一人暮らしでミニ戸建の賃貸暮らしをする人が気を付けるべき事

ミニ戸建てでの一人暮らし、購入か賃貸か迷いますよね。

購入した場合いくらくらいかかるのか、下記のサイトではあなたにぴったりな間取りプランを無料で提案してもらえます。

白猫
白猫
一人暮らしだけど、広々とした部屋に住んでみたいな〜
黒猫
黒猫
それなら、ミニ戸建が人気みたいだよ

一人暮らしで、広々とした部屋に住みたいと考えている人は多いのではないでしょうか?

ワンルームよりも一軒家に住みたいと思う人が多く、賃貸のミニ戸建が人気だそうです。

一般的な一軒家よりも、コンパクトなサイズの家がミニ戸建ですが、家賃が高かったりとデメリットもあります。

そこで、この記事では次のようなポイントをご紹介します。

  • 賃貸でミニ戸建での一人暮らしをする際のメリット、デメリット
  • 賃貸で、ミニ戸建の物件を選ぶ際のポイントや注意点
  • ミニ戸建に住むのに向いている人はどんな人か?

一人暮らしで賃貸のミニ戸建に住みたいと考えている人や、ミニ戸建の物件選びに悩んでいる方は是非参考にしてみて下さい。

一人暮らしでミニ戸建に賃貸で住む際の良い点、悪い点

賃貸でミニ戸建に住むメリット・デメリット

さて、賃貸で一軒家に住むにはメリット・デメリットがあります。
しっかり理解しておく必要があります。

まずは、メリットからお話しします。

メリット
  • マンション、アパートなどと同様に手軽に借りられる
  • 駐車場付き物件なら、別途駐車場代不要
  • 戸建てなので共益費不要
  • ワンルームより部屋が広く開放的
  • ローン不要。多額のお金を払わなくて良い
  • 近所トラブルがあっても引っ越し可能
  • 庭が付いている場合もある
  • ペットが飼いやすい

やはり、一軒家も手軽に借りれるのが簡単で嬉しいですよね♪

そして、一軒家なのでマンションやアパートよりも広く、収納スペースも多いですね!

庭付きの物件であれば、家庭菜園なんかも楽しめそう。

ペットも飼いやすいですし、万が一近所トラブルがあったとしても、賃貸なので引っ越しも出来ます。

続いて、デメリットです。

デメリット
  • 毎月家賃を払い続ける必要がある
  • 家賃が高い
  • 掃除などのお手入れが大変
  • 築年数によっては不具合が出る可能性有り
  • 最寄駅まで、少し距離がある物件が多い
  • セキュリティは自己管理
  • 長期で住めない可能性有り

やはり、良い面だけではありません。家賃が高くなり、さらにその家賃を毎月継続して払っていかなければなりません。

金銭的にある程度余裕のある人でないと、厳しいかもしれません。

アパートやマンションに比べて部屋が広いので、掃除などのメンテナンスも大変です。

あとは、築年数があまりにも古いと不具合などが出る心配があります。

メリット・デメリットそれぞれありますが、あなたが後悔しないよう理解しておきましょう。

ミニ戸建とは

そもそもミニ戸建とは、狭い敷地に建つ一戸建てのことです。

大きな土地をいくつかに分けた内の一つで、敷地面積は、80平方メートル、土地面積は20坪未満の住宅が多いです。

基本的には、同じような形の建物が並んで建設されるようです。

一般的なミニ戸建の間取りは、一階が駐車場や玄関、2階以上はリビングやキッチン、いくつかの部屋となります。

そんなミニ戸建は、家を建てず最も手軽に住める賃貸暮らしが人気です。

一人暮らしでミニ戸建の一軒家に住む方法

一軒家に住む方法は、賃貸以外にもいくつかあります。一番簡単な方法としては、家を借りるということでした。

では、他の方法を見ていきましょう。

家を建てる

一軒家に住み続けるなら、自分の家を建てるのも良いでしょう。

かなりのお金は必要になりますが、自分の理想の家に住むことができます。

ですが、何から始めたらよいのか迷いますよね。

簡単に、どんな流れになっているのか解説します♪

家が立つまでの流れはこんな感じです。

  1. 情報収集+予算をある程度決める
  2. イメージを明確にする
  3. 建設会社を選ぶ・土地を探す
  4. 図面や設計プランの提案+見積もり依頼
  5. 契約
  6. 住宅ローンの相談、申し込み
  7. 工事着工
  8. 住宅完成
  9. 立ち会い→引き渡し
  10. 保守点検(アフターサービス)

