証明写真は私服でも大学の学生証に使える?おすすめ髪型3選も!

学生証など大学で使用する証明写真は私服で撮影して大丈夫なんです!

ただ、アルバイト、履歴書、入学手続きなど、証明写真が必要になり服装に不安を持つときってありますよね。

そんな時にこんな疑問を抱いたことはありませんか?

ねこ
ねこ
証明写真の服装って本当に私服でいいの?

私は大学へ入学する際に、この疑問に頭を悩ませたことがあります。

社会に対していい意味で偏見がなかったので、どんな服装で撮影することが普通かわかりませんでした(笑)

他にも、周囲の人となかなか示し合わせることができないので、困った経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

この記事では、証明写真を撮影するときの適切な服装をご紹介します。また、撮影時に印象を左右する髪型のおすすめも紹介いたします。

これから、証明写真を撮る方必見の内容となっておりますので是非最後までご覧ください!

証明写真は私服でも大学の学生証の写真につかえる!

証明写真は大学へ入学すると配布される学生証にも使用されます。

他にも、アルバイトへの応募、就職活動の際にも使います。

ここで注意していただきたいことは、学生証の写真は4年間変更ができないという点です。

一度提出すると、特別な場合を除いては変えることができません。

そのため、学生証の写真を撮影する際の髪型や服装には十分気を付けましょう。

初めに服装についてご紹介します。

私服で問題なし!ただしTPOはわきまえよう

証明写真の服装は私服で問題ありません!

ただし、4年間使う学生証の写真ともなると、人に見せても恥ずかしくないような写真にしたいですよね。

そこで、TPOをわきまえた服装が大切になってきます。

TPOとは
  1. T…TIME 時
  2. P…PLACE 場所
  3. O…OCCASION 場合

では、次にTPOをわきまえた服装のOK例とNG例を基に撮影時の服装を考えていきましょう!

証明写真の私服のOK例!NG例!

ねこ
ねこ
私服と一口にいっても、いろんなものがあるからわからないわ

そんなねこさんのために、具体例を紹介していきますね。まずはOKから。

OK例
  • 襟付きの服
  • ブラウス
  • 白・黒・紺などシンプルな色のトップス

肌の露出はなるべく控えて、シンプルな服を選ぶようにしましょう。

もちろん、スーツやブラウスを着て撮影している人もいます。

ただ、服装にルールがあるわけではないので上記のような適切な服装でいきましょう。

NG例
  • しわがついてしまっている
  • 派手な柄や色

しわがついているとせっかくの清潔感が失われてしまいます。

第一印象を左右する写真になるので、服のしわは伸ばしてみてください。

また、蛍光色やビビッドカラーなど派手な色も控えます。

証明写真は顔・髪型・服の3つと情報量が少ないので、ひとつひとつに気を配りましょう。

証明写真の私服の色は白がおすすめ

今までで、証明写真の服装は私服で問題がないことをお伝えしてきました。

ここでさらに耳寄りな情報をお伝えしたいと思います。

実は、服装は白を選ぶと写りが良くなります!

ちなみに、私の学生証の服装はピンクのセーターでした(笑)

当時は何も考えずに私服で撮影したのですが、後々になってちゃんとした服装で撮影しておけばよかったと後悔しました。

あなたには同じような後悔をしてほしくありません!

とにかく白色を選びましょう!

ねこ
ねこ
なんでそんなに白色を推すのよ?

私が、こんなにも白色を推している理由はこれです!

映りがよくなるため

写真を撮影するとき被写体に光を集める「レフ板」とおなじ役割を果たしてくれ、顔を明るく見せることができます。

これによって、シワやクマも飛び、よりキレイに写ります。

さらに、白い服の中でもは首元が開いたVネックなどのデザインのものがおすすめですよ♪

証明写真の写りが良くなるポイント3選

①Notあごを引く。Yesおでこを出す。

よく写真を撮るときは「あごを引く」と聞いたことがあるかもしれません。

しかし、私自身あごを引くことを意識しすぎて不自然な写りになってしまったことがあります。

あごを引くよりも、「おでこを出す」イメージが良いでしょう。

背筋を伸ばし、少しだけおでこを前へ出しましょう。そうすると、自然とあごも少し引き気味になります。

②イスの調整を面倒がらない

これは証明写真ボックスで撮影する場合ですが、撮影の前にイスの調整を行いましょう。

そうすることで、目線が自然とカメラへと向かいます。

③白い紙を持って顔を明るく

A4の白いコピー用紙をレフ板として使います。

膝の上や、写真の画角に入らない程度の胸のあたりで持つのもよいでしょう。

正面から当たっている光を顔に集めることで、顔がより明るく写ります。

他には、白いハンカチ、スケッチブックなど白いモノであればなんでもOKです!

証明写真で私服の際は髪型に気を使おう

証明写真を撮るとき髪型を意識したことはありますか?

服装や表情、撮影時の姿勢などに気持ちが行ってしまい、なかなか髪型に気を配れない人もいると思います。

ただ、髪型を侮ることなかれ!

最後にひと押し、髪型を少し気にして整えるだけで人の見た目はかなり変化します。

証明写真を私服で撮影する際の髪型のおすすめ3選をご紹介します!

①流し前髪

こちらは男女共通です。前髪が顔にかかっていると影ができ暗い印象になってしまいます。

なので、前髪はなるべく横に流して顔がより明るく映るようにしましょう!

②まとめ髪

こちらは長い髪の方向けです。髪が肩よりも長い方は一つに束ねましょう。または、ハーフアップが良いでしょう。

ポイントとしては、耳を出すことです。それにより、清潔感がアップします。束ねて顔周りをスッキリさせることで明るい印象になります。

③目立つ装飾は付けない

これは男女共通です。シュシュや、バレッタなど大きめの装飾は避けましょう。

就職活動やアルバイトの応募の際は、やはり清潔感や信頼感が重要になるのできちんと感をだすためにここでは装飾は我慢です。

大学の学生証では4年間使用するものになりますので、流行に左右され後悔しないようにしましょう。

まとめ

  • 私服で問題なし!ただしTPOはわきまえよう
  • 証明写真の私服の色は白がおすすめ
  • 証明写真で私服の際は髪型に気を使おう
  • Notあごを引く。Yesおでこを出す
  • イスの調整を面倒がらない
  • 白い紙を持って顔を明るく
  • 流し前髪
  • まとめ髪
  • 目立つ装飾は付けない

ここでご紹介したポイントを押さえて、後悔のないように、素敵な写真を撮影しましょう。

mayu

Posted by mayu