ルイボスティーは痩せる飲み方がある!効果やおすすめ商品を大公開!

ルイボスティーは習慣的に飲むことで痩せることができるだけではなく、健康的な体をつくるのにも効果的です!!

年齢を重ねるごとに代謝が悪くなって、痩せたいのに痩せられないと悩んでいませんか?

飲むだけで痩せやすくなり、健康的な体を作ってくれる良いことだらけのルイボスティーは試してみる価値があると思います!

私が以前働いていたエステサロンや通っていたサロンも、お客様にルイボスティーをお出ししていました。ダイエットに効果的ときいて納得です♪

この記事でわかること

  • ルイボスティーの淹れ方と美味しい飲み方
  • ルイボスティーの効果
  • 飲みすぎたときのデメリット
  • 人気のルイボスティー商品

自分が理想とする綺麗で健康的な体になるために、こちらの記事をぜひ参考にしてみてください♪

ルイボスティーは痩せる!飲み方や簡単アレンジを紹介!

ルイボスティーは煮出して淹れると成分が抽出されるので痩せるには効果的です!!淹れ方とアレンジ法をご紹介します。

ルイボスティーの淹れ方

単に味や香りを楽しみたいのであれば、お湯出しや水出しで飲んでもいいのですが、効果が最大限に引き出される淹れ方は煮出しです。

商品によって煮出し専用や水出し専用があるので、購入の際はよく確認してくださいね。

水出しの場合は水1リットルに茶葉は10gほどです。

パッケージに目安の量が書かれているかと思いますのでそちらを参考にしてみてください。

冷蔵庫に10時間ほど置いてから飲むといいです。

入れたままにしておくと、成分が出続けるのでボトルに入れたままの方がおすすめです。

煮出しの場合は水1リットルに茶葉は5gほどです。水出しよりも茶葉の量は少ないです。

水のみ火にかけて沸騰してから茶葉を入れます。

10~15分ほど煮出し、火を止めて茶葉を取り出して飲みます。

出来上がったら冷めないうちに飲み切りましょう。

温かいうちに飲むと冷え性の予防、血行の促進、リラックス効果が高くなります!

ルイボスティーの簡単アレンジ法

ルイボスティーは苦みや渋みがあまりなく、ほのかに甘みがあります。

私は紅茶が苦手な方ですが、あまり癖がなく後味の清涼感がミントのように感じられたので飲みやすかったです。

飲みにくいと感じたり、味に飽きてしまったりで習慣化するのが難しい方は少しアレンジして色々な味を試してみてはいかがでしょうか。

  • 牛乳をいれてミルクティー風に

牛乳をいれることで味がまろやかになります。甘めが好きな方はお好みではちみつをいれるといいですよ♪

  • ショウガをいれてジンジャーティー風に

すりおろしたショウガを入れます。チューブタイプやパウダータイプでも大丈夫です。

辛みが気になるときははちみつや黒糖、シナモンを入れても違った味わいが楽しめます。

  • カットフルーツやジュースジャムをいれてフルーツティー風に

りんごやオレンジ、キウイなどお好みのカットフルーツをいれて自分の好みの味にできます。

ジュースやジャムでも出来るので忙しい時でも簡単にできますよ♪

ルイボスティーで痩せる効果的な成分とは?