家が建つまでには、かなりのお金と時間が必要です。

資金を調達するだけでも本当に大変です。

お金に余裕があり、この先も長く同じ場所に住み続けたいと思うなら、家を建てるのも良いかもしれません。

家を購入する

既に建築されている一戸建ての物件を購入する方法もあります。

あなたがもし、自分にぴったりな物件を見つけたなら、家を建てるよりもその家を購入した方が、コストは抑えられます。

そして、購入したらすぐに入居出来るという面も、すぐに入居を考えている方にとっては嬉しいですね。

家を購入する流れは、こんな感じです。

  1. どんな家に住みたいかイメージを固める
  2. 予算を決める
  3. 物件の情報収集をする
  4. 物件見学に行ってみる
  5. 住みたい物件を決める
  6. 売主と売買契約を結ぶ
  7. 引き渡し
  8. 入居したら税金の手続きをする

良い物件はすぐに売れてしまう可能性が高いため、スムーズに購入出来るようにしておく必要があります。

そのためにはある程度条件を固めておいて、自分の条件に合う物件を絞り込んでいきましょう。

下記のような条件で、絞り込むのがおすすめです。

条件項目
  • 住む場所
  • 購入価格
  • 間取り
  • 周りの環境

持ち家を譲ってもらう

家族や親族から、譲ってもらうことも一つの方法です。

家賃はかからないですが、税金がかかるようになります。

固定資産税という税金を払う必要があり、これは、所有している土地や建物にかかる税金のことです。

定期的に払わないといけないし、金額もかなり高くなることがあります。

さらに、築年数がかなり経っている場合、不具合も出てくる可能性があります。

その際には、メンテナンスの費用がかかったり出費が増えることでしょう。

譲り受けてから後悔しないよう、十分に注意しましょう。

以上が、一軒家に住む方法でした。

一人暮らしでミニ戸建の物件を選ぶ際のチェック項目

戸建暮らしの最も簡単な方法は、家を借りることだとご紹介しました。

戸建住宅を借りる際は、いくつか注意しなければならないことがあります。

押さえておくべきポイントは次のようなものです。

家賃

住んでいる間は、家賃を継続して支払う必要があります。

あまりにも高すぎると支払えない可能性が出てくるので、自分の収入に合った物件を選びましょう。

家賃の金額は、手取り額の3割が目安とされています。

3割を超える額になるのは避けた方が良いでしょう。

築年数

気になるのが、築年数です。

  • 壁などに亀裂
  • 雨漏れ
  • 窓がスムーズに開かない
  • 家が傾いている

などの不具合が発生する可能性があるため、できれば新しい方が良いですね。

古くてもリノベーションされている物件もあるため、そういった物件を探すのも良いです♪

内見に行って、しっかりと自分の目で確かめることをおすすめします!

間取り、広さ

実際に使えるスペースが少なかった!こんな経験はありませんか?

家具がまだ置いていない状態で内見するため、いざ家具を置いてみると狭く感じることがあると思います。

事前に家具も検討しておいて、置きたい家具のサイズを大まかに測っておくと、どれくらいの広さになるかイメージが出来るのでおすすめです♪

そして部屋の広さだけでなく、玄関や廊下の広さもチェックしておきましょう。

玄関から家の中に大きい家具を運ぶ時、玄関や廊下が狭すぎると運べない可能性もあります。

そこまで考えてなかった!という人は、是非確認しておいて下さいね♪

設備

設備が不十分だと、生活していて困る時が必ずきます。

内見に行ったら、動作確認はしておきましょう。

設備ですが、例えば次のようなものに目を向けてみましょう!

  • インターフォン
    →モニター付きがおすすめ。
  • 換気
    →換気がしやすい環境か。
  • コンセント
    数や、場所を確認しておく。
  • クローゼット
    持っている服やカバンが入るか。
  • シューズボックス
    形が崩れないように収納できるか。
  • トイレ
    ウォシュレット付きが良い人は確認要。
  • キッチン
    →たくさん料理する人ならコンロの数もチェック。
  • エアコン
    →元々付いているなら、問題なく動くか。
  • お風呂、台所
    →水回りは要注意。

