年末年始は休みなし!休みたくても休めない働く人の悲しい事情!

仕事休みなし,年末年始仕事,年末年始

年の終わりと新たな始まり。“大晦日に掃除をして、気持ち新たに年を迎える”年末年始。

大半の人が、年末年始を長期休暇で迎えている中、普段と変わらず仕事をしている人達がいます。

世間がお休みの中、仕事ってなんだかブラック…そう思う人もいるかもしれません。

しかし、年末年始に休みなく働いている人のおかげで、私達のお休みは成り立っているといっても過言ではありません。

どうして休みがないのか…休みたくても休めなくて辛い…。そう思いながら我慢して働いている方もいますよね。

休みたいのに休めない!でも視点を変えてみると、意外と悪くない!?実は年末年始に休みがないメリットもあるのです

この記事では、年末年始に仕事をしている方の事情とともに、年末年始に働いたからこそ、得られるものもある、ということをまとめてみました。

「年末年始に休みなしの仕事への就職や転職を検討している人」や「年末年始に休みなしの仕事に就いている人」にぜひ読んでいただきたい記事です。

 

 

年末年始に休みなしの仕事は意外とメリットもある

年末年始働いて得られるモノが、疲れたあなたを笑顔にさせてくれるかも。

年末年始に休みなしなんてしんどいだけじゃないかー!思う人も多いでしょう。

年末年始の長期休暇、お客様少なければ又は普段と同じぐらいの業務量だったらな…。

と淡い期待を抱くも、すぐに裏切られ、目まぐるしい忙しさに襲われて、心身ともに疲れることでしょう。

忙しく休めないことは、絶望的に感じますが、視点変えてみるとどうでしょうか。

年末年始に、休まず働いた人に得られるものとは何でしょう。

 

働いた分だけ返ってくる、頑張った証のお給料!

何のために辛い思いしながら働いているかっていったらやっぱりお給料ですよね。

年末年始だと手当をつけてくれる会社も多いのではないでしょうか?

世間の人が休んでいるときにいつも以上に稼ぐことができます。

お年玉等で出費が重なる時期に、懐が潤うと考えたら幸せな気持ちになりませんか。

私も年末年始の忙しい中、飲食店で働いた経験があります。

いつもの給料とは別に手当が出ていたので、給与明細を見た時についつい笑顔が零れてしまいました。

しんどいなあ、という気持ちを抱えながらも忙しい日を乗り切り、その分返ってきたと思うと嬉しいものです。

 

一仕事終えた後にゆったりとれる休暇!

年末年始休めない代わりに、少しずれた時期にゆったりとした休暇をとることが出来る会社もあります。

年末年始は帰省する方も多く、ラッシュに巻き込まれたりして移動だけでも一苦労。

ラッシュを乗り越えなきゃ、という億劫な気持ちを持たなくて済む、自由な時間が作れます。

追われることのない自分の時間を持つことが出来るのも、年末年始頑張ったからこその特権と言えるでしょう。

しかし、やはりモチベーションが上がらないという人も少なくないですよね。

皆が休んでるときに仕事ということと、お休みの人が多い分、普段の業務よりも手間取る仕事が増えてきます。

お仕事ってやっぱり大変だ、と憂鬱な気分になってしまう人の方が多いでしょう。

 

そもそも年末年始に休みなしなのはこんな仕事

皆休んだらいいじゃん!って思っちゃいませんか。

働き方改革と言われている世の中で、年末年始であろうと休めない理由が存在するのです。

どうしても年末年始に休めない仕事とはどんなものがあるのでしょうか。

まずはそこから整理していきましょう。

年末年始に長期休暇の人が多い中、休みなく働いている人の姿を、目にしたことがあるはずです。

具体的にはこのような職業の人が年末年始に休めません。

「医療/介護福祉/警察消防等公務員」

「公共交通機関、ガソリンスタンド等」

「飲食店/スーパーコンビニエンスストア等サービス業関連」

「神社巫女/神主/年賀状配達」

皆さんもご存知の職業が並んでいるのではないでしょうか。

今挙げた職業以外にも工場やテーマパーク、ホテル等まだまだたくさんの人が年末年始に休みなく働いています。

何故、年末年始に休みがないのか、業種によっては理由が分かれています。

書ききれない部分もありますが、ざっくり4つほどに分けて、理由について少しだけ考えてみましょう。

 

年末年始に休みなしの仕事がある理由

世間一般ではお休みなのに、関係なく年末年始お仕事があるのは一体どうしてでしょうか。

その理由も一言では表現できませんが、共通していることは年末年始に休みだと皆が困るということでしょう。

業種を4つほどに細かく分けて、理由を考えてみました。

 

医療/介護福祉/警察消防等公務員が仕事である理由

医療/介護福祉/警察消防等公務員は、祝日だからと状況の変化があるわけではありません。

年末年始だからといって、入院中の患者さんや要介護の方の症状が良くなるでしょうか。

急に人の手を借りずに生活出来るようには、回復しませんよね。悪化してしまう場合もあります。

その際に誰かが、適切な処置をしたり、お世話をしたり、様子を見なければならないわけです。

また、年末年始だからと事故や事件が絶対起きないと言えるでしょうか。

世の中に絶対はありません。最悪の場合を想定して、緊急時に対応出来る人が必要なのです。

 

公共交通機関、ガソリンスタンド等が仕事である理由

公共交通機関、ガソリンスタンド等は、帰省などには必須の移動手段です!

