ベルトの穴開けにボールペンは使える?穴を開ける方法をご紹介!

ベルトの穴開けにボールペンを使うことはできますが、その方法はおすすめしません!

なぜなら、力が必要ですし仕上がりの穴が汚くなるからです。

この記事では、試しにボールペンでベルトの穴を開けてみた状況を写真でご説明しますね。

ベルトの穴開けは、お店でプロに頼めば間違いなくきれいに仕上がります。

ただ、今日中に自宅でベルトの穴を開けたいというときもありますよね。

そのようなあなたのために、ベルトの穴開けに使うべきおすすめ道具をご紹介します。

そして、その道具を使って実際にベルトに穴を開ける方法もご説明しますね。

ベルトの穴開けは、ボールペンを使うことなく自宅で簡単にできますよ♪

また、「やっぱりプロに頼みたい」という方のためにも、ベルトの穴開けを頼めるお店もご紹介します。

 

ベルトの穴開けにボールペンは使わない方がよい!

ベルトの穴開けにボールペンを代用することはできますが、以下のようなデメリットがあり、おすすめしません。

ボールペンを使う場合のデメリット
  • ペン先の太さ分の穴しか開けられない
  • ボールペンをベルトに押し込むのに強い力が必要で、穴を開けるのにも時間がかかる
  • ベルトを曲げたり握ったりしながらボールペンを押し込むためベルトが痛み、仕上がりも悪い

下の画像は、私が実際にボールペンでベルトに穴を開けた状況です。

このベルトの素材がポリウレタンであったことも影響しているのかもしれませんが、穴の周囲が剥げてしまいました。

また、ボールペンだけで作った穴(上の写真の穴)には金具が通らなかったので、結局キリで穴を広げました。

穴開けに代用できるものとして、ボールペンの他にキリ、ドライバー、ネジ、ハサミなどの先が尖ったものが挙げられます。

しかし、いずれも仕上がりはいまいちになってしまうようです。

それでも、自宅で簡単にベルトの穴開けをしたいときはありますよね。

あのベルトさえ使えれば明日着ていく服のアクセントになるのに。

体系がまた変わるかもしれないし、新しいベルトを買わずに対応したいな。

大丈夫です!ボールペンはおすすめしませんが、自宅でも簡単にベルトの穴を増やすことはできます。

その際に使う道具や方法をご紹介していきますね♪

ベルトの穴開けは100均で買える道具で可能!

ベルトの穴開けには、レザー用の穴開けポンチを使いましょう。

このポンチは、ホームセンターなどでも購入できますが、なんと100均でも購入できるのです!

ポンチには、おおまかに次の3種類があります。

  • ペン型タイプ
  • ペンチ型タイプ
  • スクリュータイプ

この3種類のうち、ペン型とペンチ型の2種類はダイソーなどの100均で購入できます。

たいていは手芸コーナーに置かれているはずです。

安く済ませたい場合は、100均を利用するといいですね♪

ただ、店舗によっては種類やサイズが少ない場合もあります。

また、100均の製品は、ベルトの素材やお持ちのハンマーによっては穴が開けにくかったり、ベルトを傷つけてしまったりする場合もあります。

実は、私も100均でペン型タイプのポンチを購入し、ポリウレタン製のベルトの穴を開けてみたのですが、なかなか穴が貫通せず、穴の周囲も剥げてしまいました。

ベルトの素材が悪かったのか、ハンマーが小さすぎたのか理由は不明ですが、もしかするとお値段に比例したクオリティの製品だったのかもしれません。

確実に手に入れたい場合や失敗したくない場合は、以下のようにオンラインで購入するといいですね。

【ペン型タイプ;Zthluyc穴あけポンチ丸形0.5〜7mm (14サイズ)】

【ペンチ型タイプ;SUNDRYロータリーレザーパンチ2.0〜4.5mm(6サイズ)】

・穴あけ ポンチ 穴あけポンチ レザーパンチ 穴あけ革 穴あけパンチ 丸形 0.5-7mm DIY 穴あけ道具 穴あけポンチ セット(14 サイズ)

サンドリー(Sundry)
¥999 (2021/12/23 21:22時点 | Amazon調べ)

【スクリュータイプ;SKIESOARスクリューポンチ(6サイズ)】

これらの3種類について、どれを買うべきか迷うこともあると思います。

そこで、それぞれの特徴を簡単にご説明しますね。

ペン型タイプの特徴
  • 使用時に、ベルトの下に暑い雑誌や段ボールなどを敷く必要がある(これをしないと、テーブルや床がポンチの刃で傷つく可能性が高い)
  • ハンマーを用意する必要がある
ペンチ型タイプの特徴
  • 使用時に他のものを用意する必要はない
  • 保管場所をとる
スクリュータイプの特徴
  • 使用時に、ベルトの下に厚い雑誌や段ボールなどを敷く必要がある
  • ハンマーは不要

あなたにとって便利なタイプの穴開けポンチを選んでくださいね♪

以下では、それぞれのタイプのポンチによるベルトの穴開け方法をご紹介します。

ベルトの穴開け方法をご紹介!自宅でも簡単!

