被せることができ、鼻用のスキマが開いているので顔に被せる手間が省け、簡単に使えそうですね♪

【今治タオルのフェイスマスク 蒸美人(じょうびじん)】

今治タオルのフェイスマスク 蒸美人(じょうびじん) ホワイト

厚手で冷めにくく、ふんわり感が気持ちよいと好評なので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

 

 

蒸しタオルの作り方♪お湯で効果倍増

私の家ではもう一つ別の作り方でも作っています。

そうです、お湯で作っています。お湯で蒸しタオルを作るご家庭も多いのではないでしょうか。

お湯で蒸しタオルを作る正しい作り方も見ていきましょう。

お湯で蒸しタオルの作り方
  1. タオルを45度~50度のお湯に1分つける
  2. タオルをかるく絞る
  3. 作った蒸しタオルをビニール袋に戻し使用する

タオルをお湯から出すときはやけどに注意してください。

この方法も試してみたところ、通常の方法で作った蒸しタオルはおよそ1.5分で冷めました。

それに対し、ビニール袋に戻した蒸しタオルは、およそ8分優しい温かさが持ちました。こちらも5倍です。

どちらの作り方で作ってもビニールに入れるだけで温かさが5倍続くなんてすごいですね。

 

蒸しタオルの作り方は電子レンジでとお湯どちらがいいの?

電子レンジでも、お湯でも作れる蒸しタオル。

どちらの方法で作ればいいのか悩んだことはありませんか。

実際に試してみました!電子レンジで作った蒸しタオルは温かさがやや強く感じ、お湯で作った蒸しタオルはほんのり優しい温かさでした。

じんわり癒されたい場合はお湯で、疲労回復などのすぐ効果が欲しい場合は電子レンジがいいと思います。

使用用途に合わせて作り方もお選びください♪

 

 

蒸しタオルの作り方♪スキンケアにも

スキンケアにも蒸しタオルは効果的です♪

自宅にあるもので簡単に美容効果があるのでぜひ試してみてください。

サロンやマッサージ店で蒸しタオルを顔にあててくれると気持ちいいですよね。

それでは美容効果のある蒸しタオルの作り方と使い方を見ていきましょう。

蒸しタオルは基本の作り方と同じです。

  1. タオル全体に水で濡らす
  2. タオルを絞る(振っても水が出ない程度)
  3. タオルをビニール袋で包む(このとき袋は閉めないでください)
  4. 電子レンジに入れ、600Wで1分温める
  5. 電子レンジから取出し、広げて好みの熱さになるまで両手で冷ます

これで蒸しタオルの準備はバッチリです。いよいよ使い方を見てみましょう。

 

この蒸しタオルの作り方で美容効果アップの使い方

  1. クレンジングを落とし洗顔した後に蒸しタオルをする
  2. 顔を囲むようにタオルを優しくのせます。呼吸できるように鼻周りは避けましょう。数分あて、タオルが冷たくなったら終わりです
  3. タオルを取ったらすぐに化粧水やスキンケアをします

ビニール袋に入れたまま使用する場合は、薄地の布を顔に乗せ、その上にビニール袋入り蒸しタオルを置いてください。

気持ちのいい蒸しタオルですが、注意点もあります。

必ずクレンジングや洗顔をした後に蒸しタオルを使ってください。

化粧をしたまま蒸しタオルをしてしまうと毛穴が広がり、逆に化粧が毛穴に入ってしまいます。

蒸しタオルを使った後は乾燥しやすいのでスキンケアをすぐに行ってください。

これは蒸しタオルをすることで乾燥が早まるからです。

美容に使う場合は週に2.3回の使用にしてください。

毎日使ってしまうと、肌に必要な皮脂まで取ってしまい逆効果になってしまうからです。

以上を守って使えばメリットたくさんです♪

 

蒸しタオルの作り方 なぜ美容にいいのか

なぜ蒸しタオルをすると美容によくなるのでしょうか。

サロンでも蒸しタオルをする理由はなぜかというと、蒸しタオルをすることで毛穴が広がり角栓の汚れが落ちやすくなるからなんです。

さらに広がった毛穴から化粧水などの美容液が浸透しやすくなります。

顔が温まることで血流がよくなり、毛穴が広がり浸透しやすくなり汚れが落ちやすくなります。

毛穴が広がった状態で化粧水をし、しっかりと保湿をすればモチモチ肌に近づきます。

お肌にも優しくお手軽にスキンケアできるなんて女性にはうれしい効果ですよね♪

お気軽にできる蒸しタオルは美容にとても効果的なのでぜひ使ってみてください。

 

 

