猫の寒さ対策グッズは100均や手作りでOK♪留守番中の対策も!

寒さの厳しい冬。私たちは上着を着たり、エアコンを付けたりして寒さをしのぎますよね。

では、お宅の猫ちゃんの寒さ対策ってどうしていますか?

猫の寒さ対策はしたいけど、どうしたらいいのかな?

あなたもそんなお悩みをお持ちではないでしょうか。

でも寒がりな猫ちゃんには、しっかりと寒さ対策をしてあげたいですよね。

ペット用のグッズってお金がかかるんじゃない?
しかも、かじったりひっかいたりしてすぐダメになりそう…

そう考えているあなたに朗報です!猫ちゃんの寒さ対策グッズは100均でそろうんです♪

100均で手に入るお役立ちグッズや留守番中の対策、また手作りの猫用こたつの作り方までご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね♪

やり方はどれもとっても簡単。この冬は猫ちゃんにポカポカ快適に過ごしてもらいましょう♪

 

 

実録!猫ちゃんの寒さ対策グッズは100均でそろう!

100均ていろいろ売ってるけど、猫の寒さ対策グッズもあるのかな?

そんなあなたの疑問にお答えすべく、100均ショップ業界ナンバー1のダイソーで実際に探してきました!

1つだけで使うもよし!材料を組み合わせて使うもよし!

いろいろ工夫して、大切な猫ちゃんにぴったりの寒さ対策グッズを作ってあげましょう♪

 

100均でゲットできる寒さ対策グッズ一覧

「何か使えそうなものあるかなー?」と店内をぐるぐる回り、気になったものをまとめてみました!

直接温かさを感じられるもの
  • 湯たんぽ
  • カイロ
床からの寒さを防止できるもの
  • ジョイントマット
  • 保温アルミシート
  • ペットマットやペット寝袋など

では、どのように寒さ対策に使うことができるのか、一つ一つ紹介していきます。

 

湯たんぽ

お湯を入れるタイプやレンジで温めるタイプなど、湯たんぽにはいろいろ種類がありますが、今回ダイソーで見つけたのはお湯を入れるタイプ。

容量は610mlで気になるお値段は440円(税込)。

ダイソーにしてはお高めに感じるかもしれませんが、普通のお店やネットで湯たんぽを買おうとすると千円はするので、かなりコスパが良いと言えます!

湯たんぽを猫ちゃんが触ると低温やけどをする可能性もありますので、一緒に売っている湯たんぽカバー(110円(税込))をあわせて使ってもいいですね♪

※低温やけど…温度がそこまで高くない場合でも、皮膚の同じ部分が長時間接触することで発生するやけどのこと。

 

カイロ

湯たんぽと同じく、直接温かさを感じられるものとして使えるカイロ。

こちらは貼らないタイプが6個入りで110円(税込)でした。

しかし、ディスカウントストアでは10個入りで152円(税込)、またあるドラッグストアでは10個入りで138円(税込)というものも発見しました!

ですので、カイロは100均にもありますが、価格的には他のところで買ってもいいのかな?と感じました。

また、カイロについても湯たんぽと同じく、直接触ることで低温やけどをする可能性があります。

また、爪でかじって穴があき、誤って中身を食べてしまうことも…。

そのため、カイロを猫ちゃんに与える場合は必ずカイロケースに入れるようにしましょう。

カイロケースも100均や家にある布で手作りできるので、ぜひ作ってみてくださいね♪

カイロケースの作り方
  1. 縦40cm~50cm×横24cm~34cmくらいの布を準備する ※フリース素材、フランネル素材がgood!
  2. 布を2つ折りにし、袋状に縫う
  3. 入口にゴム通しを作り、ゴムを入れて巾着にする

 

ジョイントマット

赤ちゃんがいる家庭ではおなじみのジョイントマット。

こちらは猫ちゃんの寒さ対策としてもばっちり使えます♪

我が家もそうですが、床暖房が無い家は床の冷たさがツライですよね…。

そんな時ジョイントマットを敷いておけば、床からの冷気をブロックでき、居心地のよい場所を確保できます!

