高齢者が食べやすいお菓子を市販品から選ぶ3つのポイントをご紹介!

生活市販,食べやすいお菓子,高齢者

家族や知り合いに高齢者がいて、お菓子を差し入れる方は多いのではないでしょうか?

老舗の高級品からコンビニで手軽に買えるものまで、世の中にはお菓子が本当にたくさんあります。

特に介護をしている場合、市販品のお菓子は忙しい日常の強い味方ですよね。

ただ、お菓子は高齢者が喜んでくれる半面、食べられるものを考えて選ばなければなりません。

私自身、買っていったお菓子を「これだと食べにくいと思うから、私たちで食べるね。ごめんなさい。」

こんなふうにご家族の方に言われてしまい、悲しい上に気まずい思いをしたことがあります…。

そんな失敗をしないために、今回は高齢者が食べやすいお菓子を市販品から選ぶポイントをご紹介します!

おすすめのお菓子もご紹介するので、みなさんの参考になれば幸いです。

 

 

高齢者が食べやすいお菓子を市販品から選ぶポイント

ポイントは全部で3つです。

  • 小分けにできる
  • 柔らかい
  • 飲み込みやすい

上記が、高齢者が食べやすいお菓子を市販品から選ぶ時のポイントになります。

美味しいことはもちろんですが、お菓子を食べる高齢者のために配慮しながら選んでいきましょう。

それでは、順番に解説していきますね、

 

小分けにできる

高齢者は一度に食べられる量が少ないため、食べきれず残したり、逆に食べ過ぎて栄養が偏ってしまうことがあります。

個包装されているものや、切って小分けにしやすいものがおすすめですよ。

残しても保存がしやすく、家族や介護人が管理して食べ過ぎを予防できます。

 

柔らかい

高齢者は、入れ歯を使っている方がほとんどです。

その上嚙む力が弱くなっているので、固いお菓子は食べにくく、途中で食べるのをやめてしまうこともあります。

年齢問わず、「食べたいけれど、食べられない」という状況は悲しいですよね。

こうならないためにも、柔らかいお菓子を選ぶようにしましょう。

 

飲み込みやすい

例えば、風邪をひいて喉が腫れている時。食べ物を飲み込みにくいと感じたことはありませんか?

高齢者は、食べ物を飲み込む力が弱くなっています。

そのため、飲み込みやすいお菓子を選ぶ必要があります。

 

 

高齢者が食べやすいお菓子がみんなの安心に繋がる理由

高齢者が食べやすいお菓子は、自然と他のみなさんの安心にも繋がります。

「え? どういうこと?? 」と思われたと思います。順番に解説しますね。

 

高齢者が食べやすい = みんなも食べやすい

高齢者が食べやすいお菓子のポイントを振りかえってみましょう。

小分けにできるお菓子は、家事や仕事の合間にパクッと口にできます。

柔らかいお菓子は、まだ噛む力の弱い小さいお子さんも食べやすいです。

飲み込みやすいお菓子は、体調不良等で食欲がないときも食べられます。

このように、高齢者が食べやすいものは、他のみんなも食べやすいと感じられる場合がほとんどなのです。

 

家族の負担が減る

身近に高齢者がいると、ケガや事故に合わないよう気をつけなければなりません。

その中でも食事は、喉につまらせないか、持病に影響がないか等、考えることが多いのです。

そのため、高齢者が食べやすいお菓子を選ぶことは、負担の軽減につながります。

例えば、持病があってお菓子を食べすぎてはいけない高齢者の場合、小分けにしやすいお菓子は量のコントロールがしやすくなります。

高齢者が食べやすいお菓子選びは、家族も助けることになるのです。

 

「おやつタイム」はみんなを笑顔にする

高齢者が楽しみにしている時間の1つに「おやつタイム」があります。

これは老人ホームにも取り入れられていて、利用者やスタッフ、家族のコミュニケーションを育む時間にもなっています。

高齢者が食べやすいお菓子は小分けにできるため、その場でシェアがしやすいです。

その上、小さいお子さんなどみんなが食べやすいお菓子なので、年代を問わずに一緒に楽しむことができます。

団欒の時間は、高齢者にとって嬉しいものです。高齢者の方が喜ぶ姿を見て、家族やスタッフはほっとした気持ちになります。

高齢者が食べやすいお菓子で行われる「おやつタイム」は、みんなを笑顔にすることができるのです。

 

 

高齢者が食べやすいお菓子としてお勧めのお土産5つ

最後に、高齢者にお勧めのお土産を5つご紹介します!

これから紹介する5つのお菓子は、どれも個包装、柔らかい、飲み込みやすく食べやすいものになっていて、お土産に最適ですよ。

 

羊羹

小さくてツルッと甘い羊羹は、昔ながらの定番お菓子です。

冷やしてもおいしいので、夏の暑さで食欲がなくなってしまった時にも食べやすいです。

 

カステラ

ふわふわ触感のカステラも、高齢者から人気があります。私の経験では、紅茶がお好きな方がよく召し上がっているイメージです。

最近は様々な色のカステラが売られていて、見た目も楽しめるようになっています。

切り分けがしやすいので、体調に合わせて量を調整したり、家族で分け合って楽しめます。

 

ゼリー

喉越しなめらかなゼリーも、高齢者が食べやすいお菓子の代表です。

小さいものからたっぷりサイズのものまで、バラエティーに富んでいるため飽きがこないです。

カロリーが低い商品も出ているので、「食べることが好きだけど、カロリーが心配」という高齢者の方には特におすすめです。

 

1口サイズのおせんべい

「あれ?固いものはダメなんじゃないの?」と、ここまで読んでくださった方はお気づきになったかと思います。

普通のおせんべいは固すぎて食べにくいですが、1口サイズのおせんべいは噛みやすく柔らかいため食べやすいのです。

コンビニやスーパーでも気軽に手に入るので、とても便利ですよ!

 

アーモンドフィッシュ

アーモンドフィッシュは甘いものが苦手な高齢者に人気があります。

良質な油やカルシウムなどといった栄養もとれるので、健康面でも安心して食べることができます。

個包装されているものもあるので、1度に食べる量も調整しやすく、とても便利です。

 

 

まとめ

最後にもう一度、高齢者が食べやすいお菓子を選ぶ3つのポイントを振り返りましょう。

  • 小分けにしやすい
  • 柔らかい
  • 飲み込みやすい

これらのポイントを押さえながらお菓子選びをしていただき、みなさんが笑顔になってもらえたら嬉しいです♪

woranza

Posted by woranza