フラッシュカードを手作りする紙や素材は?印刷で手頃に幼児の知育♪

お父さん
お父さん

フラッシュカードをしてみたいんだけど高いよね。

右脳を育てられるって聞いたから、知育をしてみたいんだよ。

お母さん
お母さん

紙で手作りできるって聞いたことがあるよ。

でもどんな素材で作ればいいんだろう?

フラッシュカードってとても高いですよね。

何百枚もあるので、正規で買うと何万円もします。

でもお金をかけずに知育を試してみたい…

そんなときは、100均で売ってる紙の素材で手作りのフラッシュカードを作ることができます♪

この記事では簡単に安くフラッシュカードを作る方法を載せています。

ぜひ、この記事を読んでお子様に試してみてください♪

この記事をおすすめする方

知育のフラッシュカードをやってみたいけど高いと思う方。

手軽にフラッシュカードを試してみたい。

手作りしたいけど、どの紙や素材で作ればいいか知りたい。

 

フラッシュカードを手作りする紙や素材を紹介♪

それではさっそく手作りフラッシュカードの素材を紹介します♪

まず一番大事なのは紙の素材でしょう。

市販のフラッシュカードは、使って折れないように0.5㎜ほどの厚みがあります。

フラッシュカードは何度もスライドさせて使うものなので、丈夫に作られています。

私の家にあるフラッシュカードも、しっかりした厚みでいい紙が使われています。

厚い紙を探すのは意外と大変ですが、フラッシュカード専用の紙があります。

最初に市販で売られているフラッシュカード用の紙を紹介します。

 

フラッシュカード専用の紙で手作り

引用:Amazon

サイズ A5(148㎜×210㎜)
厚み 0.25㎜
枚数 500枚

この紙はなんと500枚も入っています。

フラッシュカードは何百枚も使うので、500枚は多いと思うかもしれませんがちょうどいい量でしょう。

計算すると1枚5円なので手軽に作ることができます。

プリンターにセットし、イラストフリーサイトで画像を印刷すれば簡単にフラッシュカードを作ることができます。

専用の紙で手作りするメリット
  • 1枚5円でできる
  • たっぷり500枚入っている
  • フラッシュカード専用の紙素材

こちらの紙はフラッシュカード専用なので、こちらで作れば間違いはないでしょう。

デメリットをあげるとすると、注文までに数日時間がかかるということでしょうか。

次は、もっと手軽に作りたいという方にオススメの素材を紹介します。

 

100均の画用紙で印刷して手作り

一般的な100均で売っている画用紙でも作ることができます。

サイズもいろいろありますが、フラッシュカードにはA4サイズの画用紙を選ぶといいでしょう。

今回は2種類の素材でフラッシュカードを作ってみます。

最初は画用紙を使って作っていきます♪

サイズ A4(297㎜×210㎜)
厚み 記載なし おそらく0.2~0.25㎜
枚数 15枚

スライドしやすい、半分に切りサイズをA5にします。

A5は市販のフラッシュカードと同じサイズなのでちょうどいいですね。

長い面を148㎜に測り線を付け、切ります。

そのままカッターやハサミで切ると見た目がかっこ悪いので、同じく100均一でペーパーカッターも買いましょう。

半分に切った紙をプリンターにセットします。

印刷設定で用紙設定をA5に変更します。

イラストフリーサイトで画像をダウンロードし、印刷すれば画用紙フラッシュカードのできあがりです。

画用紙で手作りするメリット
  • 1枚4円でできる
  • そのまま印刷できる

使っていてペラペラが気になるようでしたら、ラミネートフィルムでとじるといいでしょう。

そこまでするのは面倒な方のために、次に丈夫なフラッシュカードの作り方をご紹介します。

 