ちなみにダイソーでは、30cm×30cmのジョイントマット9枚入りで400円(税込)でした。

私の率直な感想としては、「かなり安い!」

我が家も一時期ジョイントマットを敷き詰めていた時期があり、よく買っていたのですが、100均にあるとは知らず…。もっと早くに知っていたかった!

しかも9枚あれば正方形に設置できるので、1セットあれば十分ということもありますね♪

ちなみにその後行ったディスカウントストアでは、8枚入りで449円(税込)でしたので、価格的にも100均で買うのにメリットがあります。

また、ジョイントマットの種類もいろいろあり、ボアがついているものもありました。

こちらは1枚110円(税込)ですので少しお高めですが、ふわふわしているので、より暖かくなりそうですね♪

 

保温アルミシート

保温アルミシートは、ジョイントマットやカーペットの下に敷いて使います。

このひと手間でマットなどの効果がぐーんとアップします!

猫ちゃんは床に近いので、床の冷え対策はしっかりしておきたいですよね。

ダイソーとしてもおススメの商品のようで、私が行った店舗には入口にどーんと並べてあり、さまざまなサイズが置いてありました。

ただし、フローリングに敷いた場合は滑ってしまう危険があるので要注意。

その場合は両面テープをシートの四隅に貼り、固定すると安心ですね♪

 

ペットマット、ペット寝袋など

ペットコーナーを見に行くと、その品数の多さに衝撃を受けました!

その中でも所狭しと置かれていたのが、ペット用のマットやクッション、寝袋などのあったか&くつろぎグッズ。

こうしたグッズをジョイントマットなどの上に置いておくだけで、暖かい快適空間ができあがりそうです♪

ダイソーのペット用グッズ(抜粋)
  • ペットマット(40cm×60cm)…220円(税込)
  • ペットマット(50cm×70cm)…330円(税込)
  • ペット座布団…330円(税込)
  • ペットベット…550円(税込)
  • ペット寝袋…550円(税込)
  • ペットテント…550円(税込)

画像はペット用ベッドのイメージになりますが、このような感じのものが100均にも売っています。

100均に行くだけで、寒さ対策グッズはすべて揃っちゃいますね♪

管理人より⇒

新しいヒーターを購入したのですが、我が家は小さい子がいるので触ってもやけどしないことを重視して選びました。

これってペットのいるおうちにもすごくおすすめです。

猫ちゃんがヒーターの上に乗ってやけどしたり、間違って倒したりしたら危なくて心配ですよね。

そんな心配がなくなり、とても快適になりました。

私が購入したヒーターについてはこちらにまとめています。

 

猫ちゃんの寒さ対策グッズは100均で買うのが大正解!

ご存じの通り猫はとっても気まぐれ。せっかくお高い防寒グッズを買っても、そっぽを向かれる可能性は大いにあります。

また気に入ったのものの、かじったりひっかいたりしてすぐボロボロに…ということもあるでしょう。

100均で揃えることで、もし猫ちゃんが気に入らなかったり、逆に気に入り過ぎてボロボロになったりしても、気兼ねなく替えることができます!

飼い主のあなたにとってはメリットしかないですよね♪

 

家にあるものも有効に使っちゃおう!

家にあるものやタダで手に入るものでも、猫ちゃんの寒さ対策に使えるものはたくさんあります。

こんなものも!?猫ちゃんの寒さ対策に使えるグッズ

ダンボール

ダンボールはわざわざ買わなくても、スーパーなどでもらえる場合もありますよね。

マットやカーペットの下にひいてもよし、毛布を入れて簡易ベットとして使ってもよし!とっても使えるグッズなんです♪

発砲スチロール

発砲スチロールは断熱性が高い優秀グッズです!

発砲スチロールの上にペットベットなどを置いてみてください。床からの冷えが全然違います!

