女性の一人暮らしが1階ならばシャッターは防犯の最強アイテムになる

部屋を探すとき、女性の一人暮らしは常に危険と隣り合わせであるという意識を持たないといけません。

もし、入居が1階の部屋ならベランダからの侵入を防ぐために、シャッターの付いた部屋を必ず選んでください。

特に1階は通りにも近いため、物音や人の目などに不安になることがありますよね?

母親の私にしてみれば、娘の一人暮らしには鉄の扉を付けてほしいくらい不安です。

今は防犯グッズも簡単に購入できるので、シャッターを閉める以外にも防犯対策ができます。女性には心強い味方になりますね。

女性が1階に住む場合に用意してほしい防犯グッズや、避けた方が良い行動などをこの記事で紹介しています。

シャッターを閉めることはもちろん、一人暮らし用の防犯対策をして安心な住まいを手に入れましょう!

女性の一人暮らしは1階ならシャッターを閉め危険回避

女性が一人暮らしをするときに、一番大切なことは安全な住まいであることです。

賃貸物件は、1階が比較的格安で家賃設定がされているため候補の一つに上げたくなりますよね。

1階は外部からの侵入もしやすいため、危険を回避する方法を使って安心して生活できるようにしたいですね。

ベランダからの危険を防ぐにはシャッターがとても有効で、絶対に侵入できない最強アイテムなんです。

ただ、特に1階は他の危険も多いため、あらゆる防犯対策を取ってほしいのです。

シャッターは防犯対策の第一歩!

空き巣被害で一番多いのは、ガラスを割って入れるベランダからの侵入です。

ベランダは体を隠すこともできるため、日中でも被害にあうことがあります。

シャッターを閉めることにより、ベランダから侵入することはできなくなります。

賃貸はシャッターが常設されているわけではありません。物件の中にはついていない部屋も多くあるのです。

安心して生活するにはシャッターの有無を確認して、ついている物件を契約してください。

ただ、24時間シャッターを閉めっぱなしというわけにはいきませんよね。

今はいろいろなアイテムがネットで購入でき、女性でも簡単に取り付けることができます。

シャッターは必須アイテムですが、それと併用して他の防犯グッズも使用してほしいです。

女性の一人暮らしは危険が多い

一人暮らしを考える時、女性の方は誰しもが一人って怖いなと感じるのではないでしょうか。

1階でなくても女性の一人暮らしには危険がともなうことが多いですよね。

賃貸物件などは1階の家賃が多少安かったり、立地から1階の物件しかなかったりと1階に住まなくてはならない場合もあります。

では、どんな危険が待ち受けているのでしょうか?過去に起こった事件などを調べてみました。

女性の一人暮らしの被害
ベランダからガラスを割って侵入し空き巣に入られた

1階のベランダに干しておいた洗濯物が下着泥棒に取られた

オートロックなのに他の住人が入る際侵入し、部屋の前に知らない人がいた

宅配業者だと思ってドアを開けたら泥棒だった

入居の際の電気工事の時に盗聴器を付けられた

これは、1階に限らず2階以上でも同じ被害がありました。ベランダから上の階へ昇ることは容易にできるんです。

シャッターを閉めることによって、ベランダからの侵入は防ぐことができますが他の危険も沢山ありますね。

危険な被害以外にも女性には苦手な虫も、1階は入ってきやすいんです。蚊やハエなどはもちろんですがゴキブリの発生も1階は多いんですよ。

防犯対策だけでなく防虫対策にも気を付けなければならないんですね。なかなか大変です。

1階でならではのメリット

1階は危険なデメリットだけではなく、女性には嬉しいメリットも勿論あります。

1階に住むメリット
買い物などの重い荷物をすぐに運べる

下の階を気にすることがなく生活できる(生活音)