年末年始等の長期休暇には、実家に帰省される方も多いでしょう。

また、お家や実家ではなく、どこか別の場所で新しい年を迎える方も少なくありません。

その際には電車や新幹線、バス等の公共交通機関を使った移動をされる方がほとんどです。

祝日ダイヤという扱いで、運行している数は減りますが年末年始も変わらず、私達を目的地へ連れて行ってくれる大切な移動手段です。

また自家用車で行動されている方も、ガソリンがないと乗れません。

ガソリンスタンドがないと、帰省ラッシュ等で混雑した道路上で、途中で補給もできずガソリンが切れてしまう…。

という悲劇が起こってしまう可能性もあります。

 

飲食店やスーパー、コンビニ等サービス業が仕事である理由

飲食店/スーパーコンビニエンスストア等サービス業は、生活として必要不可欠かつ稼ぎ時です。

サービス業は何故休めないのでしょうか。なかなかお店が年末年始だから、お休みって最近は聞きませんよね。

理由はズバリ、お客様がいるからです。必要なものが買えないとなると、私達が困ります。

たくさん頑張った一年に少しくらい贅沢しちゃおうと、財布の紐も緩みがちです。

年始といったらやっぱり福袋。色々なものが欲しいものが1つの袋に詰め込まれたものを買ったことがある人も、少なくないでしょう。

お店としても、お客様が自社の商品に触れてくれるいい機会です。

年末年始は、商売としては大事な稼ぎ時でもあるわけです。

 

神社巫女・神主や年賀状配達が仕事である理由

神社巫女/神主/年賀状配達は、年末年始特有のお仕事です!

年始といえば、思いつくものは初詣と年賀状ですよね。一年に1回の年末年始だからこそのお仕事というのも存在します。

神社で働いている人や、年賀状を仕分けして配達してくれる人には、むしろ年末年始特有の大仕事があります。このような理由が大半でしょう。

皆休んでいるのに仕事か…と憂鬱な気持ちになったり、見ていて大変そうだなと感じる人も少なくないのではないでしょうか。

かつて、私も年末年始に同僚と、忙しいし、働くのしんどいねと会話をした過去があります。

しかし、世間一般の人がお休みの時に働くことは、デメリットばかりではありません。

最初に書いたようにメリットもあるので私は頑張れました。

 

 

まとめ

  • デメリットばかりではない、働いた分だけ稼げる年末年始。
  • 帰省ラッシュ等に被らず、ゆったりとした休暇がとれるメリット。
  • 医療、公務員、介護福祉、公共交通機関、飲食等サービス業、神主巫女、年賀状配達等、年末年始にもお休みがない業種はたくさんある。
  • 休みがない理由は様々だが、働く人のおかげで充実した年末年始を過ごすことができる。
  • 感謝の気持ちを忘れずに。気持ちの良い年末年始を皆で過ごそう。

「ありがとう!!」年末年始に休まず働いている人が居るから、私たちは休めています。

今回挙げた職業の方以外にもたくさんの方が、年末年始に働いて、世の中がなんとか回るようにしてくれています

もちろん皆さんも普段何かしらのお仕事をして、世の中を回しています。

世の中は助け合いの世界です。つらいことも大変なことも補いあって成り立っています。

しんどいという気持ちを抱えながら働いていた時に、誰かの笑顔とありがとう、感謝の一言で、働いている人の気持ちもぐっと和らいだりします。

感謝することで、嬉しい気持ちを言葉に出来るとともに、働いている人の気持ちもほっこりさせることができます。

気持ちのいい年末年始にするために、一言添えてみるといいかもしれません。

今回は年末年始に休みなし!働く人がいるから休める年末年始。

誰かが休んだ分、誰かが仕事をして、誰かが仕事をしてくれて、他の誰かが休める。

そんなサイクルで年末年始休めている人もいれば働いている人もいるわけです。

年末年始に休みなく、働いている人がいるからこそ私達は休めています。

働いてくれている人に感謝をしつつ、充実した年末年始を過ごしましょう

皆様にとって、良い年になりますように。

Posted by nakagawa