大きめのものであれば、ダンボールと同じく簡易ベッドとしても使えますね。

エアクッション(プチプチ)

プチプチで猫ちゃんのケージを覆うことで、ケージの中が暖かくなります。

毛布で覆っても良いのですが、ケージ内が暗くなってしまうのが気になる飼い主さんもいるはず。

その時は、ぜひプチプチを活用してみましょう。家にあるものでももちろんOKですし、なければ100均でも手に入りますよ♪

わざわざ買わなくても、タダで使えるものはたくさんあります!色々工夫してみてくださいね♪

 

 

猫ちゃんの寒さ対策は留守番中どうする?

私がいる時はいいけど、留守番中はどうしよう?エアコン付けっぱなしにするのもなぁ…

仕事や買い物などで家を空ける時、猫ちゃんが寒がっていないか心配になりますよね。

そこで、ここからは猫ちゃんに留守番をしてもらう時の寒さ対策についてご紹介します。

 

留守番中の寒さ対策、気を付けるポイントは?

留守番中の寒さ対策については「安全性の確保」が最優先!まずはそのポイントについてご紹介します。

留守番中に気を付けること

火事

石油ストーブやハロゲンヒーターなどは、火事の危険性があるので、留守番中は使わないようにしましょう。

猫ちゃんが触った拍子に電源が入ってしまわないように、コンセントも抜いておくことをおススメします。

やけど

ストーブやヒーターを付けっぱなしにしておくと、猫ちゃんが触ってやけどしてしまう可能性大。

留守番中に使用しないことはもちろん、在宅中に使う時も猫が触れないように注意しましょう。

感電

暖房器具に限りませんが、猫ちゃんが電源コードをかじってしまうと感電の危険があります。

なるべくこまめにコンセントは抜いておくようにしましょう。

 

短時間の留守番であれば100均グッズを活用した寒さ対策でOK

短時間の留守番であれば、先ほど紹介した100均グッズを活用して、十分な寒さ対策ができます。

「暖房器具をつけなくて大丈夫かな…」と心配になりますが、猫は自分で快適な場所を探せますので、暖まれる場所を用意してあげればOKです!

100均グッズを活用した留守番中の寒さ対策
  • 保温アルミシート(ダンボールなどでもOK)の上にジョイントマットを設置し、ペット寝袋やペットテントを置く
  • ケージを毛布やプチプチで覆う
  • 冷え込みが強い場合は、上記に加えて湯たんぽやカイロを用意(カバーを忘れずに!)

猫ちゃんが外を見れるようにとケージを窓際に置くこともあるかと思いますが、外気が入ってかなり寒くなってしまいます。

そのため、留守番中はケージを窓から離しておくことをおススメします。

留守番中も安心して暖を取れるよう、普段からグッズを与えてみて、お気に入りを知っておくといいですね♪

 

長時間の留守番は100均グッズに加えて暖房器具を活用!

日中でも気温が上がりづらい地域に住んでいる場合や、長時間留守番させる場合は、グッズに加えて暖房器具を有効活用しましょう。

ただし、先ほどもお伝えしたように、猫ちゃんの留守番中の寒さ対策で大事なことは「安全性の確保」!

火事ややけど、感電などの危険性があるものは絶対に避けましょう!

じゃあ、やっぱりエアコンの付けっぱなしが最有力かな?

ちょっと待ってください!エアコンは安全性の面では大本命ですが、室内が乾燥することで脱水症状になる危険性があります。

そのため、エアコンを付けておく場合でも注意が必要。

留守番中に付けておく場合、設定温度は20℃~23℃くらいに。また自動運転にして適温をキープをしましょう。

また加湿器を使ったり、バスタオルを濡らして干したりして、乾燥対策も忘れずに行うようにしてくださいね♪

そしてもう1つ重要なのが、「ドアなどを閉めきらないこと」です。

猫は暖かい空間や、寒い空間を行き来して体温調節をします。

そのため、暑いと感じた時に他の空間にも行けるよう、ドアなどは少し開けておきましょう。

電気代もかかるし、やっぱりエアコンの付けっぱなしは抵抗があるな…

というあなたには「出かける直前に暖房器具の電源を切る」という方法もあります。

こちらはこたつやホットカーペットを活用するのがおススメ。

あらかじめ「強」で暖めておき、出かける直前に電源を切り、コンセントを抜きましょう。

しばらくは暖かいままですので、猫ちゃんもポカポカでお留守番ができますね♪

 

 

猫ちゃんの寒さ対策に電源なしのこたつを手作りしよう!

