靴下をプレゼントするのは失礼にあたる!?知らないと困る知識を解説!

生活プレゼント,失礼,靴下生活,失礼,靴下

プレゼントに定番な靴下には失礼な意味合いがあると知っていましたか?

お見舞いに持っていってはいけない物はよくありますが、プレゼントにもあるなんて知らなかったですよね…。

相手によっては失礼にあたる靴下ですが、もし贈りたいのであればちょっと工夫をすることで誤解される可能性が低くなります。

相手と気まずい関係にならないようにしっかりと意味を知っておきませんか?

この記事では、人によっては失礼にあたる靴下の意味を他サイトよりも分かりやすくまとめました。

さらに、プレゼントの意味を誤解されにくい方法もご紹介しています♪

この記事は○○な人におすすめ
  • 靴下はなぜ失礼な贈り物なのかを知りたい人
  • 靴下をプレゼントとして贈ろうと考えている人

ここで知識として蓄え、未然にトラブルを避けましょう!

 

 

靴下を上司にプレゼントするのは失礼にあたる

プレゼントは、会社の上司や同僚、さらには友達などに贈る機会がありますよね。

プレゼントに「靴下」を選ぶ人は多いのではないでしょうか。

ですが、贈る前にちょっと待って下さい!

そのプレゼントが、実は大変な意味を持っているかもしれません。

ここからは、プレゼントとして定番な「靴下」の意外な意味を解説します!

 

靴下の意外な意味

靴下には「下」という漢字が入っていますよね。

これは「見下す」につながり、目上の人に贈るのは失礼になります。

また、靴下は床などを「踏みつけるもの」とも考えられます。

ですので、「あなたを踏みつけます」という意味にも繋がります。

このため、意味を知らないで贈ってしまうと、相手に喧嘩を売っているようなプレゼントになります。

特に年配の上司や、マナーに厳しい人にはこうした些細なことによって、嫌悪感を抱かれてしまうかもしれません。

ですので、そういう人には靴下を贈らないようにすることが無難です。

また、少し上の世代の男性にとっては、働くときも身に付けるものなので「より勤勉に」という意味に捉える人が多いです。

 

上司に贈るなら扇子か石鹸がおすすめ

といっても、「じゃあ、靴下がダメなら何がいいの?」となりますよね。

プレゼントの中には悪い意味をもつものがありますが、反対に良い意味を持つものもたくさんあります。

ここからは、上司に贈るプレゼントのおすすめを6つご紹介します!

【1.扇子】

だんだん広がる様子から「広がり栄える」という意味を持ちます。

【2.石鹸】

「病を洗い流す」という意味を持ちます。

【3.タオル】

タオルは糸をつないで作られるものということで、人間関係に関するプレゼントには非常に良いとされます。

【4.バッグ】

「より勤勉に」と年上に対しては失礼にあたる意味がありますが、「門出」という良い意味もあります。

【5.お酒】

「もっと仲良くなりたいです」という意味があります。

【6.ハンドクリーム】

「あなたのことを大切に思っています」という意味を表します。

 

まだある靴下の意味

上記では、上司に靴下を贈る場合について解説しました。

ですが、「それじゃあ、気心知れた人や上下関係を気にしない人ならOKかな?」と思っていませんか?

その場合も、ちょっと待ってください!実は、その場合にも失礼な意味があります。

靴下はほぼ毎日履くように、生活していく上で欠かせない必需品ですよね。

このことから、靴下を贈る場合「貧乏人への施しもの」という意味を持ちます。

ですので、「生活していくうえで必要なものすら買えないほどお金がないだろうから買ってあげる」という意味に捉えられてしまう場合があります。

ハリーポッターで、靴下をハリーから渡されたドビーが奴隷でなくなったシーンを覚えていますか?

主から身に付るものをもらうと自由になれるという設定でしたよね。

ドビーは奴隷だったので喜びましたが、友達のような対等な関係の人にはプレゼントしない方が無難です。

 

 

靴下をプレゼントする本当の意味【女性から男性編】

上記では、上司に靴下をプレゼントする場合の意味を解説しましたが、ここからは女性から男性に靴下をプレゼントする場合について解説します!

