平屋に見える二階建ての間取りと外観例!良いとこどりの新しい家の形

平屋に見える二階建ての間取りは、一階で生活が完結出来るようにし、二階は子供部屋や書斎等にすると環境が変わっても柔軟に対応出来ます。

平屋を建てたいけど、敷地面積が足りず希望部屋数の間取りを諦めたり、平屋自体を諦めた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ここで紹介します平屋に見える二階建ての間取りであれば、敷地面積を有効活用し平屋・二階建て両方の暮らしも楽しめますよ♪

こんな方におすすめ

平屋にしたいけれど部屋数を増やせる敷地面積がない

平屋の外観が好きだから二階建てだけど平屋に見えるようにしたい

広いリビング家族とのコミュニケーションを取りやすくしたいけれど、プライベート空間も欲しい

子供部屋を将来有効活用したい

お家づくりの新しい発見がありますように♪

平屋に見える二階建ての間取りポイントを紹介!

そもそも平屋に見える二階建てってどんなもの?
よく見かける二階建てと何が違うの?

一階部分の約半分ほどの面積で二階部分が作られた家を平屋に見える二階建てと呼ぶことが多いです。

よく見かける二階建ては各階ほぼ同じ面積で作られているものが多いですよね。

他にも「1.5階建て」「平屋プラスアルファの家」「平屋風二階建て」と呼ぶこともあります。

また似たような作りでロフト付きの平屋があります。

ロフトは床面積や高さに制限があり、二階という扱いになりませんので今回は省略致します。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

平屋に見える二階建ては、平屋、二階建てに次ぐ新しい家の形として今注目を浴びています。

平屋と二階建てのメリットを兼ね備えたハイブリッド型住宅です♪

まずはそれぞれの住宅のメリットデメリットをざっくり見ていきましょう。

平屋のメリット 平屋のデメリット
・ワンフロアで生活が完結するので、スムーズな生活動線を集約出来る。 ・広い土地が必要。
・フラットなのでバリアフリーが実現出来、つまづきや転倒を防止出来る。 ・プライベートの確保がしにくい。
・家族とのコミュニケーションが取りやすい。 ・坪単価が高くなりやすい。
二階建てのメリット 二階建てのデメリット
・限られた敷地面積で希望の部屋数や広さを実現出来る。 ・階段が必要になるので、移動が負担になる。
・プライバシーの確保が出来る。 ・生活動線が平屋より複雑。
・坪単価が平屋より安い。 ・掃除が大変。

