ハートの色の意味は海外では大切な表現方法!!知らないと誤解される!?

生活ハート,意味,海外,

海外の人とLINEやメールをしていると、さまざまな色のハートの絵文字が付いているの。

これって、何か意味がある?

海外の人と交流のあるあなたは、LINEやメールにさまざまな色のハートの絵文字が送られてくると困惑してしまいますよね。

実は、海外の人が使うハートの絵文字には、ちゃんとした意味があったんです。それは、色に秘められた大切な思いでした。

この記事を読むと、海外の人から送られてくるハートの意味が知れて、色に秘められた大切な意味を海外の人と共有できますよ。

また、海外の人には「通じない絵文字」の紹介や日本に広まってきている「虹色」の意味の説明もしています。

さっそくこの記事を読んで、あなたのコミュニケーション能力を高めていきましょう!

※ここで説明する海外とは、英語圏です。

 

 

ハートの色に込められた意味は海外では大切な表現方法

普段、何気なく使っているハートの絵文字。色の意味を気にして使ったことはないですよね。

しかし、海外ではハートの色に特別な思いが込められた意味があったのです。

まずは、そのハートの色に込められた意味を説明していきます。

 

赤色のハートの意味

赤色のハートは、『あなたを愛しています』という意味です。

日本でも、好きな人に送るときは赤いハートを使いますよね。

海外でも、同じく愛情を表現しています。

 

ピンク色のハートの意味

ピンク色のハートは、『あなたは可愛い』という意味です。

先ほどの赤色のハートの意味と同じく愛情を表現しています。

しかし、赤色のハートが『愛』なら、こちらのピンク色のハートは『恋』を意識した表現になるのです。

 

オレンジ色のハートの意味

オレンジ色のハートは、『あなたが好き』という意味です。

こちらも、赤色のハートの意味と同じく愛情を表現しています。

しかし、赤色のハートが深い愛の『Love』なら、オレンジ色のハートは、『Like』。つまり、友達に送るときに使います。

 

黄色のハートの意味

黄色のハートの意味は、『あなたはユニーク』という意味です。

明るい太陽の光のように、陽気で希望に満ちた友情の意味を表現したいときに使います。

 

緑色のハートの意味

緑色のハートの意味は、『あなたは、面白い』という意味です。

黄色のハートの意味と同じようですが、緑色のハートには「新しい出会い」という友情の意味で使います。

また、反対の意味で、「うらやましい」という気持ちのときにも使われているのです。

 

青色のハートの意味

青色のハートの意味は、『あなたが恋しい』という意味です。

「深い友情」や家族に対する「深い愛情」を表現するときに使います。

 

紫色のハートの意味

紫色のハートの意味は、『あなたは、優しい』という意味です。

海外では、「パープルハート賞」があり、相手へ思いやりを示すときに使われています。

パープルハート賞
従軍中に負傷または殺害された人に大統領から贈られた米軍の勲章として、贈られた賞。

また、『ロマンティックな愛』という意味もあり、恋人に使うこともあります。

 

黒色のハートの意味

黒色のハートの意味は、『あなたのことが嫌い』という意味です。

また、仲の良い友達にふざけて、趣味の悪いジョークと一緒に使うこともあります。

 

白色のハートの意味

白色のハートの意味は、『あなたのことが好きでした』という意味です。

終わりを表現するので、「今までありがとう」と過去にするときに使います。

 

茶色のハートの意味

茶色のハートの意味は、『あなたは親友』という意味です。

茶色は、大地の土を連想させることから、落ち着いた関係の人に使われます。

それぞれのハートの色の意味を知ると、LINEやメールがさらに楽しくなりますね。

そういえば、ハートマークっていつから日本で使われたの?
ハートマークのまめ知識

ハートマークは、古代ローマ帝国(紀元前27~395年)時代には、愛情表現として使われてました。

そして、16世紀ごろにキリスト教から浸透され、日本にもハートマークが伝わったといわれています。

ハートマークは、そんなに前から使われていたのね。

海外ではそれぞれのハートの色に意味があるので、注意が必要だということがわかりましたね。

では、反対に日本ではよく使われていて、海外の人には通じない絵文字があるのはご存じでしたか?

この絵文字を知ることで、今後LINEやメールをするときに気を付けることができますよ。

 

 

ハートの色の意味以外で通じない絵文字がある

そもそも、絵文字は世界共通なのかが、疑問ですよね。

絵文字は、どこの国のスマートフォンやパソコンから見てもちゃんと表示されるように統一されています。知っていましたか?

