老後の住居にマンションはデメリットもある!将来設計に合った選択を!

老後のことを考えると少し不安になりますよね。

老後の住居に、マンションを選んだとしてもデメリットはあります。

もちろん戸建てにもデメリットはあるので、将来設計をしっかりと立ててあなたに合った選択をしましょう!

働けなくなった老後に1番心配なのは、やはり経済面ですよね。

年金生活になり、収入が減少することで、今までの生活とは変化していきます。

不安を少しでも減らして、老後も豊かにのんびり生活できるように今から準備が必要です。

まずはメリットとデメリットをしっかりと理解した上で、マンションと戸建てのどちらが1番あなたに合っているのかを把握していきましょう!

この記事でわかること

・マンションのデメリットとメリット

・賃貸と戸建ての選ぶポイント

・マンションが向いている人

・戸建てが向いている人

老後の住まいをマンションにするデメリット・メリット

マンションのデメリット

スペースが限られる

マンションの場合、ワンフロアになり住居のスペースが限られます。

収納スペースや趣味を楽しむスペースが制限され、デメリットに感じる方も多いと思います。

例えば、ガーデニングが趣味という方は、特にベランダのみという最小限のスペースになります。

 

エレベーターが止まる可能性

特に高層階に住む場合は、エレベーターが止まると大変です。

災害やメンテナンスでエレベーターが止まってしまう可能性は十分にあるので、住む階数は注意しましょう!

高齢になると体力面も落ちるので、階段の上がったり下がったりはかなりの負担になります。

マンションのメリット

マンションはデメリットもありますが、メリットもたくさんあります。

セキュリティ面が安心

高齢者を狙った犯罪は、とても多いのが現状で気をつけていても事件に巻き込まれてしまう可能性は十分にあります。

オートロックや防犯カメラが付いている物件が多くセキュリティ面で安心して生活できます。

中には警備会社と連携がある物件や警備員さんが常駐している物件があります。

心配な方はこういった物件を探すのがいいと思います。

 

体力的負担軽減

ワンフロアのため、日常生活の移動がとても楽です。

広すぎると家事が大変になり、動くのをおっくうになります。

老後はできるだけ、体力面の負担を減らして、のんびり生活したいですよね。

マンションは、住む階数を注意すれば老後の住まいとしていい選択になりそうです。

高層階は体力的に負担になる可能性が高いので、避けたほうが無難です。

もし引っ越しをしてあなたに合わなかった場合には、賃貸であれば戸建てよりも手軽に引っ越しができるのもメリットです。

バリアフリーのマンションも中にはあるので、老後のことを考えると考慮しておきたいポイントですよね。

老後の住まいにマンションで後悔した話

老後に向けてマンションを購入する場合は、かなり大きなお金が必要になります。

購入・賃貸どちらの場合も、引っ越した後に思っていたよりも全然違ったと感じて後悔しないように、デメリットをしっかり把握しておきましょう。

部屋の規模が狭い

戸建ての広さで生活していた方にとっては、マンションの部屋の規模を狭いと感じてしまう方もいます。

子どもたちが帰省した時に、部屋の数が足りないという事態になりやすいです。

高齢になると、周囲との関わりが疎遠になりがちなので、老後はさらに親戚で集まるイベントはとても楽しみになります。

老後も泊まれるくらいの部屋の準備はしておきたいですよね。

駐車場がない

車やバイクを日常的に利用される方にとってはかなり深刻な問題です。

戸建てだと敷地内であれば自由に駐車できますが、マンションだとそうはいきません。

駐車場もあるマンションだと問題ないのですが、別で契約しなくてはいけない場合もありますので、後悔しないように注意が必要です。

隣人とのトラブル

住み慣れた戸建てからマンションに引っ越しをして、新しいコミュニティに馴染めず後悔したという方もいるようです。

その際賃貸であれば引っ越しはしやすいですが、購入した場合はなかなかそうはいきませんよね。

老後に向けてわざわざマンションに引っ越ししたことで、孤独感を感じるのであれば、住み慣れた街でのんびり生活したいですよね。

老後に向けてマンションを購入するべきなのか

老後の住まいのマンションを賃貸で生活するか、いっそのこと購入してしまうかというのもとても悩ましい問題ですよね。

老後のことを考えると賃貸料や住宅ローンが残っていた場合には、金銭面が負担になります。

マンションを賃貸で住む

毎月かかる賃貸料や管理費は固定だからこそ、急な出費がなく生活費の計画が立てやすいのがメリットです。

逆に支払い終わることがないので、一生支払い続けなくてはいけません。

マンションを購入する

一度、支払いが完済すれば毎月のコストがかからないため、老後は安心して暮らせます。

住宅費用を抑えたい方にはとてもおすすめです。

ただ、管理費や修繕費がかかってしまう可能性もあり、急に大きな出費となることもあります。

若いうちに住宅ローンを組んで購入してしまった方が、老後のことを考えると最善の選択のように感じます。

賃貸・購入どちらにしてもメリット・デメリットはあるので、将来設計をしっかり立てて選択しましょう!

老後は年金暮らしになり収入が限られます。

金銭的な負担が出来るだけかからないように今から準備しておくことが大切です。

老後の住居にマンションと戸建てを選ぶならどっち?

マンションが向いている人

・体力的負担を軽減

高齢になると体力面で移動距離があると家事がおっくうになってしまいます。

ワンフロアで完結できる、マンションは老後の住まいにピッタリです。

・共用スペースの掃除や管理が不要

共用スペースは管理の方が掃除してくれるので安心です。

特に雪が降る地域では大変な雪かきが、マンションだとやる必要がないはメリットですよね。

若くても大変な雪かきは、高齢になるとさらに大変になります。

・セキュリティが安心

セキュリティが整っているマンションは老後も安心して生活ができます。

高齢者を狙った犯罪はかなり多いので、心配な方オートロックのマンションがおすすめです。

 

戸建てが向いている人

・住み慣れた現在の住宅で生活したい方

高齢になって新しいコミュニティに馴染むのはとても大変です。

新しい場所で、孤独感を感じるより現在のコミュニティの中で、老後も楽しくのんびり暮らせた方がいいですよね。

・ペットを飼いたい

マンションはペットが許可されている物件が限られています。

自由にペットを飼いたいという方は戸建てがおすすめです。

・駐車場や駐輪所が欲しい

車やバイク、自転車を日常的に利用される方は、戸建てが便利です。

マンションは駐車場や駐輪場がない物件も多いです。

まとめ

  • マンションと戸建てどちらにしてもデメリットはある
  • マンションはメリットもたくさんある
  • 家事の負担を軽減したいならマンション
  • 老後の生活の自由度がより高いのは戸建て
  • 住宅費を抑えたい方は賃貸は選ばない方が得策

老後の住まいはマンションと戸建て、あなたにはどちらが合っていましたか?

どちららにしても、メリット・デメリットがありとても悩みますよね。

さらに、賃貸なのか購入するのかもまた悩ましい問題です。

今回調べてみて、若いうちに住宅ローンで住居を購入した方が、住宅費が抑えられるので最善の選択と感じました。

私も今のうちから老後のことをしっかり考えていきたいと思います。

将来設計をしっかりと立てデメリットも踏まえた上で、あなたのライフスタイルに合った住まいを慎重に選択をしましょう!

satori

Posted by satori