一人暮らしで家を買う独身女性が急増!マンション購入が人気

一人暮らしで家を買う女性が増えています!

理由は、就職してから賃貸で家を借りていたけどもったいない。

せっかくなら家を手に入れて、資産にしたい女性が増えているからです。

手に入らない賃貸にお金をかけるより、資産になる家を買うほうがお得な気がしますよね。

でも、家を買ったら引っ越しできない、結婚したら家をどうするかなど気になりますよね。

そんなときは購入した家を賃貸に出すという方法もあります♪

この記事がおすすめな方
  • 一人暮らしで家を買うか迷っている人
  • マンションか戸建てどちらを購入するか迷っている人
  • 家を買った後、引っ越しすることになった人

一人暮らしで家を買うか迷っている人はこのような本もあるのでおすすめします。

独身こそ自宅マンションを買いなさい

\\お得なお買い物マラソン実施中//
楽天市場

一人暮らしで家を買うメリットは4つ!賃貸との比較も

家を買うというとファミリー層が買うイメージが多いですが、家を買う独身も多くなっています。

どうして一人暮らしで家を買うのか、気になる理由は以下の通りです。

1位「家賃を払うのがもったいないから。」

2位「老後のために買おうと思った。」

3位「やっぱりマイホームを持ちたいから。」

4位「どうせなら資産が欲しかったから。」

以上のことから、将来を見据えて家を買っていることがわかりますね。

実際家を買って将来の安心ができた、買ってよかった、ゆとりができた、などメリットの声が多いようです。

ですが家を買うのは一人暮らしでなくても大きな買い物。

本当に家を買ってもいいか迷いますよね。

にゃん太
にゃん太
僕に任せて!
マンションの例で考えてみようね

一人暮らしの女性におすすめの1LDKのマンションで考えてみます。

賃貸のメリットデメリット

それではいくつかメリット、デメリットを挙げていきます。

賃貸のメリット

  • セキュリティがしっかりしている
  • 引っ越しが簡単にできる
  • 維持費が少なくて済む
  • ローンがない

賃貸のデメリット

  • 年齢が上がると審査を通るのが難しくなる
  • ずっと家賃を支払わなくてはならない
  • 資産がない

購入のメリットデメリット

購入の場合では、メリットデメリットはどうなるのでしょうか。

購入のメリット

  • 資産になる
  • 安心感や社会的信頼を得ることができる
  • リノベーションやリフォームができる
  • ずっと家賃を支払わなくてもいい

購入のデメリット

  • ローンを組まなくてはならない
  • 引っ越しが難しい
  • 計画的な返済計画を立てる必要がある
  • 固定資産税がかかる
  • 資産が下がる可能性がある
  • 初期費用が高く維持費がかかる
にゃん太
にゃん太
それぞれいいところも悪いところもあるんだな~

