一人暮らしの洗濯機は何キロが最適?おすすめ容量が6キロの理由を解説

洗濯機の購入を考える時、一人暮らしには何キロの容量が最適なのでしょうか?

一人暮らしでも、寝具などの大きな洗濯物を洗うとなると6キロの容量は必要!例えばこんな洗濯機が人気です。

毎日の洗濯もそんなに多くなければ、4.2キロの洗濯機で充分かな?と思ってしまいますよね?

最近は乾燥機付きなどの機能も多彩な洗濯機が多くて、本当に迷います。

店頭でいろんな機能を説明されると、「どれも欲しいな」と思って決められなくなりますよね。

しかし、勧められるまま購入してしまうと後から不便を感じてしまいます。

何キロの洗濯機にするのかは、自分のライフスタイルを考えて決めた方が良いのです。

この記事では洗濯機の容量や機能などを比較した内容を紹介しています。

一人暮らしには何キロの洗濯機が良いのか参考になれば嬉しいです。

一人暮らしの洗濯機は何キロ?容量の違いを比較!

一人暮らしでも6キロの容量があると、洗濯物に追われるということはなくなります。

洗濯機は何キロの容量で、どのくらいの量が洗えるのか知っていますか?

一般的に、一人1.5キロの洗濯物が毎日出る量の平均です。

毎日こまめに洗濯をし、毛布やシーツなどの大きいものはコインランドリーで良いという方は4.2キロの洗濯機で充分です。

数日まとめて洗う方や、シーツなども自宅で洗いたいという方には一人暮らしであっても4.2キロでは容量が足りません。

どのくらいの洗濯物を目安に何キロの洗濯機を購入したら良いのか見てみましょう。

洗濯物は容量の70%で考えよう!

洗濯機を選びに行くと店頭には4.2キロから10キロの容量のものが多く並んでいます。

にゃん太君
にゃん太君
キロで書いてあるけど何が何枚くらい洗えるのかがわからないんだよね

ですよね。何キロって、タオルや服が何枚洗えるのかがわかりませんよね。

【一日の洗濯量(一人分)】

1.5キロ (服上下・パジャマ・タオル2枚・靴下・下着) + 1.0キロ(余裕をもつ)

洗濯中は水分が加わった重みも出ますが、一日分の洗濯量だけなら4.2キロの洗濯機で大丈夫です。

でも、予定や仕事で帰宅が遅くなったりすると洗濯をすることができない日も出てきます。

2日分溜まってしまうと、何度も洗濯機を回すことになってしまいます。

一人暮らしなら、時間の余裕がある時にシーツやカバーも洗濯することができるので6キロの容量がおすすめです

毎日こまめに洗濯できる時は水量を調節すればいいのですから、大は小を兼ねるということですね。

洗濯機を購入する前に置く場所を決めよう!

洗濯機は水道や排水口の設置されている場所でなければ置くことはできません。

賃貸の場合、すでに置く場所が指定されているので自由にサイズを選ぶことができません。

まずは、設置場所の横幅と奥行きを測る必要があります。防水パンが置いてない場合は、きちんと測らなければなりません。

平均的なサイズ
【4.2キロ縦型】【6.0キロ縦型】

共に、横幅580×奥行き580 が一番大きいサイズ

【防水パン】

最小 横幅640×奥行き640

防水パンが設置されていれば大概の洗濯機は置けることがわかりました。

また、高さは970くらいが平均ですが水道の蛇口が床下からどの高さにあるのかも確認しておきましょう。

まとめて洗濯してはいけないものもある!

毎日の洗濯物も白いものと色落ちするものは分けて洗濯することをお勧めします。

他にも一緒に洗濯をするのは避けた方が良いものがあります。

一緒の洗濯はNG
汚れのひどいもの(汚れや雑菌が移ることがある)

シミのついたもの(シミの成分が他のものに移ることがある)

トイレマット(雑菌があるため)

バスマット(雑菌があるため)

汚れ・シミは専用の洗剤を使用するか、つけおき洗いをしましょう。

トイレマットやバスマットは雑菌が繁殖しているため、殺菌効果のある洗剤で他の洗濯物とは分けて洗いましょう。

マット類や寝具類はやはり余裕のある日に、まとめて洗うのが良さそうですね。

一人暮らしの洗濯機は縦型かドラム式?特徴で選ぼう

数年前からドラム式洗濯機が人気となり、各メーカーも毎年最新モデルを出しています。

私は昔からある縦型を使用していますが、外観もオシャレなドラム式洗濯機を一度は使ってみたいなと思っています。

ドラム式は何キロから販売しているのかな?と思い調べてみましたが、最少容量は3キロからでした。

店頭には需要の多い6キロからの展示が多いので、3キロサイズはネット上でしか見られませんでした。

縦型洗濯機とドラム式洗濯機の特徴は?

近年、ドラム式洗濯機を購入する方が増えていますが、まだまだ縦型洗濯機のシェアは大きいです。

洗濯機を購入する際に、縦型かドラム式のどこを重視して決めているのでしょうか?