靴下は、男性同士や男性から女性に贈る場合よりも、女性から男性にプレゼントすることが多いですよね。

見えるところに気を遣っている男性も、靴下は頻繁に買い替えたり、おしゃれなものを持っていたりする男性は少ないと思います。

そのため、女性からプレゼントされるとテンションが上がるはずです。

ですが実は、靴下は女性から男性にプレゼントする場合の意味があるんです。

私も知らなかった意外な意味があります…。

 

欧米では靴下は下着と同じようなものと考えられている

女性から男性に靴下をプレゼントすることは「私の身体を自由にしてください」や「寝室をともにしましょう」という意味合いがあります。

また、「あなたに心を開放している」という意味もあります。

このような意味は、欧米の文化からきています。

欧米の文化では、部屋の中でも寝室以外では靴を履いている家庭が多いですよね。

このことから、靴下を見せるのは寝室をともにする人だけとなります。

ですので、靴下はあまり人に見せないものイコール下着と同じようなものと考えられています。

上記の意味を考えると、よほどその男性に惚れ込んでいない限りやめておいた方がいいですね笑

一方で韓国では、靴下は福を招くめでたいものと考えられているそうですよ♪

 

 

靴下をプレゼントする本当の意味【男性から女性編】

ここでは、男性から女性に靴下をプレゼントする場合の意味を解説します!

あなたは、男性から靴下をプレゼントされたことはありますか?

この意味を知ると、ちょっとドキッとするかも知れません…。

 

やっぱり靴下の意味は「踏みつける」と「見下す」

男性から女性に靴下をプレゼントする場合には、「踏みつける」や「見下す」という意味合いがより強くなってしまいます。

そのため、「俺に服従しろ!」という意味に捉えられかねません。

やはり上記でも解説した通り、欧米の文化では靴下は人に見せないものイコール下着と同じようなものと考えられています。

ですので、交際関係でもない限り男性から女性に贈るのはやめておいた方がいいでしょう。

 

 

靴下のプレゼントの意味を間違えて捉えられないために

靴下の意外な意味を知っても、やはり低価格で気軽に渡しやすいのでプレゼントに選びたいですよね。

ここからは、どうしてもプレゼントしたい場合、誤解を招きにくくする工夫をご紹介します!

 

一言添えるだけで相手の捉え方が大きく変わる

プレゼントって大したものでなくても、一言メッセージを添えるだけでそのプレゼントはかけがえのない最高のプレゼントになりますよね♪

ですので、靴下のプレゼントと一緒にメッセージを添えましょう!例えば…

最近冷えるので、足を冷やさないようにしてくださいね。
プレゼントに悩みましたが、毎日使うものの方がいいと思ったので…。
失礼な物かもしれませんが、ぜひ使ってください。

など、相手を思いやるようなメッセージにするといいですね♪

 

きれいにラッピングしてもらう

やはりギフト用に包んでもらっても、靴下の意味は変わりません。

ですが、ラッピングをしてもらうだけでも見た目が変わるので印象は良くなりますね。

また、ラッピングをしてもらう際、リボンをかけるか熨斗紙(のしがみ)をかけるか選ぶなら、目上の方には熨斗紙の方が丁寧です。

一方で、重々しい印象にならないようにあえてリボンを選択する場合もあります。

このように、品物のみならずラッピングの仕方まで気を配れたらなおいいですね♪

 

相手の事を調べる

靴下をプレゼントする場合は、贈る相手の事を調査しましょう!!

相手のことを調査する時は、以下のことを気にしましょう。

  • プレゼントの意味を気にしない人ですか?
  • プレゼントの意味を知っているでしょうか?
  • 相手は靴下を本当に必要としていますか?
  • 足のサイズはどれぐらいでしょうか?

これらのことに意識してみましょう。サイズに関しては、靴下には靴とは違いあまり明確なサイズがないですよね。

ですが、やはりせっかくプレゼントしたのに大きすぎる、小さすぎるなどで履けないと自分も相手も悲しくなります。

ですので、事前のサイズ調査をしておきましょう!

特に異性へプレゼントする場合は、思ったよりも足が大きい・小さいということが起こりやすいです。

サイズに迷った際は、Mサイズを購入すれば無難かと思います。

もし失敗が許されない相手でしたら、無難なものをプレゼントするのがおすすめです。

 

 

靴下をプレゼントするのにおすすめな素材や相場を徹底解説!