そして実は、全世界で使われている絵文字は、日本が発祥の地だったのです!

そのため、日本独特の絵文字があり、その絵文字は海外の人には通じません。

では、ハートの色の意味以外で「通じない絵文字」とは、どんなものでしょうか。

 

汗の絵文字

「すみません」や「忙しい」などを表現するときに使いますよね。私もこの絵文字はよく使います。

しかし、海外ではただの「水」や「雨」ととらえてしまう可能性があるのです。

 

寝ている絵文字

日本では「寝ている顔」と認識できますが、海外では「泣いている顔」としか認識されません。

海外の人にこの絵文字を送ると心配されてしまう可能性があります。

 

ダッシュの絵文字

この絵文字は、「急いでいる」や「大変!」などを表現するときに使いますね。

しかし海外では、この絵文字は「おなら」を意味するので、使うと恥ずかしい思いをしてしまうかもしれません。

 

手を合わせている絵文字

この絵文字は、「ありがとう」や「お願い」などのときに使うことがありますよね。

しかし、海外では「ハイタッチ」や「祈り」として使われているので、解釈がおかしくなってしまいます。

 

案内している絵文字

日本だと「こちらです」と誘導していると認識できますが、海外では全く違う認識なのです。

海外ではこの絵文字は、髪をかきあげている仕草に見えるようで「生意気」や「皮肉」を言っていると誤解されてしまいます。

親切で、この絵文字を使っても逆効果になってしまうので、注意してください。

今回紹介した絵文字のほかにも、「三食団子の絵文字」や「日本酒の絵文字」など日本独特の絵文字は海外では使われません。

まだまだ、海外では通じない絵文字があるかもしれませんので、交流の際に聞いてみるとコミュニケーションがさらにアップしますよ!

ハートの色の意味以外でも、日本人と海外の人だと解釈が違うから注意していかなきゃ!

そして、これまで紹介した「ハートの色の意味」「通じない絵文字」が海外では当たり前に存在します。

このほかに当たり前に存在しているのが「虹色」の意味です。

次は、この「虹色」の意味について説明していきます。

 

 

ハートではなく虹色に秘められた大事な意味

ハートの色の意味のように、海外では「色」を特別に意識しています。

その中で、代表的なのが「虹色」です。

この「虹色」は、『人類はみな平等』という意味の象徴なのです。

そして、ハートの色の意味のように、この虹色でも各色で特別な意味があります。

※虹色は、6色で構成されています。

  • 赤色=生命
  • オレンジ色=癒し(いやし)
  • 黄色=太陽
  • 緑色=自然
  • 紺色=調和
  • 紫色=神話

虹色の各色には、このような特別な意味合いがありました。

ハートの色の意味以外でも、海外で「虹色」は特別です。さらに、それは日本にも広まってきています。

ですので、「虹色」について興味があり、もっと知りたい人は、交流している海外の人に聞いてみるのも良いですね!

また虹色は、日本と海外では色の数の認識が違います。

日本の虹は、7色と認識されているのに対し、海外で虹は、6色と認識されているのです。

その理由は、言語によって色の名前をしめす範囲や区切り方が違うため、虹色の数も海外では違ってくるからです。

「虹色」を深く調べていくと、また違った観点から楽しむことができ、海外の人との話題も広がりますね!

 

 

まとめ

  • ハートの各色は海外だと、特別な思いの意味がある
  • 海外の人にハートの絵文字を送るときは、注意が必要
  • ハートマークが日本に浸透したのは、16世紀ごろのキリスト教から伝わったことがきっかけ
  • ハートの色の意味以外で、海外の人に通じない絵文字がある
  • 絵文字を海外の人に送るときは、注意が必要
  • 絵文字は、日本が発祥の地である
  • 海外では、虹色を特別に意識している
  • 虹色の各色にも意味がある
  • 虹色は、日本と海外では数の認識が違う

ハートの色の意味のように海外では、「色」は大事な表現方法です。

そして、私たち日本人には、ハートの色に特別な意味になじみがないように、海外の人には、なじみのない絵文字もあります。

海外の人とLINEやメールをするときには注意が必要ですが、「色」の意味を知ることで、ますます交流が深まりますね。

lucy

Posted by lucy