つまり平屋に見える二階建ての魅力は、限られた敷地面積でも希望の部屋数が作られ、平屋のような暮らしを実現出来ることです。

ライフスタイルが変化した後も住みやすい作りになっています。

また家族とのコミュニケーションも取りやすくプライバシーの確保も出来る点もあります。

平屋に見える二階建ての間取りポイント

①LDK・水回り・主寝室を一階に設け、基本はワンフロアで生活が完結出来るようにする。

主寝室を一階にすることで朝から夜眠るまで平屋と同じような生活が出来ます。

また広いリビングを確保することが出来、家族とのコミュニケーションが取りやすくなります。

②二階にコンパクトな子供部屋・ワーキングスペース・趣味部屋を設ける。

そうすることで受験勉強や仕事・趣味に打ち込めるプライベート空間が出来、自分の時間も家族との時間も確保出来ます。

子供が自立した後は各部屋を収納や来客用の宿泊部屋にも使えます。

長い目で見てライフスタイルの変化に柔軟に対応出来る間取りです。

将来的に二階はサブスペースになることが想定されていますね。

また二階がコンパクトなので、一階を吹き抜けにすると平屋のような開放感を感じられます。

魅力的すぎて、私は数年前に二階建てを購入しましたがこんな間取りにしたら良かった!と思いました。

それでは上記2点を踏まえた間取り例を見ていきましょう♪

平屋に見える二階建ての間取り例

家族がリビングで過ごすことを基本とした間取り

引用:SUUMO

家族と過ごす時間を重視している間取りだけあり、LDKの上に子供部屋を設けることで各階にいながらコミュニケーションを取ることが出来ます。

また一度LDKを通ってから各部屋に繋がるようになっています。

二階は子供部屋のみ!老後をしっかり考えられた間取り

引用:SUUMO

ほぼ平屋のような間取りです。水回りを集中して設けてますので動線が短く、老後もスムーズに移動が出来ますね。

平屋のような暮らしが実現出来、どの空間も有効活用出来る間取りですね♪

技あり収納術で生活感を感じさせない間取り

引用:SUUMO

一階の大きなパントリーも印象的ですが、広い納戸を二階に設けることで隠せる収納が出来る間取りです。

二階の納戸が全て南側にありますが、そちらが天井の勾配が最も強い箇所だからだそうです。

平屋に見える二階建ては屋根の都合上天井の勾配が一方に強くなる場合もありますので、こちらの間取りはそこを有効活用されていますね。

平屋に見える二階建ての外観例!屋根と窓が肝!

平屋に住みたい理由の一つに、「平屋の外観が好きだから」という方もいらっしゃると思います。

二階建てでも平屋に見える外観にすることは可能です!

平屋に見える二階建てにする為の外観ポイント

①屋根を大きくする

②軒を長くする

③窓の高さを揃える

まず屋根は大きな片流れ屋根にし、屋根の面を正面から見えるようにしますと二階部分は屋根でカバーされ平屋のような外観になります。

このような外観です。

引用:SUUMO

そしてこちらは軒も長く、窓の高さも揃っていますので二階建てなのに平屋に見えますね♪

大きな屋根は太陽光パネルも沢山搭載出来ますのでそちらも魅力の一つです。

また、こちらも同じ条件の外観です。とてもおしゃれです。

引用:SUUMO

当初平屋希望のご夫婦が一目ぼれした平屋デザインがあったそうで、二階建てでありながらその外観が実現出来たそうです!

ご自身の理想とする平屋の外観を実現しやすいのも、平屋に見える二階建ての良さですね。

引用:SUUMO

こちらは正面から二階部分は見えていますが、二階部分を低く見せることで平屋に見えます。

一階、二階それぞれ窓の形と高さが揃っていますので見た目のバランスもとても良いですね♪

引用:SUUMO

このような南欧風の平屋に見える二階建てもありました。海外風の外観もおしゃれで可愛いですね♪

平屋に見える二階建ての外観は、お好きなテイストもあるかと思います。

そちらも重視しながら、外観にどこまで高さを出したいかによって屋根の形や向きを選ばれると良いですね。

平屋に見える二階建ての価格は平屋よりも抑えられる

気になる平屋に見える二階建ての価格ですが、SUUMOに掲載されてある物件のみを見ますと平均約39.8坪で約2500万円でした。

こちらは本体価格のみですので、別途工事費用や土地費用が発生します。

平屋で平均30坪前後で建築費用が約2000万円ですので、平屋も平屋に見える二階建ても坪単価の相場は約60万円/坪ですね。

しかしハウスメーカーによって坪単価は大きく異なりますのでご注意下さい。

平屋で部屋数を増やしたい場合、家の基礎工事が必要になる面積や屋根が増えますので更に価格が上がります。

しかし平屋に見える二階建ての場合は、希望の部屋を二階に設けることでそれらの費用がかからなくなります。

その結果平屋に比べ価格が抑えられます。

またSUUMOに掲載されてます平屋に見える二階建ての平均敷地面積は103坪でした。

敷地面積の約半分ほどを建物に使用する方が多いということですね。

まとめ

  • 平屋に見える二階建ての間取りは、一階にLDK・水回り・主寝室を設け、二階に子供部屋や書斎等を設ける。
  • この間取りにするとで子供が自立した後も一階で生活が完結し、子供部屋は収納等に使える。
  • 平屋に見える二階建てはライフスタイルの変化に柔軟に対応出来る間取りである。
  • 二階建てなのに平屋に見えるようにする為には、片流れ屋根などの大きな屋根にし、二階部分をカバーするように屋根の面が正面から見えるようにする。
  • また軒を長くする、窓の高さを揃えることも効果的。
  • 平屋に見える二階建ての坪単価の相場は約60万円/坪。
  • 部屋数を増やす場合、基礎工事や屋根の面積を増やす必要がないので平屋に比べて価格が抑えられる。

知れば知るほど魅力的な平屋に見える二階建て。

平屋を諦めていた方や、平屋を候補に挙げていなかった方の新しい道しるべになれば嬉しいです。

長く永く使うお家なので、環境が変化してもどの部屋も有効活用したいですよね。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

aindigo

Posted by aindigo