本ページは広告を利用しています。

朝ごはんが納豆だけはNG!ダイエットに効果的な食べ方やアレンジ♪

朝ごはんが納豆だけはNGです!健康とダイエット、どちらにとってもよくありません。

朝ごはんをしっかり食べないと元気が出ないだけでなく、脂肪を燃やしにくい身体になってしまいます!

この記事では、納豆だけの朝ごはんがNGな理由を詳しく解説します。

朝ごはんに納豆を取り入れるメリット忙しい朝でもダイエット効果が得られる朝ごはんの納豆の食べ方もご紹介するので、健康的に痩せたい方は必見ですよ♪

私は朝ごはんをほとんど食べないダイエットをしたことがありますが、朝ごはんを食べないと力が出ず、また、リバウンドして元の体重より増えてしまいました。

私のようにならないために、朝ごはんに納豆を取り入れながらしっかりと食べ、おいしく健康的に痩せる方法を知ることから始めてみましょう♪

 

朝ごはんが納豆だけがNGな理由3つ

脂肪を燃やしにくい体質になる

朝ごはんが納豆だけがNGな理由その1は、痩せにくい体質になるからです。

朝ごはんをしっかり食べると体温が上がり、その結果基礎代謝も上がります。

基礎代謝が高いとより多くのエネルギーを消費し、太りにくい体質に近づきます。つまり、朝ごはんをしっかり食べることは痩せやすい体をつくることに繋がるんですよ♪

逆に、朝ごはんを抜くと十分な栄養が得られないため、昼や夜の食事でドカ食いしたり、身体が余分に栄養を取り込もうとしたりしてしまいます。

むやみに摂取カロリーを減らせば一時的には体重が減りますが、効果はあくまでも一時的であり、リバウンドしやすい方法なんです。

集中力や記憶力が低下する

朝ごはんが納豆だけがNGな理由その2は、集中力や記憶力が低下するからです。

ダイエットをする方はもちろん、そうではない方にとっても朝ごはんをしっかり食べることは大切ですよ。

脳を働かせるためには、脳のエネルギー源になるブドウ糖を補給する必要があります。

パンやお米などの炭水化物、果物を食べないとブドウ糖は補給できないため、納豆だけの朝ごはんではブドウ糖が不足してしまうんですね。

ブドウ糖が不足すると頭が働かず、ぼーっとしたりイライラしやすくなったりするため、朝ごはんでブドウ糖を補給することが大切ですよ♪

昼や夜に食べ過ぎてしまう

朝ごはんが納豆だけがNGな理由その3は、朝ごはんが少ない分ほかで食べ過ぎてしまうからです。

納豆ではありませんが、私は朝ヨーグルトだけ食べるダイエットをしたことがあります。

しかし数時間するとお腹がぺこぺこになり、午後の食事の量が増え、結果リバウンドしてしまいました。

朝ごはんをバランスよく食べるようになってから、暴飲暴食が減り、リバウンドしなくなりましたよ。

私の場合ヨーグルトでしたが、納豆でも同じことが言えそうなのはわかりますね。

また、朝ごはんをしっかり食べないと、次の食事で得られるエネルギーで身体が脂肪を蓄えようとするため、余計に太りやすくなるんですね。

朝ごはんをしっかり食べないと頭にも体にも悪影響が出るのね…。

朝ごはんを納豆にする効果は?実は美容と健康にいい!

納豆だけの朝ごはんは量が少なすぎたり、バランスが偏ったりするため頭と体どちらにもよくありません。

しかし、納豆自体は健康とダイエットどちらにも効果を発揮するヘルシー食品です!積極的に食べましょう。

特に、朝ごはんに納豆を取り入れるとうれしい効果がたくさんありますよ♪ここでは4つご紹介します。

お腹の調子を整える

納豆には、腸内環境を整える効果のある納豆菌や食物繊維が含まれています。

納豆菌は腸内の悪玉菌を減らし、善玉菌を増やす効果があり、同様に食物繊維もお通じをよくする効果があります。

納豆にはどちらも豊富に含まれており、腸活にぴったりの食品ですよ♪便秘になりやすい方は毎日の朝ごはんに納豆を取り入れてみましょう!