ルイボスティーは、ノンカロリーで糖質ゼロです。カフェインもゼロなので妊娠中の方や赤ちゃんも飲むことができます。

ルイボスティーには、ポリフェノールの一種で抗酸化作用と抗菌・殺菌作用をもつフラボノイドが含まれています。

また現代人に不足がちなマグネシウム、カルシウム、カリウム、亜鉛、鉄などの主要のミネラルが含まれています。

痩せるだけではなく、健康的な体を作る色々な効果をもたらしてくれますので、その効果を紹介したいと思います。

ルイボスティーの効果

  • むくみ・便秘の改善

むくみで足が痛い、便が硬くて悩んでいる方にはルイボスティーがおすすめです。

むくみの原因はカリウムとナトリウムのバランスです。

ルイボスティーには利尿作用のあるカリウムが含まれていて、余分なナトリウムを排出してくれることで、むくみの改善につながります。

便秘は大腸の水分不足によって起こります。

ルイボスティーに含まれているマグネシウムは便秘薬の成分でもあり、腸内の水分を集めて便を柔らかくしてくれる作用があるのです。

  • 食べすぎ予防やダイエット効果

ルイボスティーには、レプチンと呼ばれるホルモンのレベルを上げてくれる成分が入っており、満腹中枢に作用して食べ過ぎの予防に効果があります。

また、このレプチンは交感神経を活性化させて体のエネルギー消費を促してくれるので脂肪を燃焼しやすくしてくれます。

食事をする前や運動をする前に飲むと相乗効果で痩せやすい体を作ってくれますよ

  • 美肌効果・白髪対策・アレルギー症状の緩和

ルイボスティーにはポリフェノールの一種のフラボノイドが含まれています。

このフラボノイドは活性酸素を抑制してくれる働きがあります。

活性酸素とは、体内に酸素を取り入れて代謝を行うとき必ず発生します。

この活性酸素が増えすぎてしまうと、免疫力の低下や老化などを促進してしまいます。

その活性酸素を抑制させることで、シミやシワの予防、肌の新陳代謝の促進、血行促進、免疫力の強化が期待できます。

白髪が増える原因は、老化や栄養不足、ホルモンバランスの乱れです。

新陳代謝と血行の促進によって白髪対策に効果があります。

また、フラボノイドには抗酸化作用と免疫力の強化があることからアレルギー症状の緩和にも効果が期待できます。

  • リラックス効果

ルイボスティーに含まれているマグネシウムは、神経の興奮を抑える作用があり、精神を安定させてくれる効果があります。

ルイボスティーの淹れ方でもお伝えしましたが、煮出してホットで飲むと冷え性予防や血行の促進、リラックス効果が高まります。

ノンカフェインでリラックスできるので、寝る前にはホットルイボスティーがおすすめです。

ルイボスティーの飲みすぎるデメリット

1日に飲んでいい量は、コップ1~2杯です。それでも効果が現れなければ少しづつ自分に合う量を調整しましょう。

ただ過剰に飲みすぎると、トイレが近くなったり、お腹が緩くなる、胃痛になる可能性があるので注意してください。

また妊娠中の方はポリフェノールの取りすぎには注意が必要と言われています。

妊娠後期の妊婦さんがポリフェノールの取りすぎで生まれた赤ちゃんに心疾患があったという例があるそうです。

ルイボスティーにはポリフェノールが含まれています。

微量の接種であれば体には良いので問題はないのですが、チョコレートやココア、お茶などにもポリフェノールは含まれいます。

1日のバランスを考えながら飲むようにしましょう。

特に妊娠後期(8~10ヵ月)の方は、ポリフェノールの影響を受ける様なので気を付けましょう。

明確な基準はわかっていませんが、1日に飲んでいい量は500ミリリットル以下ですので大体コップ1~2杯なら問題なさそうです。

ルイボスティーで痩せるおすすめ商品を紹介

ルイボスティーにはレッドルイボスティーとグリーンルイボスティーの2種類があります。

レッドルイボスティーはよく目にする鮮やかな赤い色の茶葉で、発酵特有のコクやほのかな香りと甘みを安価で手軽に楽しむことができます。

私が飲んだことがあるのはこのレッドルイボスティーです。

グリーンルイボスティーは茶葉を発酵させずにフリーズドライ製法という特殊な製法でつくられているため、希少価値が高く高価です。

発酵をしないのでレッドルイボスティーに比べてフラボノイドは10倍以上あり、抗酸化作用があるアスパラチンは81倍も含まれているそうです。

グリーンルイボスティーの方が成分は多く含まれていて魅力的ですが高価な分、習慣化するのは難しいかもしれません。

レッドルイボスティーにも効果はあるので続けやすいかと思います。

それぞれのルイボスティーから、おすすめの商品を紹介します。ぜひ参考にしてみてください♪

こちらの商品はレッドルイボスティーで、煮出しと水出しが可能です。

お湯1リットルにつき1包で、100包入りで1000円(税込)なのでお買い得ですね♪

ティーパックが日本製なので安心ですし、袋がチャック付きなので保管も簡単です。

\\お買い物マラソン開催中!ポイント最大43倍//
楽天市場
\\ポイント5%還元!//
Yahoo!

こちらの商品はグリーンルイボスティーで、煮出しと水出しが可能です。

こちらもお湯1リットルにつき1包で、40包入りで1080円(税込)です。

1包当たりの値段を考えるとレッドルイボスティーよりも高価ですが、より効果的に成分を取りたい方はグリーンルイボスティーの方がおすすめです。

まとめ

  • ルイボスティーは痩せるだけではなく、むくみ・便秘の改善、美肌効果、白髪対策、アレルギー症状の緩和、リラックス効果の体にもいいメリットだらけ
  • ルイボスティーは煮出して淹れた方が成分が抽出されるので効果的
  • 飲みすぎると、トイレが近くなったり、お腹が緩くなる、胃痛になる可能性がある
  • 妊娠中の方はポリフェノールの取りすぎには注意が必要なので、バランスを考えてルイボスティーを飲む必要がある
  • ルイボスティーにはレッドルイボスティーとグリーンルイボスティーの2種類があり、より成分が含まれていて効果的なのはグリーンルイボスティー

ルイボスティーはダイエットをするのに効果的な飲み物だということがわかりました。

スタイルが良くなるだけでなく、デトックス効果もあってお肌も綺麗になるなんて魅力的な飲み物ですね♪

過剰摂取には気を付けて効率よくダイエットで綺麗な体を手に入れましょう!!

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

risamam

Posted by risamam