何かあったらすぐに外へ飛び出せる

生活音を気にすることなく部屋を移動できるのは魅力ですよね。

メリット面だけを考えると1階は快適で住みやすい空間ではあります。

ただ、何も対策を取らなければメリットに比べて、デメリットの要素の方が大きいように私には思えてしまいます。

危険をできる限り回避して、安心して住める空間にしたいですよね。

女性の一人暮らしに1階を選ぶなら防犯対策を徹底する

何度も言うようですが、女性の一人暮らしは被害にあう確率がとても高いです。

自分の住まいは、できるだけ防犯対策をして安心して暮らせるようにしてほしいのです。

「備えあれば憂いなし」というように防犯にやりすぎということはありません。

ここでは対策の例やグッズなどを紹介します。少しでも参考になれば嬉しいです。

ベランダや窓の防犯

ベランダは通りに面していても身を隠せるため、周りから気づかれにくく簡単に侵入できる場所です。

1階はすぐにベランダ内へ入ってしまえるので、被害件数は一番多いのです。

シャッターを閉めずに外出するときは、二重ロックをかけて開けられないようにしましょう。

夜、帰宅したらシャッターを閉めて侵入をシャットアウトしてください!

玄関の防犯

日中は留守宅が多く、特に1階は玄関からも侵入されることがあります。

ピッキングによって玄関キーは簡単に開けられてしまうので、鍵穴のない二つ目のカギを取り付けましょう。

この鍵は、100%複製されたり開けられたりする心配がないため一人暮らしの女性には心強い防犯グッズです。

宅配の防犯

最近は、Amazonやネットショッピングなどによる宅配が増加していますよね。

私も、最近では欲しいものはネットで購入することが多くなりました。

しかし、宅配業者を装った強盗もいるため自宅への配送は避けてください。

女性の一人暮らしは、玄関での受け渡しをしないというのも防犯対策の一つなんです。

また、玄関前に置く宅配ボックスは注文した覚えのない荷物が配送されるという事件もあります。

できるだけコンビニ受け取りや、宅配便ロッカーなどを利用するように心がけてください。

自宅への配送がやむを得ない場合は、立ち会ってくれる方がいる時が良さそうです。

覗きからの防犯

女性の一人暮らしで頭を悩ませるのが、洗濯物を外に干しづらいことですよね。

男性用の服を一緒に干すなど工夫している方も多いと思いますが、1階は手の届く場所に干し場があるので不安です。

ベランダにも風を通せる格子状のシャッターがあれば最強なんですけどね(笑)

ここは女性の一人暮らしかな?とわかってしまうと、洗濯物の被害だけでなく外から覗かれたりもします。

カーテンは常に閉めて室内がわからないようにすることも、防犯対策の一つです。

女性の一人暮らしは1階は避ける方が無難である

女性が一人暮らしをするのは、階層に関係なく怖いものですよね。

上の階もベランダつたいに登ることが可能で、1階でなくても被害にあうことがあります。

ただ、圧倒的に1階で被害にあうことが多いことから、女性の一人暮らしは避ける方がいいですね。

安心して生活できる部屋にするためには、万全な防犯対策が本当に重要なんですね。

被害状況から見る対策

部屋での被害は、まず外部からの侵入から始まりますがそこをシャットアウトすれば危険を避けることができます。

統計データは玄関からが多いですが、鍵の閉め忘れなどの原因が多いことがわかります。

また、きちんと戸締りしていても窓のガラスを割るなどの侵入も同じくらいに多いですね。

引用:ALSOK

被害を回避する防犯対策
帰宅したらシャッターを閉める

外出時は二重ロックをかける

玄関ドアにももう一つのカギをつける

洗濯物はできるだけ室内に干す

カーテンを閉めて室内を見えないようにする

宅配はできるだけ自宅への配送を避ける

女性の一人暮らしにはやはり1階は他の階層よりもリスクが多いため、あまりおススメできません。

まとめ

  • 女性の一人暮らしには1階はリスクが大きい
  • 防犯対策の第一歩はシャッター付きの物件を見つける事
  • 防犯グッズを多用して、できるだけ危険を回避する

女性にとって、些細な物音でも一人暮らしには恐怖に感じてしまいます。

特に1階は通りにも近く、外からの視線も気になるので女性は上の階層を選ぶべきだと思いました。

ただ、1階でなければ被害に遭わないということではないので防犯対策は絶対に必要ですね。

シャッターは台風などの災害の時にも使用できますし、一人暮らしには最強の防犯アイテムにもなります。

これからお部屋を探すときは、まずシャッターがついているか確認してほしいです。

momiji

Posted by momiji