5大栄養素を手軽に摂れる

炭水化物、脂質、タンパク質、ビタミン、ミネラルからなる5大栄養素は、私たちが健康を維持するために必要な栄養素です。納豆には、5大栄養素がすべて含まれています。

納豆1パックで1日に必要な栄養素を摂れるわけではありませんが、健康維持に必要な栄養素を補えるのは頼もしいですね!

低カロリーでダイエットでも安心

納豆1パックあたりのカロリーは約86キロカロリーです。

納豆ご飯として食べる場合でも250キロカロリー前後のため、そこまで警戒する必要はありません。

カロリーが気になるダイエッターの方も安心してメニューに取り入れることができますね♪

美肌効果が期待できる

納豆には大豆イソフラボンという成分が含まれています。この成分は、エストロゲンという女性ホルモンに似た働きをすることで有名です。

エストロゲンの美肌作用を大豆イソフラボンが補い、ツヤのあるお肌を作ってくれますよ♪

朝ごはんは納豆でダイエット!正しい食べ方とアレンジ

朝ごはんはバランスよく食べる

ダイエットしている方も朝忙しい方も、できるだけ朝ごはんはしっかり食べましょう。

特に、カロリーを気にしてわざと朝ごはんを抜いている方は危険です!

何度もダイエットをした私の経験上、朝にしっかり食べるとその日に食べる量を抑えられます。

もちろん揚げ物やお菓子だらけの偏ったメニューでもいいというわけではなく、5大栄養素をバランスよく摂れる朝ごはんがベストです。

理想の朝ごはんの例

・ごはん

・野菜たっぷり味噌汁

・わかめの酢の物

・納豆

・卵焼き

・果物入りヨーグルト

しかし、こんなに豪華な朝ごはんを毎日用意するのは大変ですよね。

そんなときは、炭水化物、タンパク質を意識的に摂ることを心がけてみましょう!

午前中に使うエネルギーをごはんやパンで補給し、肉、魚、乳製品、大豆製品でタンパク質を摂ることをまずは意識してみてください♪

余裕があれば、サラダやカットフルーツでビタミン、ミネラルを摂るとよりよいですね♪

【アレンジその1】1日に必要なタンパク質の3割摂れる!納豆卵かけごはん

タンパク質がたくさん摂れる納豆卵かけごはんは、特にダイエッターの方の朝ごはんに最適ですよ♪

納豆卵かけごはんのタンパク質はおよそ20gで、女性が1日に必要とするタンパク質の3割が摂れます!

また、どれくらい良質なタンパク質が含まれているかを示すアミノ酸スコアという指標があり、納豆と卵両方が最高の100を取っているんですよ♪

ダイエットでは、基礎代謝を上げるために筋肉をつけることが大切です。

ダイエットをするなら、筋肉の材料となるタンパク質は特に意識して摂ってみましょう♪

【アレンジその2】低脂質でヘルシー!納豆キムチ冷ややっこ

忙しい朝でも食べやすい納豆キムチ冷ややっこはいかがでしょうか?

発酵食品のキムチは納豆と同じく腸内環境を整える効果があり、便秘の方やダイエッターの方におすすめしたい食品です。

また、豆腐には大豆イソフラボンが含まれており、シミやそばかすを防いで美しい肌に導いてくれますよ♪

私は納豆と豆腐を常に冷蔵庫にストックしています。食欲がない朝でも手軽にタンパク質を補給できるため、我が家では欠かせない食品です!

しらす納豆ごはんや、時間がある朝は納豆オムレツもおすすめ♪
いろんなアレンジを知っていると飽きずに食べられる!

まとめ

  • 納豆だけの朝ごはんはNG!
  • 納豆だけの朝ごはんは栄養バランスが偏ったり、午後の食事で食べ過ぎたりする
  • 健康面でもダイエット面でも納豆にはうれしい効果がたくさん!
  • 朝ごはんでは炭水化物とタンパク質を必ず摂ろう

カロリーを気にして納豆だけを食べて朝ごはんを済ませるのはNGです!

ヘルシーで栄養豊富な納豆を日々のメニューに取り入れながら、バランスのよい食事で健康的に痩せたいですね♪

めたらん

Posted by めたらん