エアコン吹き出し口のカビの掃除は正しい方法で!原因と予防法も解説

エアコンの吹き出し口についたカビは正しい方法を知っていれば、自分で掃除することが可能です!!

エアコンの吹き出し口にカビを見つけてドキッとしたことがある人は多いのではないですか?

お風呂などの水回りと違ってエアコンにカビが生えるイメージはあまりないのにどうして?と思われますよね。

実はエアコンはこまめにお手入れをしないとカビがとても生えやすいんです。

エアコンにカビが生える原因がわかれば、対策をしてカビの増殖を抑えることも可能です。

この記事を読んでエアコンを正しくお手入れする方法を知り、健康で快適な毎日を送りましょう!!

この記事でわかること
  • エアコンの掃除方法
  • エアコンのカビが原因で起こる体の不調
  • エアコンにカビが生えてしまう原因と対策
  • エアコン内部のクリーニングを業者に依頼するメリットと相場

 

エアコン吹き出し口のカビを掃除する方法をご紹介

エアコンの吹き出し口にカビを見つけてしまったら、まずは自分でできる箇所を掃除しましょう。

少しでもカビの菌を減らし、これ以上カビを増殖させないためです。

エアコン内部は複雑な構造になっているので、知識なしで掃除をすると故障や漏電を引き起こしてしまう危険性があります。

漏電は火災や感電の原因にもなるので、自分で掃除ができる箇所以外は業者にクリーニングしてもらうことをおすすめします。

業者に依頼をするメリットや相場については記事の後半で詳しく説明していきますね。

エアコンの自分で掃除できる箇所と掃除方法

一般的な家庭用壁掛けタイプのエアコンの自分で掃除ができる箇所は【本体カバー】【フィルター【吹き出し口】の3ヶ所です。

本体カバー・フィルターの掃除方法
  1. エアコンが誤って動作しケガや事故になるのを防ぐため、掃除をする前にエアコンのコンセントを抜きます。
  2. きつく絞った水ぶきで本体カバーについたホコリを拭き取ります。
  3. フィルター部分を覆っている本体カバーを外し、裏側についたホコリもきつく絞った水ぶきで拭き取ります。
  4. 掃除機を使いフィルターの表面を吸い取ります。
  5. フィルターを外して掃除機では取りきれなかったホコリをシャワーで洗い流します。
    掃除機で吸い取る時は外側から、水で洗い流すときは内側から行うようにしましょう。
    逆方向にホコリを押し出そうとすると目詰まりを起こしてホコリが取れにくいです。
  6. シャワーでも落としきれなかったホコリは、ブラシを使って優しく落とします。
  7. キレイになったフィルターを拭き取るためのタオルを2枚用意します。
  8. 1枚のタオルは床に敷きその上にフィルターを置きます。もう1枚のタオルで上からポンポンと優しくフィルターの水分を拭き取ります。
  9. 水分を拭き取ったフィルターはしばらく風通しの良い場所で乾かします。
  10. 完全に乾いたらエアコンに取り付けます。
吹き出し口の掃除方法
  1. 割り箸にウェットテッシュを巻き付けたお掃除棒を用意します。
  2. 吹き出し口を手で開けます。
    このとき無理に開けようとするのはやめてください。開かない場合はエアコンの取扱説明書を読みましょう。
  3. 吹き出し口をお掃除棒で拭き取ります。
  4. 吹き出し口の奥もお掃除棒が届く範囲であれば拭き取って大丈夫です。
    無理やり奥までお掃除棒を入れるとエアコン内部の部品を傷つけてしまう可能性があるので注意してください。
  5. 消毒用エタノールを含んだ雑巾で吹き出し口を拭き取ります。
    ウェットティッシュで拭いただけでは目に見えないカビを除菌・殺菌することができないので消毒用エタノールを使用します。
    消毒用エタノールはドラックストアで購入することができます。アルコール除菌シートでも構いません。
    燃料用アルコールやメタノールは有害なので使用できません。名前が似ていますが絶対に間違えないように注意してください。
  6. 吹き出し口の水分が残らないよう、掃除が終わったら30分程度送風または暖房運転を行い完全に乾かします。

まずは自分でできる箇所を掃除して、少しでもカビの菌を減らしましょう。

エアコンのカビが体に与える悪影響

カビを放置したままエアコンを使用し続けるということは、カビの菌が混ざった空気を部屋中に送っているということになります。

その中で生活をし続けることが体に良くないということは想像ができますよね。

カビが原因の病気には【アレルギー性鼻炎】【アトピー性皮膚炎】【夏型過敏性肺炎】などがあります。

  • アレルギー性鼻炎:鼻の粘膜に付いた異物に反応して、くしゃみや鼻水といった症状を引き起こす。
  • アトピー性皮膚炎:菌などが皮膚につくことで、かゆみや赤みを伴った皮膚の炎症を引き起こす。
  • 夏型過敏性肺炎:カビの菌【トリコスポロン】が肺に侵入して、息切れ・空咳・発熱などの症状を引き起こす。

3つの病気の中でも特に厄介なのが夏型過敏性肺炎です。

症状が風邪と似ているため、見過ごしてしまうことが多いのもこの夏型過敏性肺炎の怖いところです。

慢性化してしまうと肺の機能が低下して、息切れをしやすくなったり喘息を引き起こしたりします。

トリコスポロンという菌は高温多湿を好むため梅雨から夏の時期に症状が発症しやすく、風邪と違いアレルギー反応が原因で症状がでます。

風邪との違いを見分けるには、下記のような夏型過敏性肺炎特有の症状があるかどうかがポイントとなります。

夏型過敏性肺炎特有の症状

毎年夏になると風邪のような症状を繰り返す。(5月~9月頃)

いつもと違う場所に数日間滞在すると症状が改善される。

このような症状が当てはまる場合は風邪ではなく夏型過敏性肺炎の可能性があるので、一度呼吸器内科を受診することをおすすめします。

病院でも風邪と診断されてしまうことがよくあるので、夏型過敏性肺炎特有の症状があった場合はそのことを医師に伝えると良いですね。

この病気はアレルギー反応によって症状が現れるので、原因となるカビがいない環境を作ることもとても重要です。

エアコンの吹き出し口にカビが生える原因は3つ!

