朝ごはんを抜くと太る!?正しいダイエット法で痩せやすい身体作り♪

2021年3月1日【朝ごはんの悩みを解決】太る,抜く,朝ごはん【朝ごはんの悩みを解決】,抜く,朝ごはん

このご時世で外に出る機会が減って、最近少し太ったな…って方、多いのではないでしょうか。

さすがにダイエットしないとマズいと、在宅でできる運動や食事制限をしている方もいると思います。

しかし、できるだけ早く痩せたいという気持ちから、毎日の食事の量や回数を減らしていませんか?

特に朝ごはんを抜いていませんか?

食べずに痩せる。朝ごはんを食べずに痩せる。

それ全部、間違ったダイエット方法なのです!

ダイエットは間違った知識のままで行うと、体調を崩してしまう可能性もあり、逆に太る原因にもなってしまうのです。

今回は朝ごはんとダイエットについてお話ししたいと思います。

朝ごはんで太ることを気にされている方へ、おすすめの食材や控えるべき食材も紹介していますのでぜひ参考にしてくださいね。

 

 

どうして朝ごはんを抜くと太ってしまうのか

朝ごはんを抜くと逆に太ってしまう理由は、主に3つあります。

基礎代謝が下がるので、痩せにくくなる。

基礎代謝とは、人間が活動する為の必要最低限なエネルギーです。

朝ごはんは、その基礎代謝を上げる大切なものです。

その朝ごはんを抜くと、人間は極力身体を動かさないように省エネモードになります。

頭がぼーっとしたり、お腹が減って力が入らなくなったりしてしまいますよね。それが省エネモードです。

カロリーを消費しなければ痩せることはできません。

ですから、食べなければどんどん消費されるカロリーが減っていき、痩せにくい身体を作ってしまうのです。

昼以降の食べる量が増えてしまい、余分なカロリーや栄養を吸収しすぎてしまう。

朝ごはんを抜くともちろんお腹が減ってしまうので、身体はたくさん食べようとします。

その結果、必要ではない栄養やカロリーを体内に吸収してしまうので逆に太ってしまうのです。

血糖値が上昇し、生活習慣病になりやすい。

朝ご飯を抜いた状態の身体のまま次の食事を摂ると、血糖値が上昇しやすくなります。

そのような状態が習慣化すると、生活習慣病のリスクが高まります。

生活習慣病の一つである糖尿病は、若い年齢でもなりうる病気です。

要するに、ダイエットにおいて朝ごはんは食べなければいけない、とても大切なものなのです。

 

 

朝ごはんを抜くのをやめれば痩せる?それでも太る原因

朝ごはんの内容や食べ方を間違えると、朝ごはんを食べても太る原因になります。

では、朝ごはんを食べるにあたって必要なこととはなんでしょうか?

主食に一品は糖質を取り入れる

よく糖質制限ダイエットで「糖質を控えましょう」と言われていますよね。

しかし朝の一日が始まる為のエネルギーとして、糖質は必要不可欠です。

腹持ちもいいので、取り入れましょう。

必ずたんぱく質を取り入れる

たんぱく質は主に肉や魚、卵や大豆製品などに多く含まれています。

たんぱく質を多く含む食材は栄養価も高いのでおすすめです。

温かいものを食べる

基礎代謝をあげる上で、身体を温めることは重要です。

野菜にしても冷たいサラダではなく、温野菜にするなど工夫して取り入れましょう。

バランスの良い食事をよく噛んで食べる

これは、朝ごはんに限らず食事において重要なことです。

食べ物をよく噛まないと食事を摂っても、満足感が得られません。

また、おにぎりだけパンだけというような単品の食事は絶対にやめましょう。

朝食を食べる時間があまりないという方にこちらの商品をおすすめします!

BASEFOODという完全食のパンですが、これひとつで栄養もしっかりとれる素晴らしい商品なのです。

朝ごはんの栄養バランスが気になるという方はぜひこちらの記事をご覧下さい!

 

朝ごはんを抜くのをやめて健康的な食事をしよう

朝ごはんを抜くことをやめたとしても朝に何を食べるべきなのかわからないですよね。

ですが、朝に毎食好きなものをなんでも食べていいというわけでもありません。

朝ごはんはバランスよく、健康的な質の良いものを摂らなければ意味がないのです。

そこでおすすめの朝食をご紹介したいと思います。

 

朝に食べるべきおすすめの食材

和食(特にお米)

一番のおすすめは何といっても和食です。特に、主食にお米は最高の食材です。

ご飯+野菜多めの味噌汁+焼き魚と副菜だけでも基礎代謝が上がって痩せやすい身体作りができます。

菓子パンや総菜パン以外のパン

朝はお米よりパンという方には、米粉でできたものや大麦ブランが入ったものがおすすめです。

小麦のパンは控えるべきですが、バケットなど硬めのパンはおすすめです。

ですが、パンにマーガリンやジャムをつけるのは控えましょう。

その代わり、チーズトーストはおすすめですよ。

発酵食品やナッツ類

チーズや納豆やキムチなどの発酵食品は、栄養価が高いうえに整腸効果もあるので取り入れるべき食材です。

ナッツは脂質がありますがカロリーは低いので、ヨーグルトに混ぜて食べるのがおすすめです。

ただし、食べすぎないようにしましょう。

 

朝ごはんで食べるべきではない食材

手軽に食べられる、フルーツグラノーラやシリアルは控えましょう。

ナッツやフルーツも入っており、栄養価としては高い食材ですが、糖質の塊なのです。

ウインナーやベーコンなどの加工肉も塩分が多いので、健康のためには控えていきましょう。

サラダチキンも適当に選ばず、糖質0表記のものを選びましょう。

また、手軽に栄養が摂取できるからとスムージーや野菜ジュースを飲む方もいますが、フルーツの糖分は体内の血糖値を上げるので、控えるべきです。

このように、ダイエット中の朝ごはんに取り入れる食材は、糖質に注意して選ぶことが重要です。

 

 

まとめ

  • 朝ごはんを抜くと過食や痩せにくい身体を作る原因になる。
  • 朝ごはんを抜くと生活習慣病のリスクが高まる。
  • 食事内容によっては朝ごはんを食べても太ることがある。
  • 朝ごはんは食事の中で最も重要なものなので欠かしてはいけない。
  • 朝ごはんはお米を主食とした和食がおすすめ!

実は私も過去に、食べなければ痩せると誤解をして食事を減らしたことがありました。

結果、健康的な痩せ方はできず、体調を崩してしまいました。

健康に痩せられる一番重要なことは、

運動よりもバランスのいい食事です。

食事は身体を作る元になるので、ダイエットをするのであればまず、食事を見直すべきなのです。

まずは朝ごはんを食べることを習慣にしてみませんか?

なによりも、朝ごはんを食べることはメリットでしかありません。

皆さんも、バランスの良い食事を心がけて体内から痩せやすい身体をつくっていきましょう!

m39san

Posted by m39san