まさかのホワイトデーのお返しなし!?彼の心理を読み解いちゃおう

生活お返し,なし,ホワイトデー

ホワイトデーに好きな相手からお返しがなくて、もしかして脈なしなのかな…?と不安に感じていませんか?

せっかく勇気を出してバレンタインデーにチョコを渡したのに、相手からお返しがないと不安ですよね。

気合を入れて愛情をたっぷり注いで作った手作りチョコレートからデパートなどで販売されているもの。

どのような形であれ、頑張って好きな相手に渡したのですから、まずは自分を褒めましょう。

お返しがなくて落ち込んでいるあなた!男性にも様々な理由、言い訳があるんです。

そもそも女性と男性では価値観や考え方が違います。

今回は、お返しがなかった場合の男性の心理について考えられる様々なパターンをご紹介。

女性には理解し難い?男性の心理を徹底解析します。

 

 

ホワイトデーのお返しなし!?片思い相手がくれない理由

3月14日はホワイトデー。バレンタイに片思いの相手や彼氏、旦那さんにチョコなどを渡した人は、お返しを期待しちゃいますよね。

特に片思いの相手からお返しがなくて、もう諦めようかな…とショックで立ち直れなくなっているあなた!

脈なしと決めつけるのはまだ早いです。

男性は、鈍感でシャイな生き物なんです。温かい目で見てあげましょう。

可能性としていくつか挙げられますのでご紹介します。

片思いの相手がお返しをくれない理由

・ただ単に忘れている

男性は女性より記念日などを忘れがちですよね。

もしかしたら、ただ単に忘れているだけかも?

彼が思い出すことを祈りましょう。

・義理チョコだと思っている

もしあなたが相手に好意を一ミリも見せていなかったのならばありえます。

まさかあの子が僕のことを好きなわけがない、他の人にもあげているだろうと思われているかも。

・恥ずかしい

お返しは用意してあるのに、恥ずかしくて中々渡せない。そんな状況の男性もいるかもしれません。

特に彼もあなたのことが好きな場合。

あなたが彼に渡すときに緊張したように、彼も緊張してあなたに声がかけられないのかも?

お返しがもらえなくて落ち込んだ雰囲気を出すよりも、声をかけやすい雰囲気にしておきましょう!

・お返しなんてなくても俺の気持ちは伝わっている!と勘違いしている

お返しがなくても自分の気持ちは伝わっているはずだと考え、用意しない男性もいるかも。

相手からの好意をめちゃくちゃ感じるのにお返しがなかった場合はこの可能性があると思います。

男性は、意外とシャイで繊細なんですね。

あなたのことが好きだとしても、一体何をあげたらあなたが喜ぶのか一生懸命考えている最中なのかもしれないです。

ホワイトデーが過ぎても一週間は様子をみてみましょう。そのうち呼び出されるかもしれません。

 

 

ホワイトデーのお返しを彼氏や旦那さんがくれない理由

彼氏や旦那さんからお返しがなかった場合はどうでしょう?

付き合ってまもないカップルから長年寄り添ってきた夫婦まで。

片思いの相手と異なる点としては、お互いの思いは既に確認済みということです。

だからこそ、お返しがないと余計に私はあげたのになんであなたはお返ししてくれないの?と思ってしまいますよね。

彼氏や旦那さんからお返しがなかった場合に考えられることとして以下のパターンが考えられます。

彼氏・旦那さんがお返しをくれない理由

・忘れている

特に最近、仕事で忙しそうにしているなどハードスケジュールの方なら可能性は大きいと思います。

さりげなく今日がホワイトデーだということをアピールしちゃいましょう!

・デートやお出かけをした時にお返しをしようと思っている

これは付き合っている、結婚している相手だからこそできることですよね。

ホワイトデー当日でなくても、デートやお買い物に行った時に好きなものを買ってくれるなどのお返しを考えているかも。

デートの予定がある方は期待しちゃいましょう。

・お互いの気持ちは既に分かっているのだからお返しは必要ないと思っている

こう考える男性は意外と多そうですね。しかし、これでは女性は納得しませんよね。

思いが分かり合っているからこそ、相手からのちょっとしたプレゼントが嬉しいのです。

日頃、一緒にいることが多い分当たり前に感じてしまうことが多いと思います。

だからこそお返しして当然でしょと思ってしまいますが、男性も人間です。

忘れてしまったか、その人なりに考えてお返しをしないと選択をしたのでしょう。

どうしてお返しをしてくれないの?と責める前に一度冷静になって彼の気持ちを考えてみましょう。

 

 

ホワイトデーのお返しなしは諦める?

実際、私も当時付き合っていた彼からお返しがなくて落ち込んだことがあります。

モヤモヤしているのは嫌だったので、友達は彼氏からホワイトデーにこんなものを貰ったみたいだよ〜とさりげなくアピールしました。

彼はすっかり忘れていたみたいでものすごく謝られ、後日好きなものを買ってもらいました。

相手が彼氏や旦那さんだった場合は、このようにアピールができるかもしれませんが、片思いの相手に言うのは勇気が要りますよね。

さらにお返しがないと自分のことは好きじゃないのかなとマイナスの方に考えがちになってしまいますよね。

ただ、ホワイトデーのお返しがあったから脈ありということもないと思います。

礼儀正しい男性の場合だと好意があるなしに関わらず、もらったのだからお返しはするものだと考える方も少なからずいます。

一年に一度しかないホワイトデーも大切かもしれません。

しかし、その1日で脈あり脈なしを判断するのではなく、日頃の相手を思う気持ちを大切にし、行動していくことの方が重要。

それによって、より良い関係にも発展していくのではないでしょうか。

 

 

まとめ

  • 女性と男性では価値観や考え方が違う
  • お返しがなかったからといって必ずしも脈なしということではない
  • ホワイトデーだけで相手の気持ちを判断しない

ホワイトデーのお返しがない理由をいくつか挙げましたが少なからず当てはまる男性もいるのではないでしょうか。

お返しがないからといって必ずしも脈なしというわけではなさそうですね。

ただ、人それぞれ考え方も異なりますので参考程度にしてもらえたらと思います。

お返しがなくて落ち込んだり、モヤモヤしたりしている方が、少しでもこの記事を読んで元気になってもらえたら嬉しいです。

ホワイトデーのお返しも大切かもしれませんが、お返しがなくても相手を思う気持ち、あなたを思ってくれている気持ちが大切なのです。

これからもその気持ちを忘れず、いつもの笑顔いっぱいのあなたでいてくださいね。

大好きな彼もきっとあなたの笑顔が好きなはずですから。

rara

Posted by rara