カビは【温度】【湿度】【汚れ】の3つの原因により増殖をします。

エアコンはこの3つの原因が揃った環境を作りやすいため、カビが生えやすいのです。

ここでは原因ごとにカビが増殖しやすい条件と対策をご紹介します。

カビが生えやすい温度

カビが増殖しやすい温度は20℃~30℃です。(中でも25℃~28℃になると特に活発に増殖をします。)

人が快適だと感じる温度が18℃~28℃と言われていて、カビが生えやすい温度とかなり近い温度なのです。

エアコンを使用する場合の温度設定は快適な温度にすることがほとんどだと思います。

なのでエアコンを使用する環境はどうしてもカビの生えやすい温度となってしまいます。

カビを予防するために温度を極端に上げたり下げたりしては、エアコンの意味がなくなってしまいますよね。

残念ですが温度でカビを対策することは難しいので、残りの原因である湿度と汚れで対策をしていきましょう。

カビが生えやすい湿度

カビが増殖しやすい湿度は70%以上です。(湿度が高いほど活発に増殖をします。)

一見エアコンと湿度はあまり関係がないように思えますが、実は冷房または除湿運転を行った後のエアコン内部では結露が起こっています。

冷房または除湿運転を行った後は、送風運転を30分~1時間程度行うようにしましょう。

送風運転を行うことでエアコン内部を乾かし、湿度を下げることができます。

晴れた日に部屋の換気を行うことも湿度を下げるのに効果的です。

汚れはカビの栄養源

カビはホコリや汚れなどをエサにして増殖をします。

エアコンは温度を調節するために空気を循環させているので、ホコリや汚れが溜まりやすい作りになっています。

エアコンをこまめに掃除してホコリや汚れを溜めないことがカビの対策にとってとても重要です。

月2回の頻度でエアコンの掃除を行うようにしましょう。

記事の最初に紹介した「エアコンの自分で掃除できる箇所と掃除方法」を参考に月2回エアコンを掃除してください。

湿度を下げるのにも効果のあった部屋の換気ですが、空気中にいるカビの菌やホコリを外に出すことができるので、汚れ対策にも効果があります。

少しの時間でも良いので晴れた日は換気を行う習慣をつけると良いですね♪

エアコン吹き出し口のカビのクリーニングは業者が安心

記事の最初にも説明をしましたが、エアコンの内部は複雑な構造になっているので自分で掃除をすることはおすすめしません。

業者に頼むと費用がかかってしまうと思うかもしれませんが、自分でエアコンを掃除してもし故障してしまったら業者に頼む費用ではとても済みません。

漏電を起こしてしまうと、火災や感電の危険もあるのです。

エアコンのクリーニングを業者に依頼するメリット

業者にクリーニングを依頼することは故障や危険というリスクを回避すること以外にもメリットがあります。

エアコン内部はとても複雑な構造になっているので、作業に慣れた業者がやる場合でも90分~120分、自動お掃除機能付きのエアコンでは約3時間も時間がかかります。

そんな作業を初めてエアコンを掃除する人がやったら一体何時間かかってしまうのやら…。

業者に依頼をすれば作業してもらっている時間は他の家事ができるので、大幅な時間の節約になりますね。

また、業者に依頼すれば一般家庭にはない本格的な専用の道具で掃除をしてもらえるので、仕上がりにもかなりの差が出てきます。

時間を節約できてクリーニングの仕上がりにも差がでるのであれば、お金をかける価値があるのではないでしょうか。

エアコンのクリーニングを業者に依頼した場合の相場

業者にクリーニングを依頼するのがとても便利だとしても、高額なのではないかと気になってしまいますよね。

全国展開している大手ハウスクリーニングメーカーを対象にエアコンクリーニングの相場を調べてみました。

家庭用壁掛けエアコン(お掃除機能なし)¥11,000~¥15,000

家庭用壁掛けエアコン(お掃除機能あり)¥16,000~¥26,000

大手メーカーよりも安い価格で依頼を受けている個人業者もあったので、価格をとにかく抑えたい場合は地域の個人業者を調べてみるのも良いですね。

業者でエアコンのクリーニングをした人の口コミをみてみると「電気代が安くなった」「エアコンの効きが良くなった」などの口コミもありました。

エアコンを清潔に保つことにはたくさんのメリットがありますね♪

まとめ

  • エアコンの掃除は【本体カバー】【フィルター】【吹き出し口】の3ヶ所を自分で行うことが可能
  • エアコンの掃除は間違った方法で行うと故障の原因となるため正しい方法で行うことがポイント
  • エアコンを掃除しないまま長期間使用するとカビが増え、病気の原因になるため注意が必要
  • カビが増殖しやすい【温度】【湿度】【汚れ】の条件を満たさないよう対策することでカビがつきにくくなる
  • エアコン内部の掃除は業者に依頼をすることで時間の節約になり、仕上がりにも差がでるため、利用を検討するのも一つの方法

エアコンにはカビが生えやすいですが、こまめにお手入れすることでカビの増殖を未然に防ぐことができます!!

カビ対策をして自分や家族が健康で快適に過ごせるようにしましょう♪

oga

Posted by oga