テレワークの意味を英語から考えてみよう!英会話で使える例文も紹介!

仕事テレワーク,意味,英語仕事,意味,英語

テレビやニュース記事をみていると出てくる「リモートワーク」。

しかし、それらをみているとテレワーク以外にも「リモートワーク」、「在宅勤務」などの単語も出てきます。

ところでこの3つの単語の意味はご存じでしょうか?

あなたは、「どれも同じ意味合いなんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、実はこの3つの単語にはそれぞれ違った意味合いがあるのです。

私もこの記事を書くまでは、どれも同じ意味だと思っていました。

ひょっとしたら、日常で使っていた言葉が相手の思っているイメージと違っているかもしれません。

今回の記事ではこの3つの単語に焦点を当て、その意味を英語から考えてみました。

それぞれの項目の最後におまけとしてその英単語を使った例文もご紹介しています。

 

 

テレワークの意味を英語から考えてみよう!

パソコンの操作

まずはテレワークの意味、そしてよく似ているリモートワークの意味について、英語から考えてみました。

合わせて英語での使い方の例をご紹介します。

 

1.テレワークの意味とは?

テレワークとは、IT用語辞典によると、下記のように書かれています。

テレワークとは、コンピュータや通信回線などを利用して、勤務先のオフィス以外の場所で仕事をすること。広義には、出勤すべき決まった事業所がなく常に自宅や外出先で仕事をすることを含む。英語では “telecommuting” (テレコミューティング)というのが一般的。

引用 IT用語辞典

このようにオフィスに通わずとも、パソコンなどの通信機器やインターネット環境があれば仕事ができる形態が「テレワーク」。

ちなみにこのテレワークは英語の”telework”を単にカタカナにしたものです。

”tele”=遠い、遠距離、テレビ、”work”=働くの2つの意味が合わさった単語になり、「遠く離れた場所で仕事をする」という意味合いです。


しかしこの単語は、日常の英会話ではあまり使われないようです。

もしテレワークをしていることを伝えようと思ったら、”telecommuting”または”working from home”を使うと良いでしょう。

ちなみに”working from home”は家でリラックスしながらする仕事で、あまりストレスをため込んでいないようなニュアンスです。

例文

父は昨日からテレワークを始めました。
My father began telecommuting yesterday.

私の友達はテレワークを楽しんでいます。
My friend enjoys working from home.

 

2.リモートワークの意味とは?

リモートワークとは、weblio辞書によると、下記のように書かれています。

リモートワークとは、会社から離れた場所で働くという意味のこと。英語圏ではremotework表記され、オフィスには行かずに自宅業務を行うことを示している。

引用 weblio辞書

これもテレワーク同様にオフィスに通わずとも仕事ができる形態が「リモートワーク」。

「リモートワーク」は、英語の”remotework”に由来する外来語です。

これもまた、”remote”=遠く隔たった、遠く離れた、”work”=働くの2語が合わさった単語で「会社から離れた場所で働くこと」という意味合いです。

こちらもそのまま”remotework”とはあまり使われない様子。

よって、テレワークと同様に”work from home”または”to work remotely”を使います。

例文

私は明日、家でリモートワークをする予定です。
I’m going to work from home tomorrow.

今日はリモートワークをします。
I will work remotely today.

 

 

テレワークの意味とリモートワークの意味の違いは?

リモートワーク

ここまで読んでくださったあなたはこう思うでしょう…

”ん?「テレワーク」も「リモートワーク」も一緒じゃないか!”