ここでは、レザー用穴開けポンチを使ってベルトの穴を開ける方法をご紹介します。

3つの種類ごとに、それぞれベルトの穴開け方法をご説明しますね。

ペン型タイプの穴開けポンチ
  1. ベルトの既存の穴と穴の距離を測る
  2. 新たに穴を開けたい部分に、既存の穴と穴の距離と同じだけの距離をとって印をつける
  3. ベルトの下に、厚い雑誌や段ボールなどを敷く
  4. 印をつけた部分に穴開けポンチの刃を当てる
  5. 穴開けポンチの上部をハンマーで叩いて穴を開ける
ペンチ型タイプの穴開けポンチ
  1. ベルトの既存の穴と穴の距離を測る
  2. 新たに穴を開けたい部分に、既存の穴と穴の距離と同じだけの距離をとって印をつける
  3. 穴開けポンチの刃と土台の間にベルトをはさみ、印をつけた部分に刃を当てる
  4. 取手を握って穴を開ける
スクリュータイプの穴開けポンチ
  1. ベルトの既存の穴と穴の距離を測る
  2. 新たに穴を開けたい部分に、既存の穴と穴の距離と同じだけの距離をとって印をつける
  3. ベルトの下に厚い雑誌や段ボールなどを敷く
  4. 印をつけた部分に穴開けポンチの刃を当てる
  5. 穴開けポンチをベルトに強く押し付けて穴を開ける

道具さえ用意できれば、どのタイプのポンチを使うにしてもベルトの穴開け方法自体は簡単ですね♪

ただ、穴開けポンチのクオリティやベルト素材との相性によっては、穴を開けるのに時間がかかる場合もあります。

ペン型タイプの場合は、ハンマーの威力の大きさによっても、穴を開けるのに時間がかかったり仕上がりが悪くなったりする可能性があります。

自宅でベルトの穴を開ける場合は、これらのことも念頭に置いておきましょう。

ベルトの穴開けを店に頼む場合について

お気に入りのベルトや高級なものなどは、やっぱりきれいに仕上げてもらうのが一番ですよね。

そのような場合には、ベルトの穴開けはお店のプロに頼みましょう。

ユニクロや洋服の青山で購入したベルトの場合、購入当日でも後日でも無料で穴開けを対応してくれます。

購入店に関わらずベルトの穴開けを対応してくれるお店は、革製品の修理専門店や洋服お直し専門店です。

革製品修理専門店の例
  • ミスターミニット
  • Riat!  など
洋服お直し専門店の例
  • おしゃれ工房
  • お直しコンシェルジュBIG MAMA
  • ママのリフォーム
  • マジックミシン  など

料金や所要時間は、ベルトの素材や穴の大きさなどによって変わる可能性があります。

詳しく知りたい場合は、実物のベルトをお店に持参して聞くのがよいでしょう。

まとめ

  • ベルトの穴開けをするのにボールペンを使うのは控えた方がよい
  • 自宅でベルトの穴開けをするなら、レザー用穴開けポンチを使うのがおすすめ
  • レザー用穴開けポンチには3種類あり、100均で買えるものもある
  • レザー用穴開けポンチでの穴開け方法は簡単だが、製品とベルト素材の相性やハンマーの大きさによっては時間がかかる
  • ベルトの穴開けをプロに頼むなら、革製品修理専門店や洋服お直し専門店に行こう

ベルトの穴を開けるのにボールペンを代用できないわけではありません。

ですので、どうしても急に穴を開ける必要があり、他に道具がないという場合は、ボールペンを使うのもやむを得ません。

ただ、少しでも時間があって、100均やホームセンターに寄れたり、オンラインショッピングで翌日配送をしてもらえたりなどする場合にはポンチを購入しましょう。

もっと時間にもお金にも余裕がある場合やベルトを傷つずにきれいな穴を開けたい場合は、お店に頼むのがいいですね。

この記事が少しでもあなたのお役に立てると嬉しいです♪

reriko

Posted by reriko