耐震性

耐震性はとても重要視すべきです。なぜなら他の国に比べて、日本は地震大国だからです。

1981年の6月に、耐震の基準が大幅に見直され、耐震の基準が厳しくなりました。

震度6強から震度7くらいの地震でも、すぐには壊れないようなレベルです。

1981年6月以降に建てられた物件を選ぶことをおすすめします。

日当たり

日当たりが良いかどうかも確認しておきましょう。

南向きの家が良いと言われていますが、必ず南向きが良いとは限りません。

自分のライフスタイルに合わせて検討してみましょう。

周囲の雰囲気、治安

周囲の騒音や通信環境、治安が皆さん気になるところですよね。

昼間静かでも、夜は騒がしい街であるかもしれません。

どんな人が周りに住んでいるのか、なども自分の目で確認しましょう。

交通、買い物などの利便性

最寄駅は、どれくらいの距離があるのか、周辺にスーパーやコンビニはあるか。

どれも徒歩圏内で行ける距離が理想ですよね。

距離によっては、駅まで自転車で行く必要が出てくることも視野に入れておきましょう。

バスを利用する際は、1日の本数や何分おきに来るのか、なども確認しましょう。

購入した場合いくらくらいかかるのか、下記のサイトではあなたにぴったりな間取りプランを無料で提案してもらえます。

一人暮らしでミニ戸建暮らしに向いている人とは?

ところで、戸建暮らしに向いている人とは、どんな人なのでしょうか?
自分と照らし合わせて、是非読んでみて下さい。

経済的に余裕がある人

戸建の場合、マンションやアパートに比べて、家賃がとても高いです。

無理せず、自分が払える範囲の所に住みましょう。

ちなみに理想の家賃は、一般的には「給料の手取り額の3割」が良いと言われています。

例えば、手取りが20万円のサラリーマンであれば、3割となると家賃6万円までの物件が妥当ということになります。

戸建となると場所にもよりますが、それなりに良い場所に住もうと思えばかなり家賃は高くなります。

そのため手取り20万円程度では金銭的に厳しいですね。

住む場所や築年数にこだわりがないのであれば、空き物件が増えている田舎の方の築年数が古い物件なら格安物件もあります。

家賃は払い続ける必要があるため、自分が住める範囲のところで探しましょう。

掃除が苦でない人

戸建は、掃除しなければならない範囲が広くなってしまうため、メンテナンスなどが大変です。

掃除が苦でない人は、一軒家に向いていると言えるでしょう。

車を所有している人

車を持っている人は、お金がかからず家の駐車場に車を置いておけます。

家の近くの駐車場を利用すると、別途お金が必要だったり、駐車場まで歩く手間があります。

駐車場付きの戸建物件だと、それが無いのが嬉しいですね♪

階段が苦にならない人

戸建は、一般的には階段が付いているので、階段の上り降りも平気な人は戸建に向いています。

反対に、階段が足に負担がかかる人や階段が苦になる人は厳しいかもしれません。

広い家に一人でも怖くない人

広い家に限らずですが、夜一人が怖いと感じたりする人には向いてないでしょう。

これは、集合住宅でも共通して言えることですね。

マンションやアパートが苦手な人

狭い空間が苦手な人には、戸建が向いています。

圧迫感のない、むしろ開放感のある空間を求めている人にとっては、広い部屋が必要ですよね!

以上、いかがでしたでしょうか?自分に当てはまるものはいくつありましたか?

たくさん当てはまったなら、戸建暮らしが向いていると言えるでしょう。

まとめ

  • 一人暮らしでミニ戸建に住む一番手軽な方法は、家を借りること。
  • 戸建に住む方法は、4つ。
  • 家を建てる、家を購入する、家を借りる、持ち家を譲ってもらう方法。
  • 賃貸で戸建の物件を選ぶ際は、次のポイントを押さえましょう。
  • 家賃や築年数、間取りや設備をしっかりとチェックする。
  • 内見では、備え付けの設備の動作確認は必ず行う。
  • 戸建暮らしに向いている人は、経済的に余裕があり掃除や階段が苦じゃない人。
  • 賃貸のミニ戸建に住むメリットは、部屋が広く開放的で住宅ローンが不要。
  • 賃貸のミニ戸建に住むデメリットは、毎月高い家賃を払うこと、築年数により不具合が出る可能性有り。

一人暮らしで賃貸のミニ戸建に住みたいと思う人は多いです。

その場合はメリット・デメリットを理解した上で検討する必要があります。

古い物件だと後から不具合が出て直さないといけないこともあります。

住んでから予想外の出費が重なることもあるかもしれません。

できる限りそういったことが事が起こらないよう、十分注意して物件を選ぶようにしましょう。

戸建の物件選びは、マンションやアパートよりも慎重に進めることが大切です。

後悔しない物件選びが出来るよう、内見ではしっかりと確認しましょう。

周囲の雰囲気や交通などの利便性を確認することもお忘れなく。

ayaka

Posted by ayaka