必見!!古米を処分する方法で悩むのはもうやめよう!!意外な使い道

パサパサする・臭いがする・虫がついたから食べられない、と今までは捨てるしかありませんでしたが、バチが当たる、と捨てられもしませんでした。

古米は適切な温度・湿度で保管すれば、余計な水分が抜けてお米の水分量が安定しているので新米に負けないくらい美味しいと言う方もいます。

炊き込みご飯やご飯そのものを調理するパエリア、チャーハンなどにするには扱いやすく、有名なお寿司屋さんがあえて古米を使うこともあるそう。

何でも新米の方が美味しいという訳ではないのが意外ですよね。

古米を外食代わりのリッチな炊き込みご飯にできれば満足度も高いです。

我が家では古米で保冷車に入れて2年くらいのものを今食べてますが、水を足したらまだ美味しくいただけます。

古米は少しの工夫で思ったより美味しく食べられますし、食べる以外にも回収している施設へ寄付など色々な処分方法がありますよ。

古米を処分する前に!美味しく調理する工夫

精米した日から1年後のお米のことを古米といいます。

古古米は2年後、古古古米は3年後のものだそうで古が増えいきます。

「古米って処分するしかないの?」とお考えのあなた。

まず、カビ・虫が入っていない限り調理にチャレンジしてみてください。

氷を2,3個入れて炊く

これが一番おいしく食べれるかなと思います。

沸騰するのがゆっくりで、炊きあがりはモチモチしています。

みりんを入れて炊く

米1合に対して大さじ1杯入れて炊いてみてください。

みりんに入っている糖が米にコーティングされつやつやになり、アルコールが揮発して臭みが消えます。

米は1~2時間ほど、いつもより長めに水につけてくださいね。

日本酒でもアルコールの揮発で臭みが消えるそう。ただし、度数が強いものは日本酒のにおいが残る可能性が高いです。

粉寒天を入れて炊く

米1合に対し2g入れると良いです。味も変わらず、カロリーがおさえられますから、ダイエットしている女子にオススメ。

食物繊維も入っているので、毎朝快調のおなかになります。

つやが出て美味しい

炊く際に入れるとつやが出るものをまとめておきます。

  • もち米 古米全体の1割入れる
  • サラダオイル 少量
  • オリーブオイル 少量
  • はちみつ 少量

うまみが出るもの

  • 大根汁 米1合に大さじ2
  • 昆布 適当
  • 塩  米1合に1つまみ

米のいたむのを防ぎたいなら

お酢を2,3滴入れてみてください。2~3日なら炊飯ジャーの中でも持ちますよ。

卵かけご飯にして食べる

上記の方法で美味しく炊いたら、さらに卵かけご飯にして食べれば美味しくいただけます!

卵は完全栄養食といわれ、体に必要な成分をバランスよく摂ることができます。

特に朝ごはんにはおすすめですよ。

こちらの記事で卵かけご飯の絶品アレンジレシピもご紹介していますのでぜひ参考になさってくださいね。

お米は玄米(精米してない)状態なら約1年間は、味が落ちないのでそのまま保存できます。涼しい場所、風が通る場所に置いてあげてください。

精米してあるお米は温度や湿度の影響を受けやすいので、冬なら約1か月、夏なら2週間くらいで味が落ちはじめます。

夏は冷蔵庫・保冷庫で保存するとよいです。適切に保存して最後まで美味しくいただきたいですね。

古米の処分方法1.粉にしてみる

いわゆる米粉にしてみるのです。目からうろこの発想でしょう。

ミルミキサー、フードプロセッサーで粉にできます。

私は古米を処分する方法として、ミキサーで粉にしてペットの餌にしたり、お菓子作りの材料にしたりしています!

↑↑このミル付きミキサーは価格もお手頃で、スムージーも作れるのでとても重宝しています♪

(米粉の作り方)

  1. 水につける…お米をよく研ぎ、水に2時間以上つけておきます。
  2. 乾燥させる…つけておいた米をザルに上げ、そのまま置いて乾かします。
  3. 水分を飛ばす…米の水分をしっかり飛ばすために、さらに電子レンジで加熱します。
    米を指で押し、粒が潰れるくらいまで加熱をしましょう。加熱後はしばらく置いておきます。
  4. 細かい粉にする…ミルミキサーで細かく挽き、粉状にします。
    一度に大量に入れるとミルミキサーに負担にかかり、刃が回らなくなることがあるので、数回に分けて挽くのがおすすめ。

