40代がやってはいけない髪型とおばさん化しないヘアスタイルを紹介!

女性なら誰だっていつまでも若々しくいたいですよね。

そのためには、40代以降にやってはいけない髪型、おばさんに見えない若見えする髪型を知る必要があります。

40代になると、今までと同じ髪型をしていてもなんだかおばさんに見えてしまうことがありがちです。

この年代は身長や体重が変化しなくても、体型や雰囲気、肌の調子などがどんどん変化していきます。

私も40代になってから、白髪や髪のボリュームが減ってくるといった変化で「老けたな…」と感じることが増えました。

40代以降にやってはいけない髪型、おばさんに見えるのはいったいどのような髪型なのでしょうか。

またやってはいけない髪型だけではなくおばさんに見えてしまう髪色や、やってはいけない髪型にならないために必要なヘアケアなどについて調べました。

40代がやってはいけない髪型はおばさんに見えてしまう

40代がやってはいけない髪型とは、一言でいうと「おばさんに見える老ける髪型」です。

Huahua
Huahua
40代がやってはいけないおばさんに見える髪型とは大きく分けて2種類あります。

老けて見えるとは、聞いただけで震える40代には恐ろしい単語ですね。

  • 若い頃と同じ、不自然に若作りした髪型、髪色
  • 艶感や清潔感がなく、パサついて見える髪型、髪色

特におばさんに見えるのは2番目の「艶感や清潔感がないパサついて見える髪型、髪色」の事が多いです。

自分では若い頃と同じだと思っていてもいつの間にか髪質が変化してクセなどが強くなり、パサついて見える場合があるのです!

さらに30代から白髪が出始めて白髪染めをすることにより、実際に髪にダメージを与えてパサついていることもあります。

特にロングヘアの場合は髪の占める面積が大きい分、髪がパサついて見えるとより一層「おばさん」に見えがち。

具体的には下記のようなヘアスタイルがおばさん化して見える、40代がやってはいけない髪型ということになります。

  • ぱっつん前髪やちびまる子ちゃんヘアのようなボブ(不自然な状態にみえる)
  • 重めのロングスタイル(野暮ったい雰囲気になる)
  • トップがぺったんこのスタイル(清潔感に欠ける)
  • センター分けストレートスタイル(こちらも清潔感に欠ける)
  • 全頭ブリーチ(髪の艶感がなくなる)
  • 全ての髪をひっつめスタイル(顔の輪郭がむき出しになる)
  • 前髪から横の髪につながりのない耳かけヘア(こちらも輪郭がむき出しに)

やってはいけない髪型を自覚しない限り、わが身の「おばさん化」はますます進行していく一方です!

若く見える40代はやってはいけない髪型をしていない

40代の同窓会などで同い年の人があつまると「あの人本当に私と同い年!?」とビックリするぐらい若く見える人と会う事があります。

逆に悪い意味で「同い年に見えない」人は先ほどの40代がやってはいけない髪型をしている場合が多々ありますが…。

そんな若見えする人は、雰囲気もさることながら、やってはいけない髪型の特徴をしていないことが多いのです。

  • 軽めの前髪(ななめ前髪がベスト)
  • 自分の顔型や髪質に合った髪型
  • トップに自然なボリュームを出したスタイル
  • 真っ黒過ぎないけれど暗めの髪色(アッシュ系の髪色)
  • 赤みや黄みを抑えて傷んだ髪に見せない髪色

こうしてみると、若く見える40代のコツとは適度に軽さを持たせつつ、自分の顔型や髪質に合わせて無理をしない髪型をすること。

それってまさにやってはいけない髪型とは真逆のスタイルということですね…。

40代で若く見える髪型、おすすめは断然ふんわりショートヘア!

40代になると、髪がやせてしまってコシがなくなるため、ロングヘアだと髪の重みで頭頂部がペタンとして老け見えの原因になります。

ですので、40代にはショートヘアが一番おすすめの若く見えるヘアスタイルなのです!

でも…長年ロングヘアだった人だといきなりショートにするのも似合うか分からないし勇気がいりますよね。

実は私自身がそうで、20代からずっとロングヘアでここまでやってきたのです。

そんな私が40代に似合うショートヘアの特徴を調べてみました。

  • 直線的なストレートショートよりも少し動きを出したエアリー感のあるスタイル
  • ななめ前髪で横の髪とつながりを出しつつ、襟足はすっきりとさせる
  • ショートボブにするときは短めの少しレイヤーを入れた丸みのあるボブスタイルにする
  • クセが強い髪の人はコテやパーマで毛先に動きを出す

