必見!朝ごはんを食べないダイエット法はNG?!デメリットを中心に解説!

2021年3月1日【朝ごはんの悩みを解決】ダイエット,朝ごはん,食べない

この記事では、朝ごはんを抜くダイエット法についてお話していきたいと思います。

あなたは、朝食を抜くことについてどんなイメージがありますか?

「食べる量が減るってことだから、ダイエットに良さそう」

「お昼まで体力が持たなさそう…。」

など、さまざまなイメージがあると思います。

その中でも、特にダイエット効果を期待する人が多いのではないでしょうか。

この記事では、朝ごはん抜きダイエットの主なデメリットから、おすすめの朝食メニューまでご紹介します。

ダイエットのために朝ごはんを抜こうと考えている方、また、今現在朝ごはんを食べていないけど、ちょっと不安…という方も必見です!

 

 

朝ごはんを食べないダイエット法はNG?

朝ごはんを食べないダイエット、やるべきか、やらないべきか…。

結論から言うと、あまりおすすめしません。

一見メリットがたくさんありそうですが、実はメリットが薄れてしまうほど、朝ごはんを食べないことによるデメリットが大きい場合があるのです。

朝ごはんを食べないことで何が問題となるのでしょうか?

そのおすすめしない理由を紹介したいと思います。

 

 

朝ごはんを食べないダイエットは太る

朝ごはんを食べないダイエットは、太りやすいです

今このダイエット法を実践しているという方はショックな事実かもしれません…。ですが、これは事実だと言えます。

なぜかというと、朝ごはんを食べなかった反動で、昼食や夕食を食べすぎてしまう(間食をしてしまう)可能性があるからです。

食べ過ぎ、間食はどちらもダイエットの天敵ですよね。

特にお昼ごはんまでのタイミングが危険です。ダイエットのために頑張って朝ごはんを抜いても、しだいにお腹が空いてきてしまいます。

「お腹空いたな~、でも、お昼にはまだ早いし…。」

と、ここで間食をしてしまったら、せっかく朝ごはんを抜いた意味がありませんよね。

 

 

朝ごはんを食べないダイエットは健康に良くない

もうひとつ、朝ごはんを食べないダイエットは「健康に良くない」です

1日3食とらないと健康的じゃないのは教えられてきたけど、そういうこと?と思うかもしれません。

実は、1日3食とらないことが問題ではなく、朝ごはんを食べないことに最も問題があるのです。

以下で説明していきます。

 

① 脳の活動が鈍くなる

まず、脳の活動が鈍くなることが挙げられます

学校で、「朝ごはんを食べないと勉強に集中できない」と言われた経験はありませんか?これって本当にそうなんです。

なぜかというと、脳のエネルギーとされるブドウ糖が不足するため、脳が働かないからです。

脳は常時働いているので、寝ている間もブドウ糖は消費されます。ですので、朝は一番ブドウ糖が少ない状態だと言えるでしょう。

朝ごはんを食べないと脳の活動能力が激減し、自分自身の集中力も下がってしまいます。

私も、朝ごはんを食べない日の午前中の活動は、とても集中力があるとは言えません…。

主に学校でこのようなことが言われていますが、社会人でも例外ではありませんよね。

つまり、朝食は一日生活するための活力を作るものだということです。

 

② 低体温になる

そして、低体温になることも挙げられます

人は普通、寝ている間に体温が下がります。

ですので、朝ごはんを食べて体温を上げないと、血液の循環が悪くなり、脂肪が燃焼しづらくなります。

また、免疫力の低下にもなるため、病気になる危険も高まります。

 

 

朝ごはんを食べない生活はやめて健康的に痩せる工夫を

以上のことから、朝ごはんを食べるのはとても重要だということが分かったと思います。

ダイエットをするという目的があるなら、朝ごはんに気を付けるに越したことはありません。

つまり、食品を選んで食べることが大切なんです!

以下では、選ぶ基準と、おすすめのダイエット朝食メニューをそれぞれ紹介します♪

 

厳選! 食品を選ぶ基準

選ぶ基準はたくさんありますが、その中でも重要なものを厳選して紹介します。

① GI値の低い食品を選ぶ

→GI値とは、糖質の吸収の度合いのことです。

糖質はダイエットの天敵…。つまり、GI値が高ければ高いほど太りやすくなってしまいます

ですので、GI値の低い食品を選ぶようにしましょう!

(例:ヨーグルト・牛乳・バナナ など)

 

② 代謝を上げる食品を選ぶ

代謝を上げることは、カロリー消費を促進することに繋がります。

朝は一番代謝が低い時間帯です。ですのでこの時間帯に基礎代謝を作っておけば、一日の代謝量は劇的にアップします!

また、筋肉の分解を防ぐことや、血糖値の上昇を防ぐことにも繋がります。

(例:トマト・納豆など)

 

ダイエット朝食メニュー

バナナ&ヨーグルト

まずおすすめしたいのが、バナナとヨーグルトのコンビです。

私の朝ごはんは、ほとんど毎日このメニューです。(笑)

バナナとヨーグルトは揃ってGI値の低い食品です。

しかも料理をする必要もないので、忙しい朝にぴったりです!

 

グリーンスムージー

置き換えダイエットとしてもよく聞くスムージー。

新陳代謝と免疫機能がアップするので、朝食にはもってこいです!

私はいつも、緑色野菜+バナナなどの果物+水というレシピで作っています。

ただ、材料を間違えると全く効果が出ない可能性があるので、正しい食材を選ぶように気を付けましょう!

 

でも、朝は時間もないしもっとお手軽に済ませたいという方は多いと思います。

そこでおすすめなのが、今話題の完全食「ベースフード」です!

このパンだけで栄養バランスが完璧なので、わざわざ栄養を考える必要がなくなります。そしてこれだけなのでダイエットにも最適です!

詳しくはこちらの記事をご覧ください♪

 

 

まとめ

  • 朝ごはんを食べないと、太りやすく、また健康に悪い
  • ダイエット朝食メニューは、GI値や代謝を意識し、バナナやスムージーなどを摂るようにする

この記事では朝ごはんを食べないダイエットについてお話していきました。

デメリットによる影響が大きいことが分かっていただけたと思います。

完全に食べない、というわけではなく、上記にも挙げた通りメニューをヘルシーにするなど工夫することが健康的なダイエットに繋がります。

あくまで健康を第一に考え、「朝食抜きダイエット」ではなく、「朝食ダイエット」を始めてみませんか?

ぜひダイエット方法としてお役立てください!

Posted by mugi