蒸しタオルの作り方♪疲労回復にも

疲れた時に蒸しタオルを使うと疲れが取れますよね。

どんな作り方をすればより効果的になるのでしょうか。

 

目の疲れに効く蒸しタオルの作り方

  1. 通常の作り方で蒸しタオルを作ります
  2. 顔の上に薄地の布を乗せ、その上にビニール袋入り蒸しタオルを乗せます

血行がよくなり目の疲れが軽減されます。

目は他の部分よりも皮膚が薄いので、タオルでこすったり強く押さないよう注意してください。

ところで、みなさん肩こりはありますか。

現代人の肩こりは肩が疲れていると思われがちですが、実は目の疲れからきているのだと整体師さんが教えてくださいました。

目が疲れているだけで様々な体の部分に障害が出てしまいます。

スマホやパソコンを使う現代人は目を酷使(こくし)しているので、ぜひ蒸しタオルを使い疲れを解消してほしいです。

 

整体師さんからに聞いた蒸しタオルの作り方

これは私が整体師さんから聞いた蒸しタオルの作り方です。

私は仕事柄パソコンをしている時間が長いのですが、肩こりが感じないほど酷かったのです。

そこで整体に行ったところ、おすすめの蒸しタオルの作り方を聞いたので皆さんにもお教えします。

  1. 通常の作り方で作ったビニール袋入り蒸しタオルを2本用意してお風呂に行く
  2. 1つは目元に、もう1つは首元にあてる

頭をお風呂の縁(ふち)につけ寝そべるようにし、蒸しタオルを枕のようにするといいでしょう。

お風呂の温かさで蒸しタオルは冷めることなく、ポカポカが長続きします。

実際に私が試したとき、ほとんどタオルは冷めなかったんです。

しかし、お風呂のお湯で再度蒸しタオルを作り、ビニールに入れるとタオルの温度が少し上がり、お風呂を出るまでずっと温かいままでした。

首を温めると血流がよくなり頭や身体に温まった血液を送ることができます。

理にかなった蒸しタオルの使用方法ですね。

終わったあとは血流が良くなるのがわかるのでオススメです。

美容のためにこの方法を使う場合は、先にクレンジングと洗顔をしてください。

 

 

蒸しタオルの作り方♪リラックス効果も

蒸しタオルはリラックス効果も期待できると知っていましたか?

アロマオイルを使えば簡単にリラックス用蒸しタオルができますよ♪

  1. お好きなアロマオイルを数適たらしたお湯を用意
  2. タオルをアロマオイル入りのお湯に2~3分浸す
  3. タオルを絞る
  4. 温かさが欲しい場合は必要に応じて電子レンジを使う

通常の作り方でもリラックスできる蒸しタオルですが、アロマオイルもリラックス効果を高めることで有名ですよね。

蒸しタオルにリラクゼーション効果を上げるアロマの香りもついたら鬼に金棒ですね♪そのままぐっすり寝てしまいそうです。

私はハーブが好きなのでオススメのアロマオイルを紹介します。参考にしていただければ幸いです。

 

ローズマリーオイル

【別名若返りのハーブ】

頭をスッキリさせる効果もあるので、疲れているときや集中したいときに使用するといいアロマオイルです。

私はローズマリーが好きなので、庭で育てています。

摘んできたローズマリーをお湯に入れてもとてもいい香りがつきます。

 

ラベンダーオイル

【人気のラベンダーオイル】

リラックス効果、安眠効果があるのは有名ですよね。リラックスを目的に蒸しタオルを使われるならおすすめです。

ほかにも、ベルガモットもリフレッシュな気分にさせてくれます。

冷え性に効果のあるカモミールなど様々なアロマオイルがあります。

お好みのアロマオイルでオリジナルの蒸しタオルを作るのもいいですね♪

 

 

まとめ

  • 蒸しタオルは袋に包み電子レンジで温めたあと再度ビニール袋に戻すことで5倍温かさが長続き
  • お湯につけて作る蒸しタオルもビニール袋に入れることで5倍温かさが続く
  • 美容に使う場合はクレンジングと洗顔後に使う
  • 疲れをとるならお風呂で蒸しタオルを目元と首元にあてる
  • アロマオイルをつけることでリラックス効果

簡単だけどよく調べてみると蒸しタオルは奥が深いです。

効果が絶大な上にいつでもどこでも作れる蒸しタオル。

効果倍増の作り方を知っていれば様々な効果が期待できますね♪

ちなみに私はビニール袋に入れた蒸しタオルをバンダナに包んで首に巻いています。

数十分温かい上に冷めたら何度も温めることができるので経済的です。

あなたも、あなただけのお気に入り蒸しタオルを作ってみてください♪

ema

Posted by ema