いずれの場合も、トップにボリュームを出すスタイルにすることを忘れてはいけません。

40代がやってはいけない髪型顔型別おすすめスタイル

ここでは、2種類の顔型別におばさんに見えない似合う髪型をご紹介していきます。

これで脱・40代がやってはいけない髪型ができますよ。

40代の丸顔、ぽっちゃり顔の人におすすめの髪型

丸顔やぽっちゃり顔の人は柔らかく見える反面、輪郭がむき出しだと太って見えるのが弱点です。

そんな丸顔・ぽっちゃり顔の人がやってはいけない髪型が重め前髪ありの顎ラインストレートショートボブです。

この髪型だとかえって丸さを強調してしまい逆効果になるのだとか。

逆に、40代の丸顔・ぽっちゃり顔の人に似合うおすすめスタイルとは…。

  • ショート…前髪から横の髪に自然な流れを作ったふんわり襟足タイトショートスタイル
  • ロング…薄い前髪とゆるパーマをかけたナチュラルカールスタイル

両方とも気になる頬部分をカバーしつつ、顔を実際よりも小さく細く見せてくれる効果がありおすすめです。

40代の面長顔の人におすすめの髪型

面長の顔の人はシャープで大人っぽく見える反面、実年齢より老けて見えがちなのが弱点です。

そんな面長の人がやってはいけない髪型が、ずばり鎖骨ラインで揃えたタイトストレートスタイルです。

顎から鎖骨ラインの髪型は面長の顔が一番強調されてしまう髪型です。

逆に、40代の面長の人に似合うおすすめスタイルとは…。

  • ショート…ひし形フォルムのふんわりショートスタイル
  • ロング…S字カールのロングスタイル

どちらも顔周りに自然なボリュームをだし、面長の顔に横のボリュームを足してくれる髪型になります。

40代がやってはいけない髪型にならない為に必要なヘアケア

40代がやってはいけない髪型の最後は「やってはいけない髪型にならない為のヘアケア」についてのご紹介です。

この記事では何度も40代は髪質が変化し、髪がパサつきやすくなりがちであるとお伝えしてきました。

Huahua
Huahua
私も実際に、20代の頃にはどちらかというとオイリー肌でしたが、30代後半頃から乾燥に悩まされるようになりました。

だからこそ、日ごろのヘアケアがおばさん化するか若見えするかの重要なカギになるのです。

では、やってはいけない髪型の人がよくやりがちな髪に良くないヘアケアとはいったいどういうものなのでしょうか。

  • 熱いお湯で髪の汚れを流す
  • シャンプーを直接髪につける
  • シャンプーの後はさっとすすぐだけ
  • タオルドライの時に髪をごしごしこする
  • 髪が濡れた状態で長時間放置する
  • ドライヤーで髪を必要以上に乾かし過ぎる

これらはすべて、髪の乾燥化を促進してパサつく原因になってしまう行為です。

Huahua
Huahua
どれもついついやってしまいがちな行為ですよね。私もやってしまっています。

特にタオルドライをごしごしするのと濡れた状態で放置は、子育て世代の40代のママだとあるあるなのではないでしょうか。

基本的に、頭皮は顔の一部なので、NGな行為は顔のお手入れ方法の時と同じようです。

次に、髪のお手入れをきちんとしている人がやっている髪に良いヘアケアの方法も見ていきましょう。

  • シャンプー前にブラッシングをして髪の絡まりやほこりを落とす
  • ぬるめのお湯でしっかり髪を濡らしてからシャンプーをする
  • 洗浄力の高いシャンプーはさける
  • シャンプーはしっかり泡立ててから髪につける
  • シャンプーは頭皮をマッサージするように洗浄する
  • シャンプー、トリートメントはしっかりとすすいで洗い流す
  • タオルドライの際はぽんぽんとたたくようにぬぐう
  • 洗い流さないトリートメントは毛先にだけつける
  • ドライヤーで髪を乾かし過ぎないよう注意する

場合によっては女性用の育毛剤をつかうのも効果的です。

そうではなくても上記の事をしっかりと行うだけでも、髪のダメージを抑え健康な髪がよみがえります。

毛周期のサイクルは男性で3~5年、女性で4~6年と言われていますので、すぐに効果が表れるとは限りませんが、ずっと続けているときっと若見えしていますよ。

ちなみに私のシャンプーとトリートメントは、美容院でおすすめされた「COTA i CARE」というものを使っています。

NeeSa 楽天市場店
¥16,800 (2021/11/01 08:36時点 | 楽天市場調べ)
\\楽天ポイント5倍セール!//
楽天市場

お値段がお高めなので簡単におすすめすることはできませんが、そのぶん人にも環境にも良い品質のものをというこだわりを持って作られています。

Huahua
Huahua
実際に私も使い始めてから、洗い上がりの髪の手触りが変わったことを実感できました。

わが家はパパも息子も肌が弱いため、少々お高くても肌に優しいシャンプーを使うことは必要経費だと思っています。

まとめ

  • 40代がやってはいけない髪型とはおばさんに見える老け見えする髪型
  • 40代は体型や雰囲気、肌の調子などがどんどん変化していく年代
  • 40代でやってはいけない髪型とは不自然な若作りと艶感清潔感のない髪型
  • 若見えする人がしている髪型とは適度な軽さを出しつつ自分の顔型や髪質に合った無理のないヘアスタイル
  • 40代で若見えしたいならおすすめはショートヘア
  • 丸型・ぽっちゃり型の人がやってはいけない髪型は重め前髪の顎ラインストレートヘア
  • 面長の人がやってはいけない髪型は鎖骨ラインで揃えたタイトストレートヘア
  • 40代がやってはいけないヘアケアは乾燥化を進めるケア、おすすめヘアケアは髪と地肌を守るケア

日本人女性は30代後半から髪が衰えはじめ、40代になると一気におばさん化が加速します。

しかし、おばさん化が加速する40代に正しいケアをすることで、その衰えは緩やかになり、若々しく見せる事も可能です。

さらに、自分に似合うヘアスタイルをしていると、年齢を感じさせない若見えができます。

ついついおろそかになりがちなヘアスタイルと髪のケアをして50代になってもいつまでも若々しい自分でありましょう!

Huahua

Posted by Huahua