そうなんです。私も思いました。一般的な意味合いは一緒なんです。

ですが、この言葉が使われる業界や、英語で話すときのニュアンスがちょっと違います。

リモートワークはIT業界において、チームで行うプロジェクトに使われることが多いという特徴があります。

一般的には「リモートワーク」より「テレワーク」の方が使われる頻度が高いです。

厚生労働省のホームページでも助成金の説明において「テレワーク」が使用されています。

 

 

テレワークの意味とはちょっと違う在宅勤務

テレワーク、リモートワークの他に、在宅勤務という言葉もよく耳にしますよね。次は在宅勤務について考えてみました。

 

在宅勤務とは自宅で仕事をする勤務形態

在宅勤務とは、企業と雇用契約や請負契約などを交わし、自宅で仕事をする勤務形態です。

在宅勤務が導入されたけども、まったく会社に通わないというわけではなく、週に2,3日出勤するという方も多いようです。

この在宅勤務がテレワークやリモートワークと違う点は、在宅勤務は自宅だけで行っている場合だけに使う表現という点です。

テレワークやリモートワークは自宅だけでなく、カフェやレストランなど自宅以外で仕事を行う場合も含めます。

比べてみると、はっきりと違いがあることが分かりますね。

こちらもやはり使う単語は"Work from home"。

単語からもいかにも家で働いています!と伝わってきますね。

例文

私はパソコンを使うことが得意ではないので在宅勤務をしたくないです。
I don’t want to work from home, because I’m not good at using a laptop.

在宅勤務がおもな業務形態になるでしょう。
Working from home will be the main business form.

 

 

テレワークの意味とはちょっと違うモバイルワーク

モバイルワーク

最後に、こちらも良く耳にするモバイルワークについてご説明します。

 

モバイルワークとは通信端末を使って働く勤務形態

モバイルワークとは、コトバンクによると下記のように書かれています。

「モバイルワーク」とは、決められたオフィスで勤務する働き方ではなく、時間や場所に縛られず、ICT(情報通信技術)を活用して柔軟に働く「テレワーク」の一形態です。具体的には移動中に携帯電話やメールを使って商談を進めたり、取引先からモバイル端末で社内のデータにアクセスしたり、テレビ電話で会議に参加したりするなど、特定の施設に依存しない、いつでもどこでも業務遂行が可能なワークスタイルを指します。

引用 コトバンク

つまり、通信端末(スマートフォンやiPad)などのICT技術を駆使して、車内などの移動中やカフェなど時間や場所に縛られずに働ける仕事の形態です。

ですので、自宅で業務をする在宅勤務とは区別されます。

こちらの、「モバイルワーク」は、”mobile”=動きやすい、可動性の、”work”=働くを合わせた造語です。

モバイルワークを英語でいう場合には、やはりそのまま”mobile work”ですが、自宅以外でも働くことを明確化したいときに使うと良いです。

例文

私の会社は、モバイルワークを導入しました。

My company has introduced mobile working.

私はしばしば車内でモバイルワークをします。

I often do mobile working in the train.

 

 

まとめ

パソコンとコーヒー

  • オフィスに通わずとも、パソコンなどの通信機器やインターネット環境があれば仕事ができる形態が「テレワーク」。
  • テレワーク同様にオフィスに通わずとも仕事ができる形態が「リモートワーク」。
  • ただし、一般的には「リモートワーク」より「テレワーク」の方が使われる頻度が高く、厚生労働省のホームページにも助成金の説明において「テレワーク」を使用している。
  • 「在宅勤務」は企業と雇用契約や請負契約などを交わし、自宅で仕事をする勤務形態。
  • 「モバイルワーク」は通信端末(スマートフォンやiPad)などのICT技術を駆使して、車内などの移動中やカフェなど時間や場所に縛られずに働ことができる仕事の形態。

ここまで、「テレワーク」「リモートワーク」「在宅勤務」「モバイルワーク」の4つをご紹介しました。

カタカナだけでは分からない単語も、英語の意味から考えてみると分かりやすくなったかと思います。

また、日本語では同じような意味でも、英語で使われると若干違ったニュアンスです。

この記事を読んで、働き方を見直したり、分からない言葉を英語から考えてみたりするきっかけになったら良いなと思います。

ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

Posted by Yuki_rabbit