縦型洗濯機の大きな特徴は、圧倒的に洗浄力が強いという特徴があります。

日本の水は軟水なので洗浄にはとてもいい水ですが、縦型はそれに加えて洗浄効果が高いので本当にきれいに仕上がるのです。

何キロの容量であっても洗浄効果が高く、ドラム式に比べて置く場所のスペースも小さくて済みます。

一人暮らしの住居には比較的、置き場所に困らない洗濯機ですよね。

ドラム式洗濯機の大きな特徴は、少ない水で叩くように洗うため抜群の節水効果を得られることです。

加えて、ドラム式洗濯機は基本的に乾燥機が付加されているので洗濯から乾燥までができます。

一人暮らしには、ありがたい洗濯機なので若い世代の方は購入を考えますよね。

洗浄力と節水・乾燥のどちらを重視するかが、縦型かドラム式を選ぶポイントになりますね。

洗濯機の価格はどのくらい?

洗濯機の価格と言っても、有名メーカーから無名メーカーのものまで本当にたくさんのものが販売されています。

ブランド力の高いメーカーのものが良いというわけではありませんが、あまりにも低価格の製品は故障も多くクレーム対応もありません。

縦型かドラム式のどちらを選んでもコスパから考えてしまうと、後から修理代で高くついてしまうかもしれません。

毎日使う電化製品なのでアフターサービスの有無はしっかりと確認しておきましょう。

一人暮らしの洗濯機で売れ筋から価格の比較をしてみましょう。ドラム式洗濯機は乾燥機付きの商品で比較しています。

洗濯容量 縦型洗濯機 ドラム式洗濯機乾燥機付き
4.2キロ ¥19,800~  
6キロ ¥30,000~ ¥100,000~
8キロ ¥60,000~ ¥150,000~

ドラム式でも乾燥機能がついていないものは、大きさも価格も縦型洗濯機とあまり違いはありません。

乾燥機能付きのものになってくると何キロの容量であっても、奥行きが800くらいになるので防水パンはサイズを変える必要があります。

高い洗浄力の縦型洗濯機を選ぶか、節水効果で水道代の節約と乾燥機付きで時間短縮になるドラム式を選ぶか。

ライフサイクルを思い浮かべ、ご自分の予算と相談しながら選んでください。

一人暮らしの洗濯機には静かな運転機能がおすすめ

洗濯機を購入するなら機能も充実しているものを選びたい!と思われる方も多いはずです。

一人暮らしなら、洗濯機を回す時間も深夜になることもあるでしょう。そんな方には静音機能が搭載された洗濯機がおすすめです。

何キロの容量でも静かな運転機能付きのものがありますが、通常の洗濯機より値段は高くなります。

多機能の中からおすすめの機能はこれ!

縦型洗濯機にはインバーター搭載がおすすめ
インバーター機能とは?

【節電効果】

コンセントから電気を流してモーターを回しているが、洗いと脱水によって回転数を調整し無駄な電気を使わない

【節水効果】

洗濯層の動きによって水量を調整し、無駄な水を使わない

【静音効果】

モーターの回転や水量を調整することで、洗濯物にあった回転をするためより静かな音で洗濯することができる

インバーター機能が搭載された洗濯機と搭載されていないものは、洗濯音がかなり違います。

一人暮らしで洗濯時間が不規則な方には、静かな音のほうがご近所を気にすることなく使用できます。

下記の洗濯機はインバーター機能に加え、シワしわになりやすい衣類に「しわケア脱水」機能も搭載して、一人暮らしに助かりますね。

ドラム式洗濯機には温水洗浄がおすすめ
温水洗浄機能とは?

40℃から50℃の温水によって洗濯する機能

ドラム式は縦型に比べて水量が少ないが、温水洗浄によって洗浄力を高める効果がある

つけおき洗いにも使え、皮脂汚れにも効果を発揮する

電源をピッ!と押したら自動的に温水で洗濯してくれるなんて、一人暮らしには嬉しい機能ですよね。

まとめ

  • 一人暮らしの洗濯機は6キロから7キロがおすすめ
  • 毎日の洗濯に追われることなく、まとめ洗いができる
  • 一人暮らしでも大きな洗濯ものは6キロからの洗濯機でないと洗えない
  • 何キロの容量にするかを決めたら置く場所のサイズは確認する
  • 不便を感じず洗濯するには、静音などの機能付きがいい

コインランドリーが近くにあったとしても、毎日の洗濯を考えると洗濯機は一人暮らしでも必需品です。

何キロの容量にするのか悩みますが、ある程度の生活用品は自分で洗うことを考えると6キロ以上の容量は必要ですね。

私は2人家族ですが、7キロの縦型洗濯機(インバーター機能付き)を使っています。

購入の際、何キロがいいのか分からずに店頭のおすすめ品を買いました。

冬の時期は洗濯物もかさばるため、もう少し大きい容量でも良かったかな?と思います。

数年後、買い替えの時にはしっかりと考えてから購入したいと思います。

momiji

Posted by momiji