「ねーこはこたつでまるくなるー♪」という歌のとおり、猫が愛してやまないのがこたつ。

でも火事の危険があるので、あなたの留守番中や夜寝る時は付けられないですよね。

今は市販のペット用こたつもありますが、1万円くらいはかかってしまいます。

でも、この記事を読んでいるあなたはもっとコスパの良いグッズをお探しのはず!

そんなあなたにおススメなのが、「電源なしの手作りこたつ」。

実は、最近猫ちゃんのためにこたつを手作りする飼い主さんが急増しているんです!

あなたの可愛い猫ちゃんにも、ぜひ世界で1つだけの素敵なこたつを作ってあげてみてくださいね♪

ジョイントラックを使ったこたつの作り方

(材料※ダイソーで購入できます)

ジョイントラック用の棚(縦25cm×横40cm):1つ

ポール:4本

固定部品:4組

ジョイントラックより少し大きめのダンボール:1つ

(作り方)

  1. ジョイントラックを組み立てる(10分ほどで組み立てられます)
  2. ダンボールをたたんで敷き、その上に毛布などをかける
  3. 2.の上にジョイントラックを置き、その上に毛布などをかぶせる

ただ、こたつの材料は100均ショップで手に入りますが、すべて揃えると結局お金が掛かってしまった…ということもあり得ます。

そこで、もし家に使わないテーブルや机があれば、そちらを有効活用してもOKです♪

手作りこたつに決まった作り方は特にないので、自由に作ってみてくださいね♪

 

【番外】実際に猫用こたつを作ってみました

スチールラックでこたつを作る気力も技術もなく、ちょうどいいテーブルもない…。

そんな私の目に飛び込んだのが「キッチン用ラック」。

こちらは以前ダイソーで購入したもの。縦20cm×横30cm×高さ23cmになります。

今回はこちらを使用してこたつを作ります。

こたつなので天板がいりますよね。今回はコスパ重視で段ボールを使用。ちょうど良い大きさに切って、ガムテープで補強しました。

あとは家にあった毛布を掛けて、天板を置けば完成♪みかんも置いてみました(笑)

猫ちゃんであれば十分入ってくつろげる大きさだと思います♪

あとはジョイントマットやカーペットの上に置いて、湯たんぽや毛布などを入れてあげれば完璧ですね♪

 

 

まとめ

  • 猫ちゃんの寒さ対策グッズは100均でそろえることができる
  • 100均で買える寒さ対策グッズは、湯たんぽ、カイロ、ジョイントマット、保温アルミシートなどがある
  • 猫ちゃんが気に入らない場合でも気軽に買い替えができるので、寒さ対策グッズを100均で買うメリットは大!
  • 家にあるダンボールやプチプチなども、猫ちゃんの寒さ対策に有効活用できる
  • 留守番中は寒さ対策グッズに加えて、エアコンなどの暖房器具も活用する。ただし、火事ややけどの危険性がないように注意!
  • 猫ちゃんが大好きなこたつも手作りすることができる!しかも電源なしなので安心安全♪

寒がりな猫ちゃんには、100均の寒さ対策グッズで効果的かつコスパも良い対策ができるんですね♪

どれもとっても簡単なので、あなたもさっそく実践してみたくなったのではないでしょうか?

まずは気になったものからぜひ試してみてくださいね。猫ちゃんも喜ぶこと間違いなしですよ♪

 

rii

Posted by rii