一人暮らしで家を買う独身女性が増えている

家を買う一人暮らしの独身女性が増えています。

一人暮らしの家賃がもったいないという理由で購入することが多いですが、女性の生涯未婚率の増加も原因の一つでしょう。

独身女性の生涯未婚率は2015年で14.1%とされています。

生涯未婚率とは

50歳時での未婚率

引用:平成29年版少子化社会対策白書

実際に独身女性が家を買う割合は増えていて、2014年は3.7%ですが2016年では9.9%と急増しています。

家を買うのはとても大変ですが、将来を見据えている一人暮らしの人が多いということですね。

一人暮らしで家を買うならマンションがおすすめ

先ほどお話ししたように、女性の一人暮らしで家を買うなら1LDKのマンションがおすすめです。

おすすめの理由をご紹介しますので、安全面や利便性、将来性を考えてマンション選びをしてみてください♪

セキュリティがしっかりしている

女性の一人暮らしは心配がつきものですので、防犯のしっかりした家を買うのがおすすめです。

マンションはオートロックやセキュリティがしっかりしている場合が多いので、女性の一人暮らしには心強いでしょう。

私は一人暮らしのときに2階建てアパートに住んでいましたが、勧誘や知らない人が来た時に怖かった思い出があります。

オートロックのマンションは気軽に対面できないので、変な人に会う確率が低くなります。

スーパーや学校、駅が近い

家の近くにスーパーや駅が近いといいですよね。

戸建ての家よりも、マンションのほうが利便性が高い可能性が高いです。

好立地だとマンションの価格が高くなることがありますが、将来売却や賃貸に出すことを考えて物件選びをしてみてください。

資産価値がある

上記にもあるように、将来ライフスタイルが変わってマンションを売る場合にスーパーや駅が近いと、資産価値が上がります。

便利な物件は誰でも住みたいものです。

いくらキレイでも僻地(へきち)で、近くに買い物できるスーパーがないと不便ですよね。

最近、私が買い物に行っていた近くのスーパーが改装中になってしまいました。

スーパーが1つないだけで不便です。売却する場合も考えて立地選びをしてみてください。

それでは気になる間取りを見てみましょう!

家を買うのにおすすめの1LDKとは

リビング、ダイニング、キッチンにもう1部屋ある間取りのことを言います。

もう1部屋とは、この画像で言うと洋室のことです。

落ち着けるプライベートスペースもできますし、友人が遊びに来た時にゆったりできる部屋になります。

この1部屋があることでおしゃれなインテリアができて居心地のいい生活を送ることができます♪

にゃん太
にゃん太
せっかく家を買うなら、くつろげる部屋が欲しいよ

一人暮らしで家を買うなら購入後のことも考えよう

家を買ってもライフスタイルが変わるかもしれない。

結婚して引っ越しすることになったら、購入した家はどうすればいいんだろう。

そう考えて、一人暮らしで家を買うのをためらう人も多いと思います。

使わなくなったら売却するのもいいですが、こんな活用方法もあります♪

一人暮らしのときに家を購入した独身女性が結婚後、家をどうしたのか見てみましょう!

ケース1そのまま住む

一人暮らしで住んでいた家にそのまま住んでしまう場合です。

旦那さんだけの荷物を持って来るだけなので、負担が軽いですね♪

また家を買うという大変な行動をしないので、節約にもなります。

結婚後は新しい環境になり慣れるまでが大変ですが、すでに住んでいれば負担が少なくスタートできますね♪

ケース2別宅や親の家として利用

家を別に購入し、一人暮らしのときに買った家はもう一つの家として使う場合です。

ちょっとした別荘の気分にもなれますね♪

また親御さんに住んでもらう場合もあります。

マンションだとセキュリティもしっかりしているので、ご両親も安心ですね♪

ケース3家を賃貸にして貸す

家を別に買い、一人暮らしのときに買った家を賃貸に出す場合です。

購入したマンションが駅やスーパー、学校に近いと価値が出て借りてくれるケースもあります。

このメリットは、資産を持ちながら家賃収入が入ってくることです♪

賃貸で貸していても、もう一度住みたい、老後に住みたいと思えば貸すのを辞めればいいのです。

せっかく家を買うので、使い方はあなた次第です。

ただし賃貸にする場合は、住宅ローンをすべて支払い終わってからにしてください。

賃貸にする場合、住宅ローンから賃貸向け住宅ローンに変えなければいけません。

この賃貸向け住宅ローンは金利が高くなるため支払う費用が多くなります。

にゃん太
にゃん太
せっかく家賃もらえるのに、支払いが多くなったらもったいないね。

まとめ

  • 一人暮らしの独身女性が家を買うケースは多くなっている
  • セキュリティのしっかりしたマンションがおすすめ
  • 住まなくなっても使い道はたくさんある

難しいと思われる住宅購入ですが、一人暮らしで家を買うハードルは低くなっています。

今家賃を払っていてもったいないなと感じる方、将来の安心が欲しい方は一人暮らしで家を買うことを考えるのもおすすめです。

あなたが運命のお部屋と出会うことを祈っています♪

ema

Posted by ema