米粉は粉なので、料理のレパートリーもさまざま。

パン・ホワイトソース・てんぷら粉・クッキー・白玉団子・ホットケーキ・マカロン・ドーナツ・お好み焼き などが作れますよ。

古米の処分方法2.フードバンクに寄付する

ユニクロやGUで服を回収しているように、食品も回収して役立ててくださるところがあります。

今こども食堂ってよく聞きますよね。

日持ちするものをフードバンクに送ると、いろんな方面で役立ちます。

そこまで考えたことなかったという人も多いのではないでしょうか。

フードバンクに送ることで、次のようなメリットがあります。

食費の節約

フードバンクに寄付をすれば、必要な施設に届き食費の節約になることは一番に頭に浮かびますよね。

例えばこのような施設で役立ててもらうことができます。

  • 児童養護施設
  • 女性シェルター
  • 支援施設
  • 福祉施設
  • コミュニティーセンター(いろんな目的で集まる公共の施設)
  • 炊き出し(困窮した状況下にある多数の人を対象として、料理やその他の食料を無償提供する行動)

などに届くそうです。無駄にならずよいですね。

廃棄コスト・環境汚染の軽減

家庭だけではなく、企業でも古米の処分は問題となっていますが、フードバンクへの寄付は企業にもメリットがあります。

  • 食品を廃棄するのにお金を出さないといけないのが、送料だけで済む。
  • 容器を再利用しようとすると、分別という手間がかかるところ、かからずに済む。
  • 食品を作った従業員たちが作ったものが捨てられずに誰かに食べられているという、士気高揚が得られる。
  • こんな食べ物もあるんだ、今度また食べたいな、という顧客の掘り起こしができる。

というメリットがあります。

行政側の面目が保たれる

行政にもメリットがあります。

  • 行政側もメリットがあって、ひとり親世帯の貧困解消ができる。
  • 生活保護者・高齢者・ボランティアの方々が動いて地域活性化につながる。

古米の処分方法3.動物のエサにして食べてもらおう

「動物にエサとして食べさせたいので送ってもらえませんか?」といったところもあります。

回収してくれる施設をいくつかピックアップしてみました。

白鳥のエサ

新潟県柏崎市では、下記のとおり白鳥のエサとして家庭で不要になった古米を集めています。

次の条件を満たす、ご家庭で不要になったお米(玄米、白米、もち米など)を受け付けます。

  1. コクゾウムシなどの虫が発生していないこと
  2. カビの発生、においがしないこと
  3. 変色して青白くなっていないこと
  4. 開封済みの場合、密閉された袋などにつめ、米がこぼれない状態であること

引用:柏崎市公式ホームページ

ぞうのエサ

千葉県市原市の市原ぞうの国では、下記のとおりぞうのエサとして家庭で不要になった古米を集めています。

『古米等の寄付のお願い』
ぞうさんにご飯を食べさせています。古米等(白米・玄米可)をお譲り下さい。ご来園時にお持ちになるか、郵送(送料はご負担下さい)にてお送り下さい。

引用:市原ぞうの国

動物保護施設

全国各地の動物保護施設では、食糧不足のところが多く、古米を寄付をすることで犬や猫を助けることにも繋がります。

~犬猫さん達の手作りご飯食用の「お米・お肉・お魚・お野菜」のご支援のお願いを申し上げます~

動物さんも、シンさん真子さんも、この数か月、お米が買えず、鶏の餌米を食べて生き抜いてきました。

真子さんはもっと悲惨な生活状況を経験されてきましたが、シンさんは鶏の餌生活に参ってしまわれました。

お米ご支援のお蔭で今やっと鶏の餌米から離脱できたところですが、もう残り僅かとなっており、ご支援を必要としています。

手作りご飯用のお米及び具材のお力添えをお願い申し上げます。

引用:福岡・動物たちの幸せを呼びかける会 faha

こちらの施設では上記のとおり古米以外にもお肉やお野菜、ドライ野菜などさまざまな食品を集めています。

古米だけではなく、家庭で不要になった食品を寄付することで役に立つのも嬉しいですね。

まとめ

  • 古米を美味しく食べるには、氷を入れる、みりんを入れてコーティングするなどの方法がある
  • 古米の処分は自分で食べる以外にも、役立ててもらえるところに送る方法がある
  • フードバンクに寄付すると、児童養護施設や福祉施設に役立ててもらえる
  • 動物のエサとして活用してもらえる施設がある
  • 米粉にして活用する

古米の使い道が広がったのではないでしょうか。

私の家では米を作ります(兼業農家)。

稲刈りが終わった時、手元に置いておく俵数とだいたいの消費量を計算してみますが、やっぱり最終的に1年後誤差が出て残ります。

今我が家は古古米(2年前)を食べていますが、いろんな方法で手元の古米を減らしましょう。

Posted by mamemame