100均の厚紙に手書きで作る

サイズ A4(297㎜×210㎜)
厚み 0.5㎜
枚数 8枚

次は厚紙でフラッシュカードを作ってみましょう。

こちらもA4なので、ペーパーカッターで半分に切りましょう。

厚いので少し力をいれて切ってくださいね。

私はフラッシュカードを作るなら厚紙をおすすめします。

なぜなら、正規のフラッシュカードは厚みが0.5mmと厚く丈夫にできているからです。

画用紙だと薄いので折れてしまう可能性があります。

厚紙で印刷すればいいと思いますが、一般的なプリンターで印刷できる厚みが0.3mmなので、厚紙0.5mmを印刷することができません。

そこで、一度コピー用紙に印刷したものを切って厚紙に張ります。

スライドするときにはがれたり折れたりしように、しっかり隅までノリをつけましょう。

これなら厚紙にお好きなイラストでフラッシュカードを作ることができますね♪

厚紙で手作りするメリット
  • 1枚7円でできる
  • 使っていて丈夫
  • 手書きならオリジナリティのあるフラッシュカードができる

もう一つの方法として、厚紙に直接イラストを描くという手もあります。

こちらは厚紙に手書きでイラストを描いたものです。

オリジナリティのあるフラッシュカードになりますね。

手書きの場合は絵の具や色鉛筆を使ってください。

逆にクレヨンは手につくのでおすすめしません。

お絵描きがお好きな方はぜひ試してみてください♪

 

フラッシュカードは手作りで幼児の知育をしよう

フラッシュカードとは幼児教育に使うものです。

市販でもいろんな種類がありますが、手作りなら愛着がわいてきます。

私はお絵描きや手作りが好きなので、簡単にできそうなものなら手作りします♪

幼児に使うものだからこそ、正しい使い方をしたいですね。

これから正しい使い方と効果について解説します。

 

フラッシュカードとは

フラッシュカードは幼児の早期教育で使われるもので、続けると右脳が育つといいます。

たくさんあるカードを幼児の前で、パッパとスライドして読み上げながら見せていきます。

この学習で記憶力や集中力がアップすると言われています。

一方で受け身学習のため自主性なくなる、独り言を言うといったデメリットもあるそうです。

必ずそのような状態になるというわけではないので、使い方を知って効果的に使いましょう。

 

0歳から5歳まで

フラッシュカードは0歳の赤ちゃんからできます。

寝ながら見せるという方法もあるそうです。

最初は少しづつ始め、だんだん枚数を増やしていきます。

イメージや言葉を覚えるのに効果がありますが、5歳6歳でフラッシュカードの限界なようです。

フラッシュカードをやりたいという方は、早めに始めるのがよさそうですね。

 

フラッシュカードのやり方

  1. 1枚1秒以下のスピードでカードをめくって子供に見せる
  2. 1日30枚から始める
  3. 最後までできたらほめる
フラッシュカードのポイント
  • 毎日行う
  • 1日10分以内
  • 子供の様子を見ながら行う

フラッシュカードの詳しい使い方は、七田式オフィシャルストアのサイトで見ることができます。

 

フラッシュカードの手作りは印刷で!無料テンプレート

たくさんのメリットがある手作りフラッシュカード。

手作りフラッシュカードの強い味方、無料のイラストやテンプレートがネットにはたくさんあります。

簡単に印刷できるおすすめのフリーイラストサイトをご紹介します。

フリーイラストサイト
  • ちびむすドリル
  • いらすとAC
  • いらすとん
  • いらすとや

このほかにもフリーイラストサイトはたくさんあるので、印刷するだけでお気に入りのフラッシュカードが手作りできます。

かわいくてきれいなイラストをフリーで印刷できるなんてすごいですね。

 

フラッシュカードの手作りは英語も無料ダウンロード

手作りフラッシュカードのメリットは、カードの種類を自由に選ぶことができることです。

特に英語のフラッシュカードは人気です。

幼児教育や幼稚園でも英語教育は取り入れられていますよね。

個人の幼児教室をされているか方は、英語のフラッシュカードを手作りするのもいいでしょう。

手作り英語フラッシュカード無料サイト
  • ちびむすドリル英語(日本語サイト)
  • Let’s Study(日本語サイト)
  • ESL-Kids(海外サイト)
お父さん
お父さん

これなら手軽にフラッシュカードを試せるぞ。

お母さん
お母さん

こんなに簡単に安くできてよかったね。

 

まとめ

  • フラッシュカードは高いので手作りがおすすめ
  • おすすめ素材はA4厚紙
  • 印刷する素材なら専用紙
  • 一番安い素材はA4画用紙
  • イラストや英語が無料でダウンロードできるサイトを利用する
  • 手書きだともっとオリジナリティが出る

いろいろな素材で手作りすることができますが、私のおすすめは厚紙に絵を描くことです。

オリジナリティが出ますし、子供と一緒にフラッシュカードに描くのも楽しそうです♪

お子様の大切な時期に、手作りでフラッシュカードを作る参考になれば幸いです。

ema

Posted by ema