ここからは、男性・女性・子どもへ靴下をプレゼントする際におすすめの素材や相場を解説します!ぜひ参考にしてくださいね♪

 

男性に靴下をプレゼントするならシルクなどの天然素材ものがおすすめ

仕事などでよく動き、足が蒸れやすい環境にある男性なら、シルクやコットン、リネンなどの天然素材で作られた靴下がおすすめです!

これらの素材は、保湿・保温性に優れており、かつ滑らかな肌触りで通気性が良いため、蒸れ対策にもばっちりです。

相手が着ているスーツのカラーに合わせて、黒色や茶色、グレーやネイビーなどシンプルなものが喜ばれます。

おしゃれに敏感な男性であれば、コーデに合う色柄やパンツの丈感を考えて靴下の長さを決めることもポイントです!

 

男性に贈る靴下の相場は600円から2500円ほど

男性に靴下をプレゼントする場合の相場は、使うなら1足あたり600円から2500円ほどです。

ビジネスソックスなら安価でも機能面に優れたものが多く、1000円ほどでも十分にいいものが手に入ります!

ブランドやデザイン、素材を重視するような男性なら、3000円前後の上質なものを贈ると喜ばれますよ♪

 

女性に靴下を贈るならカラフルな色がおすすめ

プレゼントする相手の好みを知っているなら、コーデに合わせてカラフルな色や柄物などをプレゼントするといいですね。

もし好みが分からない相手であれば、やはり定番のシンプルな靴下がおすすめです。

シンプルだからこそ、素材や製法にこだわりのあるものをプレゼントすると特別感がでますよ♪

 

女性に贈る靴下の相場は1000円から20000円ほど

靴下を女性に贈る場合は、お手頃なもので500円程度のものがありますが、高価なブランドでは3000円するものがあります。

ですが、口コミで多いのは1000円から2000円ほどです。

服や靴などのファッションアイテムよりも安価なものだからこそ、1000円以上でも上質なものを選べるんです!

 

子どもに靴下をプレゼントするなら歩きやすいものを選ぶ

子どもにとって靴下は、履きやすさと動きやすさが一番です!

ですので、靴下を選ぶ際は足のサイズや年齢を考えて選びましょう。

まだ歩かない赤ちゃんにプレゼントするなら、着脱しやすいものがおすすめです。

また、歩き出す1歳から3歳頃には、蒸れにくい素材や滑り止めつきの靴下など歩きやすいものを選ぶといいですね。

3歳以降であれば、活動が活発で動き回り、足のサイズがどんどん大きくなるためたくさんの靴下が必要です。

そのような場合は、破れにくい素材のものやスポーツソックスなどを何足かセットでプレゼントすると、ママさんから喜ばれます!

 

子どもに贈る靴下の相場は500円から3000円ほど

子どもに靴下をプレゼントする場合は、出産祝いなどなら3000円程度、ちょっとしたプレゼントなら500円から1000円程度です。

出産祝いならおしゃれなブレンド靴下を数足セットにしたり、ギフトセットなどもあるので予算に合わせて選ぶことができます!

幼児や小学生にプレゼントするなら、お子さんの好みに合わせて予算と数を選んでもいいですね。

 

 

まとめ

  • 靴下には「見下す」「踏みつける」という失礼な意味がある
  • 上司に贈るなら扇子か石鹸がおすすめ
  • 気心知れた人に靴下を贈る場合「貧乏人への施しもの」という意味を持つ
  • 女性から男性に靴下をプレゼントすることは「私の身体を自由にしてください」や「寝室をともにしましょう」という意味合いがある
  • 男性から女性に靴下をプレゼントする場合には、「踏みつける」や「見下す」という意味合いがより強くなってしまう
  • 一言添えるだけで相手の捉え方が大きく変わり失礼な意味をある程度払拭できる
  • 男性に靴下をプレゼントするならシルクやコットンなどの天然素材で作られた靴下がおすすめ
  • 女性に靴下を贈るならカラフルな色がおすすめ

プレゼント1つとっても、こんなに失礼な意味があるとは思っていませんでした…。

相手が失礼と感じたり、不快に思ったりする人がいるかもしれないということを考えてプレゼントを選ぶことが大切ですね。

ですがもし、失礼だとされるものでも相手が本当に必要としているものであれば喜ばれるはずです。

上記でご説明した通り、靴下を贈っても大丈夫な人か確認し、メッセージを添えたり、ラッピングを工夫したりすることで誤解を防ぐことが可能ですよ!

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

Posted by Yuki_rabbit